カテゴリー

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月28日 (木)

水いぼは取る?取らない?子供が泣かない治療

 子供の水いぼが治りにくい、増える方に、取らない漢方治療が好評です。漢方薬は、小さなお子さんでも服用できます。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 Ky27_03お子さんの水いぼ治療は、プチっと取る、液体窒素で焼くなどの治療もありますが、痛いので、嫌がるお子さんが多いようです。

 そのまま放っておいて、自然に治るのを待つのもよいと思いますが、水いぼに効果的な漢方薬による治療が好評です。水いぼの状態やお子さんの体質に合わせた漢方薬の服用により、少しずつ水いぼが小さくなる場合が多いです。

「痛くない水いぼ治療の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「痛くない水いぼ治療を漢方で、子供にやさしい水いぼ治療」

「いろいろなイボ治療に漢方」Ky64_03

~*~*~*~

 今年は、5月から真夏のような気温の日が始まって、汗をかきやすいためでしょうか。水いぼのお子さんの来院の増加が例年よりも早い気がします。痛い思いをさせられることがなく、ささやかですが、ごほうびを差し上げておりますので、それを目当てに、楽しみに受診されるお子さんが多いです^^

2015年5月22日 (金)

梅雨時のだるさ、不調に漢方薬

 梅雨入り前や梅雨時のだるさ、倦怠感に漢方薬が効果的です。なんとなくだるい、体が重い、食欲がないなどの症状に悩む方の受診が増えています。体質に合わせた漢方薬の服用により、梅雨時のだるさや倦怠感が改善される方が多いです。Hl30_17

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、通常のお薬と同じ負担割合になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 湿度が高くなると、体の中に過剰な水分が溜まりやすくなります。そのために、体が重くなったり、だるさを感じたりする方が多くなります。Ky14_19

 そして、過剰な水分によって、めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状が起こりやすくなります。胃腸に水分が留まると、食欲が落ちたり、むかつきや吐き気、下痢などの症状が起こる場合もあります。

 このような場合には、体の中に溜まった余分な水分を排泄する効果のある漢方薬が効果的です。患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬の服用により、症状が改善される方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Img_1657_3

「だるさ、疲労倦怠感に漢方」スマホサイト

「内科・胃腸症状に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「疲労倦怠感、体調不良を体質改善の漢方で」

「こんな症状に漢方・内科疾患・胃腸症状など」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群に漢方」new

「内科・胃腸症状に漢方」new

2015年5月21日 (木)

若さの秘訣は漢方です。20代ですか?ですって(笑)

 健康保険適用の漢方治療を行っておりますが、他の症状と共に、美肌効果を実感される方が多く、体調が整い、体が軽くなったり、お肌のハリやツヤを実感される方も多く、患者さんと共に漢方の奥深さを実感しております^^

 アンチエイジングのご相談も多く受付けております。多様な症状の方に漢方治療を行っておりますので、自身の体調管理にも漢方薬が欠かせない生活をしております。女性ですので、アンチエイジングや美肌も考慮した漢方処方を服用しておりますが、その成果の現れ?と思えるようなうれしい事がありましたので、お知らせします^^

 「くだらない自慢話はいいわ~」長々と読みたくない方は↓Ky18_14

「40歳からのアンチエイジング」スマホサイト

「美肌の秘訣は漢方」スマホサイト

「しみ、しわ、たるみ対策の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「40歳からのアンチエイジング・プレ更年期を美しく乗り切る」

「美肌、美容の漢方」

「美肌の秘訣は体内バランスにあり・胃腸を整えデトックス」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「アンチエイジング漢方」new

~*~*~*~

 お問い合わせの為に、お電話でオペレーターの方とお話したのですが、オペレーターの方が、私の声で、20代と勘違いされたそうです。

 「20代くらいの声の感じがしましたが、話をしているともう少し年齢が上の方のようですし、でも声に透明感があるというか、ハリがあるというか、この仕事は長いのですが、20代の方の声に思えて、不思議に思っています。」

と、言われました。

 要件をお話して、通常でしたら、それで通話は終わるはずですが、

 「あのー、こんな事を聞いてはいけませんが、若さの秘訣はありますか。」

 特に思い当たらないので、漢方診療を行っているクリニックですので、自分の体調などに合わせて、漢方薬を続けている事くらいしかないですが、患者さんが褒めてくださる事が、多いですとお話しました。漢方に関心はあったそうですが、どうしたらよいかわからなかったと言われていました。

 お近くで漢方を処方して下さる先生を探してみられるとよいでしょうと、お伝えして、お電話を切りました。

 今回は、お電話だけのお話ですが、漢方診療の時に、A303_079

 「先生、お肌がきれですね。ハリが合って、ぷるんぷるんですね」

 『お腹もぷるんぷるんですから~(笑)』

と笑うことがありますが、よく、お肌は褒めて下さる患者さんが多いです。年齢相応だとは思いますが・・・(笑)

 しみ、しわ予防、美肌アンチエイジングには、自分にあった漢方薬が効果的ですよ^^

Img_1625「40歳からのアンチエイジング」スマホサイト

「美肌の秘訣は漢方」スマホサイト

「しみ、しわ、たるみ対策の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「40歳からのアンチエイジング・プレ更年期を美しく乗り切る」

「美肌、美容の漢方」

「美肌の秘訣は体内バランスにあり・胃腸を整えデトックス」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「アンチエイジング漢方」new

2015年5月13日 (水)

肩がチクチク痛い

 肩がチクチクと痛い、針で刺すようなピリピリとした痛みが続く方、鎮痛剤や湿布などで改善がみられない肩に、体質に合わせた漢方薬が好評です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 皮膚に湿疹や発赤などもなく、症状が続いている方、肩こりなどを伴う場合には、肩や首のこりからチクチクした痛みが起こっている場合などが考えられます。肩や首、皮膚表面の血行を改善する漢方薬などが効果的です。A307_003

「痛みや関節痛などを漢方で改善」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「こんな症状に漢方・整形外科疾患など」

「肩こりに漢方」

「新潟の五十肩、肩関節痛に漢方」

~*~*~*~Img_1642_2

 「服がこすれたり、髪が触れただけで、痛くて、衿のついた服が着れません。」と受診された患者さんのお話です。

 何年も前から、首の付け根から肩にかけて、チクチクして痛い、触れると痛いので、髪もショートにして、衿ぐりが大きい服を着るしかない状態。

 足先までのしびれも伴っていましたので、体質に合わせて血流改善の漢方薬を処方しました。少しずつ、肩のチクチクした痛みが楽になり、足先までのしびれがほとんど気にならない状態になりました。

 「こんなに楽になるなんて、魔法にかかったように、体調もいいです。体がポカポカと温まった感じがします。」

~*~*~*~

 今年も咲きました。白い紫陽花です。葉っぱの形も通常のものとは、違うようです。頂き物で、詳しい品種がわからないのですが・・・

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »