カテゴリー

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

授乳中の膀胱炎に薬が気になる方に漢方

 授乳中に膀胱炎になった、繰り返す、でも通常の薬は飲みたくないという方に漢方薬が好評です。寝不足や疲労が蓄積すると、免疫力が低下して、膀胱炎を起こしやすくなります。授乳中ですと、通常のお薬を飲みたくないという方がいらっしゃいます。妊娠中に比べて、服用できないお薬は少ないのですが、気にされる方が多いです。このような方に、体にやさしい漢方薬が好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

Ky56_02 膀胱炎の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

◇トイレに行ったばかりなのに、またすぐ行きたくなる

◇トイレに行っても残尿感がある

◇排尿後、チクチク、ヒリヒリとした感じがするA307_060_2

◇尿が濁ったり、尿に血が混じる

などの症状が多いですが、漢方では、膀胱炎の症状や体質にきめ細やかに対応しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

2_5

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「膀胱炎の症状に体質改善の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「膀胱炎に漢方」new

~*~ほのぼの漢方診療日記~*~

 土曜日の新潟は、夕方から激しい雨と雷が鳴り響いていました。どこかに落ちたのでしょうね。ものすごい地響きがして、ビリビリと振動が伝わり、家がミシミシと鳴りました。怖かったです^^;昨日は、にわか雨でした^^  写真は、新潟産のさくらんぼです。

2014年6月29日 (日)

乾癬を治したい!体質改善の漢方治療

 乾癬の症状改善のために漢方薬による治療を行っております。乾癬の症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、改善される方が多いです。新潟から漢方情報を発信しています^^

 乾癬は、はっきりとした原因が特定されていません。改善までに長期間を要する場合が多いですが、漢方薬の服用により症状が改善された方、ほぼ完治の状態に至った方がいらっしゃいます。

2_8 乾癬になると、皮膚が盛り上がって、赤くなり、その表面に銀白色のかさぶたのようなものが厚く付着して、ボロボロと剥がれ落ちる症状です。かゆみが激しい方とほとんどかゆみを感じない方がいらっしゃいます。症状が進むと乾癬どうしがくっついて大きくなる場合があります。関節痛や発熱、倦怠感などの症状を伴う方もいらっしゃいます。

 乾癬の原因は、はっきりとわかっていませんが、動物性脂肪の摂取や食の欧米化も原因ではないかと言われています。しかし、食生活が原因とは考えられにくい、遺伝的な体質が原因と考えられる方もいらっしゃいます。

 漢方では、皮膚の赤みやかゆみ、落屑などから血の異常として考えられます。血熱、、お血、血燥など血の異常の改善と共に、体全体のバランスの乱れを考えます。疲労やストレスも乾癬が悪化する原因と考えられます。

 乾癬の皮膚症状の改善と共に、体の中からの体質改善の漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「治りにくい皮膚症状に体質改善の漢方」スマホサイト

PC用HPはコチラ

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

~*~ほのぼの漢方診療日記~*~

 新潟は、あじさいが花盛りです。近くですと田上の護摩堂山であじさい祭りがおこなわれているようです。以前は、よくスニーカーで頂上まで登りました^^眺めがいいですし、運動不足解消には最適です。

2014年6月28日 (土)

足の裏が痛い、足底筋膜炎を漢方で改善!!

 今回は、足底筋膜炎のお話です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^

Ky46_01_2 足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている組織に炎症が起こって、痛みが起こっていると言われています。かかとの骨の前あたりが痛むことが多いです。

 立ち上がった時や車から降りるときなど、体重がかかる時に痛みが増すことが多いです。

◆歩き方、立ち方のくせによる(へんぺい足、X脚の方など)

◆くつが合っていない、くつ底の形が足の土踏まずにフィットしていない

◆スポーツ選手の方、ジョギングが趣味の方など足を使う機会が多い方

などいくつもの原因が考えられます。

1_5 足の裏の痛みの原因は、足底筋膜炎など様々なものが考えられますので、一度検査をされることをお勧めします。

 漢方では、痛みが起こる時の状態や血流、冷えの状態や体質改善による治療を考えます。

 足の裏の炎症を鎮めたり、血流改善の効果のある漢方薬の服用により、徐々に痛みが楽になる方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 

 足の裏が痛いという方が受診されました。朝起きた時に痛い、立ち上がった時に痛いなどの症状が続いている方です。足の裏が痛んで、つりそうになることが多くて、日常生活や仕事に支障を感じているとのことでした。

 足底筋膜炎と診断されたそうですが、鎮痛剤で胃が痛くなってしまい、漢方でなんとかならないかと、ご家族の方のご紹介で、受診されました。靴を変えてみたり、靴の中敷きを厚くしたり、工夫されてもあまり効果がなかったそうです。

 痛む時の状態と体質に合わせた漢方薬を処方しました。継続的に服用されて、徐々に痛みが軽減されて、ほとんど痛みを感じなくなりましたので、漢方薬を中止しました。

 足底筋膜炎の他に肩関節痛、腰痛、膝関節痛などのご相談も受け付けております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「痛み、関節痛などを漢方で改善」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「こんな症状に漢方・整形外科疾患など」

~*~ほのぼの漢方診療日記~*~

 漢方診療を行っておりますと、様々な症状のご相談を受けることが多いです。不定愁訴と言われる多様な不快症状や激しい痛みやしびれなどのご相談なども多いです。体質改善の漢方薬は、症状や体質に合わせた処方になりますが、新潟の気候や季節の変化を考慮することが重要と考えています。

2014年6月27日 (金)

卵胞発育不良でしたが、妊娠!体質改善の漢方!

 不妊治療をされている方から、卵胞の発育がよくない状態で、ホルモン治療などによっても、成熟卵の数が少ない方、増えないという方に、体質改善の漢方薬を処方しております。一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により、卵子の状態が改善され、妊娠されている方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方外来を行っているクリニックです。Ky55_05

 漢方の考え方では、ホルモンバランスの乱れや体質などにより、卵胞に栄養が届きにくい状態に陥っていると考えます。

1_6

 生理周期や基礎体温、婦人科での検査結果などを参考に、漢方の視点から体質改善を中心に、妊娠ご希望の方のお力になれますように、日々努力を続けております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟の不妊症治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「不妊症治療の漢方」new

~*~ほのぼの漢方診療日記~*~

 Ky55_12先日お電話で、ある患者さんから、妊娠のご報告をいただきました。不妊治療をされていた方で、卵胞の発育が悪く、採卵ができないと婦人科の先生に言われていた方です。漢方薬を希望されて、初めて受診されたのが、約1年ほど前のことです。

 新潟に多い色白美人の方で、冷え症、ふらつき、めまい、朝起きにくいなどの症状もあり、とても体力が低下していらっしゃることがわかりました。

 基礎体温も月によって、バラつきがあり、はっきりと2層に分かれない月が多い状態でした。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬と、体調を整え、体力をつける漢方薬などを処方しました。基礎体温の状態や体調の変化に合わせて漢方薬を変方したりしながら、服用を続けていらっしゃいました。Ky55_03

 
 最初は、バラつきが多かった基礎体温の移行が少しずつはっきりと安定してきまして、卵胞の発育も整い、この度、妊娠のご報告をいただきました \(^0^)/

2014年6月25日 (水)

しみが気になる、増やしたくない!美肌の漢方が人気です!

 年齢と共に増えてしまう「しみ」ですが、同じ年齢でも、しみができやすい方、それほど多くない方がいらっしゃいます。紫外線対策やスキンケアをされていても、「しみ」や「肌のくすみ」が気になる方がいらっしゃいます。体質によって差があるようです。一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により、お肌のハリやツヤを保ち、しみができにくいお肌に整う方が多いです。漢方薬は、いつまでも若々しく美しい女性に好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。A303_080

◆しみができやすい女性は、ホルモンバランスに乱れ

 しみができやすい女性は、生理不順や冷えなどの症状に悩む方が多いようです。その原因の一つとして、女性ホルモンのバランスが乱れていることが考えられます。

◆紫外線がしみの原因になる!Ky26_16

 梅雨時から7月頃まで、紫外線のUV-Aがたくさん降り注ぐ季節です。これは、見かけ上は、赤くなったり炎症が起こりにくいので、日焼けしたことに気付かない場合が多いです。

 しかし、皮膚の奥の層への浸透力が高く、皮膚のハリや弾力を保つ細胞などにダメージを与えますので、しわやたるみの原因となります。そしてメラニン色素を増やしますので、しみの原因となります。

 7月~8月になりますと、UV-Bの照射量が多くなります。こちらは、皮膚表面に吸収されやすく、赤くなったり、やけどのようになったりします。そして、メラニン色素が沈着しますので、肌が日焼けして褐色になったり、しみやそばかすの原因となります。

◆ホルモンバランスを整えて、しみができにくいお肌に2_6

 できてしまった「しみ」を薄くするのは、「しみ」の状態や部分や体質など個人差によるものが非常に大きく、長期間の服用が必要になる場合が多いです。

 また、しみができやすい方には、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬の服用により、しみの予防効果が期待できます。

 生理不順や生理周期に伴って、肌荒れや体調不良を感じやすい方は、しみができやすい体質の可能性があります。

「しみ、しわ、たるみ対策の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「しみ、しわ、たるみ対策にスキンケア漢方」

2014年6月23日 (月)

手根管症候群の痛みに漢方は効きますか?手術をしたくない

 手首の手根管という部分に、手首の神経が束になって通っていますが、この部分が狭くなって神経が圧迫されることで、痛みやしびれを感じたり、指を動かしにくくなったりする症状です。A307_058

 女性に多く、妊娠、出産、更年期に関連して症状が出る方や仕事やスポーツで手を使い過ぎる方に多いと言われていますが、はっきりとした原因がわかっていません。

 サポーターを使ったり、鎮痛剤などを服用されても思うような改善がみられない方、日常生活に支障が出る方、手術をしたくない方に漢方薬が好評です。

 漢方の視点から、手根管の部分の炎症を鎮め、血流を改善する効果のある漢方薬の服用により手根管部分のの痛みやしびれが楽になる方が多いです。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

2

「痛みや関節痛に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「こんな症状に漢方」整形外科疾患

2014年6月20日 (金)

40代の生理不順、プレ更年期にホルモンバランスを整える漢方!アンチエイジング、美肌も!!

 30代後半から40代の方に、プレ更年期の症状が起こり始める方が多くなります。漢方薬で体調不良を改善されることで、美肌やアンチエイジングも期待できます^^
 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky54_04

 プレ更年期の症状は、生理周期が乱れる、生理周期に伴い、体調不良になったり、イライラしたり、気分が落ち込んだりなどです。

 女性ホルモンの分泌量が徐々に減り始め、それにより、心と体の不調を感じる方が多くなります。このような方に女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が効果的です。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、体調不良が改善される方が多いです。A303_079

◇生理周期が乱れる

◇顔がほてる、急に汗が噴き出す

◇生理出血量が極端に少ない、または、大量に出血する、ダラダラと出血が続く

◇生理痛が激しくなった 

◇生理周期に伴い、頭痛やめまい、耳鳴りがする

1_5◇腰痛などが激しくなる

 
◇イライラしたり、気分が落ち込んだりする

 
◇だるさや倦怠感が激しくなり、何もやる気が出ない

など、多様な症状に悩む女性が多いですが、重篤な疾患による場合も考えられますので、上記のような症状が続く方は、一度婦人科で、検査を受けられることをお勧めします。検査をしても異常が認められない、いわゆる不定愁訴には、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬などが効果的です。

 35歳くらいから、卵巣の老化が少しずつ始まります。45歳くらいから、閉経する方が、出て来ます。閉経が近づくと、卵巣機能の低下により、エストロゲン(女性ホルモンのひとつ)の分泌が減少しますので、プレ更年期症状に悩む方が増えます。またストレスによって、ホルモンバランスが乱れている方も多いです。

 エストロゲンは、女性特有の機能だけでなく、心と体を若々しく保つ働きを持っています。体調不良や情緒不安定、お肌の老化の予防にも大切な役割をはたしています。女性ホルモンのバランスの乱れを整えて、老化のスピードを緩やかにするために漢方薬を希望される方が多いです。

 プレ更年期の症状や患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。A303_092

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟発、漢方的アンチエイジング」

「更年期障害による症状を漢方で」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「アンチエイジング漢方」new

「更年期障害に漢方」new

2014年6月19日 (木)

子供が夜泣き叫ぶ、夜驚症に、心と体にやさしい漢方薬

 子供が夜中に突然騒いだり、泣いたりする「夜驚症」の症状は、感受性の高いデリケートなお子さんに多く、乳幼児期から始まる場合が多いです。思春期までに自然に消失するお子さんがほとんどですが、日中もイライラしたり、かんしゃくを起こすお子さんも多く、気になるというご相談が多いです。また、修学旅行や合宿など、ご家族以外の方と集団の中での宿泊の予定がある際に、心配されて、ご相談に来られる方も多いです。

 このような症状にお子さんの心と体にやさしい漢方薬が好評です。新潟から、漢方情報を発信しているクリニックです。Ky56_26_2

◇子供が夜中に、突然、叫んだり泣いたりする

◇起き上がって、興奮状態になり

◇しばらくすると、何事もなかったように眠ってしまう。声をかけても反応がなく、翌朝になって聞いても本人は、全く覚えていない。

 このような夜驚症の症状についてのご相談を受付けております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 夜泣きや疳の虫のような症状と同じようなものと考えて頂くとわかりやすいと思います。感受性の高いデリケートなお子さんに多いです。1_4_2

 体にやさしい漢方薬で、症状の改善がみられる方が多いです。夜中の症状だけでなく、日中のイライラや怒りっぽいお子さんの症状にも対応しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「心に効く漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「子供のための漢方」

2014年6月18日 (水)

肩、腕のにきびを治したい!漢方で体の中から美肌!

 肩や腕、背中のにきびに、薬やにきび化粧品を塗っても改善がみられない方、「皮膚は内臓の鏡」という言葉をご存じですか。きれいなお肌は、健康な内臓から作られるという考え方です。内臓機能を整え、体の中からお肌をきれいに整える漢方薬が効果的です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 
 にきびのできやすい方でも特に出やすい部分には、個人差があります。顔中心の方、背中や胸に多い方、頭皮や腕にも出る方など様々です。そして、にきびの性状も様々です。

◇小さいブツブツとしたにきび Jpg1

◇化膿して大きいにきび

◇赤みが強く、炎症を起こしているにきび

◇紫色になったにきび、膿が溜まっていることが多いです。

◇白くて脂っぽいにきび

◇黄色っぽい化膿しているにきび

◇毛穴に黒く詰まったにきび

など様々ですが、腕や背中を出した服を着る機会が多くなる季節ですので、漢方薬を希望される方が多くなります。

1_7 にきびの性状やにきびのできている部分、体質に合わせた皮膚の新陳代謝を高める漢方薬等が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「新潟のにきび治療の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「にきび治療の漢方」

「大人にきびに漢方」

「にきびと漢方」

 ~*~*~*~

 大相撲春場所へ行って来ました。「遠藤」君が大人気でした^^

2014年6月17日 (火)

いぼ痔の痛み、腫れに漢方!!予防、改善にも

 いぼ痔の痛みに漢方薬が好評です。肛門周辺部の痛み、チクチク、灼熱感が改善される方が多いです。肛門周辺部の血流を改善して、炎症や痛みを軽減する漢方薬が効果的です。A306_133_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方情報を発信しているクリニックです。

 いぼ痔は、排便時のいきみや便秘、妊娠、出産などによって肛門に負担がかかり、直腸や肛門の部分に血行が悪くなり、うっ血することによって、腫れることでできます。

 痛みを感じない方もいらっしゃるようですが、痛みが非常に辛いという方が多いです。いぼ痔を繰り返す方、手術をしたくない方に体の中から炎症を鎮める漢方薬が好評です。

 漢方では、いぼ痔を血流の滞り(お血)と考えます。患部の血流改善効果のある漢方薬は、体の中から痔の炎症を鎮める効果があります。いぼ痔の痛みやチクチクが少しずつ楽になる方が多いです。継続して服用することで、いぼ痔が小さくなる場合があります。Ky22_18_2

 排便時などに、切れて、出血が止まりにくい場合には、止血の漢方薬が好評です。

2

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「痔の治療に体質改善の漢方」

「女性の痔に体質改善の漢方薬」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「痔に漢方」new

「女性の痔の治療に漢方」new

2014年6月16日 (月)

胃が重い、胃薬を飲んでもスッキリしない時の漢方

 「朝目覚めると、いつも胃がスッキリしない、なんとなく重い・・・。」このような症状に、体質に合わせた漢方薬が好評です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 胃薬を変えてもスッキリしないという方の受診が多いです。このような症状のKy21_10_4原因としては、胃の働きの低下が考えられます。アルコールや、味の濃い食事、脂っこい食事を食べた後や翌日に胃が重いという方もいらっしゃいますが、ストレスや疲労、年齢による胃の機能低下も原因の一つです。

 胃はとてもデリケートな臓器ですので、いろいろとお薬を変えても思うような改善がみられないという方が多いようです。

 漢方の考え方では、胃が重い原因として、

◇胃の働きが低下しているKy21_13_2

◇胃に余分な水分が溜まっている

◇胃が冷えている

などが考えられます。胃の症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

◆胃の働きが低下している場合には、胃の働きを整える漢方薬

◆胃に余分な水分が滞っている場合は、胃に滞った水分を排泄する漢方薬

◆胃が冷えて働きが低下している場合は、胃を温めて働きを整える漢方薬

など、一人ひとりの胃の症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。必要に応じて、通常の胃薬との併用もしております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。2_9

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「胃の症状に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「胃痛・胃炎に漢方」new

2014年6月11日 (水)

足のむくみで痛い、利尿剤が効かない時は、漢方が効果的

 足のむくみ、むくみによる痛みは、水分代謝の滞りが原因となっている場合が多いです。足は、心臓から遠いので、血流が悪くなりやすく、重力の関係で、足に水分が滞りやすくなることによると考えられます。利尿剤を服用したり、足のマッサージなども効果的ですが、思うような改善がみられない方に水分代謝をを改善する漢方薬が効果的です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky45_02

◆湿度が高い季節、環境で足はむくみやすい

 湿度が高い環境の中で過ごしますと、体の中に余分な水分(湿気)が滞りやすくなります。 得に、梅雨時など湿度が高い季節は、体から水分を放出しにくくなりますので、むくみが悪化しやすくなります。これを漢方では、「湿邪」と呼びます。梅雨時や雨や雪が多い季節、水の中や湿度が高い環境で長時間過ごしたり、仕事をされる場合も含まれます。

 湿度が高い状態ですと、汗腺から汗が出にくく、体に水分が溜まりやすくなります。それに伴い、気(気分の気と考えるとわかりやすい。気が水や血のめぐりを助けています。)や血のめぐりの滞りも生じやすく、益々体の中に湿邪が滞りやすくなります。

 体の中に滞った水分(湿邪)が、むくみや関節痛などを起こすことが多いです。水太りになりやすい季節でもあります。体や手足のだるさや重い感じの原因の一つと考えられます。Ky18_01_2

 体の中に余分な湿気が滞っている方は、舌に白い苔(舌苔)がべっとりとついていたり、歯型の形にギザギザと舌に痕がついている場合が多いです。

◆マッサージや足を高くして寝るなど工夫してもダメなら漢方を 

 漢方では、体質に合わせて、滞った湿邪を排泄するように働く処方を考えます。むくみの状態や部分や体全体のバランスの乱れを整える漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「むくみ(浮腫)治療の漢方で体質改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「むくみ解消の漢方」new

 ~*~*~Ky45_19_2

以前に、受診された方で印象に残っている方を思い出しました。

 「夕方になると両足がパンパンになって、痛い。近くの医療機関で利尿剤を処方されたことがあったが、血圧が下がり中止された。血圧は正常、精密検査を受けたが異常なく、粘土に指を押し付けたような跡が戻らない状態のまま、数年経っている。夜布団を高く重ねた上に足を乗せて寝ないと痛みで眠れない。」

 
 体質に合わせて処方を工夫しまして、3ヶ月ほどで、足のむくみは改善し、指で押しても痕が残ることがなくなりましたので、治療終了となりました。

 数年前からのむくみが治り、とても喜んで下さいました。むくみの状態も痛みも激しい方でしたので、とても印象に残っています。

2014年6月 9日 (月)

2014年白根大凧合戦が終了しました。

 最終日の今日は、青空と共に、「しも風」でしたので、絶好の凧風で始まりました。お昼休みに、堤防上に上がって来ました^^ その後、クリニックへ戻りましたが、3時過ぎから、雲が多くなり始め、遠くで雷が聴こえました。連日雷警報が出ていましたので、「終了の5時半まで、なんとか持ってくれればいいですね。」と、患者さんとお話していましたら、4時頃突然のどしゃ降りになりました。激しい雨と共に雷が鳴り響きました。天候が落ち着くのを待っていましたが、5時頃残念ながら、終了の花火が聴こえました。本年度の大凧合戦は、終了となりました。皆様お疲れ様でした。これから片づけですね。

1_5_22_51_6_43_92



















41_2

アトピーのほてりが辛い、眠れない

 アトピー性皮膚炎の方で、顔や体のほてりが辛い方に、ほてりの原因に合わせた漢方薬が効果的です。特に、入浴後や寝る時などに、体がほてって、かゆみが増す方が多いですが、そのほてりの原因が体の中から起こっている場合もありますので、注意が必要になります。皮膚の状態やほてりの原因に合わせた漢方薬により、皮膚の炎症や赤み、ほてりが改善される方が多いです。Ky43_34

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

【そのほてりは、本当に熱いため?!】

 暑いと感じていますので、体を冷やす生活を続けている方がいらっしゃいます。冷たい飲み物をたくさん飲む方、シャワーしか浴びない方、クーラーの温度を低めに設定している方などがいらっしゃいます。これからの季節は、気温が上昇し、蒸し暑くなりますので、クーラーの効いた部屋で、冷たい飲み物や食品がおいしいという方が多くなります。また食欲が低下しやすいので、冷たいお料理を好まれる方が多くなります。体の中が冷えてしまっていることに気付かない方が多いです。

 中には、体は、ほてって暑いのに、急にゾクッと寒気がすることがあるという方もいらっしゃいます。アトピー性皮膚炎の方の顔や体の熱感には、体の中からの熱と皮膚の炎症による熱が考えられます。これを考慮に入れませんと、逆に症状が悪化してしまうことがあります。Ky60_01_2

◆ほてりは、体の中からのほてりと、皮膚表面だけのほてりがある?!

 体の中から熱を発していて、皮膚表面もほてっている方

 皮膚表面は、ほてりや熱感があっても、体の中は、冷えている方

がいらっしゃいます。

 細かな問診や診察などによって、顔や体のほてりの原因を改善する漢方薬を処方しております。

 季節や生活習慣、環境の変化、漢方薬による体質改善などによって、アトピー性皮膚炎の症状や体質は、変化する場合が多いですので、その時の状態に合わせて、きめ細やかに対応した漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。2_11

「アトピー性皮膚炎に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「アトピー性皮膚炎に漢方」

白根大凧合戦2014最終日

 土曜日の大凧合戦は、風向きが悪く、逆方向からの凧揚げになってしまいましたが、夜の花火大会は、大盛況でした。

1_17_32_212_181_12_23_10_2

 

 

 昨日、日曜日の白根大凧合戦は、曇りの中、しも風でスタートしました。途中で雨が降り始め、何度も中断しましたが、一昨日、昨日とは違って、合戦ができました。本日、白根大凧合戦最終日です。「しも風ごっこ」だといいですね(^^)

☆白根大凧合戦桜蝶組

1_203_201_212_274_5












3_184_14_4












2_20_22_254_3












3_192_61_22












2_6_21





2014年6月 5日 (木)

6月の体調不良には、自律神経系のバランスを整える漢方薬

2_18 6月は、気温や気圧の差が日によって激しく、体調不良を訴える方が多くなります。特に梅雨時は、湿度が高い状態が続きやすいですので、体調も湿度の影響を受けやすくなっています。

 漢方では、湿度による体調不良の原因を湿邪と呼び、体の中に滞ったり、余分に溜まっている湿邪を排泄することを考えます。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 頭痛、めまい、吐き気、食欲不振、体のだるさ、湿った咳、むくみ、湿疹など、6月頃から梅雨時を通して、体調不良を訴える方の受診が多くなります。

 また気圧や気温の変化に自律神経系のバランスが乱れて、イライラしたり、気分が鬱々としたり、心身の不調に悩む方が多くなります。

 このような症状の改善に、それぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 体質に合わせて、体の中に滞った湿邪を排泄し、自律神経系のバランスを整える漢方薬などが効果的です。体質改善の漢方薬は、人間が本来持っている自然治癒力を高めることで、症状を改善するために働きますので、体にやさしいです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

PC用HPをご覧ください。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

☆新しいHPを作成中です。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」new

 

白根大凧合戦が始まりました。

2_22 初日の今日は、風向きが悪く、観賞用に反対側からの凧上げになって、始まりましたが、強風の為、早い時間に終了となったそうです。お昼休みに、堤防へ上がって、写真を撮りました。桜蝶の大凧は、風が強く、すぐに落ちてしまいました。

 水戸部クリニックの巻凧も揚げて頂きましたので、撮影しました。こちらも反対方向へ走って揚げて下さいました。明日は、いい風が吹くとよいのですが・・・。

3_152_23

3_162_241_172_25_2

















 

2014年6月 4日 (水)

男性不妊治療は、原因や体質に合わせた漢方薬

 勃起障害、射精障害の方で、ストレスや疲労などが原因と考えられる方、乏精子症、精子無力症に悩む方に一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が好評です。

Ky23_13_2 疲労の蓄積やストレスなどによって、勃起障害や射精障害となっている方が多く、一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により改善される方が多いです。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

 乏精子症や精子無力症の方は、精子の運動率の改善や精子濃度の増加効果が認められている漢方薬の服用により、少しずつ改善がみられる方が多いです。

 漢方の適用範囲は、限られていますが、上記のような症状に改善効果が認められています。

 漢方では、男性不妊を生殖機能の衰え(腎虚)としてだけではなく、疲労やストレスなど、体全体のバランスの乱れを整えることを大切に考えます。男性不妊の方の症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

2_21

PC用HPは、こちら「不妊症治療の漢方」

「男性更年期に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「不妊症に漢方」new

「男性不妊症に漢方」new

 ~*~*~

3_11 例年より早い時期からの暑さに、暑さ負けの症状の方が受診されています。食欲不振や倦怠感など、男性の方の精力減退のご相談も増えています。

※写真は、「信濃川浄水場」です。水色や紫にライトアップされていました。昼間見ると「巨大な乾電池」みたいに見えますね。

子供が朝起きられない!起立性調節障害は、漢方で体質改善!

 朝起きれない、だるい、頭痛やめまいがする、朝調子が悪いお子さんに、体質改善の漢方薬が好評です。成長期に多い起立性調節障害の改善に効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から、漢方情報を発信しているクリニックです。

◇朝調子が悪いA306_028

◇朝食をあまり食べない

◇午前中調子が悪く、夕方になると元気になる

◇朝に頭痛やめまいがすることが多い

などのご相談を受けつけております。A307_113

◆成長期に多い起立性調節障害(OD)かもしれません

 学校での人間関係やストレスなどが原因の場合もありますが、子供さん自身では、体調不良を上手に表現できない事も多く、ぐずぐずと怠けていると誤解されてしまう場合があるようです。

 体の成長が盛んですので、体の成長と自律神経系の働きにアンバランスを生じやすい状態ですので、低血圧を起こしていることも考えられます。また、めまいや立ちくらみ、頭痛や動悸などの症状が多いお子さんは、起立性調節障害(OD)の症状の場合があります。放っておくと症状が進んでしまう方もいらっしゃいますので、早めに対応されることをお奨めします。思春期の子供さんにも多い症状です。

◆お子さん一人ひとりの体質に合わせた漢方薬が効果的

 このような症状に、自律神経系のバランスを整え、体調を整える漢方薬が効果的です。お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。1_6

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「子供の頭痛、偏頭痛、めまいに漢方」

「小児の虚弱体質改善に漢方薬」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「子供のめまい・立ちくらみ・起立性調節障害に漢方」new

2014年6月 3日 (火)

旅行に行くと便秘になる時の対処法

 旅行や出張など、日帰りで出かけただけでも、便秘になって、しばらく続いてしまう方に漢方薬を処方しております。環境の変化によって、自律神経のバランスが乱れる方がいらっしゃいます。枕が変わると眠れない方などもいらっしゃいますね。日常生活に戻ったり、下剤等の服用で、改善される方もいらっしゃいますが、一度便秘になってしまうとなかなかもとのお通じに戻らないという方に漢方薬が好評です。Ky21_17

 漢方では、このような状態を、「気滞」として考えます。旅行や出張などの短期間の環境の変化が緊張やストレスとなって、胃腸の働きに影響を与えていますので、便秘改善の漢方薬だけでなく、「気」の巡りを改善する漢方薬の服用が効果的です。同じような症状でも、体力がある方、どちらかというと虚弱な方など体質は、それぞれ異なりますので、体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

2_20_2

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「便秘や便秘に伴う腹痛に漢方薬」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「便秘・腹痛に漢方」new

~*~*~*~*~*~

 日曜日は、用事で福島へ出かけてきました。日帰りの用事でしたが、お天気もよく、暑い一日でした。新潟も暑かったようですね。高速道路沿いに見える田んぼが涼しげでした。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »