カテゴリー

耳の症状

中耳炎や耳鳴りなど 繰り返す、治りにくい

2021年2月17日 (水)

花粉の鼻水、くしゃみが始まりました

 「今年も始まりました。

 いつもの漢方薬をお願いします。

 テレビで花粉が飛び始めたと言われる前から

鼻水とくしゃみが始まりました。

 今年は鼻水がひどいです。」Ky17_01_20210213105501

 花粉症の症状に悩む方の受診が増えて来ました。

 毎年この時期になると受診される方、

症状が激しい方、

眠気やだるさが起こるので

一般的な抗ヒスタミン薬などでは辛い方など

様々です。Img_9376

 花粉症の症状に細やかに対応した漢方薬が好評です。

 鼻水が出る方、鼻がつまる方では、漢方薬が異なります。

【花粉症の漢方】

 目のかゆみを伴う方、

【花粉症の目のかゆみ・充血に漢方】Ky17_03

皮膚にかゆみが出る方

【花粉皮膚炎に漢方】

 喉がチクチク、イガイガする方にも対応しております。

 漢方薬は、小さなお子さんも服用できます。

 慢性のアレルギー性鼻炎や花粉症の方の受診も多いです。

【子供の鼻炎・花粉症・ちくのうに漢方】Ky17_16

それぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2019年9月25日 (水)

台風の時や低気圧が近づくと頭痛がする方に漢方

 「台風や低気圧が近づいてくると、めまいと頭痛がひどくなります。

 吐き気がする時もあります。

 具合が悪くなって1週間も学校へ行けなくなります。」 A306_087

 天候が悪くなると、体調が悪くなる、いわゆる「気象病」と呼ばれるような症状に漢方治療を行っております。

 めまいや頭痛、吐き気、関節の痛みが強くなるなど、体調不良を感じる方がいらっしゃいます。

 「天気が悪いと古傷がうずく」と言われる方も多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この患者さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「大丈夫でした。学校に行けたんです。

 大型の台風が続けて近づいてきて、新潟も大荒れの天気でしたから、子供とドキドキしながら過ごしていましたが、漢方を飲んでいたら、めまいも頭痛も起こらなかったので、普通に学校行くことができました。」

 お子さんご本人もニコニコしていられました。Img_5225

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「耳・鼻・喉の症状に漢方」

 関節の痛みに対応した漢方治療も行っております。

「関節痛・しびれ・むくみに漢方」

2019年6月30日 (日)

耳がふさがった感じでつらい

 「数日前から耳がふさがった感じが続いています。

 なんだか胃も気持ち悪くて・・・

 お酒も我慢しているのに、治りません。」Img_2972_20190627223501

 お酒が好きなご近所さんです。

 この方の体質に合わせた漢方薬を1週間分処方しました。

 3日後に、近所でお会いしました。

 「先生、調子よくなりましたよ。

 耳が治ったので、ジムへ行って、調子がいいなあって、プールも入って来ました。

 それから、プールから上がったら、お肉が食べないと思ったので、帰ってから、生姜焼きにしました。

 先生すごいですね。すぐ治るんだから・・・。」

 調子悪かったのに、翌日にプールまで入って、焼肉って・・・、こちらの方がびっくりしちゃいましたけど(^^;A303_069

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」 

2019年5月 5日 (日)

鼻がつまって、耳もこもった感じに漢方

 鼻づまりに漢方治療を行っております。

 鼻水や鼻づまりには、抗ヒスタミン薬や点鼻薬などによる治療が一般的ですが、漢方では、鼻炎の症状に細やかに対応した処方になります。Img_3018

 例えば、

◇鼻水が多い方には、鼻水に対応した漢方薬

◇鼻づまりが強い方には、鼻の通りを改善する漢方薬

◇副鼻腔炎を起こしている場合は、鼻の中の炎症を鎮める漢方薬

◇後鼻漏

 喉の奥に鼻水が落ちる

 喉の奥に、痰のようなものが張り付いている感じ

には、後鼻漏の症状を改善する漢方薬になります。

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬による治療が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「アレルギー性鼻炎に漢方」A306_025

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「鼻づまりがひどいです。耳までこもった感じがする時があります。」

 診察によりこの方の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「まじないにでもかかったように、2包み飲んだだけで、すぐに効きました。2包みですよ。

 2包飲んだところで、鼻水がたらーっと出ましたが、それから鼻がスーッと通っています。

 耳がこもる感じも今のところないです。

 こんなに早く効くものですか。効いてるんですよね~ やっぱり・・・。」

 鼻炎の症状に合わせて、細やかに対応した漢方治療が好評です。

 アレルギー性鼻炎や花粉症以外に、血管運動性鼻炎に対応した漢方治療も行っております。

「血管運動性鼻炎に漢方」

2019年3月15日 (金)

良性の耳下腺腫が小さくなった漢方

 「3年前に、良性の耳下腺腫と言われました。手術の必要はないと言われましたが、顔輪郭がの右と左で違い過ぎるのは、ちょっと嫌な感じがします。

 漢方でなんとかなりませんか。」Ky42_07

 と受診された患者さんがいらっしゃいました。

 良性であると診断されていての受診でしたので、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 漢方薬の服用を開始されて、最初の1カ月くらいは、

 「若干縮小したような・・・、気のせいでしょうかね・・。」

といった状態でしたが、

 その後から、少しずつ耳下腺腫が小さくなり始めているのを実感されました。漢方薬を服用され、約4が月後には、ほとんんど目だたなくなり、驚いたそうです。Ky42_07_2

 「家族みんなで、びっくりしています。またできると困るので、漢方薬を止めたくないです。」

 再発予防のために、服用量を減らして継続されていらっしゃいます。

 漢方治療を行っておりますと、多様な症状での受診が多いです。 

 難しい症状で受診される方が多く、一人ひとりに合わせた治療を熟慮して処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「耳・鼻・喉の症状に漢方」

2018年10月30日 (火)

突発性難聴後から続いている耳づまりに漢方

 「耳がつまった感じが続いています。めまいがしたり、耳鳴りもあります。いろいろあって、ストレスがあったのもわかっています。突発性難聴になって、それは治ったのですが、その後から耳がつまった感じが取れません。」

 耳がつまったような、ふさがっているような感じ、耳閉感の改善に漢方薬が効果的です。東洋医学的な視点からの耳閉感の原因は、いくつか考えられますが、この方の場合は、ストレスがきっかけとなっているようでした。Ky19_091_2

 ストレスや緊張、不安や心配事が、身体的な症状として現れることはよくあります。このような症状に対応した漢方薬の服用により、耳閉感が改善される方が多いです。

 耳閉感にはこの漢方というのではなく、その方の証(体質や症状などの身体の状態)に合わせた処方により改善に向かいます。証は、季節や環境の変化、体調の変化などにより、変わる事もあります。漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの証に合わせた漢方薬を処方しております。健康保険適用の漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

 この患者さんの体質に合わせた漢方薬の服用により、めまいや耳鳴りはほとんど感じる事がなくなりましたが、耳のつまった感じが軽減はされたものの、まだ続いていましたので、漢方薬を変方して、継続されていると、徐々に改善していることを実感されまして、気にならなくなりましたので、漢方薬を中止となりました。

「耳・鼻・喉の症状に漢方」

耳の症状についてのページ順次追加しております。

「耳鳴りを漢方で改善」

2018年3月 6日 (火)

滲出性中耳炎を繰り返す子供に漢方

 滲出性中耳炎を繰り返す子供さんに、免疫力を高める体質改善の漢方治療が好評です。花粉症による鼻炎症状から悪化する子供さんの受診も増えています。

 子供さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬になります。生後2、3ヶ月のお子さんから漢方薬は服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。Img_9718_2

 鼓膜の奥の部分に滲出液(さらさら、どろっとしたものなど様々)が溜まる中耳炎です。中耳につながっている耳管の働きのバランスが乱れると、鼻やのどの炎症が耳管を通じて、浸出液として溜まると滲出性中耳炎となります。

 子供さんが中耳炎になりやすいのは、大人に比べると耳管が短いくて太いので、鼻炎やのどの炎症からすぐに中耳炎へ進みやすいためです。副鼻腔炎や咽頭炎、アレルギー性鼻炎、風邪などから、中耳炎や滲出性中耳炎に移行しやすいです。

A313_047_8 炎症の状態や体質に合わせた漢方薬の服用により、滲出性中耳炎の炎症が改善される方が多いです。

 また、治っても繰り返す方には、免疫力を高める漢方薬の服用により、滲出性中耳炎を起こしにくくなる方が多いです。副鼻腔炎や鼻炎の予防改善効果も期待できます。

「子供の中耳炎治療・体質改善に漢方」

「子供のアレルギー性鼻炎・花粉症に漢方」

新しいHPもご覧ください。

「耳・鼻・のどの症状に漢方」 Ky19_12_2

~*~*~*~

 「滲出性中耳炎を繰り返しているので、予防薬のようなお薬を飲んでいますが、抗生物質を続けるのも気になっています。アレルギー性鼻炎があり、そのお薬も飲んでいます。

 滲出性中耳炎の炎症を鎮め、体質改善の効果ある漢方薬とのアレルギー性鼻炎の為の漢方を処方しました。

 「鼻水がほとんど出なくなってきたので、滲出性中耳炎になる回数が減っています。」

 継続されているうちに、

 「ものすごく丈夫になった気がします。風邪をひいてもすぐ治るようになっていますし、鼻水が出なくなったので、滲出性中耳炎を起こさなくなりました。本当によかったです。」

2016年8月29日 (月)

耳鳴りを治したい

 耳鳴りが続いている方は、周囲からはわからない症状ですが、苦痛に感じている方が多いです。

 静かになった時に気になる方、ほとんど一日中鳴っていて、日常生活に支障があると感じている方など様々ですが、辛い方が、漢方治療を希望されています。

 耳鳴りは、漢方でも難しい症状ですが、耳鳴りの音が小さくなったり、聴こえる時間が短くなったり、耳鳴りが完全に治る方もいらっしゃいます。Ky19_11_2

 漢方の視点から、耳鳴りの原因となっている体のバランスの乱れを整える処方を検討しております。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「耳鳴りに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 3年前から耳鳴りが続いています。キーンという高い音が続いています。

 鼻炎症状もあり、鼻がむずむずして、鼻血が出やすいとのことでしたので、それも考慮して、漢方薬を処方しました。

 漢方では、耳鳴りの症状だけではなく、他の体調不良も考慮して処方を検討しております。それらの体調不良も改善される場合が多いです。

 この患者さんは、漢方の服用を始めて、1週間後から、耳鳴りの音量が小さい日が出始め、疲れると悪化する日が出てきました。Img_4556


 現在、約3か月になりますが、片耳の耳鳴りが完全になくなりました。そして、両耳とも何年も聴こえなくなっていた高周波が聴こえるようになっていて、驚いたそうです。

※ランキングにご協力下さい。


にほんブログ村

2016年4月12日 (火)

耳がかゆい、花粉の季節にかゆくてたまらない時の漢方

 花粉の季節になると、耳の中がかゆくなる方が受診されます。花粉による皮膚炎を起こす方が受診されます。
Ky19_161_2
 突然耳の奥がかゆくなり、人前で綿棒や耳かきを使うのも難しく、集中力が低下したり、イライラする方が多いようです。また、綿棒や耳かきによる過剰な刺激も控えたいものです。

 この辛いかゆみに、漢方薬が効果的です。花粉による耳の中の炎症を鎮めて、かゆみが軽減される方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 花粉症の季節に多い耳の中のかゆみの原因は

◆花粉による耳の中の炎症Ky19_06

◆花粉による鼻炎や結膜炎の炎症に連動したかゆみ

◆耳の中の皮膚炎や乾燥

◆のどからの炎症が耳の中のかゆみに感じている

などが考えられますが、耳のかゆみが激しい方は、一度耳鼻科を受診されることをお奨め致します。

 特に異常が認められない、思うような改善がみられない方に、体質改善の漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 

「耳鼻科症状に漢方」スマホサイト

Img_3939_2Img_3941詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「こんな症状に漢方・耳鼻科症状」PC用HP

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

より見やすく、わかりやすいページを作成中です。

「耳・鼻・喉の症状に漢方」

2015年10月 2日 (金)

鼻涙管狭窄症に漢方

 鼻涙管狭窄症の改善がみられない、再発する方に、漢方薬が好評です。涙の排出が上手くいかず、涙があふれる、目がうるむ、目ヤニなどの症状が多いです。Ky17_10

 鼻涙管狭窄症は、手術などによる治療が一般的ですが、改善がみられない、再発を繰り返す方が漢方薬による改善を希望されます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

Img_3036 涙腺(るいせん)から分泌された涙は、眼の表面を潤して、目頭にある涙点(るいてん)に吸収され、涙小管(るいしょうかん)、涙嚢(るいのう)、鼻涙管(びるいかん)を通って、鼻粘膜に吸収されます。この経路が閉塞すると、常に流涙が起こります。鼻涙管閉塞は、先天性と後天性のものがあります。流涙や目ヤニなどの原因は、鼻涙管閉塞以外の原因もありますので、一度眼科を受診されることをお勧め致します。漢方薬は、後天性の鼻涙管狭窄症に効果的です。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new

従来からのPC用HPは、こちら

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」