カテゴリー

« 鼻からの胃カメラで胃がん検診体験!! | トップページ | 歯茎が腫れて痛い時、漢方が効果的! »

2014年1月 9日 (木)

漢方で更年期障害を楽に乗り切る

 のぼせやほてり、イライラなど更年期障害の症状は、女性ホルモンの減少から自律神経系のバランスが乱れることにより起こると考えられます。このような症状の改善に女性ホルモンのバランスを整える漢方薬がお奨めです。一人ひとりの更年期症状に合わせた漢方薬の服用により、体や心の不調が徐々に改善される方が多いです。

A307_056 新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、続けやすいと好評です。

 のぼせやほてり、だるさや動悸など体の不調やイライラや気分の落ち込みなど心の不調に悩む方がいらっしゃいます。

 のぼせる、汗が噴き出す、ほてる、動悸がする、めまい、ふらつき、肥満、やせ

 頭痛、偏頭痛、肩こり、腰痛、手足のしびれや関節痛

 A307_075_2イライラ、不安、うつうつした気分が続く、不眠、やる気が出ない

 
 生理不順や生理に伴う症状(PMSなど)、胸の張り、冷え

 食欲不振、胸やけ、口の中や喉の渇き

 皮膚のかゆみ、抜け毛や薄毛

など様々ですが、本人にしかわからない症状が多く、周囲の理解を得られずに、辛い思いをされている方が多いようです。

 このような更年期障害の症状に漢方薬が効果的です。女性ホルモンのバランスを整え、身心の不調を整える漢方薬の服用により、更年期障害の症状が改善される方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

 また、更年期症状が出やすい40代50代の方は、他の疾患による症状も起こりやすい年齢になりますので、定期的な健診や検査を受けられることをお勧めします。

1

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「更年期症状に漢方」

男性更年期にも対応しております。

「男性更年期障害に漢方」

☆新しいHPを作成中です。

「更年期障害に漢方」new

« 鼻からの胃カメラで胃がん検診体験!! | トップページ | 歯茎が腫れて痛い時、漢方が効果的! »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

イライラ、落ち込み、ストレス」カテゴリの記事

.更年期」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢方で更年期障害を楽に乗り切る:

« 鼻からの胃カメラで胃がん検診体験!! | トップページ | 歯茎が腫れて痛い時、漢方が効果的! »