カテゴリー

« 喘息が悪化するばかりで、治りません。 | トップページ | 秋の乾燥肌、保湿剤を塗ってもカサカサには漢方 »

2016年9月 5日 (月)

虫刺され痕をきれいに治したい

 残暑が厳しいですが、夜になると秋の虫の声が聴こえるようになっています。こちら新潟では、稲刈りが始まっています。

 夏休み中にお出かけされた方、草むしりに忙しかった方で、虫刺されの痕を治したいという方が受診されています。Ky57_06

 蚊に刺されただけでも腫れて、痕に残りやすい方や虫の種類によって、痕が残って、なかなかきれいにならない場合があります。いつまでも赤みや痒みが残ってしまう場合もあります。

 塗り薬だけでは、なかなか改善が見られない方に、皮膚の新陳代謝を高めて、虫刺され痕をきれいにする漢方薬が好評です。

 皮膚の炎症を鎮めて、傷跡を改善する力を高める漢方薬の服用により、虫刺され痕が早く治る場合が多いです。

 仕事などで、虫に刺される機会が多い方、痕になりやすい方で、夏から初秋の頃まで、毎年受診される方もいらっしゃいます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_4833_2

「治りにくい皮膚症状を漢方で改善」

☆新しいHPを作成中です。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」皮膚科症状newページ

※ランキングにご協力下さい。


にほんブログ村

« 喘息が悪化するばかりで、治りません。 | トップページ | 秋の乾燥肌、保湿剤を塗ってもカサカサには漢方 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虫刺され痕をきれいに治したい:

« 喘息が悪化するばかりで、治りません。 | トップページ | 秋の乾燥肌、保湿剤を塗ってもカサカサには漢方 »