カテゴリー

むくみ

むくむ部分や体質に合わせた漢方

2021年1月 7日 (木)

右ひざが腫れて、痛くて大変

 知り合いの薬剤師さんのお話です。

 ちょっと困ると受診します(^^)

 「右ひざが腫れて大変なの~

 パンパンにむくんでて、痛いし、仕事に支障が出てるんだけど、

漢方の〇〇番をしばらく飲んでも効かかなったので、

〇番を続けていたんだけど、

良くならないし、胃が痛くなって来ちゃった・・・。060

 何がいいかなあ

 急ぎの用事で、バイクに乗ろうとしたら、

脚が上がらなくて、バイクごと倒れるし、

見ていた方に、大丈夫ですって立ち上がったものの、よけいに腫れたしで・・・。」

 診察により、別の漢方薬を処方しました。

 気温の低下もあるので、お風呂にしっかりと入って体を温めるように話しました。

 シャワーだけで済ませている方もいらっしゃるようですが、

冬は体が冷えやすいので、お風呂に入って体を温めて頂くこともお奨めです。

 翌日に、ラインでメッセージが来ました。

Img_8915

 

 

 

 

 いい感じの手応えです (^^)V

 そして、5日後、

Img_8916

 

 

 

 

 

 

 よかったです(^^♪

 勉強家で、博学で仕事はバリバリできる優秀な薬剤師さんなのですが、

漢方の分野で困った時に受診されます(^^)V174_20201228154601

【膝関節痛に漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年12月 3日 (木)

足のむくみと胃もたれ

 「足のむくみがひどいです。

 立ち仕事のなのも原因だと思いますが、

夕方になると痛くなります。

 加圧ソックスを履いたりしていますが、

よくなりません。

 トイレの回数が少ないと思います。

 それから、逆流性食道炎で胃がもたれます。

 酸っぱいものが上がってきます。

 太り過ぎも原因と言われましたが、

運動しても体重が減りません。」Img_8597

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「足のむくみが少しいいような、

痛みが軽くなってはいるような・・・。

 トイレの回数は増えている気がします。

 胃もたれはちょっと良くなっているような気がします。」385

 継続して1カ月後、

 「足のむくみがとても楽になりました。

 最初の2週間では、よくわからなかったのですが、

次にお薬を頂いてから、調子が良くなっているのがわかりました。

 胃もたれも治っています。

 漢方薬を飲み忘れると、胃の調子が悪くなるので、

慌てて飲みます。

 効いているのが、ひしひしと感じます。

 助けられています (^^♪ 」

【胃痛・胃もたれ・食欲不振】

 この方は、継続されているうちに、

少し体重が減ったそうです。

 むくみが強かったので、

いわゆる水太り体質が改善されたのかもしれませんね。

【むくみに漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。 

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年10月10日 (土)

膝から下がむくんで痛い

 「膝から下がむくんでいます。

 夕方になるとひどくなって、ズキズキします。

 脊柱管狭窄の手術を受けています。それが関係あるかどうかはわかりませんが・・・。

 じっとしていると痛みは感じませんが、歩いたりして、足を使うと痛くなってきます。」 Img_7944

 この方の体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 通常2、3週間くらいで、少しで改善がみられるかどうかで判断しております。

 3週間後、

 「とてもいいです。

 全然違います。

 脊柱管の痛みも残っていましたが、それも楽になりました。

 これは続けなけらばと思って、1日早いですが、

お薬がなくならないうちにもらいに来ました。」

【むくみに漢方】

 水戸部クリニックでは、むくみの改善のために漢方治療を行っております。Ky32_19_20201002115801

 むくんでいる部位や体質、むくみが出る時間帯や職場環境、生活習慣などを考慮して、

一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 利尿剤でも改善がみられない方のご相談も多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年8月19日 (水)

足のむくみが酷くて靴をはけない

 「半年くらい前からです。

 膝から下がむくんでいます。

 痛くて正座もできません。

 むくみのお薬を飲んでいますが、全然むくみが引きません。

 薬をずっと飲んでいますが、変わらないので、漢方で少しでもよくなればと・・・。」Img_7503

 足ほどではありませんが、手の甲もむくみがありました。

 むくみに悩む方の受診は多いです。

 指で押すと、押した部分が凹んで、ハッキリとわかるような強いむくみの方、

外見上はそれほどむくみが強くは見えないけれど、足の重だるさやむくみによる痛みで受診される方

など様々です。

 年齢や体質、立ち仕事の方など、その他の疾患なども考慮して、

むくみの原因となっている体のバランスの乱れを整える漢方薬を処方しております。

「むくみに漢方」

 この方は、血圧も高めの方でしたので、それも考慮した漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「むくみが少し引いたのがわかります。

 膝の曲げ伸ばしが少し楽になっています。」

 1か月後

 「だいぶいいです。

 むくんでいて、靴が履けなくて、つっかけサンダルでなんとか生活していましたが、

昨日から靴が履けるようになりました。

 漢方っていいねえ 先生。」A303_017

 いいでしょう^^

 その時その時で、違うみなさんの症状や体質の見極めに、集中しております。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2019年10月 2日 (水)

排卵日ころから不正出血になり、大量の経血が続きます

 「排卵日から、不正出血になります。そのまま止まらずに生理になります。

 具合が悪くなるくらいの大量の経血で、毎月フラフラしています。

 婦人科で止血剤を処方して頂いていますが、出血量が減った感じがしません。」Img_4540

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 1か月後、

 「不正出血はありましたが、出血量が減りました。

 生理が来ましたが、経血量がかなり落ち着いていました。

 毎月、生理が終わると、お腹が張って重い感じが続いていましたが、今回はなかったんです。

 むくみも引いた感じがしますが、それも漢方薬の効果ですか。」  006

『生理痛・生理不順に漢方』

 漢方薬は、体全体のバランスの乱れを整える処方になりますので、診察時にはお知らせ頂いていなかった症状も改善がみられることが多いです。

 症状それぞれに合わせて、お薬が増えるというよりも、症状が起こっている原因となる体のバランスの乱れを整える処方を検討しております。

 それにより、今まで服用していた他のお薬が不要になったり、服用量が減らせたなどと言われる方が多いです。医療費の削減にもなりますね^^

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2019年7月 3日 (水)

掌蹠膿疱症の関節炎に漢方

 「ひざが痛いです。水が溜まっていますが、掌蹠膿疱症が原因と言われています。

 最初は、右ひざに溜まっていましたが、左のひざにも溜まってきたみたいで、両方痛くなってきて、辛いです。

 手の平と足の裏の湿疹は、出ていますが、最近は落ち着いています。

 それよりもひざが痛いのがつらいです。

 水を抜いてもらったら楽になると言われましたが、また溜まるって聞いているし、漢方でお願いできればと思って受診しました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Ky32_20

 2週間後、

 「右のひざの水は、引いたのですが、左のひざがパンパンに腫れました。

 どうしようかと思ったのですが、漢方を飲み続けていたら、1週間くらいで水が引いてきました。

 一時は、ひじまで痛くなりました。

 これが、先生が言っていた『めんげん』なのだと思いました。

 ひざの水も引けて、だいぶ楽になってきた感じです。

 めんげんって、とんでもない場所にも出るんですね、鼻の横にでっかい吹き出物が、何年ぶりに出ました。

 体の中の老廃物が出たって感じなんでしょうね。」

 掌蹠膿疱症の治療に漢方薬を処方しております。

「掌蹠膿疱症に漢方」

 掌蹠膿疱症による関節炎の痛みも対応しております。

「関節痛・しびれ・むくみに漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っておりますので、必要に応じて、一般的な西洋薬と漢方薬の併用もおこなっております。

 「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2018年10月16日 (火)

がん転移後の症状緩和に漢方治療

 「がんのリンパ転移が見つかりました。片腕がむくんで、こんな状態です。腕も重くて、だるくて動かすのが大変な状態です。陰嚢も水が溜まって、腫れていますし、足もむくんで重いです。いつまで持つかわかりませんが、藁おもすがる思いで来ました。」

 診察室へ入るのもやっと、座っているのもやっとの状態でした。

 とにかく、体力を回復して、体のむくみを取ることを優先することを考えました。かなりの体力の低下がみられましたので、祈るような思いで、漢方薬を処方しました。A305_030

 2週間後、

 「先生、楽になりました。まだ腕もこんなに腫れていますが、飲む前とは違います。おしっこの出が悪かったのが、とてもよく出るようになって、歩くのが楽になりました。初めの1週間は、何も変わらなかったので、効くのかなあって、妻と話していましたが、1週間を過ぎてから、少しずつ楽になるのがわかりました。

 主治医の先生に、陰嚢の腫れも少しよくなっていると言われました。もう何日も持たないと思って、覚悟をしていましたが、もう少し生きられそうです。もう少し自宅に居られそうです。」

 がんの手術後の体調不良の改善や転移の予防効果を高めたい方などの受診が増えています。免疫力を高めたり、体力をつけて、体調を整える漢方治療を希望される方が多いです。

 患部の腫れやむくみが辛い方、手術後の痛みや腫れなどの炎症が続いている方、胃腸の不調、気分の落ち込みなど、心身の不調の改善、痛みやしびれの軽減のために、患者さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療により、患者さん一人ひとりのその時の体調や体力に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで、来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

「胃がん手術後の生活の質を改善」

「健康寿命・老化対策の漢方」

 従来からのHPの内容を順次リニューアルしています。漢方薬についてより詳しい内容に順次書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

2017年12月 9日 (土)

産後からのむくみが1年経っても治らない時は漢方

 「足のむくみがずっとあって、足が重だるいです。二人目を出産してからずっと続いていますが、異常がないし、それほどむくんでいないからと、どこへ行っても相手にされなくて、困っています。もう1年以上になります。マッサージを受けても数分でだるくなります。」

 むくみの原因は、様々ですが、腎臓や心臓疾患など重篤な疾患によるむくみとは異なり、比較的軽度で、異常と認められない場合は、特に治療の対象とされない場合がほとんどです。Img_9011

 このような症状は、体質改善の漢方薬により改善される場合が多いです。

 この方の体質に合わせて、水分代謝を改善する漢方薬を処方しました。

 少しずつ足の重だるさが軽くなるのを実感され、足の重だるい感じが取れたと言われましたので、漢方薬を中止してもよいのではとお話しましたが、

 「1回でも飲むのを忘れると、また足が重だるくなるので、やめたくないです。この漢方を飲んでいると、お肌もツヤツヤになりましたし、続けていてもいいですか。」

 体質に合わせた漢方薬の服用により、体全体の調子がよくなる方、美肌効果を実感される方、風邪をひきにくくなったなどと言われる方が多いです。Ky45_03

 産後からの不快症状が続いている方のご相談も多いです。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬などが効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外の方の受診も多いです。

「むくみに漢方」

「産後の体調不良に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。多様な症状に関しての内容を掲載しております。

「むくみ治療の漢方で体質改善」

「新潟の産後疲れ治療の漢方」

2017年6月15日 (木)

アトピーに漢方を飲んだら、足がパンパンに腫れました

 アトピー性皮膚炎などの治りにくい皮膚炎に、漢方治療を行っております。脱ステロイドをしたい方にも対応しております。

 漢方治療を始めてから、皮膚の新陳代謝が活発になり、一時的に皮膚炎が噴き出して、悪化したように感じたり、炎症が強い部分に痛みが出たり、腫れたりする事があります。Img_7519_2

◆かゆみが激しくなった

◆皮膚の赤みが増した

◆炎症が激しくなり、痛みを感じる部分がある

◆浸出液が出てきた、多くなった

◆乾燥が激しくなった

◆落屑が増えて、ポロポロと剥がれる

◆皮膚の一部が腫れたり、熱を持っている

◆以前には、出ていなかった部分にも皮膚炎が噴き出した。全身に広がった。

などの症状が出て、漢方薬を中止したほうがよいのか、継続していてよいのかとのお問い合わせを頂く場合があります。

 めんげんという症状です。好転反応とも言われます。

 漢方薬を服用された事で、皮膚の新陳代謝が活発になり、体の中に溜まっている老廃物や有害物質を排泄する働きが活発になり始めると、一時的に皮膚炎が激しくなったように見える場合があります。これは、体の中の異物を排泄する皮膚の正常な浄化作用です。Ky39_01_2

 体の中に溜まっていた老廃物や有害物質を排泄しようとする働きが高まりますので、一時的に悪化したように思えて、不安になる方もいらっしゃいます。しかし、この状態を過ぎると、皮膚症状の改善が始まります。個人差によるものが大きいですが、「好転反応」や「めんげん」は何度か繰り返す場合が多いです。繰り返すたびに、症状は弱くなってくる方がほとんどです。

 ご心配でしたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい^^ 

「アトピー性皮膚炎に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についてのページも充実しております。

「アトピーに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「漢方薬を飲み始めて、3週間後くらいから、足のふくらはぎの部分がパンパンに腫れて、熱を持っている感じがします。歩くと痛いくらいになりました。痛み止めを飲みながら、仕事に行っています。めんげんなのかもしれないと思いましたが、漢方を続けていていいですか。」

 1週間くらいでちょうど漢方薬が飲み切る時期でしたので、続けて服用して、なくなる頃に受診して頂くようにお話しました。

 「ふくらはぎの腫れは、だいぶ引きました。赤くなっていたのも治まってきました。少し硬くなっている部分がありますが、最初に比べると落ち着いてきました。

 顔や体のアトピーは、少しずつよくなっているのがわかります。」

 これだけ激しいめんげん症状が現れる方ばかりでは、ありませんが、以前とは違った症状が現れただけでも、不安に感じてしまう方も多いと思います。わかりやすい説明を心がけております。ご遠慮なくご相談いただければと思います。

「アトピー性皮膚炎に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についてのページも充実しております。

「アトピーに漢方」 Img_7517

~*~*~*~

 用事で、岩手方面へ出かけて来ました。途中のS..Aで、燕の巣を見つけました。

 もうすぐ巣立ちでしょうか ^^

2017年1月19日 (木)

膝裏がむくんで正座できなかったのですが、漢方で治りました^^

 膝裏のむくみは、血液やリンパの流れの滞りが生じている事で、余分な水分が溜まっている状態です。

 膝裏の血行が悪いくなっている事が原因となっていると考えられます。立ち仕事や歩き方、運動不足や老化などによる筋力の低下などによると考えられます。Ky24_111

 マッサージなどでは改善されない、痛くて正座できない方に漢方薬が好評です。

 むくんでいる部分の水分代謝を改善する漢方薬の服用により、むくみが改善される場合が多いです。

 体の約60~70%が水分です。血液やリンパ液、細胞の組織内などに水分があります。この水分代謝の滞りは様々な部分で起こりやすいです。

 漢方の考え方では、むくみが生じた部分に合わせて、水分代謝を改善する処方があります。一人ひとりのむくむ部分や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「むくみ治療の漢方で体質改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

 より詳しく、わかりやすいページとなっております。

「むくみに漢方(利尿剤が効かない方にも」new

~*~*~*~Img_5855

 膝裏がパンパンに腫れたようにむくんで、1年くらい正座ができなくなっていた方が、体質に合わせた漢方薬により、10日くらいで、むくみがスッと引いて、座れるようになりました。

 日本海側は、湿度が高い地域が多く、体の中に水分が滞りやすいので、水分代謝の滞りによる症状で受診される方が多いです。 

 むくみだけではなく、関節痛、めまいや頭痛、冷えなども水分代謝の滞りが原因となっている場合があります。このような状態を漢方では、水毒と言います。

 漢方では、水毒の原因となっている体のバランスの乱れを改善する事で、水毒による様々な症状を改善する事を考えます。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。長年の経験による診断が重要となります。漢方に詳しい医療機関に受診される事をお奨め致します。