カテゴリー

育児

2021年5月 9日 (日)

アトピーと軟便に漢方

 「この子のアトピーが治りません。

 ステロイドを塗っていますが、全然良くならないので、

止めたいです。

 こちらで治った方から紹介されました。

 主人がアトピーだったので、遺伝もあるのかもしれません。」Ky56_30-2_20210509021101

 首から肩にかけて、浸出液が出てベタベタした皮膚です。

 肘の内側、膝裏、足首にただれがみられました。

 便が軟らかい時が多く、形のある便が出ることは少ないとの事でした。

 診察により、このお子さんの皮膚の症状と体質に合わせた漢方薬を1週間処方しました。

 1週間後、

 「首から肩のジュクジュク、ベタベタがきれいに治りました。

 まだまだですが、こんなに早く良くなるとは思っていませんでした。

 便は、まだ軟らかいですが、水っぽいことはなくなっています。」

 肘、膝、足首のただれは激しい状態でしたが、

ジュクジュクした浸出液がほとんど出なくなっています。

 継続されて1か月後、

 「とても良くなっている感じはします。

 肘、膝と足首を掻いてしまって、ちょっとひどくなりました。Ky56_30

 お風呂に入った後や寝る時に、かきむしっています。

 形のある便が出る日が増えています。」

 皮膚は内臓の鏡という言葉があるように、

皮膚症状の改善には内臓機能を整えることも大切です。

 特に乳幼児期のお子さんは、内臓の機能が未熟なので、

皮膚炎が治りにくくなっている場合も考えられます。

 お子さんそれぞれに体質は異なりますので、

「アトピーにはこの漢方薬」とはなりません。

 またお子さんの体調の変化や季節変化、

生活環境の変化などによっても皮膚症状が変化する場合が多いので、

その変化に細やかに対応した治療が効果的です。Img_0261

 気温が高い日が増えて、かゆみが強くなってきたようなので、

漢方薬を変方しました。

 「かゆみが楽になっているみたいです。

 だいぶ良くなっています。

 ステロイドを塗らなくても大丈夫になりましたので、

今日は漢方薬だけ下さい。」

【子供のアトピーに漢方】 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Image_6483441-2_20210509021401

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

【子供の病気に漢方】

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年4月28日 (水)

妊娠、出産のご報告と産後の不調

 「こんにちは お久しぶりです (^^)

 おかげさまで、娘を出産しました。

 先生のところで漢方薬を処方して頂いて、すぐに妊娠して出産しました。

【不妊症治療に漢方】239_20210419125501

 流産を繰り返していたので、

半分絶望しながら先生のところにお願いしてからすぐでしたから、本当に良かったです。

 今日は、産後うつっぽい感じで来ました。

 そんなにひどくはないですが、ちょっとした事にイライラしますし、

気分が落ち込んで、いつも疲れている感じです。」

 産後の体調不良に悩む方に、体調を整えて、

ホルモンバランスを整える漢方薬が好評です。

 出産による体力の消耗と育児の忙しさで、

心身共に疲れて気持ちに余裕がなくなっている方が受診されます。

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 3週間後、291_20210419125701

 「体が楽になって来ていると思います。

 イライラはしますが、少しは楽になっているような気がします (笑)

 よかったです。こちらへ来ると心が楽になります。」

 よかったです^^

【産後の体調不良に漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 女性は、生理、妊娠、産後、更年期から老年期まで、多様な体質の変化が起こります。

その変化に細やかに対応できるのが漢方薬です。

【女性の健康と美しさのための漢方】Img_0178_20210419124301

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年4月22日 (木)

おしりの湿疹がかゆい!!

 「おしりの湿疹で受診しました。

 かゆくて、学校でも掻きむしっているみたいです。

 爪で引っ掻いて、血が出ています。

 ステロイドを塗っていますが、最初は良くなったのですが、

どんどんひどくなって、効いている感じがしません。」Photo_20210413160701

 学校で座っている時間が長いので、

おしりが圧迫されて蒸れたり、血流が悪くなることで、

湿疹が出やすくなったり、かゆくなったりするお子さんの受診が多いです。

 春休みが終わって、新学期が始まって悪化して受診される方が増えています。

 おしりの皮膚の炎症を鎮めて、血行を改善する漢方薬などが効果的です。

 診察により、このお子さんの体質に合わせた漢方薬を処方しました。 

 「ちょっといいみたいです。

 掻いてはいるみたいですが、傷が治ってきています。

 ステロイドはこのまま塗っていていいですか。」

 『ステロイドを急に中止しますと、リバウンドが起こりますので、

少しずつ塗る量や回数を減らしましょう。』Image_6483441-9_20210413160801

 継続されて1か月後、

 「だいぶ良くなっています。 

 ステロイドを塗る日にちが開いてきました。

 毎日2回塗っていたのが、2、3日に1回くらいになっています。

 かゆみが減っているみたいで、学校では掻かなくなったみたいです。

 家に帰ってくると、あーかゆい、かゆいってボリボリ掻いていますが、

血が出るまで掻くことはなくなっています。」

 1か月後、皮膚炎が落ち着いているので、

ステロイドのランクを弱いものに変方しました。 

 『これから気温が高くなって、汗をたくさんかくような時期になりますので、

汗によるかゆみが増した時に、漢方薬の変方が必要になってくるかもしれませんが、

お子さんの成長と共に、皮膚も強くなってきますので、

焦らずにじっくりと取り組んで頂ければと思います。』

【小学生のアトピーに漢方】Img_0146 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 アトピーなどの皮膚炎は、お子さんの成長や環境の変化、

季節変化などによって症状が変わる場合が多いので、

その変化に細やかに対応した漢方薬が効果的です。

【子供のアトピーに漢方】

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月17日 (水)

2時間ごとの夜泣き、パパ、ママは眠りたい

 「夜泣きがひどいです。

 2時間寝てくれればいい方です。

 1時間か1時間半くらいで、大泣きします。Ky56_15

 泣き始めると1時間くらい泣き続けます。

 私達もぐったりで、3,4時間眠りたいです・・・。」

 夜泣きをするお子さんは、感受性が高いお子さんです・・・なんて言われても

眠れないご両親はお疲れです。

 お子さんの夜泣き、疳の虫に悩む親御さんは多いようです。

 漢方では、昔からお子さんの夜泣き、疳の虫に対応したお薬がございます。Image_6483441-9_20210309121401

 自然の生薬から作られる漢方薬は、心と体にやさしく作用します。

 お子さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 このお子さんは、元気いっぱい、日中もよく動き回る活発なお子さんです。

 体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「漢方薬を飲み始めて、最初は変わらず2時間足らずで起きて大泣きしていましたが、

10日くらいしてからだったでしょうか、静かに寝ている時間が長くなってきました。A301_009

 こちらも睡眠が取りやすくなってきました。」

【夜泣き・疳の虫に漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

【子供の漢方】Img_9708

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月15日 (月)

学校で、お腹が張って苦しい

 「学校でお腹が張って苦しいです。

 授業中は、周りが気になって集中できません。A307_048_20210315120901

 いつおならが出てしまうかって思うと・・・。」

 『お腹のガスのお薬を処方してもらいまいしたが、良くならないみたいです。

ご飯を食べる量も減っていますし、学校を休む日が多くなって来たので、

心配になりました。』とお母様。

 思春期のお子さんに多い症状です。

 繊細でやさしいお子さんや大人の方の受診も多いです。

 診察によりお子さんの体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「漢方薬を飲んでからと、お腹が張らなくなってきました。」

 『気持ちが楽になったみたいで、ご飯も食べられるようになっています。』

【子供の過敏性腸症候群に漢方】

 思春期のお子さんの心身の不調に漢方治療を行っております。

 お子さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

【思春期のイライラ、落ち込みに漢方】Img_9717

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしく作用しますので、

小さなお子さんから服用できます。

【子供の漢方】

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月14日 (日)

喘息とアトピーがひどくなってきました

 「1歳からアトピーです。ステロイドを塗っています。

 3歳になりましたが、最初は、脚の一部分から始まって、

今は顔以外の全身に広がっています。

 ステロイドを塗っていてもこんな状態で、きれいにならなくなっています。A307_028_20210309120601

 喘息で入院も繰り返しています。

 このままでいいのか不安になっています。

 漢方薬の方がいいかもしれないと思って受診しました。」 

 診察により、お子さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「どうなんでしょうか。まだよくわかりません。」

 2週間前のお肌の写真と本日のお肌を比較して頂きました。

 「あ 良くなってますね。269_20210309121301

 毎日気にして見ていたので、わかりませんでした。

 よかったです。本人も頑張って飲んでいます。」

 継続されて1か月後、

 「ステロイドを塗らなくなって、2週間くらいになりますが、

大丈夫みたいです。

 起きている時もずっと、ポリポリかいていましたが、

あまりかかなくなっています。

 かゆみが治まっているためか、夜中に起きることもなくなりました。

 そういえば、風邪をひいても喘息発作を起こすまでにはなっていません。」

 継続されて、3カ月後くらいには、きれいなお肌になりました。Img_9685

 「こんなにすべすべの肌になって、本当によかったです。

 風邪もひきにくくなって、喘息になることもほとんどなくなっています。

 何度も入院していたのが、うそのようです。」

【赤ちゃん・乳幼児のアトピーに漢方】

 水戸部クリニックでは、お子さんの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 アトピーや鼻炎、喘息などのアレルギー症状の体質改善のご相談が多いです。

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

【子供の漢方】Image_6483441-9_20210309121401

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月 8日 (月)

中学生の夜尿

 「夜尿が小3の夏ごろに治りましたが、5年生の後半でまた始まりました。

 中学生になった今でも続いています。

 ほとんど毎日、よくて1週間に1,2回もらしていない日があるくらいです。」A306_017

 小学校高学年以降になりますと夜尿のお子さんの割合は減りますが、

なかなか改善がみられないお子さんが受診されます。

 女の子より男の子に多い傾向があります。

 診察により、このお子さんの体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 3週間後、

 「もらさない日が、何日が続きましたが、また続いています。」Image_6483441-5_20210304104801

 膀胱を含めた排尿機能などの機能を整えたりする漢方薬になりますが、

お子さんそれぞれの成長のスピードは個人差によるものが大きいので、

焦らずにゆっくりと様子をみて頂くことが大切です。

 年齢的にご本人も気にされているお子さんが多いので、

プレッシャーを感じていると改善にブレーキがかかってしまうことも否定はできませんので、

親御さんは、ゆったりと見守って頂くことをお奨めしております。Img_9637

 継続されて2か月後、

 「1カ月のうちに半分くらいに減っています。」

 『ご本人の自信につながるとは思いますが、

 お子さんの体の成長や排尿機能は少しずつゆっくりと整ってきますので、

期待度を上げずにゆったりと見守って下さい。』

 1か月後、

 「3日続いて、4、5日大丈夫な日が続いたり、

1回だけ失敗した週もありましたが、少しずつ夜尿が減っています。」

 このお子さんは、約10カ月くらいで夜尿がなくなり、

漢方治療も終了となりました。A301_032

【夜尿症に漢方】

 水戸部クリニックでは、お子さんの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 夜尿の症状やお子さんの年齢や体質に合わせて細やかに対応した処方が効果的です。

 早期の改善を求める親御さんが多いですが、

お子さんの心身のバランスや成長を見守りながら、ゆったりと構えて頂くことをお奨めしております。

【子供の漢方】

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。Image_6483441-1

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年3月 7日 (日)

お腹にガスが溜まって苦しい子供

 「お腹にガスが溜まって苦しがっています。

 小学生の時は、ガスで腸閉塞の一歩手前になって、

入院したことがあります。

 学校でも苦しくなって、早退して来る日があります。Ky21_05

 お腹のガスのお薬をいろいろと飲んでみましたが、

よくならないので、漢方薬でよくなればと思って連れて来ました。」

 心配そうなご両親と一緒に診察室へ入って来られました。

 診察により、お子さんの症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「そんなに変わった感じはありません。

 便秘はそんなにしませんが、ガスが苦しいです。」

 漢方薬を変方して、2週間後、

 「お腹のガスがかなり減って、楽になりました。

 まだお腹は張りますが、苦しさは、ずっと楽です。」A303_025_20210303100901

 1カ月後、

 「漢方薬を飲んでいると、ガスが溜まらないし、

苦しくないです。

 変に下痢になったり、便秘が続いたりもしなくなりました。」

【子供の過敏性腸症候群に漢方】Img_9417

 大人に多い症状ですが、小さなお子さんでもこのような症状に悩む方が増えているようです。

 便秘や下痢などはなく、お腹の張りやガスが辛いという方も多いようです。

 漢方の視点から、お子さんの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 漢方薬は、生後2,3か月のお子さんから服用できます。

【子供の漢方】

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年2月26日 (金)

子供の鼻づまり、鼻を触って鼻血が出ます

 「アレルギー性鼻炎で、鼻がつまっています。

 気にして鼻を触るので、すぐ鼻血が出ます。

 花粉の季節は、鼻水も出て、鼻づまりがひどくなります。」A306_068_20210223224701

 今年は花粉症の症状が、激しい方の受診が早まっているようです。

 予報通りなのでしょうか。

 小さなお子さんの慢性鼻炎や花粉症の症状に、

体にやさしい漢方薬が好評です。

【子供の鼻炎・花粉症・ちくのうに漢方】

 診察により、このお子さんの症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「調子がいいみたいです。

 鼻を触っているのをほどんど見なくなりました。

 あれから鼻血も出ていません。

 鼻水も出ないですし、鼻がつまっていないみたいで、呼吸も楽そうです。Img_9402

 私も花粉症があるのですが、診て頂けますか。」

 花粉症の方の受診がとても多くなっています。

 漢方では、花粉による鼻炎症状に細やかに対応した処方になります。

 鼻水の状態、鼻づまりが辛い方、副鼻腔炎が治りにくいなど、

その方それぞれの鼻炎症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

【花粉症治療の漢方】Ky17_18

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2021年2月23日 (火)

起立性調節障害で、頭痛とめまい

 「朝になると頭痛とめまいがして、学校へ行けない日が多いです。

 起立性調節障害と言われました。270_20210217171601

 お薬を飲んでいますが、全然良くならなくて、

学校に遅刻したり、休む日が増えています。

 イライラが強くなっています。

 元気がなく食欲も落ちてきたので、心配になって

漢方薬の方がいいのかもしれないと思って連れて来ました。」

 『学校が休みの日も頭が痛くなったり、お腹が痛くなったりしますか。』

 「そういえば、休みの日は痛いって言わないね?」245_20210217171301

 うん・・・ 恥ずかしそうな表情をされていらっしゃいます。

【起立性調節障害に漢方】

 お子さんの体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 「イライラが減って、食欲が戻ってきました。

 学校も遅刻したり、休む日が減っています。」

 『無理をさせないように、辛い時は休ませてあげてください。

 日常や学校生活でのちょとした不安や緊張が原因となっているようです。

 学校が休みの日はほとんど症状が出ていないようですね。』

 お子さんが成長する過程で、不安や緊張がストレスとなって、

心や体の不調として現れる場合があります。

 コロナ渦での不安やストレスを感じているためでしょうか

心身の不調を訴えるお子さんの受診が増えています。Image_6483441-5_20210217171701

 ストレスや緊張による不調に、漢方薬はやさしく作用します。

 このお子さんは、体調が整ったことで、元気を取り戻して、

学校がある日と日曜日の夜だけ漢方薬の服用を続けていらっしゃいます (^^)

【子供の体調不良に漢方】

より以前の記事一覧