カテゴリー

« 眼精疲労には漢方!! | トップページ | ゴワゴワ肌のアトピーから卒業できた漢方 »

2018年1月22日 (月)

閉経後の陰部の乾燥、おりものの悩みに漢方

 更年期から閉経後にかけて、おりものの量が減り始める方が多いです。女性ホルモンが減りますので、おりものの量が減って、陰部の乾燥などによる違和感、、かゆみや乾燥、性行痛などに悩む方が多くなります。

 子宮や卵巣など、女性特有の重篤な疾患が原因となっている場合もありますので、婦人科で検査を受けられることをお勧め致します。

 特に異常がなく、加齢などが原因となっているので、様子をみましょうと言われる方に、女性ホルモンのバランスを整えて、子宮や卵巣の働きを整える漢方薬が効果的です。閉経後の女性でも改善される方が多いです。Img_9387

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、継続しやすいと好評です。

「陰部湿疹・かぶれ・ただれに漢方

「更年期症状に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「新潟の更年期障害治療の漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。更年期から始まったホットフラッシュやイライラで漢方薬を服用されています。Ky52_12_2

 「漢方を始めてから、とても調子がいいです。それから、先生に言ってなかったですが、おりものの量が閉経前のような状態に戻ったのかな?って思うくらいです。デリケートゾーンっていうのですか(陰部や膣の周辺部のことを言われているようです。)なんとなく、乾燥して、ヒリヒリするような感じがしていましたが、それもなくなっています^^

「陰部湿疹・かぶれ・ただれに漢方

「更年期症状に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「新潟の更年期障害治療の漢方」

« 眼精疲労には漢方!! | トップページ | ゴワゴワ肌のアトピーから卒業できた漢方 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.更年期」カテゴリの記事

尿のトラブル、陰部の炎症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閉経後の陰部の乾燥、おりものの悩みに漢方:

« 眼精疲労には漢方!! | トップページ | ゴワゴワ肌のアトピーから卒業できた漢方 »