カテゴリー

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

胃の圧迫感で息苦しい、痛い時に漢方薬が効果的!!

 胃が圧迫される感じ、脇や背中まで痛みを感じる方、胃の辺りから背中まで、張ったように硬くなっていて苦しい、胃腸疾患やその他の臓器の炎症などによる場合もありますが、特に原因となる疾患が認められない場合が多いです。A306_083

 このような方は、のどのつかえ感やげっぷやおならが多いなどの症状も伴う方が多いです。

 
 ガスを発生しやすい食品の摂り過ぎや炭酸飲料などの過剰摂取、食事の時に空気を一緒に飲み込んでしまう呑気症などが原因となっている場合が多いです。胃や腸に溜まったガスによって、胃の圧迫感や膨満感を感じる場合が多いようです。

2_7 また、疲労の蓄積やストレスによって、胃腸の働きのバランスが乱れ、胃の圧迫感や膨満感が起こっている場合があります。

 胃の圧迫感の改善に、胃の働きを整える漢方薬が効果的です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

 漢方薬には、一人ひとりの症状や体質に合わせて、胃腸の働きを整えたり、体調を整えたり、ストレスに対応した処方がございます。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

Ky21_04

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「胃の症状に漢方」

「新潟の鼻からの胃カメラ」

☆新しいHPを作成中です。

「胃炎・胃痛に漢方」new

「鼻から、口から選べる胃カメラ」new

2014年4月26日 (土)

膝が痛い方に漢方薬!!正座できない、階段が辛い方に

膝が痛い方に、漢方薬が好評です。膝の関節の炎症の度合いや体質に合わせた漢方薬の服用により、少しずつ痛みが軽減される方、治る方が多いです。痛み止めが効かない、胃が痛くなる方にも好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky32_22_2

 膝の痛みなどの関節痛は、体調や季節変化により、軽快したり、悪化することがあります。体調や季節変化に合わせて、 体の中から膝の痛みや炎症をやわらげる漢方薬が好評です。

◇階段をのぼる時や降りる時に痛い

◇正座が辛い、しゃがめない

◇歩き始めが痛い、歩いていると痛くなる

◇ひざやひざの裏側がこわばる、つる感じKy32_25_2

◇時々、ひざがチクッと痛む

などの症状がひざ関節痛の初期症状です。

 ひざ関節どうしの間でクッションのような役割をしている軟骨が年齢と共に減り、ひざ関節どうしがこすれると、痛みを感じます。また、関節液が溜まる(一般に、水が溜まると言われています。)、神経を圧迫すると痛みを感じます。40歳頃から、関節部分の軟骨の減少が徐々に始まる人が多いと言われています。

 ひざ関節部分の損傷や炎症が激しくなる前の段階では、ひざの炎症の状態や体質に合わせた漢方薬で、痛みが楽になる方が多いです。

漢方では、

◆ひざ関節部分の炎症の状態の違い 熱を持っているか、冷えているか

◆ひざのむくみ ひざ関節に関節液が溜まっているか、ほとんど溜まっていないか

◆ひざの裏側のこわばりやひきつれ

など、ひざの炎症や腫れの状態、体全体のバランスなどに合わせた処方になります。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、少しずつひざの痛みが楽ににある方が多いです。1_4_2

 ひざの痛みが軽減されるまでの間に、鎮痛剤と一緒に服用することもできます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「膝の痛みの治療に漢方」スマホ用サイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「膝の痛み、水が溜まる、ひきつれに漢方」

 ある患者さんのお話です。7,8年くらい前に受診された方です。初診時は、膝の痛みが激しく、杖をついて受診されました。漢方薬の服用で、杖を使わなくて歩けるようになった方です。痛みがほとんどなくなり、正座もできるようになりましたので、漢方薬を中止していました。

 先日受診されまして、「先生、また膝が痛くなりました。ずっと調子がよかったのですが、ここ1週間くらいで急に痛くなりました。冷たい湿布を貼っていましたが、半日くらいで、湿布が乾いてバリバリになります。痛くて、痛くて・・・。」

 前回の状態とは異なり、膝に激しい炎症を起こしていましたので、膝の熱を冷まし、炎症を鎮める漢方薬を2週間分処方しました。 

 まだ痛みはありましたが、湿布がバリバリになるほどの炎症性の熱は鎮まっていましたので、漢方薬を変方しました。

 「先生、来月に旅行に行く予定がありますが、行けますか?せっかく楽しみにしていたのに・・・。」

 「大丈夫ですよ。もう少し続けてみて下さい。」3_3

 2週間後、昼間の痛みは、ほとんどなくなったそうですが、夜に寝ていると、膝がズキンズキンと痛む日があるとのことでしたので、漢方薬を1種類変方して、寝る前に服用する漢方薬を追加しました。

 「先生、あれからすっかり痛くなくなって、旅行に行って来ました。シャンシャンと歩いて、みんながびっくりしていました。」

 この方は、現在80代の女性です。膝がチクチクっとした時だけ、漢方薬を服用する程度で、膝の痛みが治り、旅行を趣味にされています。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

~*~*~*~*~ほのぼの漢方診療日記~*~*~*~*~

 椿の花がきれいですね。加茂市で雪椿まつりが開催されています。雪椿は、新潟県の木です。加茂山公園の雪椿は、とても美しいですが、勾配がありますので、見て回るのに、膝に負担がかかると、見て来られた方がお話されていました。 この写真は、クリニックの椿です(^^;

2014年4月25日 (金)

40代の美肌、ハリツヤに自信!アンチエイジング漢方

 お肌のハリ、ツヤが気になる方、シミ、しわ対策にスキンケア化粧品を変えたり、あれこれと工夫されている方が多いようです。アンチエイジング対策として、漢方薬が好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^

A303_080 漢方の未病を改善する考え方は、人間が本来持っている自然治癒力を引き出し、身心のバランスを整え、老化のスピードを緩やかにし、アンチエイジングに繋がります。

 お肌の状態は、20歳~25歳に成熟し、25歳~35歳に安定した状態になると言われています。女性の体は、7の倍数で変化しますので、35歳くらいから、お肌の変化や体調が気になり始める方が多くなります。

 お肌のたるみ くすみ しみ しわ

 抜け毛が気になる 頭皮の乾燥やかゆみ

 体がだるい やる気が出ない 疲れやすい

 生理周期に伴って、肌荒れや体調に変化を感じやすい1_4

などの症状に漢方薬を処方しております。

 漢方薬には、体調を整えながら、美肌やアンチエイジング効果を期待できるものが、多くあります。

 他の症状で受診された方が、「漢方薬を飲むようになってから、お肌の状態が変わってきました。なんかツヤツヤして来たというか、メイクのノリが違う気がします。漢方の効果ですか?」と言われることがよくあります。

 「アンチエイジングのために漢方を飲んでみたいのですが・・・」という方も受診されます。

A303_065 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬と細かな要望(わがままを聞きますよ^^)に合わせた漢方薬が効果的です。体調が整って、冷えの改善を実感されたり、しみやくすみの予防効果もある漢方です。続けることで、効果を実感される方が多いです。

 体調やお肌の状態、季節の変化に合わせて、処方を調節されるとより効果的です。

 「私も体調やお肌の状態に合わせて、漢方薬の種類や量を調節しています。」

という会話をすることがあります。

 エイジングケア化粧品などと共に体の中からのアンチエイジングは、お奨めです。漢方の化粧品も好評です。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟発!!40歳からの漢方医学的アンチエイジング」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「アンチエイジング漢方」new

2014年4月23日 (水)

産後もつわりのような吐き気が治りません。漢方は効きますか?

 今日は、産後になってもつわりのような症状が続く方のお話です。 産後の体調不良に悩む方が多いです。出産による体力の消耗が激しく、休む間もなく育児が始まりますので、体力がなかなか回復しない方がいらっしゃいます。

 A306_109_2妊娠中につわりを経験される方が多く、漢方薬によって症状が軽減される方が多いですが、出産されてしばらく経っても、つわりのような症状が続いている方が受診されることがあります。

 つわりの原因は、はっきりとわかっていないようですが、妊娠によるホルモンバランスの変化や精神的なものも関係しているのではないかと言われています。

◆体の中に余っている余分な水分が、上に昇って胃に留まり、つわりを起こしている

2_9_2 漢方では、つわりは、水毒(体の中に余分な水分が溜まっている状態)、気滞や気逆(気の巡りが滞っていたり、過剰に上昇している状態)と考えます。

 水分代謝の改善や気の巡りを整える漢方薬や必要に応じて、妊娠、出産による体力の消耗が激しい方には、体調を整える漢方薬などを併用しています。授乳中の方にも好評です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

◆産後の体調不良、乳腺炎、授乳中の風邪などにも漢方が人気です!

 つわりや産後の体調不良、乳腺炎などで、漢方薬を服用されてから、漢方ファンになられて、「今日はちょっと風邪みたいで・・・漢方を処方していただこうと思いました。」、「この症状も漢方で・・・。」と、わざわざ遠方から受診して下さる方が多くなりました。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟の産後疲れ治療に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「産後の症状に漢方」new

2014年4月22日 (火)

卵管閉塞を漢方で改善!!妊娠しました。

 卵管閉塞に卵管の通りを改善する漢方薬が好評です。体質に合わせた漢方薬の服用により、卵管の詰まりが改善され、妊娠となる方が多いです。Ky55_04

  医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^

 卵管閉塞は、何らかの原因で、卵管が詰まったり、通りが悪くなっている状態を言います。片側が詰まっている方、両側が詰まっている方、通りが悪い方がいらっしゃいます。遺伝的な原因や感染症などの炎症による場合などが多いと言われています。

 漢方の考え方では、卵管部分に老廃物などがこびり付いていたり、気滞(疲労やストレスによって、気の巡りに滞りが生じると通過障害が起こることがあると考えます。)が原因と考えます。※卵管の癒着(ゆちゃく)による閉塞は除く。
 

A314_034_4 女性ホルモンのバランスを整え、卵管の詰まりを改善する漢方薬などを体質や体調の変化に合わせて、処方しております。婦人科のお薬と併用できます。漢方によって、少しでもお力になれればと精力を注いでおります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^

「不妊症治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「不妊症治療に漢方」new

「男性不妊症に漢方」new

~*~ほのぼの漢方診療日記~*~1_4

◇婦人科で卵管閉塞と診断されていた方が、受診されました。漢方で通りがよくなればと受診され、数か月服用を続けて、自然妊娠されました。

◇先日、ある患者さんが受診されました。1年ぶりくらいの受診でした。かわいい赤ちゃんを抱っこして来られました。

Ky56_04 「おかげさまで、この子を授かりまして、無事出産しました。今日は、別の症状で、受診しました。」

 この方は、婦人科で卵管閉塞と診断されていました。人工授精をしても卵管の通りがよくないとのことで、体外受精を勧められていたそうです。漢方で、卵管の詰まりが改善されるなら、試してみたいと受診されました。

 女性ホルモンのバランスを整え、卵管の通りを改善する漢方薬を体質に合わせて処方しました。個人的なお話になりますので、詳細は、掲載しませんが、数か月の服用で、自然妊娠され、無事、元気な赤ちゃんを出産されました。

2014年4月21日 (月)

虫刺されが治らない、痕が残る!早くきれいに治したい時は漢方

 虫に刺されがなかなか治らない、痕になりやすい方に、虫刺されによって、皮膚に残った炎症を鎮め、傷の修復を促進する漢方薬が好評です。

 通常虫に刺された場合は、ぬり薬を使用される方が多いと思いますが、虫刺されによる激しいかゆみや腫れに漢方薬がとても早く効く場合が多いです。

 庭の草むしりをしていたら、何かKy27_06にかぶれた

 腕やあしにブツブツができて痒い

などのご相談が多いです。

 山間部やゴルフ場、畑仕事やガーデニングの時に、刺されるイメージが強いかもしれませんが、ちょっとしたお散歩や室内でも小さな虫などに刺される場合もあります。一時的な痛みやかゆみ、赤みも軽度で、すぐに治ってしまう方は、それほど気にされないと思いますが、お肌が敏感で、刺されるとブツブツとした発疹がいつまでも残ったり、真っ赤になり腫れたり、ただれたり、化膿していつまでも治りにくいという方に漢方薬を処方しております。

 虫刺されに効果的な漢方薬は、いくつか種類があり、患部の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。子供の虫刺されにも漢方薬が好評です。医師の処方による漢方薬は、通常のお薬と同じように、健康保険が適用になります。

「治りにくい皮膚症状に漢方」スマホサイト

PC用HPはこちら

「体質改善の漢方薬で、皮膚炎改善」

 新潟ですと、毛虫やガなどによるかぶれやブヨ(県内でも地域によって、ブユやブトなどとも呼ばれる)に刺された方の受診が多いです。

2014年4月18日 (金)

立つとお腹が張る、痛い?原因不明の症状に漢方薬が効果的

 今日は、「立つとお腹が張るような感じで痛い」症状が漢方薬で改善された方のお話です。新潟から漢方情報を発信しています。

Ky32_21 「立つとお腹が痛い、つるような感じがする、じっとしている時は、痛くない、立ったり座ったりのたびに痛いので気になる」

とのことでした。

 内臓等からの炎症などとは考えにくく、漢方の視点から、いくつかの原因が考えられました。この方の場合は、お腹の部分が冷たく、皮膚表面の血行障害などによって、お腹がひきつれたり、痛んだりしていると考えました。この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。お近くの方でしたので、1週間分を処方して、様子をみるようにお話しました。1種類の漢方薬で、すぐに改善がみられました。

1_4 同じような症状でも原因となる体のバランスの乱れは、一人ひとり異なりますので、問診や診察により、その時の体調や体質に合わせて処方する漢方薬の組み合わせや処方量を検討しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

◆原因がよくわからない症状の場合は、丁寧にお話を伺うことで、改善する漢方がわかる

 このような症状のご相談は、よくお話を伺うことによって、原因をとらえやすくなり、頭の中に、処方する漢方薬は配合比などが浮かんできます。非常に難しく、熟考に熟考を重ねることもありますが、「よくなりました。」、「飲んでいると調子がよいです。」と言って頂けることを励みに、日々努力を続けております。

◆病気ではない、異常が認められない症状でも本人の苦痛は、漢方が得意

 漢方診療を行っておりますと、多様な症状のご相談を受ける事が多いです。特に治療の必要はないような症状であっても、自覚的には、苦痛を感じている症状を改善したいと受診されることがあります。

医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

2_5  

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」new

 

 桜の写真を撮って来ました。南区の児童公園の桜です。新潟の下越地区では、今週いっぱいくらいまで、お花見ができそうです。

2014年4月17日 (木)

春に体調がすぐれないのは、自律神経の乱れ?

 春になると体調不良に悩む方が多くなります。春は、自律神経のバランスが崩れやすい季節と言われますが、その理由をご存知ですか。漢方の視点から、春の体調不良を考えます。

 春は、冬に比べると気温が高く、体の中のエネルギーが活発になってきます。「木の芽時は、病気や症状の芽吹き時」とご説明することが多いです。自律神経系の働きが活発になり、体の中に滞っていた、老廃物を排泄しようとあらゆる症状が現れる季節です。また、進学や就職、異動など周囲の環境の変化により、緊張したり、ストレスを感じやすい季節です。

A307_047_2◆頭痛、めまい、耳鳴り、頭が重い、肩こり

◆イライラしやすい、怒りっぽい

◆やる気が出ない、気分が沈む、だるさが続く

◆胃もたれ、食欲不振、胃痛など胃の不快感、下痢や便秘など

◆寝つきが悪い、途中で目が覚める、眠った気がしない

1_4_2◆疲れ目、ドライアイ、目の充血、

◆腰痛、膝関節痛、肩や手足のしびれや痛み、筋肉のひきつれなど

◆乾燥肌、抜け毛、にきびやアトピー性皮膚炎が悪化

◆生理不順、生理痛、更年期障害の症状が現れる、または、悪化する

などの症状のご相談が多くなります。

 このような症状は、気温や気候の変化や周囲の環境の変化がストレスとなり、冬から溜まっていた疲労などによって、自律神経のバランスが崩れると起こりやすくなります。

2_5 症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、上記のような症状が改善される方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で、続けやすいと好評です。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」new

2014年4月15日 (火)

生理前の腰痛、痛み止めが効かない方にホルモンバランスを整える漢方

 生理前の腰痛やPMS症状は、女性ホルモンのバランスの乱れが原因となっている場合が多いです。生理前の症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 ストレスや疲れがたまると、女性ホルモンのバランスは乱れやすくなります。それによって、腰痛や頭痛、イライラなどPMS症状が激しくなる方が多いです。

◆生理前に腰が痛いKy32_05

◆生理が遅れ、腰痛になることが多い

◆生理が終わった後いつまでも腰が痛い

などのご相談を受付けております。

 生理周期に伴う症状が続く方、激しい方は、他の婦人科系の疾患が原因となっている場合も考えられますので、一度婦人科を受診されることをお勧め致します。

 特に異常が認められない場合、思うような改善が見られない場合に、漢方薬の服用により、症状が改善される場合が多いです。A307_061

 生理や生理周期に伴って起こる腰痛は、漢方では、お血(おけつ)と言います。血流の滞りが生じることで、腰痛などの症状が起こると考えます。このような症状にお血を改善する漢方薬が効果的です。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、生理前後の腰痛だけでなく、他のPMS症状が改善される方が多いです。

 生理に伴う女性ホルモンの変化や子宮内膜症、多膿疱性卵巣などが原因となっている腰痛にも漢方薬は、効果的です。3

 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬は、生理周期に伴う腰痛や生理痛、PMS、冷え症にも対応しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「生理痛・生理不順・腰痛に漢方」

☆新しいHPを作成中です。

「生理痛・生理不順に漢方」new

「PMSに漢方」new

 桜満開の新潟です。車で通るばかりで、写真を撮る時間がないので、アップできませんが、とても美しいです。代わに、12日の桃の花の写真です(^^; こちらも満開です。桃ですと頂きましたら、ピンク色が強いような・・・もしかして紅梅??っ話していましたが、花桃なんですね。

2014年4月12日 (土)

春は昼間眠い、夜眠れない!漢方で安眠!

 春になると、夜眠れなくなり、日中に眠気が起こるという方が多くなります。自律神経のバランスが乱れやすい季節です。不眠のタイプ別に合わせた漢方薬の服用により、自律神経のバランスが整い、安眠できるようになる方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 Ky53_08春は、肝の働きが活発になる季節です。肝とは、肝臓の機能も含まれますが、漢方では、気(気分の気)の巡りをよくし、血を貯蔵する働きを言います。このバランスが乱れた状態を肝の失調、いわゆる自律神経失調症のような状態になります。

 春は、寒暖の差や周囲の環境の変化などによって、ストレスを感じやすいので、この肝の働きに滞りを生じたり、活発になり過ぎると寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めると眠れないなどの不眠に悩む方が多くなります。

【睡眠薬が心配、続けたくない方に漢方】Ky14_14

 睡眠薬を服用される方もいらっしゃいますが、翌朝に眠気やだるさが残る、服用を続ける事に不安を感じる方に漢方薬が好評です。不眠の症状や不眠の原因となっている方だのバランスの乱れを整える漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

 安定剤や睡眠薬との併用もできます。その日の不眠の状態によって、調節して服用することもできます。

2「不眠症・睡眠障害に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「不眠症・睡眠障害治療に漢方」

~*~*~

 桃の花を頂きました。農家の方が丹精込めて出荷しているお花を持ってきて下さいました。新潟では、鉢花の出荷が最盛期で、アザレア、ツツジ、シャクナゲ、エリカなどがたくさん出荷されているそうです。春ですね。「春眠暁を覚えず・・・。」しっかり寝ていますが、春の暖かな日差しを受けて、うたた寝なんてしてみたくなります(*^^) 不眠で困っている方には、申し訳ないほどよく眠れます。

2014年4月 9日 (水)

女性の痔の痛み、灼熱感で座れない!!漢方で改善

 女性4人のうち3人は、痔になった事があると言われますが、痛みや灼熱感が辛くて、座れない方に、痔の炎症を改善する漢方薬が好評です。患部の炎症を鎮め、血流を改善する漢方薬が効果的です。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方になります。Ky22_18

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 女性は、男性に比べ、腸が長いので、便秘になりやすく、硬い便によって、切れ痔になる方が多いです。痛みが辛いので、排便を我慢して、さらに便秘が悪化してしまう方が多いです。痔の炎症の改善と共に、便秘を改善する漢方薬が効果的です。

【いぼ痔】Ky22_29

 肛門周辺の血流が悪くなることで、うっ血を起こして、イボ痔になる方が多いです。立ち仕事や事務職など同じ姿勢で長時間過ごすことが多い方や体の冷え、ストレスなども血流を悪くするので、イボ痔の原因として考えられます。女性の場合は、妊娠、出産を機に痔になる方も多くいらっしゃいます。

◇いぼ痔の炎症を鎮める漢方薬が効果的です。いぼ痔の大きさにもよりますが、炎症を鎮め、血流を改善する漢方薬の服用により、いぼ痔が少しずつ小さくなる場合もあります。

【痔ろう】

 痔ろうは、肛門の歯状線になるあなに便が詰まり、細菌感染することにより、炎症を起こして膿が溜まることで、激しい炎症になると肛門の周囲が腫れて、激痛になったり、発熱したりします。

◇痔の炎症を鎮め、膿を排泄する効果のある漢方薬が効果的です。Ky54_13_2

【脱肛】

 肛門部分の引き締める効果が弱くなり、痔核が出てしまうことがあります。高齢の方に多いです。基本的に手術の適用ですが、初期症状の方では、漢方薬の服用により、改善する場合があります。

 痔の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。痔の痛みや肛門の灼熱感に対応した漢方薬もございます。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

1_5詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「痔の治療に体質改善の漢方薬」

「痔に悩む女性に漢方薬」

☆新しいHPを作成中です。

「痔の漢方」new

「女性の痔に漢方」new

 女性の患者さんが多いので、デリケートなご相談は、漢方に詳しい女性の薬剤師が対応しております。

 お花見シーズンですね。新潟は、高田公園が、五分咲きのようです。咲き始めたところもあるようですが、県内のほとんどの地域が、まだつぼみのようです。今日は、朝から温かいので、咲き始めるところが増えるかもしれません。楽しみですね。

2014年4月 7日 (月)

思春期の食欲がない時に、心と体にやさしい漢方

 思春期のお子さんは、男女ともに、ホルモンバランスが劇的に変化する年齢ですので、心身の不調を感じるお子さんが多いです。更に家庭や学校での人間関係、勉強などに対しての悩みが原因となっている場合が多いです。

 比較的女性に多い傾向があります。食事を摂る量や回数が減っている方がご家族に付き添われて受診されます。A304_023

◇些細なことがきっかけで、周囲の目が気になるようになり、食欲が低下してしまった

◇人間関係に悩み、胃が痛くなったり、食べると下痢になったりするので、あまり食べたがらない

◇試験や受験のストレスなどが原因で、食が細くなったことがきっかけで、その時期を過ぎても食欲が回復しない

 などのご相談が多いです。

 漢方の考え方では、身心一如という考え方があります。心と体は、お互いに影響し合っているという考え方です。ストレスや心の不調によって、胃腸や体の不調が起こっているという考え方です。お子さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。1_5

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「思春期の女性の悩みを漢方外来で」

「胃の症状に漢方」(胃もたれ、胸やけ、むかつき、食欲不振)

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「思春期女子の心と体の不調に漢方」new

「胃炎・胃痛に漢方」new

 

2014年4月 2日 (水)

花粉で目がかゆい、充血!目薬が効かない

 花粉による眼のかゆみは、アレルギー性の結膜炎と考えられます。花粉以外にもハウスダストなどが原因となっている場合もあります。抗アレルギー作用のある漢方薬や目の充血を改善する漢方薬などが効果的です。

 目のかゆみや充血など目の症状のみの方や鼻炎症状や皮膚症状を伴う方など、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

◇目がかゆい、真っ赤に充血するKy20_24

◇目薬が効かない

◇目のかゆみに鼻炎症状を伴う

◇涙が止まらない、目ヤニが多い

◇眠くなる内服薬は困る、かゆみが抑えきれない

などの症状に悩む方に症状や体質に合わせた漢方薬が好評です。

 花粉の時期ですね。今年は、全国的にスギ花粉の飛散量が少ないようです。こちら新潟でも、比較的症状が軽いという方が多いですが、例年通りの漢方薬が手放せないという方の受診が多くなっています。漢方薬は、秋の花粉症にも対応しています。4_11

「花粉症に眠くならない漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「花粉症を体質改善の漢方で」

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »