カテゴリー

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月21日 (木)

喉が乾燥して痛い、飲み込みにくい時は、喉を潤す漢方!!

 のど、口の中が乾燥する、ドライマウスやシェーグレン症候群などの症状に、のどや口腔粘膜に潤いを与える漢方薬が好評です。唾液の減少や口の中の乾燥が原因となっている場合が多く、思うような改善が見られない方に、体質改善の漢方薬が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

Ky18_01_2◇喉の奥まで乾燥して、ヒリヒリする、口の中も乾いている

◇つばが出にくく、飲み物がないと食べにくい、喉へ通りにくい

◇のどの奥に食べ物が残って、むせる

◇水やお茶を飲んでも口の中が潤わない

などの症状に悩む患者さんに、のどや口の中の粘膜に潤いを与える漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

 
2_10_2 のどや口の乾燥の原因は、唾液の分泌が減ったりのどの粘膜の潤い不足などが考えられますが、シェーグレン症候群などの自己免疫疾患やほかの重篤な疾患が原因となっている場合もありますので、症状が激しい方は、検査をされることをお勧めします。

◆のどの粘膜に潤いを与える漢方薬が効果的!!

 特に異常が認められない方、思うような改善がみられない方に、体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 のどの乾燥の原因、老化、ストレス、疲労など一人ひとりの症状や体質に合わせた処方が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「ドライマウス治療の漢方」スマホサイト のどの乾燥、潤い不足にも対応しています。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「ドライマウス治療、口の乾燥、粘つきにも」

2014年8月11日 (月)

生理痛に鎮痛剤が効かない!漢方でホルモンバランスを整える

 生理痛が激しく、鎮痛剤が効かない、飲みたくない方に漢方薬が好評です。女性ホルモンのバランスの乱れを整える漢方薬の服用により、生理痛やPMS症状が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 生理痛以外に、頭痛や腰痛、めまい、ふらつき、イライラ、落ち込みなどのPMS症状を伴う方が多く、体質に合わせた漢方薬の服用により、生理痛と共に、PMS症状も改善される方が多いです。  A307_048

 重篤な疾患が原因となっている場合もありますので、一度婦人科を受診されることをお勧めします。特に異常が認められない方、思うような改善がみられない方にホルモンバランスを整える漢方薬が効果的です。

【生理痛の状態や痛む期間など細かな体質に合わせた漢方】

◇生理前から痛む

◇生理が始まってから痛むA307_049

◇生理痛と一緒に頭痛もする

◇生理痛と一緒に吐き気を伴う

◇お腹を温めると痛みが和らぐ

◇お腹を温めても痛みは楽にならない

◇生理出血の量が少ない

◇生理出血の量が多すぎる

◇生理に伴って貧血になりやすい

など一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により、生理痛が改善され、他のPMS症状も改善される方が多いです。自然の生薬からつくられる漢方薬は、体にやさしく作用します。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。2_11_2

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「生理痛、生理不順、PMSに漢方で体質改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯にも対応

「生理痛・生理不順に漢方」new

「PMSに漢方」new

2014年8月 8日 (金)

ムダ毛処理のかぶれ、痕をきれいに

 ムダ毛処理後に皮膚がかぶれた、カミソリ負けによる化膿、赤くなって、傷が治らない方、塗り薬できれいに治らない方、お手入れのたびに、お肌が荒れてしまう方に、皮膚の炎症を鎮めて、傷の修復を早める漢方薬が好評です。Ky46_17_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^

◇かぶれた

◇赤いブツブツが出た

◇ばい菌が入って化膿している

◇赤くなってヒリヒリする

◇お手入れ後の黒ずみKy46_17_2

 腕や脚、わきなどの部分は、目立つので、特に気になるという方が多いです。

 皮膚の炎症の状態に合わせた漢方薬の服用によって、お手入れ後のお肌が早くきれいに治る方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「治りにくい皮膚症状に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。1_5_2

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

2014年8月 2日 (土)

橋本病で妊娠しにくいと言われていましたが、漢方で妊娠しました。

 橋本病の方で、妊娠しにくいと言われていた方が妊娠しました。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬を処方しまして、妊娠しやすい体質に整えることに力を入れました。先日、妊娠されたとお電話で、ご報告をいただきました。新潟で漢方情報を発信しているクリニックです。

 生理周期にバラつきがあり、生理痛が強い方でした。全体的に体温が低めで、お腹が冷えていました。

A303_093 女性ホルモンのバランスを整え、体の中から温めることも考慮した漢方薬を処方しました。最初に冷たかったお腹が温かくなりました。

 服用を続けていただいていますと、低めだった体温が上がり、生理周期が安定してきました。そして、妊娠となりましたが、残念ながら流産してしまったと、再度受診されました。

 漢方を再開して約3ヶ月で、妊娠のご連絡をいただきました\^0^/

 漢方薬による不妊治療は、女性ホルモンのバランスを整えることで、子宮や卵巣の働きを妊娠しやすい状態に整えることを目的としています。

 PMS症状や生理痛が激しい方、生理周期にバラつきがある方などは、女性ホルモンのバランスが乱れている方が多いです。また、生理に関連した症状以外に、体全体のバランスの乱れを整えることも大切です。

2_2 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「不妊症治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「不妊症治療に漢方」new

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »