カテゴリー

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

朝起きれない子供の原因は

 朝起きれない、めまいや頭痛がして、なかなか起きれないお子さんは、起立性調節障害(OD)が原因となっている場合もありますが、お子さんそれぞれに原因が異なる場合も考えられます。お子さんそれぞれの原因に合わせた漢方薬が好評です。A306_028

 自律神経のバランスの乱れや疲れなどによると考えられますが、診察時にお話を伺っておりますと、とても繊細なお子さんが多い事に気づきます。

 周囲を気遣える心がやさしいお子さん

 言葉に出さずに、じっと我慢して、頑張っているお子さんA306_017_2

 親御さんに、心配をかけないように頑張って来られたお子さん

が多いように思います。

 ゆっくりとお話を伺って、体調を整え、気分がリラックスするお手伝いをする漢方薬を処方しております。体調が整い、元気が出てくるお子さんが多いです。自然の生薬から作られる漢方薬は、心と体にやさしく作用します。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_3051

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「子供の頭痛」new

「子供のめまい、立ちくらみに漢方」new

「思春期の女子の心と体の不調に漢方」new

従来からのHPはこちら

「子供の頭痛、腹痛、めまい、たちくらみなど」

「思春期の女性の悩みに漢方」

「思春期のイライラ、倦怠感、眠気」

2015年10月26日 (月)

秋の冷え性対策は、漢方とツボ刺激

 朝晩の冷え込みが増して来ましたので、冷えに悩む方の受診が増えています。夏は、クーラーで冷え、秋になれば、気温の低下で、手足が冷たい・・・現代人は、大変です(゚m゚*)Ky29_08

 夏からの冷えが体の中に蓄積しているところに、気温の低下が加わって、秋冬に、冷えにッよる症状が悪化する方が多いです。体の中を温めたり、血流を改善したりする漢方薬で冷えや冷えによる症状が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の冷え症治療の漢方」new
Img_3045Img_3060
従来からのHPは、こちらです。

「冷え性を漢方で改善」

「新潟の漢方内科による冷え症のお話」

【夏からの冷えが溜まるとは】

 夏に冷えを感じていなかった方でも、冷たい飲み物(ビールやジュース、お茶など)や食品(生野菜、そうめんなど)をたくさん食べていた方は、内臓に冷えが溜まっている場合が多いです。それが秋になって、冷えの悪化の原因となっている場合があります。

【血行を促進し、体を温めるツボを刺激するのも効果的】

 冷えの状態や体質に合わせて、ツボを温めて刺激する機械による温熱療法が好評です。冷える方、肩こり、腰痛などの関節痛がある方にも好評です。

~*~*~*~

 「寒くて寒くて、夏でも毛布をかぶって寝ています。腰から下が、はあーっこうて、はっこうて・・・寝えらんねんですてー。」 白根弁ですね。 はっこい=冷たいKy61_18

という患者さんが受診されました。 

 血流を改善して体を温める漢方薬を処方しました。冷えが強くて、改善されるまでに、漢方薬を変方して調節しました。

 「おかげさまで、あったこうなりましたてー。ありがとうございます。」

 体が温まって、よく眠れるようになったそうです。

 冷えの原因や冷える部分に合わせた漢方薬を、患者さんそれぞれの体質に合わせて処方しております。

2015年10月23日 (金)

39歳妊娠しました!!

 「不妊治療を受けていますが、なかなか妊娠しません。もう39歳なので、難しいのかな・・・とは思いましたが、漢方で体調が整えられればと思って受診しました。」

 と受診された患者さんです。詳細は、掲載を控えますが、ホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体調に整える漢方薬により、数か月で妊娠となりました。Ky55_05_2

 卵胞の発育や子宮内膜の状態が、あまりよくない、子宮筋腫がある、排卵障害がある、ご主人にも少し問題があるなど、様々なご相談を受付けております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 35歳を過ぎると、卵子が老化し始める、精子も老化するなどの情報が一般的になりましたが、老化の状態には、個人差があります。外見もそうですね。年齢よりも若く見える方、ちょっと老けて見えるかも・・・という方がいらっしゃると思います。遺伝や生活習慣による因子もあるとは思いますが、体質改善の漢方薬により、体調が整い、外見も若々しくなったと言われる方が多いです^^

 話が逸れましたが、漢方薬により、体調を整えて、妊娠しやすい状態に整えることで、妊娠される方が多いです。基礎体温の状態や冷え、生理時の症状などにより、体質に合わせた漢方薬の服用により、妊娠しやすい体調に整う方が多いです。不妊治療と並行されている方、自然妊娠される方など、嬉しいご報告を頂いています^^ Img_3049

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の不妊症治療の漢方」new

男性の不妊症のご相談も受け付けております。

「男性不妊に漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら

「不妊症治療の漢方」

2015年10月19日 (月)

カンジダのかゆみが治らない、繰り返す

 カンジダによる膣炎を繰り返す、なかなか治らない方に、免疫力を高めて体調を整える漢方薬が好評です。膣カンジダは、膣の常在菌が異常に増殖した状態によって起こる炎症です。疲労やストレスなどによる免疫力の低下、抗生物質の影響などが考えられます。一度婦人科を受診されることをお勧めします。Ky62_20

 膣カンジダの治療は、抗真菌薬が一般的ですが、治りにくい、抗菌剤などが合わない、繰り返す方に漢方薬が好評です。

 炎症を鎮め、免疫力を高める漢方薬などが効果的です。また、カンジダを繰り返す方は、体調を整え、免疫力を高める漢方薬の服用により、再発しにくくなる方が多いです。 

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

女性に多い症状と漢方のお話です。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「女性の健康と美しさのための漢方」new

A306_105_2_2

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「女性の悩みを体質改善の漢方で解消!!」

※女性特有の症状、ナプキンによるかぶれ、おりものなどのご相談も受け付けております。デリケートなお話は、漢方に詳しい女性薬剤師がおりますので、相談しやすいと好評です。

【疲れるとカンジダになる】

 20代女性、疲れるとカンジダになり、なかなか治らない、治りきれないうちに、生理が来て、ナプキンでかぶれて、を繰り返して、かゆみが辛い方でした。Img_3043_2Img_3044_2

 陰部の炎症を鎮める漢方薬や免疫力を高める漢方薬の服用により、かゆみや炎症が改善されました。疲れると再発するので、体調を整え、免疫力を高める漢方薬を継続しました。最近は、疲れを感じた時に、疲労回復とカンジダの再発予防に漢方薬を服用されることで、再発がほとんどない状態で過ごされていらっしゃいます。

~*~*~*~

 長野のりんご園に行って来ました。自家製アップルパイとりんごシャーベットをいただいて来ました^^おいしかったで~す♪

2015年10月16日 (金)

出産直後の尿漏れが治らない

 出産後の尿漏れは、一時的な場合が多く、産後の体力が回復してくると治る場合が多いですが、いつまでも治らない方に、産後の体調を整える漢方薬が効果的です。A307_060

 出産により、膀胱や尿道の知覚障害や骨盤底筋力が低下して、なかなか回復しない場合があります。体力の回復を促進し、体調を整える漢方薬の服用により、筋肉の回復も促進され、産後の尿漏れが改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

~*~*~*~

 出産後すぐから尿漏れが始まり、1年近くたっても治る様子がみられないと受診された患者さんのお話です。歩いたり、立ったり座ったりしただけで、漏れていて、外出するのが嫌になったそうです。Img_3037

 産後の体調を整え、女性ホルモンのバランスと整える漢方薬を処方しました。少しずつ体調が整い、尿漏れは完全に治りました。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「尿漏れ・頻尿に漢方」new

「産後の症状に漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら

「尿漏れ、頻尿など、尿のトラブルを体質改善の漢方で」

「新潟の産後疲れ治療・乳腺炎・母乳が出ない、痔脱毛など」

2015年10月15日 (木)

皮膚が弱い、荒れる方に体質改善の漢方

 皮膚が弱い、荒れやすい、かぶれやすい、塗り薬では治らない方に、皮膚を健康な状態に整える体質改善の漢方薬が好評です。

◆皮膚が弱いKy27_06

◆水仕事で荒れる

◆お湯に負ける

◆かぶれたり、湿疹ができやすい

◆赤くなりやすい

◆みみず腫れができやすい

などの症状は、塗り薬だけでは改善がみられない方が多いです。

【内臓の働きを整えると皮膚が健康に!?】Ky21_17_2

 「皮膚は内臓の鏡」という言葉があります。皮膚に内臓の状態が表れているとの考え方です。胃腸などの症状を自覚していない方でも、内臓機能の状態がよくないと、皮膚に炎症が起こりやすいです。

 皮膚と内臓はつながっているとは、あまり考えていない方がほとんどいらっしゃらないと思いますが、唇→口の中→喉→食道→胃→腸→肛門からおしりの皮膚へとつながっています。一枚の皮と考えることができると思います。

【漢方で内臓機能を整えて健康なお肌に】

 内臓を健康な状態に整える体質改善の漢方薬の服用により、皮膚の状態が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_3083_3

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の皮膚科症状に漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら

「体質改善の漢方薬で皮膚炎改善」

 写真は、「オナモミ」です。「バカの実」とも呼ばれています。患者さんが、取ってきて下さいました。

 「幼い頃は、服にくっつけて遊んだり、パチンコにして、飛ばしたりしたね~」と話していましたが、若い患者さんは、「???」でした(笑)

2015年10月 2日 (金)

鼻涙管狭窄症に漢方

 鼻涙管狭窄症の改善がみられない、再発する方に、漢方薬が好評です。涙の排出が上手くいかず、涙があふれる、目がうるむ、目ヤニなどの症状が多いです。Ky17_10

 鼻涙管狭窄症は、手術などによる治療が一般的ですが、改善がみられない、再発を繰り返す方が漢方薬による改善を希望されます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

Img_3036 涙腺(るいせん)から分泌された涙は、眼の表面を潤して、目頭にある涙点(るいてん)に吸収され、涙小管(るいしょうかん)、涙嚢(るいのう)、鼻涙管(びるいかん)を通って、鼻粘膜に吸収されます。この経路が閉塞すると、常に流涙が起こります。鼻涙管閉塞は、先天性と後天性のものがあります。流涙や目ヤニなどの原因は、鼻涙管閉塞以外の原因もありますので、一度眼科を受診されることをお勧め致します。漢方薬は、後天性の鼻涙管狭窄症に効果的です。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new

従来からのPC用HPは、こちら

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2015年10月 1日 (木)

寝たきり予防に漢方!!予備軍になりたくない!体力、免疫力を高めて元気に

 体調不調が続いてだるい、風邪で寝込んだり、入院がきっかけで、気力や体力が低下した方に、体調を整え、気力や体力、免疫を高める漢方薬が好評です。Ky61_19

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 高齢者は、筋肉の衰えが激しいので、短期間の入院でも、筋力が低下し、気力体力ともに、低下してしまう場合が多いです。そして、そのまま寝たきりの状態に移行してしまう場合がありますので、早めの対応が効果的です。

 高齢の方のだるさ、倦怠感、食欲不振などの体調不良に、免疫力や体力を高めて、体調を整える漢方薬が効果的です。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群に漢方」new

Img_3039_3

従来からのHPはこちら

「疲労倦怠感、体調不良を漢方で」

【退院後に、食欲がなく、横になっているばかりで、気力がない】 

 90代の女性、退院して、自宅へ戻ったが、横になっているばかりで、ご飯も食べたがらない、気力もなく、ぐったりしている状態が続いていた方

 車にやっと乗せられて受診しましたが、車から降りる事もままならない状態で、車の中で診察しました。力なく、ぐったりと車のシートに横たわっていられました。

 体力を補い、体を温め、免疫力を高めて体調を整える漢方薬を処方して、ご家族に飲み方などをご説明しました。

 2週間後には、患者さんご本人が、シャンシャンと診察室へ歩いて入って来られました。

 「だるさは少し残っていますが、調子がいいみたいです。こんな歳ですから、長生きしても困りますけどね(笑顔)」Ky61_16_2

と、ハキハキとした口調で答えられました。

 初診時とは別人のように、しっかりとお話されました。背中をピンと伸ばして、椅子にかけられて、お化粧もされていらっしゃいました。

ご家族の方が、

 『おかげさまで、すっかり元気になりました。このまま寝たきりになってしまうのではないかと、心配になっていました。来週、遠出の予定がありまして、一緒に行けると思います。ありがとうございます。』Img_3038

 中国の古い医学書『皇帝内経』に「人は、養生に気を配り、季節変化に合わせた生活を心がけ、体調を整えることで、120歳くらいまでは、生きられるはずである」と書かれています。漢方薬は、質の高い健康生活の一助となれると考えています。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群に漢方」new

従来からのHPはこちら

「疲労倦怠感、体調不良を漢方で」

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »