カテゴリー

« 安定剤をやめて、漢方にしたい | トップページ | 冷えて寒い方に漢方 »

2021年12月23日 (木)

子宮内膜が厚くならないので、移植できない

 不妊治療を受けられている方に、漢方治療が好評です。

 漢方の視点から、妊娠しやすい体質に整える治療となります。

 基礎体温や婦人科での情報などを考慮したり、

 ホルモンや内膜の状態、体の冷えやストレスなど、363_person

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を検討しております。

 今日のお話は、子宮内膜が適度な厚さにならないので、

着床しにくいと言われている方です。

 診察により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「今回の移植は、残念な結果でしたが、

子宮内膜が漢方薬を飲む前に比べて1ミリ厚くなっていると言われました。

 やっぱり漢方薬が効いているんだと思いました。

 採卵はしていますが、しばらく体調を整えてから移植することになりました。」

 漢方薬を継続されて数カ月後、

 「妊娠しました (*^-^*)233_20211222153401

 婦人科の帰りに寄りました。」

 『おめでとうございます。

 よかったですね。』

【子宮内膜が薄い方に漢方】

 妊娠ご希望の方の体質改善に漢方治療を行っております。

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

【不妊症治療に漢方】Img_2755

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外から受診される方も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

« 安定剤をやめて、漢方にしたい | トップページ | 冷えて寒い方に漢方 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

不妊症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 安定剤をやめて、漢方にしたい | トップページ | 冷えて寒い方に漢方 »