カテゴリー

« 脊柱管狭窄症で歩くのが辛い時は漢方 | トップページ | パニック障害でしたが、妊娠、出産できました。 »

2016年7月30日 (土)

男の子の陰部のかゆみが治らない時は漢方で

 おちんちんを痒がる男の子が多いようです。尿道炎や陰部の周辺部分の皮膚炎などが原因で、痛みやかゆみを感じるお子さんが多いです。Ky64_08

 汗をかきやすい季節ですし、蒸れやすい部分ですので、炎症を起こしやすいです。また、陰部を触る癖がある男の子も多いので、雑菌が入りやすくなっています。

 塗り薬で改善されない、ステロイドを使いたくない、中止したい方に、漢方薬が好評です。漢方薬は、生後2,3か月のお子さんから服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 陰部の炎症や尿道炎などの症状に合わせた漢方薬の服用により、改善される場合が多いです。症状が軽いお子さんですと、3,4日で、治る場合が多いです。炎症が激しい方、ただれたようになっていたり、ジュクジュクしている場合は、一定の期間がかかる場合もありますが、ステロイド剤を使わずに、改善される場合が多いです。

 漢方薬は、成人男性の陰部の炎症にも対応しております。

「新潟の皮膚症状に体にやさしい漢方」スマホサイト Img_4537

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「治りにくい皮膚科症状に漢方」

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の皮膚科症状に漢方」new

※ランキングにご協力下さい。


にほんブログ村

« 脊柱管狭窄症で歩くのが辛い時は漢方 | トップページ | パニック障害でしたが、妊娠、出産できました。 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の子の陰部のかゆみが治らない時は漢方で:

« 脊柱管狭窄症で歩くのが辛い時は漢方 | トップページ | パニック障害でしたが、妊娠、出産できました。 »