カテゴリー

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

春のにきびが治りません

 春になるとにきびが悪化する方が多いです。洗顔と保湿だけでは改善がみられない方、抗生物質などの服用で改善がみられない方に、ホルモンバランスを整え、にきびなどのお肌の炎症を鎮める漢方薬が好評です。Ky26_05_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

【春に皮膚炎が悪化しやすいのは、ホルモンや免疫のバランスの乱れ!?】

 春は、気温の変化が激しく、体調を崩される方が多くなりますし、進級、進学、就職、異動、引っ越しなどで、生活環境が変わる方が多いです。緊張やストレスによって、自律神経のバランスが乱れ、ホルモンバランスが崩れる方がいらっしゃいます。このような場合は、皮脂の分泌が増して、毛穴がつまりやすくなります。そこにアクネ菌(にきびの原因菌)が繁殖しやすくなります。

 また、花粉やPM2.5などのアレルゲンの飛散が多く、皮膚が敏感になっています。アレルゲンによって、免疫系が過剰反応を起こしやすい季節ですので、皮膚に炎症が起こりやすく、にきびも悪化しやすくなります。

『体の中から皮膚を整える漢方薬でにきび改善!!』

 にきびの状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。一人ひとりのにきびの状態や体質に合わせた漢方薬の服用により、なかなか治らなかったにきびが、きれいになる方が多いです。

◆おでこや鼻、頬などの部分が赤くなっている

◆赤や赤黒い、大きなにきびができて痛い

◆黄色く膿が出るにきび

◆小さいブツブツしたにきび

◆あごや首にできた治りにくいにきび

などそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。
Img_3831_3Img_3833

「にきび治療の漢方薬」

「大人にきび治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟のにきび治療の漢方」new

「新潟の大人にきび治療の漢方」new

2016年3月27日 (日)

離乳食を始めてから母乳を飲まなくなって、胸が張ります。

 離乳食を食べる量が増えてくると、お子さんが母乳を飲む量が減ってきますね。今までたくさん飲んでいたお子さんの飲む量が減ってくると、おっぱいが張ったり、しこりができて、痛いという方が多くなります。Ky112_26

 この痛みは、経験した人にしかわかりませんが、結構つらいですね。乳腺のつまりや張りが激しい方ですと、乳腺炎を起こすことがあります。

 このような症状に、乳腺の炎症や張りを改善する漢方薬が好評です。授乳中の方でも服用できます。卒乳の時の胸の張りや痛みにも効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

【産後から起こった体調不良に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬】Img_3788

 産後の体調不良やおっぱいの炎症、乳腺炎、不正出血、生理不順、痔、イライラ、気分の落ち込みなど、様々な症状に、漢方薬が効果的です。

 産後は、体調や女性ホルモンのバランスが戻りにくく、心身の不調に悩む方が多いです。授乳中の方でも服用できますので、好評です。

「新潟の産後疲れ治療の漢方」

2016年3月25日 (金)

40歳妊娠しました!!

 不妊に悩む方に、漢方治療が好評です。先日も40歳の方から妊娠のご連絡を頂きました^^ 新潟で漢方治療を行っているクリニックです。婦人科での不妊治療と並行している患者さんも多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Ky55_12_2

 「婦人科で、体外受精など、ありとあらゆる治療を受けて来ました。一度も妊娠反応も出たことがありません。不妊治療を続けていますが、卵胞の発育が遅いと言われました。基礎体温は、安定していないことが多いです。」

と受診されたのが、1年前のことでした。

 お腹が氷のように冷たく、舌の表面にある舌苔が、はがれている部分があり、内臓機能のバランスが崩れていることがわかりました。

 お腹を温め、体調を整える漢方薬を中心に処方しました。継続して服用されていると、お腹が温かくなり、基礎体温が安定しました。

 漢方薬の服用と並行して、人工授精を受けられましたが、妊娠には至りませんでした。卵胞の発育がよくないと言われていましたので、漢方薬を追加して、継続されました。

 そして、先日、妊娠反応が出たとお電話を頂きました。初診から約1年になります。漢方薬も中止となりました。

 人工授精や体外受精を受けている患者さんのご相談も多く、40代の女性の受診も増えています。体質や年齢によるバランスの乱れを整える漢方薬を患者さんそれぞれの体質に合わせて検討しております。

【子宮や卵巣の働きを整えて、妊娠しやすい体質に整える漢方】233_2

 生理不順、多嚢胞性卵巣、黄体機能不全、子宮内膜が薄い、卵胞発育不良、抗精子抗体、卵管が細いなど、様々な症状の方のご相談が多いです。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、卵巣や子宮の機能が整えられ、妊娠に至る方が多いです。

 女性ホルモンのバランスを整え、体調を整える事で、不妊治療の一助となればと思い、日々の診療を行っております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Img_3794_2


「不妊症治療の漢方薬」

☆新しいHPを作成中です。より見やすく、わかりやすいページを作成しております。

「新潟の不妊症治療の漢方」new

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣症候群に漢方」new

2016年3月22日 (火)

アレルギー性結膜炎ですが、目薬が効きません

 目のかゆみ、充血は、辛いですね。花粉の季節に悪化する方が多く、漢方薬が好評です。目薬では、すっきりと効かない、すぐにかゆくなる、かぶれる方などのご相談が多いです。

 「目の症状に漢方?」と思われる方もいらっしゃいますが、目の粘膜などの炎症を鎮める漢方薬などがございます。花粉などによるアレルギー性結膜炎に、漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 目のかゆみの原因は、Ky20_06jpg1_2_2Ky17_09_3

◆花粉やハウスダストなどによるアレルギー反応

◆細菌やウイルスによる結膜炎

◆ドライアイによる乾燥

など、様々ですので、目のかゆみや炎症が続いている方は、一度眼科を受診されることをお奨めします。

Img_3787【激しい目のかゆみ、結膜炎に、眠くならない漢方!!】

 目薬などでは、改善がみられない方、かぶれなどを起こして合わない方に、漢方薬が好評です。抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬とは異なり、眠気が起こりませんので、車の運転をされる方、眠くなって、仕事や勉強に支障が出る方にも好評です。授乳中の方のご相談も多いです。

「花粉症、秋花粉症に漢方」

2016年3月20日 (日)

子供の下痢が続く時の漢方

 子供の下痢には、細菌やウイルス感染による急性の下痢や繰り返したり、慢性的に続いている下痢があります。今日のお話は、何週間も何か月も続いていたり、頻繁に下痢を繰り返しているお子さんの体質改善のお話です。

◆下痢や軟便が続いているKy64_08Ky64_20

◆頻繁に下痢を繰り返している

◆下痢が多く、腹痛を訴えることが多い

◆下痢が多く、お尻が痛い、ただれる

◆朝だけ下痢になる

などの症状が続いているお子さんには、腸の働きを整える漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、腸の働きが整い、正常なお通じに改善される場合が多いです。

 また、朝だけや平日だけ下痢になるというお子さんもいらっしゃいます。学校生活などでストレスを感じているお子さんに多い症状です。

 繊細で、心のやさしいお子さんに多い症状です。お子さんの体質に合わせた漢方薬の服用により、ストレスによる下痢や腹痛、頭痛などの症状が改善される方が多いです。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「子供に多い病気のための漢方」    

Img_3785_2「子供の頭痛、腹痛、めまい、たちくらみに漢方」

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「子供の体調不良に体質改善の漢方」new

2016年3月17日 (木)

陰部の湿疹、できもの、膿が治らない時は漢方

 陰部、女性のデリケートゾーンの湿疹、できもの、膿などが治りにくい方が多いです。相談しにくいという方が多く、塗り薬を購入して対処している方も多いようです。

 陰部の炎症が治りにくい方は、重篤な疾患による場合もありますので、一度、婦人科や泌尿器科などを受診されることをお奨めします。思うような改善がみられない、治っても繰り返す方に、漢方薬が効果的です。Ky54_08_3

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。デリケートなお話は、漢方に詳しい女性の薬剤師が対応しております^^

【女性のデリケートゾーンの皮膚は薄くて敏感!!】

 女性のデリケートゾーンの皮膚は、角質層が薄いので、刺激に敏感で、おりものや経血、ナプキンなどで炎症を起こしやすいです。下着で蒸れやすく、細菌などが繁殖しやすいです。毛穴ににきびのような毛嚢炎を起こすこともあります。

 かゆみ止めやステロイドなどの塗り薬による治療が一般的ですが、スッキリと治らない、繰り返す方、悪化した方に、漢方薬が好評です。Img_3784

 陰部の炎症を繰り返す、治りにくい方は、疲労が溜まっていたり、免疫のバランスが低下している場合も考えられます。塗り薬だけでは、思うような改善がみられない方に皮膚炎の状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「体質改善の漢方薬で、皮膚炎改善」

読みやすく、よりわかりやすいHPを作成中です。

「治りにくい、ステロイドを使いたくない皮膚症状に漢方」new

2016年3月13日 (日)

春になると顔がかゆい、湿疹が出るのは、花粉皮膚炎?

 春になると顔や首など、外気にあたりやすい部分の皮膚がかゆくなる、湿疹が出る方が多くなります。紫外線の影響などによる場合も考えられますが、スギ花粉などが飛んでいる時期に、症状が出る方がいらっしゃいます。

 保湿剤や塗り薬では改善されない、ステロイドが合わない方に、漢方薬が好評です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

春になると、Ky26_15_2

◆顔や首がかゆい、ヒリヒリする

◆顔や首に湿疹が出る

◆顔や首が赤くなって、腫れる

◆乾燥する

◆まぶた、頬骨、あごに炎症

などの症状に悩む方が多くなります。

 春は、お肌のバリア機能が低下していますので、花粉などのアレルゲンの影響を受けやすくなっています。

 皮膚の炎症を鎮めて、健康な皮膚に整える漢方薬が効果的です。患者さんそれぞれの皮膚の炎症や皮膚の状態に合わせた漢方薬になります。

Img_3780_2「治りにくい皮膚科症状に漢方」new

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

☆読みやすい、よりわかりやすいHPを作成中です。

「治りにくい皮膚科症状に漢方」new

~*~*~*~

 花粉による皮膚炎は、外気に触れやすい部分に出やすいので、顔や首、腕などに症状が表れやすいですが、ある患者さんの場合は、屋外に干していた洗濯物についていた花粉によって、皮膚炎が起こっていました。

 晴れの日は、屋外に洗濯物を干したくなりますが、お肌が敏感な方は注意が必要な季節ですね。

2016年3月10日 (木)

車の運転で腰痛が悪化しますが、漢方で楽になりました。

 車の運転をしていると、腰痛になる、悪化する方が多いようです。仕事で、車を運転する時間が長い方は、辛いでしょう。

 同じ姿勢で、長時間座っていますので、血行が悪くなり、腰が痛くなったり、だるくなったり、足がつったりするが多いです。

 このような症状に悩む方に、体質や症状に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Drive_2

 腰痛の原因は、

◆腰の関節部分の神経痛、椎間板ヘルニアなど

◆同じ姿勢でじっとしていることが多い

◆姿勢が悪い

◆年齢などによる筋力の低下

◆運動不足

◆ストレス

などが考えられます。その他、重篤な疾患による場合もありますので、腰の痛みが続く方は、検査を受けられることをお勧めします。異常が認められない、改善がみられない方に、腰痛の原因や体質に合わせた漢方薬が効果的です。Img_3779

 車の運転をしていると、腰が痛くなる方は、腰の部分の血流が悪くなることが、原因となっている場合が多いです。このような方には、それぞれの体質に合わせて、血流を改善する漢方薬などが効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「腰痛治療、しびれ改善の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟の腰痛治療の漢方」

読みやすく、よりわかりやすいHPを作成中です。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」new

2016年3月 7日 (月)

サラサラした鼻水が止まらない

 鼻水が止まらない、サラサラと水のような鼻水が止まらない方に漢方薬が好評です。花粉症の症状に悩む方の受診が増え始めました。花粉の飛散が始まっているようです。

◆サラサラした鼻水が流れ続けているような状態Ky17_20_2

◆鼻水が止まらず、鼻の中がかゆい、痛い

◆鼻をかんでも出てくる

◆鼻をかみ過ぎて、鼻の下が痛い、ただれた

などのご相談が多いです。花粉症の方には、辛い季節が始まりました。

 花粉症の鼻炎の薬も様々なものがありますが、効果が弱い、合わない、眠くなって困るという方に漢方薬が好評です。

 花粉症の鼻炎症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。患者さんそれぞれの症状や体質にきめ細やかに対応しています。漢方薬による眠気は起こらないことも人気の一つです。Img_3778

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「花粉症に眠くならない漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「花粉症を体質改善の漢方で」

読みやすく、よりわかりやすいHPを作成中です。

「耳・鼻・喉の症状に漢方」

2016年3月 5日 (土)

生理前にイライラして喧嘩になります。

 生理前にイライラするという方が多いです。イライラして、夫婦喧嘩になってしまう、子供にあたってしまう方、自分でも抑えが利かないくらい怒ってしまう方のご相談を受け付けております。このような症状に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が好評です。

◆生理が近くなるとイライラする125_2

◆旦那さんにあたって、夫婦喧嘩になる

◆子供を必要以上に叱ってしまい、後で落ち込む

◆職場でもイライラして、周囲に申し訳ないと思っている

など、わかっていても自分では、どうにもならないという方のご相談が多いです。

 生理前後の症状、PMS症状に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が効果的です。イライラや気分の落ち込みや生理不順、生理痛、頭痛、肩こり、腰痛など、生理周期に伴う多様な症状の改善に、体質改善の漢方薬が効果的です。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、上記のような症状が改善される方が多いです。Img_3664_3

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

読みやすく、わかりやすいHPを作成中です。

「PMSに漢方」new

「生理痛・生理不順に漢方」new

~*~*~*~

 おいしいものを食べて仲直り^^もいいですね。

2016年3月 2日 (水)

朝起きたら胃が痛い時の漢方

 朝起きたら胃が痛い、時間が経つと治っても空腹時にまた痛む、胃薬を飲んでも、しっくりこない方に、胃痛の原因や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

◆朝、胃の痛みで目が覚めるKy21_04

◆朝起きて、しばらくすると胃が痛くなる

◆朝、胃の痛みと吐き気で辛い

◆空腹時に胃が痛くなる

など、様々ですが、一人ひとりの体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

【胃痛の原因】

 胃の痛みは、胃酸の出過ぎによる消化性潰瘍による事が多いです。潰瘍ができていない場合でも胃酸が大量に分泌されると、強い刺激となって、胃の痛みを感じることがあります。

 その原因として、暴飲暴食、生活習慣の乱れ、疲労やストレス、お薬による場合などが考えられます。重篤な場合ですと癌が原因となっている場合もありますので、胃痛が続いている方は、胃カメラ等の検査をお勧めします。

Img_3687Ky21_15

◇胃の働きが低下している方

 疲れが溜まっている方、不規則な生活の方、暴飲暴食になりやすい方などに多いですが、胃の粘膜が弱っている、胃腸の働きが低下している方には、胃腸の働きを整える漢方薬が効果的です。

◇ストレスを感じやすい、ストレスが多い環境で過ごす時間が多い方

Ky14_11 強いストレスや継続的にストレスを感じている方に、ストレスに対応した漢方薬が効果的です。安定剤とは異なり、眠くなったり、だるくなったりする事がありませんので、車の運転や仕事に支障がある方にも好評です。

☆新しいHPを作成中です。「胃炎・胃痛に漢方」new

【胃痛や胃の不快感が続いている方は胃カメラによる検査をお奨めします】

 胃の痛みが続いている、胃薬が効かないなどの状態が続いている方には、胃カメラなどの検査をお奨めします。

 胃カメラにより、食道、胃、十二指腸の炎症、潰瘍、癌などが見つかる場合があります。

【鼻からの胃カメラが好評です】

 従来からの口から挿入する胃カメラに抵抗がある方には、鼻から挿入する「経鼻内視鏡」が好評です。(予約制)Keibi_02

「胃の症状に漢方」

「鼻からの胃カメラ」

読みやすく、よりわかりやすいHPを作成中です。

「胃炎・胃痛に漢方」new

「新潟の鼻からの胃カメラ」new

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »