カテゴリー

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

花粉や黄砂のアレルギー症状に漢方!

 花粉の季節に多いアレルギー症状に、体質改善の漢方薬が好評です。鼻炎症状や喉の症状、咳、皮膚炎などに対応しています。従来のお薬では、症状が改善されない、抑えきれない、眠くなる薬は困るという方に漢方薬が好評です。医師の処方による漢方薬は健康保険が適用になります。

◇鼻水が止まらないKy17_01_3

◇鼻が詰まる

◇喉が痛む、咳が出る

◇目が痒い

◇体がかゆい

などの症状に悩む方が多くなります。

【黄砂やPM2.5によって、アレルギー症状が悪化】

 花粉症の方やアレルギー性鼻炎の方は、黄砂によって、症状が悪化する場合が多いと言われています。 そこに、pm2.5が加わることで、更に症状の悪化が懸念されています。pm2.5自体もそうですが、pm2.5によって、花粉が傷つくと、花粉が壊れて、中からアレルゲンが出てきますので、より激しいアレルギー症状を引き起こす心配があるようです。

 マスクをしたり、通常の抗ヒスタミン薬を服用される方もいらっしゃるようですが、こちら水戸部クリニックでは、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が好評です。

 漢方薬は、花粉の季節のアレルギー症状に細やかに対応しています。Ky17_13

◆水っぽいサラサラした鼻水

◆ネバネバした透明の鼻水

◆ドロドロした黄や緑色の鼻水

◆鼻づまりが中心の方

◆喉のヒリヒリやチクチクした痛みKy17_09

◆目のかゆみや充血

◆花粉による皮膚炎

など症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。1_2

「花粉症に漢方薬」スマホ用サイト

「アレルギー性鼻炎に漢方」スマホ用サイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「花粉症を体質改善の漢方で」

「アレルギー性鼻炎を漢方で改善」

 pm2.5が飛来していますね。26日は、新潟では、霞がかかったような景色が広がりました。昨日から、数値的に少し落ち着いて来たようです。花粉症の方の受診が増えていますが、pm2.5の濃度が高かった26日に、症状が激しくなったという方が多いです。

2014年2月26日 (水)

赤ちゃんの鼻づまりを解消する漢方

 赤ちゃんの鼻が詰まって息が苦しそう、おっぱいが飲めない、寝つきが悪い時に、鼻の通りをよくする漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。漢方薬は、生後2,3ヶ月のお子さんから服用できます。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^Ky56_12

 吸引器を使ったり、お母さんが、直接口で吸ってあげる方法などが一般的ですが、あまり改善が見られない方、一度通ってもすぐにつまってしまう場合は、漢方薬がお奨めです。漢方薬は、赤ちゃんも服用できます。

◇鼻がつまって苦しそうにしている

◇ズーズーと鼻が鳴る

◇くしゃみが多い、鼻水の粘りが強く、つまる

◇鼻がつまって、おっぱいが飲めないKy56_06

◇機嫌が悪い

◇寝つきが悪い

◇一度治ってもまた鼻がつまる

などのご相談を受付けております。

 3_9_2赤ちゃんの鼻づまりの原因は、赤ちゃんは、鼻の穴が小さく、鼻の粘膜の分泌物が多く、敏感ですので、温度差やほこりなどの刺激によって、鼻水が出やすく、それが粘り気が強くなったり、固まったりして、つまったり、鼻の粘膜が腫れて、通りが悪くなったりします。

 このような症状に効果的な漢方薬が、いくつかあります。あかちゃんの鼻づまりの状態や体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、通常のお薬と同じように、健康保険が適用になります。

「子供の漢方」スマホ用サイト  赤ちゃんの鼻づまりについては、掲載しておりませんが、赤ちゃんやこどもの漢方のお話を掲載しております。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「子供の多い病気のための漢方」

2014年2月24日 (月)

男性更年期障害、機能不全に漢方!!

 50代に入ってから体調がすぐれない、男性機能にも陰りが・・・l。このような症状は男性の更年期障害の症状に多いです。一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により、症状が改善される方が多いです。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 のぼせ、ほてり、動悸A307_070_2

 頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、イライラ、気分の落ち込み、うつうつとする

 肩こり、腰痛などの関節痛、手足のしびれ、下肢の脱力感

 寝汗、口の渇き

 胃もたれ、食欲不振、だるさKy23_14

 頻尿、残尿感、性欲低下、ED(勃起不全)

など、女性の更年期と共通する症状や男性特有の症状に悩む方がいらっしゃいます。

 男性更年期症状の原因は、西洋医学的には、男性ホルモン(テストステロン)の減少によると考えられています。40代後半くらいから、男性ホルモンの分泌が減少し始めますので、身心の不調を感じる方もいらしゃいますが、特に男性の場合は、個人差が大きいので、ほとんど自覚症状がない方もいらっしゃいます。Ky23_02

 漢方では、男性は、8の倍数、女性は7の倍数の年齢で、身心の変化が大きく起こると考えられますので、男性は、48歳前後、女性の場合ですと、閉経を迎える49歳前後に、更年期症状に悩む方が最も多いです。

 上記のように、男性更年期症状は、多様ですが、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で、続けやすいと好評です。

「男性更年期症状を漢方で改善」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

2_14「新潟の男性更年期治療に漢方」

☆新しいHPを作成中です。

「男性不妊症治療に漢方」

~*~*~*~

 「新潟に杉と男は育たない」という言葉を聞いたことがありますが、ふと気になって、聞いてみました。若い世代は、「聞いたことがあっても、意味は知らない」と答えが返ってきました。外来で、ご年配の患者さんに聞いてみたら、「新潟の冬は、冷たい風が吹くので、スギが真っ直ぐ育たない、新潟は美人でしっかりものの女性が多く、男がふぬけになる」という意味だそうです。ほおお知らなかった~

  確かに新潟美人多いですね。「女房にするなら越後女」とも言われるとか・・・。美人で働き者で、夫に尽くすからだそうです。すみませんね 新潟出身じゃなくて・・・とふてくされてみる(笑)

 新潟の男性で検索してみましたら、育たないとは書かれておらず、「勤勉、真面目、保守的、堅実、見栄っ張りな一面も」などとの記載がたくさん!! 頼もしいですね。男性更年期症状は、「真面目で几帳面、責任感が強い、神経質な性格」などの方に起こりやすいと言われています。新潟の男性にも当てはまる方が多いかもしれません。

2014年2月22日 (土)

背中がゾクゾクする!風邪?!を漢方が効きますか?

 背中がゾクゾクする、寒気がするという方が受診されます。風邪のひき始めに多い症状ですが、寒気だけで、熱をはかっても平熱または、いつもより体温が低めの方、熱が出る事もなく、風邪症状もないのに、「背中の辺りが、ゾクッとする」という方が、受診されます。

 秋から冬にかけて、体の中に冷えが蓄積した事が原因と考えられます。このような方に、体を温める漢方薬などを処方しております。

 厚着をしても靴下の重ね履きをしても体が寒い、冷えるという方が多いです。朝、体が温まらず、活動しにくいという方にも好評です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

2_7  体を温め、免疫力を高める効果のある漢方薬は、風邪の予防効果もあります。一緒に温かい飲み物などを摂られると、より効果が高まります。

※ホットコーヒーは、飲む時は、温かいですが、食性が寒ですので、たくさん飲まれますと、体を冷やす事になりますので、冬は、控えめにされることをお奨めします。

PC用HPもご覧ください。

「こんな症状に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「風邪に漢方」new

2014年2月20日 (木)

痰が治らない、眠れないに、痰をなめらかにする漢方薬

 痰が続いて治らない、痰が絡んで眠れない、のどの奥に痰が引っかかって、息が苦しくなる、薬を飲んでもなかなか治る様子がないという方に漢方薬が好評です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 痰が続く原因は、気管支炎、アレルギー症状、逆流性食道炎などによる胃酸による刺激、副鼻腔炎、肺や気管支の炎症、ストレスなどが考えられます。漢方薬は、一人ひとりの体質に合わせた処方になります。

◇痰が絡んで取れない、いつまでも治らないA306_033

◇喉に痰が溜まる

◇痰がかたまりで出る

◇痰が喉にへばりつく

◇痰が絡むのに喉が乾燥している

◇朝起きると痰が出る

◇痰が絡んで眠れないA306_032

◇咳と痰が続いている

など多様な症状に対応しております。

 漢方の視点から、痰の性状や喉や胃腸の状態など、体全体のバランスの乱れを整えることを考慮して処方を検討しております。喉や痰の状態に合わせて、喉の炎症を鎮め、潤いを与えて、痰をなめらかにする漢方薬などが効果的です。

◆さらさらの痰 粘りが強い痰1_12_3

◆かたまりのような痰 

◆黄緑やオレンジ色の痰

◆痰の臭いが気になる方

など、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

 

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

2_13「長引く咳・痰に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「咳・痰に漢方」new

~*~*~*~

 今日は、細かい雪が舞っていますが、穏やかな日です。東京から来られた業者さんが、新潟市周辺に、雪がなくてびっくりされていました。2週間雪かきに追われたり、荷物の配送の遅延連絡の対応に追われていたそうです。思いもよらない大雪の影響で、大変な思いをされている方が多い中で、不思議なくらい雪が降らない冬に驚いています。

2014年2月17日 (月)

疲れ目に漢方!パソコンや運転時に目薬で治らない!

 疲れ目が治らない方に、漢方薬が好評です。パソコンやスマホなど、仕事以外にもプライベートでも目を酷使している方が多く、ドライアイや眼精疲労が慢性的になっている方が多いです。目薬などを使われたり、スチームをあてたり、工夫されているようですが、思うような改善が見られない方に漢方薬が好評です。

2_8_2  目が疲れる

 ショボショボする

 かすむ

 目が乾く(ドライアイ)

 明るいところに出ると、まぶしい

 目が充血しやすい

などの症状に、体質に合わせた漢方薬が効果的です。

1_8  目の疲れの原因は、漢方では、「肝(肝臓だけではなく、気の巡りなど感情や自律神経系など体全体のバランスを整える働きのこと)」の失調と考えます。また、腎の機能の衰えによっても、目がかすんだりする事があります。目を使うと、目の栄養となる血液が消耗され、目の栄養が不足して、疲れ目や目の乾燥を感じるようになります。この状態が慢性的に続くと、眼精疲労やドライアイの症状を自覚するようになり、肩こりや頭痛も伴う方が多くなります。集中力が低下したり、イライラしやすくなる方のご相談も多いです。

 疲労やストレスの蓄積などにより、肝や腎の機能が低下することがあります。この機能を整える漢方薬などが効果的です。目の疲れやドライアイなどの症状や体質に合わせて、肝や腎の機能を整える漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」new

2014年2月14日 (金)

軟便が続いて治らない方に、腸を健康に整える漢方薬

 便が軟らかい、残便感が気になる、整腸剤を飲んでも治らない方は、腸の働きのバランスが乱れていると考えられます。腸の働きが乱れている原因に合わせた体質改善の漢方薬の服用により、症状が改善される方が多いです。一人ひとりの体質に合わせた処方が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

Ky22_07軟便や下痢の原因として、

◆冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎ

◆不規則な生活やバランスの悪い食事

◆ノロウイルスなどによる感染症による胃腸炎Ky22_11_2

◆ストレスが多い、ストレスに敏感な方

◆サプリメントや健康食品による場合

◆体が冷える環境にいる時間が長い方、冷え症で体が慢性的に冷えている方

などが考えられます。感染性の胃腸炎や食事などによる場合には、一時的な症状で改善される場合が多いですが、軟便がいつまでも続く方や繰り返す方は、重篤な疾患が原因となっている場合もありますので、受診されることをお奨めします。

 便の状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、続けやすいと好評です。Ky22_09_3

 
漢方では、軟便の原因となっている体質を改善することを考えます。

◆ストレスや緊張などによって、軟便や腹痛が起こりやすい方

◆食事や生活習慣などにより、お腹が冷えている方

◆もともとお腹を壊しやすく、軟便や腹痛を起こしやすい方

など一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「慢性の下痢、軟便を漢方で改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「慢性の下痢と軟便に漢方」new

3_6 ~*~*~*~*~*~

 関東の方では、雪のようですね。先日用事で出かけた時は、とてもよいお天気で、新潟へ戻ったら、一面雪景色でした。今日は、こちらは、青空ではありませんが、雪も降らず、路面もからりと乾いています。1_9

2014年2月12日 (水)

頭皮にきびの膿が痛い

 頭皮にきびが痛い、ステロイドを中止したい方に、漢方薬が好評です。頭皮の新陳代謝を活発にし、頭皮にきびの炎症を鎮める漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky40_10

 顔や胸と同じように、頭皮は、「脂漏部位」と言われ、皮脂の分泌が盛んな部分ですので、皮脂を栄養とするアクネ菌(にきびの原因菌)が繁殖しやすいです。気になって、手で触ったり、潰したり、それにより雑菌が繁殖して、更に悪化させてしまう方がいらっしゃいます。頭皮の炎症やつまりにより、脱毛の原因となる場合もあります。

 頭皮の状態を体の中から整える漢方薬が効果的です。

 顔が脂っぽく、テカリやすい方は、頭皮もべたつきやすく、脂っぽい感じがするという方が多いです。頭皮は、顔よりも皮脂腺が多く、にきびができやすい部分です。Ky43_24

 頭皮にきびやべたつきが気になるからと、シャンプーの回数を増やしたりすることは、お勧めできません。適度に頭皮の汚れをよく落として、よくすすぐことが大切です。
 頭皮にきびの原因として、甘いものや脂っこい食事、肉類中心の食事や不規則な生活やストレスなども考えられます。食生活や生活習慣の見直しも大切ですが、ストレスに敏感な方には、体質改善の漢方薬と共にストレスを発散させる効果のある漢方薬の併用なども効果的です。2_9

 また、皮脂の分泌が多く、頭皮がべたつきやすい方には、皮脂の分泌を調節する漢方薬などが効果的です。

 頭皮のかゆみが気になる方、フケが多い方などのご相談も多いです。頭皮にきびの状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

2_15_2「頭皮のかゆみ、湿疹、フケに漢方」スマホサイト

3_15

PC用HPもご覧ください。

「頭皮のかゆみ、湿疹など多様な皮膚症状に漢方」

2014年2月 7日 (金)

子供の咳が続く、気管支炎が治らない方に漢方薬

 咳が続いている、気管支炎が治りにくい、繰り返すお子さんに、体質改善の漢方薬が好評です。自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしいので、好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。漢方薬は、生後2,3ヶ月のお子さんから服用できます。Ky16_32

 咳が続いていると、体力の消耗が激しく、ぐったり疲れてしまうお子さんが多いです。寝ている時に咳が出て寝苦しそうな姿を見ているのは、つらいものです。子供の気管支は、敏感ですので、なかなか治りにくく、通常の咳止めや気管支拡張剤などでも止まらない方には、咳の状態やお子さんの体質に合わせた漢方薬が効果的です。 

◇風邪をひいて、熱は下がっても、いつまでも咳や痰が続いている

◇風邪から喘息様気管支炎になりやすく、なかなか治らないKy16_27_2

◇咳が激しく、吐くことがある

◇夜になると咳が激しくて、寝つきが悪い、眠りが浅い

という子供さんの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 子供は、抵抗力が弱く、風邪などの感染症にかかりやすく、また、気管の発達も未熟ですので、風邪などの感染症や喘息症状以外に、寒暖の差や湿度の差、ホコリ等でも気管支炎を起こしやすいです。Ky18_12_2_5

 ゴホン、ゴホンと痰のからむ湿った咳とコンコンと乾いた感じの咳が多いです。咳の状態や体力の有無など、お子さんのその時の体調に合わせた漢方薬が効果的です。咳が長引くと、体力の消耗が激しく、食欲が低下したり、日常もぐったりとして、元気がないお子さんもいらしゃいます。

◆湿った咳には、喉や気管支のゼロゼロした痰を取り除く漢方薬

◆乾いた咳には、喉や気管支に潤いを与えて、咳を鎮める漢方薬Ky18_12_2_8

◆咳が激しく、背中や胸、お腹に、痛みを感じているお子さんには、痛みを和らげて、咳を鎮める漢方薬

◆夜、布団に入ると、激しい咳で寝付けないお子さんには、夜の咳に対応した漢方薬

◆咳によって、食欲や体力が低下しているお子さんには、体調を整える漢方薬を併用する

など、お子さん一人ひとりの咳症状やその時の体調に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。1_10_23_6_2

「子供の漢方」スマホ用サイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「子供に多い病気のための漢方」

 

2014年2月 6日 (木)

疲れやすい、疲れが取れない時には漢方を

 朝起きた時に疲れが取れていない、疲れやすい、やる気が出ない症状は、ストレスや疲労の蓄積などによる場合が多いです。栄養剤やサプリメントなどを試している方もいらっしゃるようですが、思うような改善がみられない方に、体調を整える漢方薬が好評です。一人ひとりの体質に合わせた漢方薬は、体にやさしく作用します。Ky14_14

◇疲れやすく、なかなか疲れが取れない

◇体がだるい感じがする 体が重い

◇疲れて、思考力が低下する

Ky14_25◇なんとなくやる気が出ない 

◇日中に眠気が起こる

などの症状は、ストレスや疲労の蓄積によって起こったり、老化も原因の一つと考えられますが、重篤な疾患が原因となっている場合もありますので、症状が長引く方は、受診されることをお奨めします。

2_16_2

 特に異常が認められず、ゆっくりと休息を取っても疲れが取れた感じがしない、上記のような症状が続いているという方に、漢方薬が効果的です。

 このような症状に、補剤と呼ばれる漢方薬を中心として、症状や体質に合わせて処方します。補剤は、体に不足したエネルギーを補う効果のある漢方薬と考えて頂きますとわかりやすいと思います。この不足したエネルギーも人それぞれ異なります。

4_12_2 胃腸の不調を伴う方、気力がわかない方、皮膚の乾燥や肌荒れを伴う方、じわっと嫌な感じの汗が出る方、ストレスが多い方、周囲に気を使って疲れてしまう方など

 不足または、消耗しやすいエネルギーや体質は、一人ひとり異なりますので、その違いに合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「疲労倦怠感、体調不良を体質改善の漢方で」

☆新しいHPを作成中です。

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群」new

 ~*~*~ほのぼの漢方診療日記~*~*~

 今朝も寒かったですね。昨日は、新潟市(南区)の最低気温が、マイナス5度でした。昨日の朝、クリニック内の流し台に、氷の柱が出来ていました。水道から、ポタポタと落ちていた水滴が、凍って、柱状に上に伸びてきていたようです。 

2014年2月 4日 (火)

多嚢胞性卵巣症候群に漢方!!新潟の不妊に悩む方に

 多嚢胞性卵巣症候群で不妊に悩む方に、漢方薬による体質改善が好評です。排卵に支障が出やすく、妊娠しにくい方のご相談が多いです。不妊治療と並行して服用されている方も多いです。 Ky63_20_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 多嚢胞性卵巣症候群は、はっきりとした原因がわかっていないようですが、卵巣の表面が肥厚して、排卵が起こりにくく、排卵されない卵胞によって卵巣が多嚢胞化している状態です。月経不順や無月経、多量の生理出血、激しい生理痛、不妊に悩む方のご相談が多いです。

【体質に合わせた漢方薬で多嚢胞性卵巣を改善!!】Ky55_12_2

 漢方の考え方では、多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣の周りに、汚れた血液や水分など(漢方では、痰湿や瘀血といいます)がこびりついて起こると考えられます。それらを取り除いて、自然に排卵しやすいように整えることが大切です。

 生理が数か月に1回しか起こらない方、生理出血が激しい方、排卵が起こりにくいために、不妊治療が進まない方など様々ですが、体質に合わせた漢方薬の服用により、症状の改善がみられる方が多いです。

 症状の改善がみられるまでに、一定の期間を必要とする場合が多いですが、少しずつ改善がみられる方が多いです。先日も、多膿疱性卵巣が改善され、めでたく妊娠に至った方から、ご報告のお電話をいただきました^^5_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「月経不順、周期の乱れ、月経困難症を漢方で」

「月経と漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「生理痛・生理不順に漢方」new

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣に漢方」new

~*~*~*~

 今日は、朝から雪が舞っています。降るというほどではないくらい少ない降り方ですが、やっと新潟の冬らしい感じになってきました。

2014年2月 1日 (土)

つま先が冷えて痛い、しびれる時の漢方薬

 つま先が冷えて、痛い、しびれる方のご相談が多くなっています。症状が激しい方は、痛みやしびれを感じたり、しもやけになったりします。厚めの靴下を履いたり、靴下の重ね履きをしたりと工夫されている方が多いようですが、それでも冷える、しもやけができる方に漢方薬が好評です。Ky25_20_2_3

 つま先は、心臓から遠く、血行が悪くなりやすいです。そして、第2の心臓ともよばれるふくらはぎは、血液を心臓へ戻すポンプの役割をはたしています。このふくらはぎの部分の筋肉の低下なども血行が悪くなる原因の一つと考えられます。Ky60_04_3



 つま先の冷えに処方する漢方薬には、血行を改善する漢方薬が中心となりますが、いくつも種類があり、冷えの症状の差だけでなく、男女差、年齢や体質を考慮した処方が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 今年は、心配するほど雪の日が少ないですが、新潟は気温が低いですので、つま先の冷えやしもやけに悩む方が多いです。

3_5

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「冷え症を漢方で改善」

「新潟の漢方内科による冷え症のお話」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「冷え症に漢方」new

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »