カテゴリー

« PCで目が疲れる | トップページ | 腸の形態異常、ねじれ腸の便秘に漢方薬 »

2016年9月14日 (水)

顔のアトピーがひどい

 今日は、アトピーで顔がパンパンに腫れた状態で受診されたお子さんのお話です。

 こんにちは、新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニックのブログ担当です。

 初診時は、まぶたも腫れあがって、目が開きにくい状態でした。

 頬も口も周りもアトピーの炎症とむくみで、腫れあがっていました。口も開きにくいので、ご飯を食べるのも大変だそうです。

 幼少期からのアトピーで、ステロイド、タクロリムス軟膏などを何年も塗っていたそうですが、1か月くらい前から、炎症がひどくなり、どんどん悪化して、今のような状態になってしまったそうです。

 「何年もステロイドを塗っていましたが、最近ひどくなるばかりで、タクロリムス軟膏を出してもらって、塗りましたが、それから、悪くなるばかりでした。どうにもならなくて、先生のところで、漢方をやっていると聞いて、学校を休ませて来ました。」

 顔は、アトピーの炎症で、真っ赤になり、ジュクジュクした浸出液が出て、むくみがひどい状態でした。体も激しいアトピー症状によるかゆみで、ボリボリ掻いていました。

 処方した漢方薬について、今の皮膚の状態について、細かく説明しました。

 まずは、顔のむくみや腫れを引く事から始めましょうとお話しました。

 「炎症が激しいので、漢方の種類が多く、飲むのも大変だけれど、飲めますか」

 うん とうなずいてくれました。顔がむくんで、ひきつっていて辛そうでしたが、しっかりとうなずいてくれました^^ 

 3日後、お母様からお電話がありました。

 「顔からジュクジュクが、すごく出てきました。めんげんなのかなと、思いましたが、ちょっと不安になって電話しました。」

 漢方薬によって、皮膚の新陳代謝が活発になることで、皮膚に滞っていた炎症が、噴き出してくることがあります。

 このお子さんの場合は、激しいアトピー症状が出ていましたので、余計に激しいめんげんが起こったようです。

 (頑張って飲んでね・・・、おいしくはないでしょうし、噴き出しが起こっているから不安でしょうけど、漢方やめないでね・・・)

 とこの小さな患者さんの事を思いながら、お電話を切りました。

 2週間後、顔の腫れが少し引いて来ました。

 「先生ー、少しよくなって来ました。どうなるかと思って心配になりましたが、あれから少しずつ顔の腫れが引いて来ました。」

 ちょこんと座っていたその小さな患者さんが、ニコッと笑いました。 

 顔のむくみが引いて、笑えるようになりました。体のかゆみも少し楽になっているそうです。少しずつアトピー症状の改善がみられています。

 アトピーなど皮膚炎で受診される方は、ステロイドやタクロリムス軟膏を使っていての受診が多く、リバウンドやめんげんで、辛い時期を乗り越えなければならない方が多いです。

 そこでの信頼関係を築くことができるかが、とても重要になります。

 毎回毎回思います。辛いでしょうが、諦めないで着いて来てくださいね。

 従来からのPC用HPは、こちら

 「治りにくい皮膚症状に漢方」 Img_4914

☆新しいHPを作成中です。モバイルフレンドリー

「新潟の皮膚科症状に漢方」

~*~*~*~

 今日のおやつはコレ!!

 お土産に頂きました。初めてなので、楽しみです ^^

※ランキングにご協力下さい。


にほんブログ村

« PCで目が疲れる | トップページ | 腸の形態異常、ねじれ腸の便秘に漢方薬 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

アトピー性皮膚炎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔のアトピーがひどい:

« PCで目が疲れる | トップページ | 腸の形態異常、ねじれ腸の便秘に漢方薬 »