カテゴリー

« 漢方薬を生きる希望に | トップページ | ずっと気分が沈んで、体がだるい »

2020年11月 8日 (日)

半年前から全身に湿疹が出てかゆいです

 「半年前に全身に湿疹が出ました。

 特に脇の下と陰部のかゆみが強いです。

 ステロイドを塗ると、すぐに良くなるのですが、

また何日かすると、出てきてかゆくてたまらなくなります。

 仕事中に、股間を掻くわけにもいかないので、困っています。」Img_8302

 治りにくい皮膚炎で、ステロイドを中止したい方の受診が多いです。

 ステロイドやタクロリムス軟膏を急に中止されますと、

リバウンドによる噴き出しが起こる場合が多いので、

漢方治療と併用しながら少しずつ、ゆっくりと

ステロイドやタクロリムスを減らしてゆくことをお奨めしております。

 この方は、強めのステロイドとタクロリムス軟膏を塗っていられましたので、

漢方治療と併用しながら、皮膚炎の状態を診ながら

軟膏の使用回数を減らして、続いてステロイド軟膏のランクを下げて

ゆっくりと脱ステロイドを進めました。A306_106_20201104101701

 道のりは簡単ではなく、夏は汗によるかゆみが激しくなり

浸出液が増えると漢方薬を変方して対応しました。

 浸出液がほとんど出なくなったところで、漢方薬を変方しました。

 しばらく皮膚の状態が安定していましたが、仕事がかなり忙しかったそうで、

疲労とストレスの蓄積で、掻き壊しが激しくなったので、

漢方薬を変方しました。

 現在、皮膚のかゆみもほとんどなくなり、ステロイドもタクロリムス軟膏も

ほとんど塗らなくても悪化しなくなっています。

 季節変化や体調の変化に合わせて漢方薬を変方することで、対応しております。

【陰部湿疹・アトピーに漢方】

 女性のナプキン、おりものなどによるかぶれ、

ご高齢の方のオムツなどによる皮膚炎などにも対応しております。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

« 漢方薬を生きる希望に | トップページ | ずっと気分が沈んで、体がだるい »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

アトピー性皮膚炎」カテゴリの記事

尿のトラブル、陰部の炎症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 漢方薬を生きる希望に | トップページ | ずっと気分が沈んで、体がだるい »