カテゴリー

« 鼻づまりの原因に合わせた漢方薬 | トップページ | 閉経後の陰部の乾燥、おりものの悩みに漢方 »

2018年1月19日 (金)

眼精疲労には漢方!!

 疲れ目、目の痛み、かすみ、まぶしさ、充血などの眼精疲労に、漢方薬が好評です。

 漢方では、肝は目に開竅(かいきょう)するという考え方があります。肝の経絡がめに通じていて、肝からの血が目に栄養を与える事で、目が正常に機能すると考えられています。

 疲労や加齢などによる場合や女性は、生理や妊娠出産などにより、肝からの血が不足すると、疲れ目、視力低下、かすみ目などの症状が起こります。眼精疲労により、頭痛や肩こり、吐き気などの症状が起こる場合もあります。Img_8771

 また、目を酷使する細かい作業をされる方、PC画面などを見ている時間が長い方などにも多い症状です。眼鏡が合わない場合や他の疾患による場合もありますので、一度眼科を受診されることをお勧めします。

 眼精疲労の治療には、ビタミン剤などの目薬などによる治療が一般的ですが、思うような改善がみられない方に、漢方治療が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方治療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

 遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、遠方の方にも好評です。

「目の症状・炎症に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。 

 「医療機器の精密部品の製造検査に回されました。目が疲れて、目の奥が焼けるように熱くなります。もともとあった肩こりがひどくなりました。

 顕微鏡をのぞいて検査をするので、すごく大変になりました。異動になったばかりなので、しばらくはこの仕事になると思います。漢方でいいものがあれば、いつもの漢方と一緒に頂ければと思いますが・・・。」Ky20_28_2

 この方は、他の症状で漢方薬を服用されています。いつもの漢方薬に追加して、眼精疲労に対応した漢方薬を処方しました。

 目を酷使する仕事なので、疲れ目の症状はありますが、目の奥の焼けるように熱くなる症状がなくなり、肩こりも楽になっています。

「目の症状・炎症に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

~*~*~*~

 目に栄養を与える力を高めると言われている食品は、にんじん、ほうれんそう、小松菜、きくらげ、豚肉、魚介類などがあります。

« 鼻づまりの原因に合わせた漢方薬 | トップページ | 閉経後の陰部の乾燥、おりものの悩みに漢方 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

目の症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眼精疲労には漢方!!:

« 鼻づまりの原因に合わせた漢方薬 | トップページ | 閉経後の陰部の乾燥、おりものの悩みに漢方 »