カテゴリー

« 鼻涙管狭窄症に漢方 | トップページ | 出産直後の尿漏れが治らない »

2015年10月15日 (木)

皮膚が弱い、荒れる方に体質改善の漢方

 皮膚が弱い、荒れやすい、かぶれやすい、塗り薬では治らない方に、皮膚を健康な状態に整える体質改善の漢方薬が好評です。

◆皮膚が弱いKy27_06

◆水仕事で荒れる

◆お湯に負ける

◆かぶれたり、湿疹ができやすい

◆赤くなりやすい

◆みみず腫れができやすい

などの症状は、塗り薬だけでは改善がみられない方が多いです。

【内臓の働きを整えると皮膚が健康に!?】Ky21_17_2

 「皮膚は内臓の鏡」という言葉があります。皮膚に内臓の状態が表れているとの考え方です。胃腸などの症状を自覚していない方でも、内臓機能の状態がよくないと、皮膚に炎症が起こりやすいです。

 皮膚と内臓はつながっているとは、あまり考えていない方がほとんどいらっしゃらないと思いますが、唇→口の中→喉→食道→胃→腸→肛門からおしりの皮膚へとつながっています。一枚の皮と考えることができると思います。

【漢方で内臓機能を整えて健康なお肌に】

 内臓を健康な状態に整える体質改善の漢方薬の服用により、皮膚の状態が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_3083_3

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の皮膚科症状に漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら

「体質改善の漢方薬で皮膚炎改善」

 写真は、「オナモミ」です。「バカの実」とも呼ばれています。患者さんが、取ってきて下さいました。

 「幼い頃は、服にくっつけて遊んだり、パチンコにして、飛ばしたりしたね~」と話していましたが、若い患者さんは、「???」でした(笑)

« 鼻涙管狭窄症に漢方 | トップページ | 出産直後の尿漏れが治らない »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚が弱い、荒れる方に体質改善の漢方:

« 鼻涙管狭窄症に漢方 | トップページ | 出産直後の尿漏れが治らない »