カテゴリー

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月28日 (木)

トイレの回数が多い

 トイレの回数が多い、頻繁に席を立たなければならない、仕事中や授業中、接客中、寝ている間など、何度もトイレに行かなければならない方は、苦痛ですね。

 頻尿の原因には、過活動膀胱、前立腺肥大、骨盤底筋のゆるみなどが考えられますが、漢方では、ストレスや緊張、体の冷えなども頻尿の原因と考えます。

 患者さんそれぞれに、頻尿の原因は異なりますので、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

【頻尿の症状や体質は様々】Ky23_02A306_129

◆昼も夜もトイレの回数が多い

◆夜になるとトイレに頻繁に起きる

◆寒い季節にトイレの回数が多い

◆緊張するとトイレに行きたくなる

など様々ですが、頻尿の原因や体質に合わせた漢方薬が効果的です。Img_3663_2

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の男性更年期治療の漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら

「尿モレや頻尿を漢方で改善」

「男性更年期の症状に漢方」

☆サラダはおいしいですが、冷えますので、冬は控えめに

~*~*~*~

【頻尿は、年齢のせいだからと言われても、苦痛です。】

 ある患者さんのお話です。

 90歳 女性

 日中のトイレが近く、頻繁に席を立ってトイレに行っていた方です。お弟子さんが大勢いらっしゃる方で、指導中に何度もトイレに立たなければならないので、漢方で、改善されればと、受診されました。

 体質に合わせた漢方薬を処方しました。服用を続けられて、約2か月くらいから、昼と夜のトイレの回数が減り、とても楽になったそうです。Ky52_14

 「体がぽかぽかと温かくなって、以前よりも薄着で過ごせるようになりました。」

 頻尿の原因、症状、年齢や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

2016年1月25日 (月)

腿(もも)の裏が痛い、しびれる時は漢方で

 腿の裏の痛み、ひきつれは、坐骨神経の痛みによる場合が多いです。お尻や太ももの後ろ側から、ふくらはぎや足先まで、痛みやしびれを感じる方もいらっしゃいます。

 我慢できないほどの激痛の方、重だるいような痛みが続いている方、体の向きや動きで、ズキっと痛みが走る方、しびれが続いている方など様々ですが、鎮痛剤が効かない、鎮痛剤で胃が痛くなる方に、体質改善の漢方薬が好評です。Ky32_13_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 坐骨神経痛は、腰から臀部(お尻)大腿(ふともも)の後ろ側にかけて伸びている神経が圧迫されたり、刺激されることで、痛みやしびれを感じる症状です。

 漢方では、痛みの原因となる神経の周辺の炎症を改善する処方が中心となります。鎮痛剤などとは異なり、血流や水分代謝の改善などにより、少しずつ炎症を鎮めることにより、痛みが軽減されることを考えます。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方になります。

 坐骨神経痛などの神経系の痛みは、なかなか治りにくい場合が多いですが、漢方薬を継続されることで、少しずつ楽になる方が多いです。鎮痛剤や湿布などと併用もできます。鎮痛剤を飲む量が少しずつ減ってくる方が多いです。Img_3672_2

「痛み、関節痛などを漢方で改善」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「こんな症状に漢方・整形外科症状など」

~*~*~*~ 大雪が降りました。駐車場の除雪をお願いしまして、夜になって除雪車が入りました。有難かったです^^

2016年1月22日 (金)

足が冷えて眠れない、靴下を履いても冷たい時は漢方

 足が冷えて眠れない、靴下を重ねて履いても冷たい、しもやけになる方の受診が増えています。気温が低下し、冬本番となりましたので、冷えによる症状で受診される方が増えています。Ky29_06_2

 手足は、心臓から一番遠く、血流が悪くなりやすいので、冷える、冷たいと感じる方が多いです。湯たんぽや電気毛布、靴下の重ね履きなど、工夫されている方も多いようですが、なかなか温まらないという方が多いようです。そのような方は、手足の血流を改善して、体を温める漢方薬が効果的です。

 血流が悪くなっている部分に合わせた体質改善の漢方薬はの服用により、冷えが改善されて、体が温まる方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky25_20_2

◆手足が冷たい

◆腰から下が冷える

◆お尻の周りが冷たい

◆膝から下が冷える

◆足首から下が冷える

◆足先が冷たい、しもやけができる

など、冷える部分や冷えの状態に合わせた漢方薬が効果的です。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の冷え症治療の漢方」new

従来からのPC用HPはこちらImg_3318_4

「新潟の冷え症に漢方」

「新潟の漢方内科による冷え症のお話」

※写真は、「ピーナツかぼちゃ」です。とても大きくて、驚きました。みんなで分けて、それぞれの家庭で調理して、おいしく頂きました^^ 体が温まりますので、お奨めです。

Img_3322_2Img_3325~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。60代女性です。

 「足が冷えて眠れません。太ももの内側が特に冷たくて、尿もれしたかと思うほど冷たくなります。市販の漢方薬を飲んでみましたが、変わりませんでした。ちゃんと診ていただいた方がよいと思って受診しました。もう、ももが冷たくて、足が冷たくて、寒くて寒くて、辛いんです。」

 この患者さんの体質に合わせて、血流を改善する漢方薬を2種類処方しました。 

 1週間くらいで、少し温まった感じがしたが、まだ冷える、太ももが冷たいとの事でしたので、漢方薬を変方して、2週間後に受診するようにお話しました。

 2週間後、「とても調子がいいです。体が温かくて、睡眠薬を飲まなくても眠れるようになりました。去年に比べたら、天国にいるようです。信じられないくらい温かくて、嬉しいです。」A311_027_2

 漢方薬を服用されて3ヶ月ほど経過しています。

 「先生、とっても調子がいいです。最近は、暑いと感じる時があります。暑くて、暖房を消したりする日があります。本当に去年からは信じられないくらいです。天国にいるようです。」

 血流がよくなり、自分で体を温める力が出て来たようですので、漢方薬の量を減らして処方しました。

 漢方薬は、体調や体質の変化や季節変化に合わせて、服用量を調節したり、変方する事で、体調をよい状態に整えられる方が多いです。

2016年1月19日 (火)

産後から貧血が治りません。

 産後から体調不良が改善されず、だるさやめまいに悩む方がいらっしゃいます。貧血または、貧血傾向の状態が続いている方は、とてもつらいでしょう。

 鉄剤が飲めない、飲むと具合が悪くなる方がいらっしゃいます。このような方に、造血機能を高める漢方薬が効果的です。鉄剤を飲むと、具合が悪くなる方、どうしても飲めない方に、好評です。A307_069_2

◆産後から貧血が続いている

◆産後の体調不良が改善しない

◆産後からだるさが取れない

◆産後のめまい、ふらつき、気力の低下などが続いている

などの症状に、体調を整える漢方薬が効果的です。女性ホルモンのバランスを整え、出産で消耗した体力を補う漢方薬の服用により、産後の体調不良が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_3520_2

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の産後疲れ治療の漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら

「新潟の産後疲れ治療に漢方」

2016年1月16日 (土)

幼児の円形脱毛症に漢方

 幼児の円形脱毛症に、漢方治療を行っております。小さなお子さんの脱毛を見ているのは、親御さんの方が辛いかもしれません。Ky16_32

 円形脱毛症の原因として、いくつか挙げられていますが、毛根部分の組織を誤って攻撃してしまう自己免疫反応が原因として有力とされているようですが、はっきりと特定されていません。ストレスや疲労、体質などが免疫のバランスを崩す原因ではないかとも言われています。

  幼児の方でも、繊細でやさしいお子さんの場合は、大人が想像もつかないような事をストレスに感じてしまっている場合があります。それが積み重なって、脱毛が起こってしまっている場合などが考えられます。

 お子さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬の服用により、脱毛が減り、少しずつ改善される場合が多いです。髪の毛は、1日に約0.3~0.5mしか伸びませんので、改善を実感されるまでの時間がかかりますが、発毛の状態や周期を考慮した漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。漢方薬は、生後2、3ヶ月の方から服用できます。Img_3516_3

「新潟の円形脱毛症治療の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「円形脱毛症治療の漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。2歳の男の子です。

 頭皮の一部分の脱毛に気付いたお母様と受診されました。治療を受けていたが、変化がなく、脱毛範囲が広がってきたので、知り合いの方の紹介で受診されたそうです。

Ky52_05 服用開始当初は、発毛周期や体調などの変化により、脱毛する時もありましたが、継続して服用を続けることで、安定して、髪を維持できるようになりました。
Ky12_23
 薄くなっていた眉毛もしっかり濃くなって、イケメンになったとお母様が喜んでいらっしゃいます。

~*~*~*~

 チョコレートケーキを頂きまして、おいしく頂きました^^

2016年1月13日 (水)

背中がチクチク、帯状疱疹ではなく、いつまでも治らない

 「背中がチクチク、むずむずする、下着や服が触れるのが、痛いような気持ち悪いような感じが続いている。」A307_032

 「様子を見ていたら、帯状疱疹の発疹が出て来た。」という場合も多いですが、皮膚に変化もなく、いつまでもチクチクが続いて、治らない、皮膚や骨や関節など、検査をしても異常がなく、原因がわからない方が受診されることがあります。

 このような症状に、漢方薬が効果的な場合が多いです。皮膚表面の神経が過敏になっていると考えて、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。A307_031

 背中や首、肩、足などが、むずむず、チクチクする方が多く、一日中症状が続いている方、一定の時間に症状が出る方など様々です。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「治りにくい皮膚科症状に体質改善の漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

~*~*~*~

 「背中がむずがゆい感じが続いているます。帯状疱疹を疑われましたが、発疹が出るようすもなく、いつまでも、むずむずするような、チクチクするような感じが続いています。服が背中に触れるのが気になり、触れにくいように、浮かせたりしていて、イライラします。

 最初は、背中の右側から始まって、背中の左の方に移動したり、だんだんと背中全体に広がって、気持ちが悪いです。」Img_3375

という方が受診されました。

  皮膚表面の過敏な状態を改善する漢方薬を2週間分処方しました。

  服用して、2,3日後から、背中のむずがゆい感じが少しずつ楽になってきたそうです。

 「今日は、別の症状で来ました。」としばらくして受診されました。

~*~*~*~A307_003_2

 「首から肩にかけて、ピリピリして、衿ぐりが広い服しか着る事ができません。マフラーやストールが巻けなくなっています。特に異常がないので、原因がわからないと言われるばかりで、困っています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつ症状が改善されて、気にならない状態になりましたので、漢方薬を中止としました。

2016年1月10日 (日)

子宮内膜症で痛み止めが効かない時の漢方

 子宮内膜症による激しい生理痛や腹痛に悩む方が多いです。仕事や学校生活など日常生活に支障が出る方は、とても辛い思いをされているようです。

 鎮痛剤が効かない程の激しい痛みが辛い方、生理出血が多過ぎて、貧血になる、日常的に体調不良を感じている方など、様々な症状に悩む方が多いようです。鎮痛剤が効かない激しい痛みに悩んでいる方や胃が弱い方、ピルが合わない方に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が効果的です。Ky54_09A307_049_3

◆生理痛

◆生理以外の時にも下腹部が痛む

◆腰痛がある

◆経血にレバー状の血の塊が混じるA307_046_2A307_069_2

◆生理出血量が多過ぎる

◆不正出血が多い

◆なかなか妊娠しない

◆PMS症状が激しい(頭痛、倦怠感、イライラ、気分の落ち込みなど)

などの症状を伴う方が多いです。

 漢方では、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせて、きめ細やかに対応しております。体質に合わせた漢方薬の服用により、子宮内膜症に伴う症状が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

Img_3242☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣などに漢方」new

「生理痛・生理不順に漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら

「生理痛、生理不順、PMSに漢方」

「月経不順、月経周期の乱れ、月経困難症を漢方で体質改善」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 子宮内膜症で、生理前から、頭痛と腹痛が始まり、吐き戻して動けなくなる事が多く、仕事を休まなければならない日が多い方でした。 

 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬は、何種類もあります。この方の体質に合わせて、体調を整える漢方薬を処方しました。継続して服用されていました。

 「生理痛がとても楽になりました。あれだけ辛かったのに、驚きました。どろっとした血の塊も減って来ました。これが普通の生理なんだって思いました。体が温かくなった感じがしますが、それも漢方の効果ですか。」

 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬は、血流をよくする効果があるものが多いので、冷え症や肩こり、頭痛なども改善される方が多いです。 

2016年1月 7日 (木)

顔の湿疹でむくんで、顔がパンパンに腫れました。ステロイドが合わないみたいです。

 「顔に湿疹ができて、ステロイドを塗ったら、湿疹が広がって、顔がパンパンに腫れてしまいました。」Ky26_15_2

 このような患者さんが受診されることがあります。ステロイドを使いたくない方に漢方治療が好評です。

 激しい皮膚の炎症によって、顔や手足、体の一部がむくんだような状態になることがあります。皮膚細胞の中に、炎症物質や老廃物を含んだ水分が溜まって、腫れたり、むくんだ状態になることがあります。なかなか改善がみられず苦しい状態が続いている方に、皮膚の炎症を鎮め、皮膚細胞の中に溜まっている余分な水分を排泄する漢方薬が効果的です。ステロイドを使いたくない方の受診が増えています。

 漢方薬は、皮膚の炎症を鎮め、皮膚細胞に留まっている余分な水分を少しずつ吸収して、皮膚を正常な状態に整える効果が高いものがあります。

 皮膚炎の症状や患者さんの体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 皮膚の炎症を鎮め、皮膚に溜まっている老廃物を少しずつ吸収して、排泄する効果のある漢方薬などの服用により、皮膚のむくみや湿疹が改善される方が多いです。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「治りにくい皮膚科症状に漢方薬」new

従来からのPC用HPは、こちら

「体質改善の漢方で皮膚炎改善、ステロイドを使いたくない方に」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 頬の一部に湿疹が出て、医療機関を受診されたそうです。ステロイド剤を処方されて塗ったら、顔全体に広がって、悪化して、顔の皮膚がむくんだ状態になり、パンパンになって治らないので、漢方薬を希望して受診されました。

 顔面が赤く腫れ、部分的に色素沈着もあり、腫れてむくんだ状態でした。

 皮膚の炎症を鎮める漢方薬や皮膚に溜まった余分な水分を排泄する漢方薬などをこの方の体質に合わせて処方しました。 

 ステロイド中止によるリバウンドや季節変化や体調の変化などによる症状の変化がありましたが、約7か月ほどで、皮膚炎後の色素沈着も気にならない状態になり、漢方も中止となりました。Img_3247_3

~*~*~*~

 ういろうのお話

 ういろう(外郎売り)のお話のういろうは、小田原の生薬が配合されたお薬(透頂香)の宣伝なのです。早口のせりふ部分が早口や発声、滑舌の練習に使われることが多いようですが、私は、このお薬に配合されている生薬が気になります。漢方薬にも含まれている生薬がいくつか配合されているようです。

 諸説ありますが、この透頂香に似たお菓子がういろうと呼ばれるようになったとの説もあるようです。写真は、小田原ではなく、名古屋のういろうなのですが・・・(笑) ういろうに目がないHP担当です。

2016年1月 5日 (火)

飲み過ぎ食べ過ぎで気持ち悪い、そんな時の漢方

 お正月休みは、いかがお過ごしでしたでしょうか。クリスマス、年末年始のイベント続きで、食べ過ぎてしまった方が多いのではないでしょうか。宴会の席も多く、お酒の量も増えた方が多いでしょう。Ky48_04

 昨年の12月頃から、イベント続きで、飲み過ぎ、食べ過ぎで、胃腸の調子が悪い方の受診が増えています。疲れた胃腸を整える漢方薬が効果的です。一般的な胃薬や胃腸薬を飲んでも改善がみられない方にも好評です。

◆胃酸過多

 食べ過ぎ、飲み過ぎによって、胃酸が大量に分泌されることで、胃の粘膜に炎症が起こるので、胃もたれや胸やけ、むかつき、胃痛などの症状が起こります。

◆消化不良Ky21_15

 食べ過ぎによって、消化が追いつかない状態です。胃腸の働きが低下しているので、常に胃がもたれたり、むかむかして、吐き気がしたり、お腹の痛みが続いたりする方が多いです。

 漢方薬は、胃腸症状や体質に合わせた処方になります。患者さんそれぞれに合わせて胃腸の働きを整える漢方薬になります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

【胃腸症状、体質に合わせた漢方薬】Ky21_16_3

◇胃が重くなった、なんとなく胃がすっきりしない

◇気持ち悪い、食べられない

◇胃が痛い、酸っぱい胃酸があがってくる

◇食べるとすぐに、食べられなくなる

◇ふだんから胃腸が弱い

など、患者さんそれぞれの胃腸の症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

Img_3433Img_3426_2☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「胃炎・胃痛に漢方」new

「二日酔い予防・対策の漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら

「胃の症状に漢方」

「二日酔い予防の漢方(肝臓にもやさしい)」

Img_3438~*~*~*~

 今年は、「怪獣酒場おせち」を注文しました^^

 楽しくいただきました。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »