カテゴリー

アトピー性皮膚炎

ステロイド中止したい、使いたくない方

2022年9月30日 (金)

酒さがずっと治りませんに漢方

 「酒さがずっと治りません。Ky26_06_20220930170001

 いろいろな治療を受けてきましたが

良くならなくて、

目の周りも乾燥して、

赤くなってきました。」

 漢方薬を3週間分処方しました。

 3週間後、

 「少し赤みが減りました。Ky26_06-1_20220930170101

 顔のヒリヒリは治りました。

 目の周りの乾燥も少し良いみたいです。」

 継続されて2か月後、

 「だいぶ目立たなくなりました。

 日にあたると、ちょっと赤くなりますが、

すぐに赤みが引きます。」

 継続されて2か月後、Ky26_06-1_20220930170102

 「気温差で赤くなるときはありますが、

すぐに赤みはひきます。」

 『温度差で顔が赤くなるのは

自然に誰でもなりますから、

そろそろ中止してもいいと思いますよ。』Image_6483441-9_20220930170201

 「そうですか、

心配なのでもう少し続けたいです。」

【酒さ・赤ら顔に漢方】

 水戸部クリニックでは、

長年の漢方診療の経験により

患者さんそれぞれの

症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Ky52_01_20220930170201

 治りにくい皮膚炎やステロイドを中止したい方の

ご相談も多いです。

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】 

 医師の処方による漢方薬は、

健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。Img_50951

 新潟市で診療を行っておりますが、

新潟県内の遠方からの方、

新潟県外から受診される方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2022年9月24日 (土)

夜尿とアトピーに漢方

Ky27_01-3_20220921110301  「アトピーでステロイドを塗っています。

 塗らないとブツブツ出てきます。

 最初は、乳児湿疹から始まったです。

 口の周りに出ていただけだったんです。

 8歳になってもステロイドを塗らないとなので、

ちょっと漢方の方がいいんじゃないかって、

妻と相談してきました。

 それから夜尿もあります。」

 今日はお父様と受診されました。

 漢方薬を3週間分処方しました。

 3週間後、

 「少し良くなっているようです。

 ステロイドの塗る回数は減らし始めました。」

 継続されて2か月後、

 「ステロイドを1日おきに塗るようにしました。

 2日塗らないとブツブツでてきます。」

 『ゆっくりでいいと思います。Image_6483441-9_20220921110501

 かゆみがつらそうだったり、

かゆみで眠れない時は、

続けて塗っても構いません。』

 継続されて2か月後、

 「ステロイドは、まだ1日おきです。Ky27_01-3_20220921110302

 塗らないとかゆがります。

 でも少しずつ良くなっています。」

 継続されて2か月後、

 「ステロイドを2日に1回でも

大丈夫になりました。

 夜尿も治って、

夜のおむつが取れました。」Ky64_03

【夜尿症に漢方】

 水戸部クリニックでは、

長年の漢方診療の経験により

お子さんそれぞれの症状や

体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 アトピーや乳児湿疹などで、

ステロイドを減らしたい方、

中止したい方のご相談も多いです。

 リバウンドやお子さんの苦痛も考慮して、

漢方薬とステロイド軟膏などと併用ながら

ゆっくりと減らして、

最終的に脱ステロイドへ向かうことをお奨めしております。

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】

 医師の処方による漢方薬は、Img_50191

健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、

新潟県内の遠方からの方、

新潟県外から受診される方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2022年9月20日 (火)

体の中から噴き出してくるようなアトピーが良くなった

 「アトピーでステロイドを使っています。

 かゆくて、かゆくて・・・。」Ky27_06_20220917110601

 漢方薬を3週間分処方しました。

 3週間後、

 「かゆみが楽になりました。

 毎日、毎日、ボリボリかいていましたが、

夜が良く眠れるようになりました。

 結構楽です。」

 継続されて2か月後、Ky27_06_20220917115701

 「汗なのか、

下着のあたる部分がかゆくなってきました。

 全体としては、楽です。」

 継続されて2か月後、

 「かなり楽です。」

 2か月後、

 「かなりよくなっています。

 かゆみも楽になっていますが、

以前に炎症がひどかった部分が

むしょうにかゆくなる時はあります。

 少し乾燥してきたような気もします。」

 漢方薬を変方しました。

 1か月後、

 「先生、漢方薬を変えて頂いたら、Ky27_06-2_20220917110701

なんか合わなくなったような気がします。

 かゆくて、かゆくて・・・。」

 漢方薬を変方しました。

 1か月後、

 「漢方薬を変えて頂いて、

しばらくよかったのですが、

最近になって、

膿みたいな脂肪みたいな湿疹が

出るようになってきました。」

 季節の変わり目に皮膚症状に

変化が表れることがあります。

 漢方薬を変方しました。

 「先生、あの漢方薬いいですね。A303_079-2

 膿が飛び出すように

噴き出すことがなくなりました。」

 継続されて2か月後、

 「小康状態です。

 ステロイドもほとんど塗っていません。

 塗ってもたまーにですかね。

 安定してはいるので、

今回は同じ漢方薬をください。

 腕時計をつけている部分だけ荒れますが、

仕方ないかなぁ。」A303_065_20220920110501

 2か月後、 

 「体の中から噴き出してくる感じの

湿疹が出なくなりました。

 不思議です。」

 かなり良くなっているので、

漢方薬の服用量を減らして継続中です。

【アトピー性皮膚炎に漢方】Image_6483441-9_20220917124001

 水戸部クリニックでは、

長年の漢方診療の経験により

患者さんそれぞれの症状や

体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 アトピー性皮膚炎や治りにくい皮膚炎に

体の中から皮膚を整える漢方治療が好評です。Img_50161_20220917104901

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】

 新潟市で診療を行っておりますが、

新潟県内の遠方からの方、

新潟県外から受診される方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2022年8月31日 (水)

今日の漢方研修は、乾燥肌

 本日の水戸部クリニックの

漢方研修は、「乾燥肌」を行いました。Ky27_06-3_20220827104401

 夏の終わり頃から、秋から冬にかけて

お肌の乾燥や乾燥によるかゆみのご相談が増えるので、

乾燥肌についてのお話をしました。

 紫外線によるダメージや

汗、クーラーにより肌の乾燥が

進んで、乾燥や肌荒れに気づく方が多くなります。

◆保湿してもすぐにカサカサするKy27_05

◆顔や体の乾燥が気になる

◆乾燥して皮がむける

◆肌の乾燥で、毛羽だったようになる

◆皮膚が硬くなってゴワゴワ

◆目の周り、口の周りが乾燥する

◆肌が乾燥して、突っ張る

◆皮膚の黒ずみ

などのご相談が多くなります。

 漢方では、体の中から皮膚にうるおいを与える漢方薬を

検討します。

【乾燥肌に漢方】

 「そんなに乾燥している気はしないのですが、Icon_medical_woman01_20220827104901

かゆくなったり、顔が突っ張る感じがする時が

あります。去年はそんな感じはなかったんですが・・・・。」

 『クーラーによる乾燥も考えられますし、

汗によっても皮膚からうるおい成分が失われて乾燥する場合もあります。

 漢方では、肌の状態だけではなく

年齢による肌の変化も考慮します。

 乳幼児の方、10代のお子さん、Icon_medical_woman04_20220827082401

思春期以降の方、更年期の方

老人性の乾燥肌の方なども考慮した処方になります。

 そのために、皮膚の状態だけではなく、

漢方の問診表やくわしくお話を伺う必要があるんです。』

 「そうなんですね。」

 『ステロイド軟膏や保湿剤などを塗っていらっしゃる患者さんも

多いので、それも考慮が必要になります。』

 「受付で、脱ステをしたくて受診されたと言われる患者さんも多いです。」

 『ステロイドの離脱は、Ky27_24

急な中止によるリバウンドが起こる可能性が高いので、

漢方薬を服用しながら、

ゆっくりと減らしてゆくことをお奨めしています。』

 「良くなってくると、

本当にうれしそうに来院されます。

 最初はすごく辛そうに来られていた方が

表情が明るくなって来られる方が多いです。Ky52_01_20220827110101

 私達もうれしくなります。」

 乾燥肌に限りませんが、季節変化や

気温の変化、エアコンなどによって、

皮膚症状も変化する場合が多いです。

 その変化に合わせて、

漢方薬を変更した場合がよい場合が多いです。Icon_medical_woman04_20220827082401 Image_6483441_20220827110201

 乾燥肌が気になる場合は、

漢方薬に詳しい医師や薬剤師に

ご相談されることをおすすめします。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】 

2022年8月30日 (火)

本日の研修は、アトピーと漢方

 アトピー性皮膚炎に対しての漢方薬についてのKy27_01_20220826173501

研修を行いました。

 ステロイド軟膏やタクロリムス軟膏、

保湿軟膏などについてのお話も含めて研修を行いました。

 アトピー肌の性質や

漢方薬の肌への働きかけを学んで頂きました。Kid_job_girl_kangoshi_20220826173601

 皮膚症状だけではなく、年齢や

一人ひとりの体質に合わせた漢方薬についてのお話をしました。

 ステロイドの使用や脱ステのお話なども含めてお話しました。

【アトピー性皮膚炎に漢方】

 皮膚表面の改善と共に、

体の中から皮膚を整える治療が中心となります。Icon_medical_woman04_20220826173801

 一般的な考え方とは異なることを知って、

目からうろこだったそうです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2022年8月 5日 (金)

高校生のアトピーとにきびに漢方

 「アトピーでかゆいです。Ky26_011_20220803092701

 寝ていて掻いているので、

朝起きると血だらけになっています。

 かゆみで寝不足で、学校で眠くなります。」

 漢方薬を3週間分処方しました。

 3週間後、

 「寝ていて掻かなくなったので、

良く眠れます。」

 継続されて2か月後、

 「腕の一部だけかゆいくらいで、

いい感じです。

 にきびもいいと思います。」

 1か月後、

 「試験期間中に掻いてしまって・・・。Ky27_01-4

 一晩で元に戻ってしまいました。」

 試験のストレスも考慮して、

漢方薬を変方しました。

 1か月後、

 「だいぶ調子がいいです。」

 継続されて1か月後、

 「そんなにかゆくならないですし、Ky27_01-3_20220803093301

夜中に掻き壊すこともないので、

良く眠れます。

 皮膚も少しずつ良くなっているのがわかります。」Ky26_011-2_20220803093401

【思春期のアトピー性皮膚炎に漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 アトピーなどの皮膚炎は、

思春期以降の方の場合は、

ストレスや疲労などによる影響が

強く表れやすくなりますので、

それも考慮した処方を検討しております。

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、Img_4353

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、

新潟県内の遠方からの方、

新潟県外から受診される方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2022年6月29日 (水)

5歳児のアトピー治療経過のお話

Ky27_01-1  「アトピーです。 

 脱ステを始めてから3カ月になりますが、

全然良くならなくて、

漢方薬を飲ませてみようと思って受診しました。」

 顔や体、全身に浸出液が出ていて、

体が縮めて診察室へ入って来られました。

 皮膚の痛みやかゆみで、

体を伸ばしにくくなっているお子さんが受診されることはあります。

 「寒い、寒いって、いつも言っています。」

 とお母様。

 アトピーによる皮膚の炎症が激しいので、

体力がかなり落ちている印象でした。

 漢方治療は、自然治ゆ力(病気や症状を自分で治そうとする力)を

高める治療になりますので、

体力の低下が激しい場合は、

体調を整える漢方薬から始めませんと、

皮膚を修復することができないくらい

体力が低下しているお子さんが受診される場合があります。

 大人の方でもそのような方がいらっしゃいます。

 このお子さんも体力の回復を最優先としました。

 漢方薬を服用されて1カ月半くらい経過したところで、

体力の回復が見られ始めました。

 脱ステのリバウンドと思われる症状が激しく、

途中で不安になられたお母様から

何度かお問い合わせのお電話を頂いておりました。

 「元気が出てきて、食欲が出て、

ご飯を子供茶碗で2杯も食べるようになりました。

 まだ皮膚はジュクジュクした汁が出て、

かゆがっています。」

 皮膚の新陳代謝(生まれ変わり)は、

期間が必要になりますので、

焦らないで継続して頂くようにお話しました。

 継続されて1か月後、

 「良くなっていると思います。Ky27_01-1_20220624112101

 あれから皮膚が、大量にボロボロとはがれました。

 シーツが皮膚でびっしりになりましたが、

その後からジュクジュクが減りました。 

 花粉で春に悪化しやすいので、

これから心配ですが、いまのところは

漢方薬を飲む前よりはいいです。」

 2週間後、

 「1週間前くらいからジュクジュクが多くなっています。

 やっぱり花粉の時期はダメです。」

 漢方薬を変方しました。

 2週間後、

 「漢方薬を変えて頂いたら、

ジュクジュクが減りました。」Ky27_01-1_20220624112201

 継続されて1か月後、

 「少しはよかったのですが、かゆがっています。」

 気温の上昇により、汗が多くなったためと考えられます。

 漢方薬を変方しました。

 1か月後、

 「少し良くなりましたが、

暑くなってきたせいか掻き壊して、285_20220624121401

ジュクジュクがまた多くなっています。」

 継続して様子をみて頂きました。

 1か月後、

 「少し落ち着いてきました。

 かゆがってはいますが、

寝つきはよくなっていますし、

寝てしまえば、そんなに掻かなくなりました。」

 1か月後、

 「かゆみとジュクジュクは減りましたが、

寒い、寒いって言います。

 もう5月なのに・・・。」

 漢方薬を変方しました。

 1か月後、

 「ジュクジュクが減って、外でも半そでが着れるようになりました。Ky27_01-3_20220624121301

 足もジュクジュクしたのが、ズボンに張り付いて、

お風呂とか着替えて脱がせるのが大変だったのですが、

すんなり脱いでくれるくらいになりました。」

 まだまだこれからですが、

初診時とは比較にならないくらい体力がついて、

皮膚の状態も一進一退を繰り返しながらも少しずつ改善されています。Image_6483441-9_20220624121501

 アトピー性皮膚炎で受診される方は多いですが、

皮膚の状態の改善の前に体調を整えるところから中心に開始した方が、

結果的には改善が早い方がいらっしゃいます。

 焦らずに治療を受けて頂けると良いと思います。

【子供のアトピーに漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Img_3988

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外から受診される方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2022年5月 5日 (木)

子供のアトピーの結膜炎に漢方

 「アトピーで結膜炎になっていて、

治りません。Ky20_31e

 いつも涙目で、目薬を差していますが、

治りません。

 肌もザラザラして、かゆがっています。

 ステロイドを塗っていますが、

小さいうちに止められたらと思っています。」

 漢方薬を3週間分処方しました。

 3週間後、

 「涙の量が減っています。

 ずっと涙目だったのに、

だいぶ涙が減っているのがわかります。

 一日中ボリボリ掻いていたのが、

掻かなくなっています。」

 1か月後、Ky20_31

 「涙の量が減りました。

 漢方薬を飲む前は、

あふれる量の涙が出ていましたが、

普通の量になりました。

 肌の状態もだいぶ良くなっています。」

【アレルギー性結膜炎に漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。Img_3778

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外から受診される方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2022年4月24日 (日)

にきびとアトピーでかゆい

 「にきびとアトピーでかゆいです。」Ky26_011_20220413113601

 漢方薬を3週間分処方しました。

 「かゆみが減って、かき壊しが減りました。

 にきびも少し小さくなっています。」

 継続されて1か月後、

 「にきびも良くなっています。

 腰のあたりのアトピーがほとんど治りました。

 ステロイドは、どうしてもかゆい時だけ塗っています。」

 継続されて1か月後、

 「アトピーのかゆみがほとんどないです。Ky26_011-2_20220413113701

 にきびも治ってきていますが、

このでこぼこした痕は治りませんか。」

 にきびの激しい炎症が改善されれくると、

にきび痕が気になってくる方がほとんどです。

 ニキビ痕は、長期間を要する場合が多いですが、

少しずつ改善を実感される方が多いです。

【にきびに漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Image_6483441_20220413113301

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外から受診される方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2022年2月23日 (水)

にきびとアトピーが治りません

 「にきびがずっと治りません。

 体のアトピーも一緒に良くなりませんか。A307_038

 ステロイドを塗っていますが、

かゆみがひどいです。」

 漢方薬を3週間分処方しました。

 3週間後、

 「にきびは、少し小さくなったと思います。

 体のかゆみは減りました。A307_038-2

 足と腕の一部のジュクジュクしたのが、気になります。

それから腰の辺りがかゆいです。」

 全体に改善傾向がみられるので、前回通りの処方で

1か月後

 「にきびは、かなり良くなりました。

 足と腕のジュクジュクしたのが、良くなっています。

 腰のかゆみは減っています。」

【大人にきびに漢方】

 継続されて2か月後、

 「にきびはほとんど気にならなくなっています。170_20220218160801

 足のところは、ムダ毛処理をしたら、

ちょっとひどくなりました。」

 継続されて2か月後、

 「顔のにきびはいい感じです。

 足もきれいになりつつあります。」

【大人アトピーに漢方】

 継続されて2か月後、

 「とってもきれいになっています。

 アトピーで掻いていた部分の黒ずみが気になります。」

 漢方薬を変方しました。195_20220218162101

 アトピーが激しかった部分、

強いステロイドを塗っていた部分の

色素沈着も徐々に目立たなくなっています。

 アトピーや激しい皮膚炎が改善されると、

炎症後の黒ずみや痕を気にされる方多いです。

【美肌漢方スキンケア】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。A303_079_20220218170201

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外から受診される方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

より以前の記事一覧