カテゴリー

« 離乳食を始めてから母乳を飲まなくなって、胸が張ります。 | トップページ | 口が苦い時の漢方薬 »

2016年3月30日 (水)

春のにきびが治りません

 春になるとにきびが悪化する方が多いです。洗顔と保湿だけでは改善がみられない方、抗生物質などの服用で改善がみられない方に、ホルモンバランスを整え、にきびなどのお肌の炎症を鎮める漢方薬が好評です。Ky26_05_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

【春に皮膚炎が悪化しやすいのは、ホルモンや免疫のバランスの乱れ!?】

 春は、気温の変化が激しく、体調を崩される方が多くなりますし、進級、進学、就職、異動、引っ越しなどで、生活環境が変わる方が多いです。緊張やストレスによって、自律神経のバランスが乱れ、ホルモンバランスが崩れる方がいらっしゃいます。このような場合は、皮脂の分泌が増して、毛穴がつまりやすくなります。そこにアクネ菌(にきびの原因菌)が繁殖しやすくなります。

 また、花粉やPM2.5などのアレルゲンの飛散が多く、皮膚が敏感になっています。アレルゲンによって、免疫系が過剰反応を起こしやすい季節ですので、皮膚に炎症が起こりやすく、にきびも悪化しやすくなります。

『体の中から皮膚を整える漢方薬でにきび改善!!』

 にきびの状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。一人ひとりのにきびの状態や体質に合わせた漢方薬の服用により、なかなか治らなかったにきびが、きれいになる方が多いです。

◆おでこや鼻、頬などの部分が赤くなっている

◆赤や赤黒い、大きなにきびができて痛い

◆黄色く膿が出るにきび

◆小さいブツブツしたにきび

◆あごや首にできた治りにくいにきび

などそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。
Img_3831_3Img_3833

「にきび治療の漢方薬」

「大人にきび治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟のにきび治療の漢方」new

「新潟の大人にきび治療の漢方」new

« 離乳食を始めてから母乳を飲まなくなって、胸が張ります。 | トップページ | 口が苦い時の漢方薬 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

.にきび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のにきびが治りません:

« 離乳食を始めてから母乳を飲まなくなって、胸が張ります。 | トップページ | 口が苦い時の漢方薬 »