カテゴリー

« 親知らずの抜歯後の痛みと腫れに漢方!? | トップページ | 食欲がない、太れない時の漢方 »

2016年5月26日 (木)

60代やる気が出ない

 60代前後の方で、なんとなくやる気が出ない、食欲が出ない方が、更年期ではないかと受診されることが多いです。

 男性、女性の更年期症状に、漢方治療を行っているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 漢方では、男性は8の倍数、女性は7の倍数で、体や心に変化が生じるとの考え方があります。A307_070

【男性】

8歳になると、腎気が充実し始め、歯が生えかわり、髪が長く伸びる。

16歳になると、腎気が旺盛になり、精子が発育成熟し、精気が充満して、子を授かることができるようになる。

24歳になると、腎気が充満して、筋骨が強くなり、親知らずが生え、身長が伸びきる。

32歳になると、筋骨が強壮となり、肌肉が豊かでたくましくなる。

40歳になると、腎気が衰え始め、髪が抜けたり、歯が欠けたりするようになる。

48歳になると、陽気が上部で衰え、顔がやつれ、髪に白髪が混じるようになる。

56歳になると、肝気が衰え、筋脈の自由が利かず、精気も少なく、腎気が衰えて、肉体疲労が極まる。

64歳になると、歯は抜け、髪は落ちる。

【女性】A306_020

7歳になると、腎気が盛んになって、歯が生えかわり、髪が長く伸びる。

14歳になると、卵子が発育成熟し、月経が始まり、子を授かることができるようになる。

21歳になると、腎気が充満して、親知らずが生え、身長が伸びきる。

28歳になると、筋骨がしっかりして、髪の伸びが極まり、身体が充実する。

35歳になると、顔や髪の色つやが衰え始める。

42歳になると、顔はやつれ、髪が白くなり始める。

49歳になると、任脈が空虚となり閉経し、身体が老いて、子を授かることができなくなる。

 このように、男性も女性も50歳前後から60歳代に、体や心のバランスの不調を感じる方が多くなります。

 そのバランスの乱れを整える漢方薬の服用により、改善される方が多いです。患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた処方になります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_4336_2

「女性の更年期障害に漢方」

「男性の更年期障害に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「女性の更年期障害に漢方」new

« 親知らずの抜歯後の痛みと腫れに漢方!? | トップページ | 食欲がない、太れない時の漢方 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.更年期」カテゴリの記事

疲れ、だるさ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60代やる気が出ない:

« 親知らずの抜歯後の痛みと腫れに漢方!? | トップページ | 食欲がない、太れない時の漢方 »