カテゴリー

« 産後の花粉症、授乳中でも漢方を飲めますか | トップページ | お腹がムズムズして落ち着かない »

2017年2月21日 (火)

子宮内膜症の出血がひどいですが、手術をしたくない

 子宮内膜症の症状が辛い方、できれば手術をしたくない方に、ホルモンバランスを整え、症状を軽減する漢方薬が好評です。

 子宮内膜症の症状として

◆激しい生理痛

◆経血が多すぎる、レバー状の塊のようなどろっとした経血が出る

◆生理の時に吐き気やおう吐、下痢になる

◆下腹部痛
などが多いです。Ky54_09
 
 日常生活に支障がない方は、そのまま様子をみている場合が多いですが、激しい生理痛や貧血になるほどの大量の生理出血が続く方などは、治療が必要となるようです。
 また、子宮内膜症が、不妊の原因となる場合もあると言われていますので、心配される方も多いようです。
 
 婦人科での定期的な検査を受けられる事をお勧め致します。
 
 ピルやホルモン療法が合わない方、おもうような改善がみられない方に、ホルモンバランスを整える体質改善の漢方薬が好評です。
 
 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。
 従来からのHPはこちら

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「子宮内膜症で、生理の時の出血がとても多いです。生理になるとなかなか出血が止まらなくて、貧血になります。止血剤でもなかなか止まらない時が多いです。婦人科で、この状態がいつまでも続くようなら、手術を考えた方がいいって言われました。

 できれば、手術はしたくないので、漢方でなんとかなればと思って来ました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。どろっとした経血と大量の生理出血が続いていた方ですが、経血がサラサラしたものに変わり、生理出血の量が、日常生活に支障がない程度に改善されました。

 「体が温まって、すごくいいです。このまま続けていてもいいですか。」

 症状が改善されましたので、漢方薬の量を減らして、再発予防も兼ねて継続されています。

 漢方では、体の冷えを重要視しています。自覚していない方が多いですが、お腹や内臓の冷えが、生理痛や生理不順、子宮内膜症などが悪化する原因の一つとなっています。体を冷やさない工夫も大切です。Img_6209_2

 学会の帰りに、友人と食事をした時の写真です^^おいしかったです。

 従来からのHPはこちら

« 産後の花粉症、授乳中でも漢方を飲めますか | トップページ | お腹がムズムズして落ち着かない »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.生理痛、生理不順、PMSなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子宮内膜症の出血がひどいですが、手術をしたくない:

« 産後の花粉症、授乳中でも漢方を飲めますか | トップページ | お腹がムズムズして落ち着かない »