カテゴリー

不眠

不眠のタイプに合わせた漢方

2021年4月10日 (土)

ご家族を亡くしてから、眠れない

 「2、3年前から眠れない日が多いです。

 寝ても目が覚めて、トイレに行きます。

 一人になると、何度もトイレに行きたくなります。

 誰かと一緒だと大丈夫ですが、自宅で一人になると行きたくなります。

 主人をなくしてからです。」A302_101_20210407104601

 大切な方を亡くされたショックや深い悲しみで、

心や体の不調が続いている方に、漢方薬が好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 3週間後、Img_0130

 「おかげさまで、楽になりました。

 漢方薬を飲み始めた頃はわからなかったのですが、

2週間を過ぎた頃から、気が付いたら朝になっている日が出て来ました。

 眠れるようになって来ました。

 夜中に目が覚めても、すぐにまた眠れるようになっています。

 一人でいる時のトイレの回数も減っています。」A302_093

【イライラ・落ち込み・ストレスに漢方】

 一般的な安定剤や睡眠薬などとは異なり、眠気やだるさが起こりませんので、

続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月19日 (金)

胸のあたりからのぼせて、寝つきが悪い

 「昨年の10月頃からのぼせが出ます。

 胸のあたりからのかーっとのぼせて、熱くなります。

 足はものすごく冷えています。Ky29_02

 それから寝つきが悪くて、うとうとしてもすぐに目が覚めます。 

 友達にこちらを紹介されました。」

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「まだのぼせはありますが、かなり楽になりました。

 足の冷えも少し良くなっていると思います。

 最初の2,3日は眠れなかったのですが、

だんだん寝つきが良くなっています。

 夜中に目が覚めてもすぐに眠れるようになっています。

 仕事中にイライラしていたのですが、なんだかそれも減ったような気がしています。」

【不眠症に漢方】Img_9716

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 不眠の原因となっている心や体のバランスの乱れを整える漢方薬を中心に処方を検討しております。

 それにより、他の症状も一緒に改善されたり、

以前よりも体調が良くなったことを実感される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。Image_6483441-9_20210312112001

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月17日 (水)

2時間ごとの夜泣き、パパ、ママは眠りたい

 「夜泣きがひどいです。

 2時間寝てくれればいい方です。

 1時間か1時間半くらいで、大泣きします。Ky56_15

 泣き始めると1時間くらい泣き続けます。

 私達もぐったりで、3,4時間眠りたいです・・・。」

 夜泣きをするお子さんは、感受性が高いお子さんです・・・なんて言われても

眠れないご両親はお疲れです。

 お子さんの夜泣き、疳の虫に悩む親御さんは多いようです。

 漢方では、昔からお子さんの夜泣き、疳の虫に対応したお薬がございます。Image_6483441-9_20210309121401

 自然の生薬から作られる漢方薬は、心と体にやさしく作用します。

 お子さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 このお子さんは、元気いっぱい、日中もよく動き回る活発なお子さんです。

 体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「漢方薬を飲み始めて、最初は変わらず2時間足らずで起きて大泣きしていましたが、

10日くらいしてからだったでしょうか、静かに寝ている時間が長くなってきました。A301_009

 こちらも睡眠が取りやすくなってきました。」

【夜泣き・疳の虫に漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

【子供の漢方】Img_9708

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月 6日 (土)

介護のイライラで、夫にあたる(;´д` )

 「夫の親の介護でイライラします。

 急に怒りがこみ上げてきます。

 ぐーっと心臓の辺りが熱くなって、血圧が上がります。

 心電図も異常がなかったですし、脳外科も受診しましたが、

異常はないと言われました。A307_075_20210301112201

 安定剤を処方されましたが、だるくなるので、飲みたくありません。

 コロナもあって不安で、倒れるんじゃないかと思って眠れなくなります。」

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 3週間後、

 「かなり楽です(^^)

 介護でイライラはしますが、漢方薬を飲む前とは違いますね~

 カーっとなっても、すぐに気持ちの切り替えができるようになっています。

 夫が、表情が柔らかくなったって言っていまます。鬼のような形相だったと・・・(笑)

 そういえば、心臓の辺りが熱くなることもなくなっています。」

【イライラ・落ち込み、ストレスに漢方】Img_9419

 コロナの不安などから不調を感じている方の受診が増えています。

 ご家族の介護をされている方、介護を受けられている方の

ストレスや悩みのご相談も受け付けております。

 安定剤や睡眠薬などが合わない方、減らしたい方の受診が多いです。

 体質に合わせた漢方薬の服用により、不安やイライラなどが楽になると、

安定剤や睡眠薬を飲む回数が減らせる方、中止できる方が多いです。

【不眠症に漢方】

 不安やイライラにはこの漢方薬、不眠症にはこの漢方薬とはなりませんので、

診察により、症状の原因となっているから全体のバランスの乱れを改善することから始めます。

 同じ症状で受診された方でも、同じ漢方薬により改善がみられるとは限らないのはそのためです。Image_6483441-9_20210301112501

 漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年1月24日 (日)

更年期の不眠、安定剤でも眠れなくなりました

 「更年期の症状が出るようになってから、眠れなくなりました。

 近くの病院で安定剤を処方して頂いて、しばらくは眠れていましたが、

2、3カ月前からほとんど眠れなくなりました。

 そうお話したら、睡眠薬に変えられたのですが、怖くて飲んでいません。

 夜勤もあるし、ネットとかで調べたら飲みたくないと思いまして・・・。」Ky53_15_20210119153001

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「だめです。眠れません。

 夜勤があるので、きちんと起きようとすると、

気になって眠れません。

 仕事も忙しすぎて、そのせいもあるのでしょうか。」

 漢方薬を変方しました。

 1か月後、

 「漢方薬を変えて頂いて、とても元気になりましたが、

まだ眠れた感じがしません。」

 漢方薬を変方しました。

 1か月後、Img_9036

 「よく眠れるようになりました~

 ありがとうございます!!

 ほんと 助かりました~(^^)

 同じ漢方薬を下さい。

 先生もお元気でいて下さい~」

【不眠症に漢方】

 いくつに見えたんだろうか・・・(笑)Image_6483441-6_20210119153101

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年1月17日 (日)

眠りが浅い、仕事の事を考えて寝つきが悪い

 「眠りが浅いです。

 仕事のことを考えて、明日どうとか・・・ 

いろいろ気になって、寝つきが悪いです。

歯を食いしばっているのか、朝起きると

あごが痛いような、重いような感じがする日が多いです。

 睡眠薬を飲んだりもしましたが、日中に眠くてだるくなって、

合わないみたいなので、漢方の方がいいかと思いまして・・・。」Ky53_08_20201224112601

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 東洋医学では、不眠の原因となっている体のバランスの乱れを整えることで、

自然な眠りを得やすくなるような治療を検討します。

 診察によりこの方の体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 3週間後、

 「寝つきが少しよくなった感じはしますが、

夜中に目が覚めるとしばらく寝付けませんし、 

以前からですが、日中に動悸がしたり、胸が苦しい感じもあります。」Ky13_05_20201224112701

 漢方薬を変方しました。

 3週間後、

 「少しずつ良くなっている感じはします。

 途中で目が覚めても、寝付けるようになっています。

 日中の動悸や胸の苦しさは、ほとんど感じなくなりました。

 続けてみたいと思います。」

 1か月後、

 「とても調子がいいです。

 調子がよかったので、2日くらい漢方薬を飲むのを止めてみたら、

また眠れなくなって、胸が苦しい感じになったので、

やっぱり漢方薬が効いているのだと思いました。

 よかったですね^^

【不眠症に漢方】Image_6483441-9_20201229101201

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年12月25日 (金)

眠りが浅くて、何度も目が覚める

 「寝つきはいいですが、眠りが浅いです。

 夢が多くて、何度も目が覚めます。

 職場のストレスもあると思います。

 忙しいですし、仕事の内容が変わったのもあって、

覚えなければいけないことが多いですし、

動きについて行けないので、周囲の空気も気になって・・・。」Ky53_04

 眠れない原因は、様々です。

◆ストレスや緊張が夜まで続いている

◆疲れが溜まっていたり、疲労が慢性化している

◆更年期によるホルモンバランスの乱れ

◆手足や体のほてりや冷えが苦痛で眠れない

など、様々です。

 東洋医学では、

不眠の原因となっている体全体のバランスの乱れを整える治療となります。Img_8811_20201219134201

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「楽になりました。

 最初の1週間くらいは、よくわからなかったのですが、

漢方薬を飲み始めてから10日くらい経ったところで、

気づいたら夜中に起きなくなっていました。

 夢もそんなに多い感じはなくなりました。

 朝起きた時の気分が違います。

 続けたいと思います。」

【不眠に漢方】

  水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 一般的な睡眠薬や安定剤などとは異なり、

眠れない原因となっている体のバランスの乱れを改善する処方となります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年12月 9日 (水)

鼻がつまって、寝つきが悪い

  「鼻が詰まって、寝つきが悪いです。

 昼間はそうでもないのですが、

夜になると、鼻が詰まります。

 なんとか通りをよくしようと、強く鼻をかんでしまうので、

血が出ます。

 いろいろなお薬を試してみましたが、どれも効いていません。

 漢方薬ならいいかもしれないと思って来ました。」Img_8635

 鼻炎症状に漢方薬が効果的です。

 一般的な鼻炎薬とは異なり、

一人ひとりの鼻炎症状に細やかに対応した処方となります。

 3週間後、

 「とてもいいです。

 こんなに良く眠れたのは、久しぶりです。

 寝つきもいいし、朝目覚めた時がスッキリしています。」

【アレルギー性鼻炎に漢方】Ky53_20

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年12月 6日 (日)

光に敏感で、目が開けられなくなる

 「明るい光に敏感で、まぶしくて目が開けられなくなります。

 それから、つま先がビリビリします。

 ツーンとした痛みがつま先に走ります。

 朝起きた時に、膝と足首も痛みます。

 更年期だからと、ホルモン補充を奨められましたが、

断りました。

 漢方の方がいいと思って来ました。

 それから・・・。」Img_8527

 症状が日によって変わるそうで、全体をとらえるのに症状について

お話を整理しながら伺いました。

 更年期症状は、個人差によるものが大きく、

症状も多様です。

 その違いに細やかに対応した漢方薬が効果的です。

 漢方の問診票の記載事項や診察により、

この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「つま先のツーンとした痛みが緩和した気がします。

 膝や足首の痛みも少しいいようです。

 でもね 先生、眠れないんです。

 前回お話するのを忘れていましたが、寝つきが悪くて、

寝ても2時間とか3時間で目が覚めるんです。」

 漢方薬を変方しました。A303_038_20201125162501

 1か月後、

 「だんだん眠れるようになっています。

 途中で目が覚めますが、すぐに寝れるようになりました。

 明るい光に反応して、目が開けられないこともなくなりました。

 すごく疲れやすくて、栄養ドリンクを飲んでいたのですが、

それも必要なくなって、びっくりしています。

 しばらく休んでいたのですが、趣味の運動を再開しました。」

【更年期障害に漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 女性に多い症状や女性特有の症状に細やかに対応した漢方薬が効果的です。

【女性の健康と美しさのための漢方】A303_063

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年12月 2日 (水)

老人性乾皮症に漢方

 「皮膚がかゆくてたまりません。

 塗り薬を塗っていますが、1日中かゆいです。

 だんだん効かなくなってきています。

 夜になるとかゆみがひどくなって眠れなくなります。」

 80代の男性です。

 老人性乾皮症のかゆみに、

体の中から皮膚を整える漢方治療を行っております。Img_8537

 加齢により皮膚に水分を保つ力が低下し、

皮脂や汗の分泌も低下するので、

皮膚が乾燥して、粉を吹いたようになったり、

激しいかゆみが起こったりします。

 この方は、掻き壊しにより皮下出血を起こした部分が多数ありました。

 ステロイド軟膏も使われているようですが、

最近は効果を感じなくなっているそうです。

 体の中から皮膚に潤いを与える漢方薬を2週間処方しました。

 「かゆみはありますが、我慢できないほどではなくなりました。」

 掻き壊しによる皮下出血の改善がみられました。

 その後、かゆみが減り、順調に改善がみられていましたが、

 「調子がいいので、漢方薬を中止してもいいですか。」

 乾皮症の原因が、加齢によるものなので、

中止すると皮膚の乾燥が再発してかゆくなる可能性があるとお話しました。

 が、中止されたようです (^^;

 1カ月ほど開いて、受診されました。

 「漢方薬を止めていたら、ものすごくかゆくなって、

また眠れなくなりました。」A303_020_20201126122001

 漢方薬を再開して、皮膚の状態が改善されましたので、

かゆみが落ち着いて、よく眠れるようになったそうです。

 「漢方薬を続けていると、調子がいいです。

 塗り薬も止めました。でもかゆくないです。」

 よかったです (^^)

【乾燥肌に漢方】

 乾燥肌によるかゆみでも、年齢や体質、

季節変化などに合わせた漢方治療が効果的です。

 ご高齢の方は、皮膚の修復力も低下しているので、

継続的に服用された方がよい状態を維持しやすいと思います。

【健康寿命に老化対策の漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、

新潟県内の遠方からの方、新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

より以前の記事一覧