カテゴリー

« 春になると顔がかゆい、湿疹が出るのは、花粉皮膚炎? | トップページ | 子供の下痢が続く時の漢方 »

2016年3月17日 (木)

陰部の湿疹、できもの、膿が治らない時は漢方

 陰部、女性のデリケートゾーンの湿疹、できもの、膿などが治りにくい方が多いです。相談しにくいという方が多く、塗り薬を購入して対処している方も多いようです。

 陰部の炎症が治りにくい方は、重篤な疾患による場合もありますので、一度、婦人科や泌尿器科などを受診されることをお奨めします。思うような改善がみられない、治っても繰り返す方に、漢方薬が効果的です。Ky54_08_3

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。デリケートなお話は、漢方に詳しい女性の薬剤師が対応しております^^

【女性のデリケートゾーンの皮膚は薄くて敏感!!】

 女性のデリケートゾーンの皮膚は、角質層が薄いので、刺激に敏感で、おりものや経血、ナプキンなどで炎症を起こしやすいです。下着で蒸れやすく、細菌などが繁殖しやすいです。毛穴ににきびのような毛嚢炎を起こすこともあります。

 かゆみ止めやステロイドなどの塗り薬による治療が一般的ですが、スッキリと治らない、繰り返す方、悪化した方に、漢方薬が好評です。Img_3784

 陰部の炎症を繰り返す、治りにくい方は、疲労が溜まっていたり、免疫のバランスが低下している場合も考えられます。塗り薬だけでは、思うような改善がみられない方に皮膚炎の状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「体質改善の漢方薬で、皮膚炎改善」

読みやすく、よりわかりやすいHPを作成中です。

「治りにくい、ステロイドを使いたくない皮膚症状に漢方」new

« 春になると顔がかゆい、湿疹が出るのは、花粉皮膚炎? | トップページ | 子供の下痢が続く時の漢方 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

.生理痛、生理不順、PMSなど」カテゴリの記事

尿のトラブル、陰部の炎症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陰部の湿疹、できもの、膿が治らない時は漢方:

« 春になると顔がかゆい、湿疹が出るのは、花粉皮膚炎? | トップページ | 子供の下痢が続く時の漢方 »