カテゴリー

« 胃のつかえ、げっぷで苦しいに漢方 | トップページ | 1歳児の鼻閉で食事が摂りにくいに漢方 »

2023年10月14日 (土)

秋から悪化する子供のアトピーに漢方

 「毎年秋になるとアトピーが悪化します。

8月の終わりごろからかゆみがひどくなります。Ky27_01-3_20231011120101

 夏の間からきちんと肌を整えてあげたくて受診しました。

 今年の夏は、今までと違って痒みが強いです。」

 猛暑の影響で、

汗によるかゆみでかき壊してしまう方が多い印象でした。

 汗や汗によるかゆみに対応した漢方薬を中心に処方して

3週間後、

 「かき壊してジュクジュクしていたのが良くなっています。

 寝ていてかゆいみたいです。」

 漢方薬を継続されて1か月後、

 「ジュクジュクが全く出なくなって、Ky27_01-3_20231011121301

かゆみは減っていますが、

皮膚が赤くなっている部分のかゆみが強いみたいで、

かき壊します。」

 漢方薬を変方しました。

 1か月後、

 「だいぶ良くなっています。

 今までで一番良い状態です。

 毎年この時期になると悪化していましたが、

とても調子が良いです。

 ちょっと涼しい場所にいたり、

風にあたると夜には悪化していましたが、

いい感じです。

 一山超えた感じです。」

【秋・冬のアトピーに漢方】

 継続されて1か月後、Ky27_01-3_20231011122201

 「気温が低くなっていますし、

加湿器もつけてはいますが、

この時期にしては去年までのような悪化もなくて、

とてもいい感じです。」

【子供のアトピー】

 水戸部クリニックでは、

長年の漢方診療の経験により、

お子A303_007_20231011122701 さんそれぞれの症状や

体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 小児の方の皮膚炎や

体調の不調に細やかに対応した漢方薬が好評です。

【子供の漢方】

 漢方薬は、生後2、3ヶ月のお子さんから服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、

健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。Image_6483441-9_20231011122801

 新潟市で診療を行っておりますが、

新潟県内の遠方からの方、

新潟県外から受診される方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

« 胃のつかえ、げっぷで苦しいに漢方 | トップページ | 1歳児の鼻閉で食事が摂りにくいに漢方 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

.子供の症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 胃のつかえ、げっぷで苦しいに漢方 | トップページ | 1歳児の鼻閉で食事が摂りにくいに漢方 »