カテゴリー

.皮膚症状

ステロイドを中止したい、治りにくい方に

2021年5月 9日 (日)

アトピーと軟便に漢方

 「この子のアトピーが治りません。

 ステロイドを塗っていますが、全然良くならないので、

止めたいです。

 こちらで治った方から紹介されました。

 主人がアトピーだったので、遺伝もあるのかもしれません。」Ky56_30-2_20210509021101

 首から肩にかけて、浸出液が出てベタベタした皮膚です。

 肘の内側、膝裏、足首にただれがみられました。

 便が軟らかい時が多く、形のある便が出ることは少ないとの事でした。

 診察により、このお子さんの皮膚の症状と体質に合わせた漢方薬を1週間処方しました。

 1週間後、

 「首から肩のジュクジュク、ベタベタがきれいに治りました。

 まだまだですが、こんなに早く良くなるとは思っていませんでした。

 便は、まだ軟らかいですが、水っぽいことはなくなっています。」

 肘、膝、足首のただれは激しい状態でしたが、

ジュクジュクした浸出液がほとんど出なくなっています。

 継続されて1か月後、

 「とても良くなっている感じはします。

 肘、膝と足首を掻いてしまって、ちょっとひどくなりました。Ky56_30

 お風呂に入った後や寝る時に、かきむしっています。

 形のある便が出る日が増えています。」

 皮膚は内臓の鏡という言葉があるように、

皮膚症状の改善には内臓機能を整えることも大切です。

 特に乳幼児期のお子さんは、内臓の機能が未熟なので、

皮膚炎が治りにくくなっている場合も考えられます。

 お子さんそれぞれに体質は異なりますので、

「アトピーにはこの漢方薬」とはなりません。

 またお子さんの体調の変化や季節変化、

生活環境の変化などによっても皮膚症状が変化する場合が多いので、

その変化に細やかに対応した治療が効果的です。Img_0261

 気温が高い日が増えて、かゆみが強くなってきたようなので、

漢方薬を変方しました。

 「かゆみが楽になっているみたいです。

 だいぶ良くなっています。

 ステロイドを塗らなくても大丈夫になりましたので、

今日は漢方薬だけ下さい。」

【子供のアトピーに漢方】 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Image_6483441-2_20210509021401

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

【子供の病気に漢方】

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年4月22日 (木)

おしりの湿疹がかゆい!!

 「おしりの湿疹で受診しました。

 かゆくて、学校でも掻きむしっているみたいです。

 爪で引っ掻いて、血が出ています。

 ステロイドを塗っていますが、最初は良くなったのですが、

どんどんひどくなって、効いている感じがしません。」Photo_20210413160701

 学校で座っている時間が長いので、

おしりが圧迫されて蒸れたり、血流が悪くなることで、

湿疹が出やすくなったり、かゆくなったりするお子さんの受診が多いです。

 春休みが終わって、新学期が始まって悪化して受診される方が増えています。

 おしりの皮膚の炎症を鎮めて、血行を改善する漢方薬などが効果的です。

 診察により、このお子さんの体質に合わせた漢方薬を処方しました。 

 「ちょっといいみたいです。

 掻いてはいるみたいですが、傷が治ってきています。

 ステロイドはこのまま塗っていていいですか。」

 『ステロイドを急に中止しますと、リバウンドが起こりますので、

少しずつ塗る量や回数を減らしましょう。』Image_6483441-9_20210413160801

 継続されて1か月後、

 「だいぶ良くなっています。 

 ステロイドを塗る日にちが開いてきました。

 毎日2回塗っていたのが、2、3日に1回くらいになっています。

 かゆみが減っているみたいで、学校では掻かなくなったみたいです。

 家に帰ってくると、あーかゆい、かゆいってボリボリ掻いていますが、

血が出るまで掻くことはなくなっています。」

 1か月後、皮膚炎が落ち着いているので、

ステロイドのランクを弱いものに変方しました。 

 『これから気温が高くなって、汗をたくさんかくような時期になりますので、

汗によるかゆみが増した時に、漢方薬の変方が必要になってくるかもしれませんが、

お子さんの成長と共に、皮膚も強くなってきますので、

焦らずにじっくりと取り組んで頂ければと思います。』

【小学生のアトピーに漢方】Img_0146 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 アトピーなどの皮膚炎は、お子さんの成長や環境の変化、

季節変化などによって症状が変わる場合が多いので、

その変化に細やかに対応した漢方薬が効果的です。

【子供のアトピーに漢方】

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年4月19日 (月)

顔の赤み、酒さが治らないと言われました( ノД`)シクシク…

 「顔の赤みがあります。酒さの治療を受けていましたが、

治らないと言われました。

 顔がかーっとほてって、もっと真っ赤になります。Ky26_15-2

 ステロイドを塗ったり、抗菌剤?の軟膏を塗っていますが、

全然よくならなくて・・・ ( ノД`)シクシク…

 治りませんと言われました。

 漢方で治ったと聞いたので、受診しました。」

 酒さに悩む方、顔の赤みやほてりで受診される方に漢方治療を行っております。

 炎症の度合いや個人差によるものが大きいですが、

継続して服用されることで、改善される方が多いです。

 診察によりこの方の体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 3週間後、

 「あんまり変わった感じはしません。」

 『では、前回のお顔の写真と比較してみましょう。』Image_6483441-5_20210412172901

 「あ 良くなっていますね。

 まだまだですけど、少し赤みが引いています。」

 『毎日、ご自身で鏡を見てられると改善に気づきにくいです。

 3週間前より、赤みが引いていますね。』

 「そうですね (^^) 安心しました。」Ky26_15-2_20210412173101

 漢方薬による酒さの治療は、体の中から皮膚を整える治療になります。

 患者さんご自身の自分で皮膚を改善する力(自然治ゆ力)を高める治療になりますので、

ステロイドやタクロリムス軟膏などを塗った場合とは異なり、

短期間での改善は実感しにくい場合が多いです。

 皮膚の生まれ変わり(新陳代謝)には、時間がかかりますので、

皮膚の炎症が激しい場合は、改善がゆっくりに感じられる方がいらっしゃいます。

 焦らずにじっくりと継続されることで、少しずつ皮膚の炎症が改善される方が多いです。 Ky26_15-3_20210412173901

【酒さ・赤ら顔に漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 にきびやアトピー性皮膚炎など、治りにくい症状の改善に、

体質改善の漢方治療を行っております。

 ステロイドやタクロリムス軟膏などを使いたくない方、

中止したい方にも好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】

2021年4月18日 (日)

マスクで唇がただれました

 「マスクをつけるようになってから唇が腫れて、

だだれています。

 お薬を塗っていますが、全然良くならなくて、

食事の時もしみて痛いです。」Ky26_19

 マスク生活が続いている中で、

マスクかぶれや肌荒れに悩む方の受診が増えています。

 診察により唇の炎症やこの方の体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 3週間後、

 「かなり良くなっています。

 まだ唇にブツブツとした水疱は出るには出ますが、

腫れも引いて、ただれが治って来ました。」Ky26_19-3

 継続されて1か月後には、ほとんど気にならない状態に改善されたので、

2週間分を処方して、飲み切り中止としました。

【唇の乾燥・水疱・口唇炎に漢方】

 塗り薬を塗っても繰り返す、治りにくい方に、

体の中から皮膚を整える漢方治療が好評です。

 皮膚は内臓の鏡という言葉があるように、

マスクなどによるかぶれや炎症であっても、

体の中から皮膚を整える処方によって、皮膚炎が改善される場合が多いです。Img_0147

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

皮膚の炎症の状態や患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】 

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年4月14日 (水)

体のかゆみが2カ月くらい治りません。

 「体がかゆいです。2カ月くらい前からです。

 ステロイドも塗っていますが、良くなるどころか

体全体に広がって来ました。

 強いステロイドに変えて頂いて塗っていますが、

それでなんとか我慢しています。

 漢方がいいと聞いたので、受診しました。」A307_032_20210409122401

 診察により漢方薬を2週間処方しました。

 約半年ぶりに受診されました。

 「漢方薬を飲んですぐ治りました。

 1週間くらいで、すっかり治りました。

 春になって、ちょっとブツブツ出始めたので、

早めに漢方薬を頂こうと思って受診しました。

 前回もとてもよく効きました。

 ステロイドよりすごい効き目でした。

 すぐ治ったので、あれからステロイドも塗っていません。」

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】Img_9731edited

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 ステロイドやタクロリムス軟膏などを使いたくない方、

中止したい方の受診も多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。Image_6483441-9_20210409122501

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月20日 (土)

頭皮がかゆい、フケが大量

「頭皮がかゆいです。フケが多いです。

 頭のかゆみがひど過ぎて、膿が出ています。

 頭の中なので、薬も塗りにくいし、浸出液でベタベタしているので、

汚い感じで、一目が気になります。」Ky40_08

 頭皮の乾燥やかゆみ、頭皮湿疹で受診される方が増えています。

 先日のブログでも書かせて頂いているように、皮膚炎が噴き出しやすい季節です。

 アトピーのかゆみや炎症の悪化、にきびの悪化などのご相談も増えています。

 この方の頭皮の状態や体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 3週間後、

 「かゆみは強いですが、以前よりは楽になっています。

 頭皮のフケも多いですが、浸出液が乾いてきているようです。

 手で触ると、漢方薬を飲む前とは違って、乾いてきている感じがします。

 家族にも治ってきていると言われました。」A301_058_20210309160501

 1か月後、

 「かゆみが楽になっています。

 時々、ムズムズっとかゆくなる時もありますが、

ステロイドのローションもつけなくても大丈夫になっています。

 仕事の時にかゆくなると、我慢していて辛かったのですが、

そんなにかゆくならないので、集中できるようになりました。」

【頭皮湿疹・フケに漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの皮膚症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】Img_9706

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月16日 (火)

じんましんが出て、体がお餅のように膨れます

 「じんましんが治りません。

 ひどくなると点滴を受けています。

 全身に出るので、体がお餅のように膨れるんです。333

 呼吸が苦しくなって、救急車で運ばれたこともあります。

 アナフィラキシーの時のペンも持っていますが、

それは一度も使ったことはありません。

 かゆいし、息苦しくなりますし、また救急車も乗りたくありませんので、

漢方で体質改善になればと思って受診しました。」

 慢性じんましんは、じんましんが起こりやすい体質の改善を考えます。Image_6483441-9_20210309121401

 この方の場合は、じんましんの症状が激しく、呼吸困難も起こしやすいので、

今までの抗アレルギー薬と併用して頂いて、じんましんの症状の軽減をみながら

抗アレルギー薬の減量をゆっくりと進めてゆくこととしました。

 継続されて約3カ月後には、じんましんの症状がほとんど出なくなって、

時々、体の一部にチクチクっとしたかゆみが出るくらいになっています。

【慢性じんましんに漢方】Img_9707

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。 

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月14日 (日)

喘息とアトピーがひどくなってきました

 「1歳からアトピーです。ステロイドを塗っています。

 3歳になりましたが、最初は、脚の一部分から始まって、

今は顔以外の全身に広がっています。

 ステロイドを塗っていてもこんな状態で、きれいにならなくなっています。A307_028_20210309120601

 喘息で入院も繰り返しています。

 このままでいいのか不安になっています。

 漢方薬の方がいいかもしれないと思って受診しました。」 

 診察により、お子さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「どうなんでしょうか。まだよくわかりません。」

 2週間前のお肌の写真と本日のお肌を比較して頂きました。

 「あ 良くなってますね。269_20210309121301

 毎日気にして見ていたので、わかりませんでした。

 よかったです。本人も頑張って飲んでいます。」

 継続されて1か月後、

 「ステロイドを塗らなくなって、2週間くらいになりますが、

大丈夫みたいです。

 起きている時もずっと、ポリポリかいていましたが、

あまりかかなくなっています。

 かゆみが治まっているためか、夜中に起きることもなくなりました。

 そういえば、風邪をひいても喘息発作を起こすまでにはなっていません。」

 継続されて、3カ月後くらいには、きれいなお肌になりました。Img_9685

 「こんなにすべすべの肌になって、本当によかったです。

 風邪もひきにくくなって、喘息になることもほとんどなくなっています。

 何度も入院していたのが、うそのようです。」

【赤ちゃん・乳幼児のアトピーに漢方】

 水戸部クリニックでは、お子さんの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 アトピーや鼻炎、喘息などのアレルギー症状の体質改善のご相談が多いです。

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

【子供の漢方】Image_6483441-9_20210309121401

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月10日 (水)

異汗性湿疹(汗疱)が始まりました

 「異汗性湿疹が始まりました。

 以前の漢方薬がとてもよく効いて、

11月以降は漢方薬も飲まなくても大丈夫でしたが、Ky26_20-4_20210308101001

 1週間くらい前から、ちょっと怪しいブツブツが出始めたので、

同じ漢方薬を頂きたいと思います。

 前回も劇的に良くなりましたので、今年は早めに飲んでいた方がいいと思います。」

【汗疱に漢方治療】

 『3月5日が、啓蟄(けいちつ)なのをご存じですか。

 啓蟄は、冬の間、土の中にこもっていた虫などの生き物が、活発に動き始める時期になります。Image_6483441-9_20210308100801

 ウイルスや細菌も活発になるものが多くなり、

皮膚の奥深くに潜んでいた皮膚炎が、皮膚表面に出て来やすくなるので、

落ち着いていた皮膚炎が悪化し始めた、急に湿疹が出てきたという方の受診が増えています。」

 「そうなんですね。

 暦なんて普段気にしていませんでしたが、季節変化の影響を受けているのですね。」Img_9319

 皮膚炎だけではなく、心や体の状態は、

季節変化やお住まいの地域、職場環境などの影響を受けている場合が多いので、

診察時にお話をよく伺うことにより、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方を熟考しております。

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月 9日 (火)

下着があたる部分、肘、膝裏がかゆい

 「ブラのワイヤーがあたる部分やショーツのゴムの部分、

肘や膝の裏側がかゆいです。

 冬にひどくなります。

 ステロイドを塗っていましたが、塗るのをやめるとかゆくなって、

11月頃から範囲が広がってきました。」A307_049_20210305102401

 診察により、この方の皮膚の状態と体質を考慮した漢方薬を3週間処方しました。

 ステロイドの塗り薬は急に中止されますと、リバウンドが起こる可能性が高いので、

かゆみや炎症の度合いに合わせて継続して頂くようにお話しました。

 3週間後、

 「かゆみが楽になりました。

 ステロイドは、この3週間の間で3回しか塗りませんでした。

 膝裏がかゆくてたまらなかったのですが、全然かゆくなくなりました。」Img_9686

 ワイヤーがあたる部分もショーツのゴムの部分も炎症が改善されて、

皮膚の赤みが引いています。

 以前から使用されていたステロイドのランクを弱いものに変方しました。

 1カ月後、 

 「とってもきれいになりました。

 ステロイドも塗らなくても大丈夫になりました。

 夜寝る前にステロイドを塗らなくても良くなって、ゆったりとした時間が取れるようになりました(^^♪

  去年よりもお肌もカサカサした感じがなくていいです(^^)」179_20210305102501

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】

 水戸部クリニックでは、治りにくい皮膚炎に体の中から皮膚を整える漢方治療を行っております。

 ステロイド軟膏などを中止したい方、使いたくない方のご相談が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

より以前の記事一覧