カテゴリー

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

年内の診療は、30日(月)12:30までです。

1  こちら南区にも雪が積もりました。新潟は縦に長い県ですので、山間部とは積雪量に差が大きいです。今晩の降り具合によって、どのくらい積もるかわかりませんが、遠方からお越しの方は、お気をつけてご来院ください。

 今年も多くの患者さんとお話をさせていただきました。症状も体質も様々、ストレスを抱えていらっしゃる方も多く、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行って参りました。来年もより多くの方のお力になれればと思っております。

 年内の診療は、明日30日(月)12:30となります。

 新年の診療は、1月6日(月)からとなります。

 皆様、良いお年をお迎えください。

                                       水戸部クリニック

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」new

2013年12月28日 (土)

膠原病の関節痛に漢方、ステロイドが中止できました。

 膠原病の関節痛、手の指の付け根から腕までの痛みやしびれ、冷感を始めとして、多様な症状に悩む方漢方薬が好評です。それぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、徐々に症状が軽減される方が多いです。 A307_062_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 膠原病の原因は、はっきりと特定されていませんが、自己免疫疾患によると言われています。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、症状が改善される方が多いです。

~*~*~*~

A307_057 ある患者さんは、肩や腕のしびれや痛み、ゆびさきのこわばりで、膠原病としての治療を受けられていましたが、症状の改善がみらないので、漢方で楽になればと受診されました。

 「難しい疾患ですので、どこまで改善できるかは、なんとも言えませんが、体質改善を中心に考えましょう。」とお話して、漢方薬を処方しました。症状の改善、停滞を繰り返したりしながら、この方に合わせた処方を工夫しました。辛抱強く通院されました。

 10か月ほど経過した頃に、症状がほとんど感じなくなっていることに気付かれたそうで、一時漢方薬を休薬されたそうです。その後、受診されまして、

 「調子がよいので、ちょっと飲むのを止めてみたんです。2週間くらい飲まずにいたら、またズキズキ痛みだして、慌てて受診しました。」

 その後は、1日にも欠かさず服用されていらっしゃいます。膠原病の先生から、症状が改善されたので、ステロイド剤を止めてもよいと言われたそうです。

 膠原病は、多様な症状が現れている方が多く、体質改善と共に、症状の改善を目的とした漢方薬を処方しておりますが、非常に難航する場合が多いです。少しでも症状が改善されるように、漢方薬の組み合わせを検討しております。

Photo 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を・新潟の水戸部クリニック」

2013年12月26日 (木)

子供の乾燥肌に漢方、ステロイドを使いたくない方に

 子供の乾燥肌、保湿剤を塗ってもカサカサしている、かゆくて血が出るまで掻く、ステロイドは使いたくない方に、皮膚に潤いを与える漢方薬が、効果的です。

 漢方薬は、生後2,3か月のお子さんから服用できます。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

Ky56_30_2◇カサカサしてかゆい

◇白く粉をふいたようになる

◇ひじやひざの裏側がかゆくなる

◇皮膚全体がゴワゴワと硬くなる

◇血が出るまで掻いて、傷になる

◇ブツブツとした湿疹が出る

◇保湿剤やクリームを塗ってもすぐに乾いてしまう

◇ステロイド剤は使いたくない

などのご相談が多いです。

 赤ちゃんの皮膚はとても薄く、生後すぐは、皮脂の分泌が盛んですので、脂漏性湿疹を気にされる親御さんが多いです。そして、1歳頃から10歳頃になりますと、皮脂の分泌が少なくなり、常に乾燥状態になっています。皮膚も薄く、バリア機能が未熟ですので、空気の乾燥や刺激に弱く、カサカサしたり、湿疹などの皮膚炎をおこしやすいです。

 このようなお肌に潤いを与え、皮膚の炎症を鎮める漢方薬などが効果的です。皮膚のバリア機能を高める漢方薬の服用により、お肌の状態が改善されるだけでなく、お子さんが風邪をひきにくくなったり、以前よりも丈夫になりましたと言われる親御さんが多いです。

 お子さんの皮膚の状態や体質に合わせた漢方薬は、自然の生薬から作られていますので、体に優しいです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「赤ちゃん、子供の乾燥肌に漢方」スマホ用サイト

 

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「赤ちゃん、子供の乾燥肌に体質改善の漢方」

2013年12月24日 (火)

夜中に目が覚める!ストレス?原因に合わせた漢方でやさしい眠りを

 寝つきは、よくてすぐに眠れるのに、夜中に目が覚めて眠れない、朝早く目が覚めて寝付けない、という悩みに自然な眠りにつけるように体調を整える漢方薬が好評です。このような中途覚醒、早期覚醒などと呼ばれる症状には、不眠の原因や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky53_04_3

 不眠の原因としては、不安やストレス、ショックなどや疲労の蓄積、年齢による場合など様々ですが、漢方の考え方では、「陰」と「陽」の働きが乱れて起こると考えます。自律神経の働きのバランスの乱れと考えていただくとわかりやすいかもしれません。

 日中は、「陽気」が活発に働き意識がはっきりとして、眠気は起こりにくいです。夜になると、「陰気」が活発になり、意識が穏やかに鎮まり、眠くなると考えます。このように、陰陽のバランスが整っていますと、夜になると自然に眠気が起こり、眠れます。4

 この陰陽のバランスが乱れて、夜に活発に働く「陰気」が弱まり、昼間に活発に働くはずの「陽気」が早く働いて、中途覚醒は、起こると考えられます。このような症状に、陰陽バランスを整える漢方薬などが効果的です。通常の睡眠薬とは異なり、漢方薬による眠気やだるさは起こりませんので、好評です。

 不眠の症状や原因となる体質に合わせた処方になります。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

1「不眠症・睡眠障害に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「不眠症に体質改善の漢方」

 クリスマスイブですね。新潟県内は、雪の予報になっていますが、あられがパラパラ、雪にはなりそうもありません(^-^;

2013年12月21日 (土)

ノロウイルスの下痢に下痢止めが効かない時は、漢方!

 ノロウイルスの下痢症状が激しい時、通常の下痢止めでは、止まらない、トイレが間に合わない状態でとても辛い方に漢方薬が好評です。吐き気も伴って、水分も食事も摂れずに、ぐったりして受診される方が多いです。このような状態には、体力を上げて、下痢症状を皆改善する漢方薬が効果的です。一人ひとりの症状や体質に合わせた処方になります。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。A306_129_2

 漢方では、吐き気や下痢の状態を体の中で、水分代謝のアンバランスが起こっている状態(水毒 すいどく)と考えます。吐き気や下痢の状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 例えば

◇嘔吐が止まらない方Ky22_18

◇吐き気のみの方

◇なんとなく胃の辺りがムカムカして気持ち悪い方

◇下痢が激しい方

◇形がなくほとんど水下痢の方

◇発熱を伴う方

など、吐き気や下痢の症状に細やかに対応しているのが漢方薬です。漢方薬は、ノロウイルスやロタウイルスによる感染性胃腸炎による水分代謝のアンバランスを改善し、免疫力を高めますので、改善が早い方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。3_2

「風邪による嘔吐、下痢を早く止めたい方に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「吐き下しの風邪」new

【ノロウイルスの予防】

ノロウイルスは、感染力が強いですので、ご家族の方に、吐き気や下痢の症状が現れた時は、その方の嘔吐物や糞便の中に大量のウイルスが存在しています。そして、乾燥するとウイルスが、空気中に漂いますので、使い捨てのマスクをして、直接手で触れないように、使い捨ての手袋などで速やかに処理されることをお勧め致します。

 汚れた布団や衣類は、汚れが広がらないように、取り去って、他の洗濯物とは別にして洗濯されることをお勧め致します。乾燥機やアイロンを使用されますと更に効果的です。

 【ノロウイルスの検査について】

 ノロウイルスの検査は、下記の患者さん以外は、健康保険での検査が認められていません。ご都合で、確定診断の必要がある方は、自費で所定の検査機関で受けることが可能です。検査方法によって、数千円~2万円くらいになるようです。

 【ノロウイルス検査の保険適用が該当する方】2_1_2

 3歳未満の方

 65歳以上の方

 悪性腫瘍の診断が確定している方

 臓器移植後の方

 抗悪性腫瘍剤、免疫抑制剤、又は、免疫抑制効果のある薬剤を服用中の方

上記以外の方は、健康保険検査の対象外となります。

2013年12月18日 (水)

冬の肌荒れ、ニキビにスキンケア漢方

 冬の肌荒れ、ニキビケアに漢方薬が好評です。お肌は乾燥してカサカサしているのに、脂っぽいにきびが治らない、かゆい、乾燥して痛いなどのご相談が多くなります。

 このような方に、体の中からお肌を美しく整える漢方薬が好評です。肌質の違いやにきびなど皮膚炎の状態に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky26_08_2

 冬になると、空気の乾燥に加え、皮膚表面のバリア機能を高めるために、角質が厚くなります。これが、古くなって毛穴に詰まったり、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の邪魔をしますので、肌荒れやニキビが悪化する原因となります。

 そして、冬の寒さで、皮膚表面の血流が悪くなりますので、お肌に栄養を届けたり、老廃物を取り込む力も低下してしまいます。

 このような状態の方には、皮膚表面の血流を改善する漢方薬などが効果的です。肌質や肌荒れの状態に合わせた処方が効果的です。医師の処方による漢方薬は、通常のお薬と同じように、健康保険が適用になります。

4_2

「新潟のにきび治療の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「にきび、吹き出物治療に漢方」

「大人にきびに漢方」

【乾燥にきびのスキンケア】

 お肌の乾燥が気になる方で、肌荒れやニキビが出来る方は、保湿のために、油分の含まれた化粧品を使用されますと、その油分がアクネ菌(ニキビの原因菌)などの栄養となり、治りにくい原因の一つとなりますので、油分を含まない保湿化粧品を使用されることをお奨め致します。

 また、皮膚表面に、古くなった角質が残っている状態で、保湿化粧品を使用されても、保湿成分が届きにくくなっていますので、ピーリング効果のある洗顔や化粧水で、古くなった角質を落としてから、保湿化粧品をつけられますと、より効果的です。

 水戸部クリニックでは、肌質に合わせた病院限定の機能性化粧品をご紹介しております。皮膚の状態に合わせた化粧品で皮膚表面のケアと漢方薬による体の中から整えるスキンケアが効果的です。Cosme

 ~*~*~*~

 今日の南区は、曇っていますが、長岡から受診された方のお話ですと、先日の雪が少し残っているようです。こちらは、1センチくらい積もったくらいでしたので、跡形もなく溶けてしまっています。

2013年12月16日 (月)

鼻水が水っぽく止まらない、アレルギー薬が効かない時は漢方で、スッキリ!!

 水っぽい鼻水が止まらない、抗アレルギー薬が効かない方に、漢方薬が好評です。鼻炎症状に即効することが多く、副作用による眠気が起こらないので、人気です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

【水分代謝を改善し、垂れてくる鼻水を改善する漢方】Ky16_34

 漢方では、体に余分な水分が体に余っている状態(水毒)と考えます。そして体の中に冷えがある状態であると考えられます。そして、その水分が、鼻水となって、排泄されている状態と考えることができます。

 例えば、寒いところに長時間いると、鼻水が出てくることがありますよね。体が冷えてくることによって、水っぽい鼻水が出てきます。このように、体の中に冷えがあると、水っぽい鼻水となって出てくることがあります。

 体に余分な水分が余る原因は、胃腸の機能が弱っていたり、体の冷えなどにより、水分代謝に滞りを生じている場合が多いです。1_2_2

 風邪による鼻水、アレルギー性鼻炎による鼻水に、体質改善の漢方薬が効果的です。鼻水の症状や体質に合わせた処方になります。通常の抗ヒスタミン薬とは異なり、眠くなったり、口が渇いたりするなどの副作用が起こりませんので、車の運転をされる方にも好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「アレルギー性鼻炎や風邪に漢方」スマホサイト

2_2

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「アレルギー性鼻炎を漢方で改善」

 

【鼻水が出ている時は、体を温める工夫を】

 水っぽい鼻水が出ている時は、漢方薬の服用と共に、体を温める工夫をされるとよいでしょう。

 靴下の重ね履きや厚着をされることなどもよいですが、体を温める食品の摂取も大切です。

 体を温める食品は、

 もち米、麩(ふ)、鶏肉、羊肉、にんじん、玉ねぎ、大根、かぼちゃ、れんこん、ごぼう、かぶ、にんにく、ねぎ、にら5_1

などがあります。おいしい和食の献立が浮かびます。

 3_3油では、ゴマ油が温性です。

 甘味は、黒砂糖や水あめが温性です。

 日本人の体質には、和食が合っていますので、お奨めです。無形文化遺産登録されましたね。和食離れが進んでいると言われます。積極的に摂りたいものです。

2013年12月13日 (金)

冬の温熱じんましんは治らない?漢方薬が効果的です

Photo  温熱じんましんの症状に悩む方の受診が増えています。冬ですね。昨日の新潟は、雪が舞っていました。屋根が薄らと白くなっています。

 温熱じんましんは、体が温まることで、皮膚に膨らみを生じて、痒みや赤みをともなう発疹が現われます。お風呂に入った後や暖房の温風やヒーターにあたったり、寒いところから、暖かいところへ移動した時、運動後に症状が現れることが多いですので、冬に多い症状です。体が急に温まったことが刺激になって、ヒスタミンが過剰に分泌されます。それによって、血管が広がり、皮膚が腫れて、赤くなったり、かゆみを伴うじんましんを起こします。

 手足や太もも、お腹や背中などに症状が出る事が多いです。最初は、チクチク、ピリピリとした痛みから始まって、膨疹が広がって、掻くと広がって、かゆみが増すことが多いです。

 一時的な症状で治る場合が多く、通常、抗ヒスタミン剤の服用やかゆみ止めのクリームなどを塗ることで、改善される場合が多いですが、中には、温熱じんましんの症状が取れない方、一度治っても再発を繰り返す方もいらっしゃいます。このような場合は、じんましんの症状の軽減と共に、温熱じんましんを起こしにくい体質に改善する漢方薬などが効果的です。漢方薬は、温熱じんましんの症状や体質に合わせた処方になります。細かな問診や診察により、その方に合わせた漢方薬を処方します。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「慢性じんましんや繰り返すじんましんに漢方」スマホ用サイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「じんましんを漢方で改善」

2013年12月11日 (水)

育児ストレス、イライラした時、体にやさしい漢方がママに人気です

 今日は、「育児ストレスと漢方」のお話です。

1_3  育児ストレスに悩むお母さんの受診が多くなっています。

 「わが子の誕生を心待ちにしていたのに、こんな気持ちになるなんて・・・」と涙ぐむお母さんもいらしゃいます。

 とても頑張り屋さんのお母さんに多く、家事も育児も一生懸命、夜泣きや疳の虫に振り回され、「夫が協力してくれないんです・・・。」わかりますよ。私も経験者ですから(笑)旦那さんも外での仕事で疲れて来ているんですよね。わかっていても、イライラして、つい当たってしまう・・・。

 「育児ストレス」による症状と気付いていない方、それを認めると母親失格と思っているお母さん、そんなことはありませんよ。育児中のお母さんであれば、ほとんどの方が一度は、不安やイライラを感じたことがあるでしょう。

Ky56_06 Ky56_26胃痛や腹痛が多い

 甘いものを食べ過ぎて太った

 過呼吸になる

 眠れない

 
3_1_2 上の子にあたってしまう

 無気力になる

 涙が止まらない

 円形脱毛症になった

などの症状に悩む方が多いです。周囲の理解が得られず、わがままやヒステリーなどと言われて、悩んでいる方に漢方薬が好評です。

 漢方では、不安やイライラの原因は、疲労の蓄積も大きな原因と考えます。毎日朝から夜中まで、気の休まる事なく頑張っていらっしゃるのですから、身心ともに疲れてしまうのは、当然の事と思います。

 不安やイライラなどは、気(目に見えませんが、元気の気と考えていただくとわかりやすいです。)の滞りや不足した状態として考え、育児による不安やイライラを発散させる効果のある漢方薬などを処方します。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

より詳しくは、PC用HP 「新潟の産後疲れ治療に漢方」をご覧ください。

「情緒不安定、イライラ、気分の浮き沈みに漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「育児ストレスに漢方」new

「産後の症状に漢方」new

~*~*~

 今日は、穏やかな日です。「新潟は、ホワイトクリスマスでしょう。うらやましいわ」とクリスマスカードを頂くことがあります。雪少なくて・・・(汗) 

2013年12月 9日 (月)

胃をつかまれるような痛み!検査異常なく薬効かない!

1_3 今日は、「胃をつかまれるような痛み」についてのお話です。

4  胃をギューッとつかまれるような痛み

 胃を絞られるような痛み

 痛みは、5分から10分くらいで治まったり、繰り返したりで、1~2時間くらい続いて治まる

 治まると、何事もなかったように、鎮まるので、忘れているが、月に何度か突然症状が再発する

などの症状に悩む方に漢方薬が好評です。

 胃の痛みの原因としては、胃痙攣などによる場合も考えられますが、胃炎や胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍などによる場合もありますので、症状が続いている方は、一度胃カメラを受ける事をお勧め致します。水戸部クリニックでは、胃内視鏡検査を行っております。従来通りの「口からの胃カメラ(経口内視鏡」と「鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)」を行っております。(予約制)

詳しくは、こちら「新潟の胃カメラ」PC用HP

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「鼻から口から選べる胃カメラ」new

 胃カメラなどの検査をされても特に異常が認められない場合には、漢方薬が効果的です。特に原因がわからない胃の急な痛みは、ストレスによることが多いと言われています。

 胃の急な痛みを繰り返す方には、体質に合わせた漢方薬が効果的です。ストレスや疲労の蓄積などによって、体のバランスが崩れることによって、急な胃の痛みを感じる方が多いようです。一人ひとりの体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「胃の症状に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「胃炎・胃痛に漢方」new

~ほのぼの白根弁の診療日記~

 今日の新潟はよいお天気です。放射冷却で、冷え込みが増していたようです。ある患者さんの血圧を測りながら、「さ~みいね。外がしみたったかいね。(寒いですね。外は、霜が降りていましたか)」と聞きましたら、

 「せんせー、としょりみて~な言葉つこうてる。(先生、お年寄りみたいな言葉を使いますね。」と笑われたそうです。

 新潟弁は、地域によって微妙に違いがあるようですが、使う年代によっても更に細かい差が生じているようです。この辺りですと、白根弁を使う方が多いですが、最近の若い方や子供たちは、あまり方言を使わないように思います。

2013年12月 5日 (木)

五十肩の痛みに漢方薬!!鎮痛剤が効かない方に

 五十肩の痛みが辛い、鎮痛剤が効かない方に、漢方薬が好評です。中高年の方に多い症状で、肩関節周囲炎が正式な病名です。肩関節の周囲の組織や筋肉が変化して炎症を起こして痛みが起こります。

 今日の新潟は、晴れ間がのぞいて穏やかですが、気温の低下が激しくなっていますので、肩の痛みが激しくなる方の受診が増えています。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Ky30_02

 肩が痛い

 腕が上がらない

 肩甲骨の辺りが痛む

 肩の炎症で熱を持っていて痛いKata

 寝返りが打てない

 肩から指先までしびれる 

などの症状に悩む方のご相談が多いです。

 五十肩の治療薬は、消炎鎮痛剤やステロイドホルモンなどが一般的ですが、思うような改善がみられない方が、漢方薬を希望されます。

 肩関節の炎症の状態や体質に合わせた漢方薬の服用が効果的です。体全体のバランスの乱れを整える漢方薬を体質に合わせて処方しております。足りないものは、補い、不足しているものを補い、虚弱になっている臓器の働きを整えることが大切です。肩関節の炎症を鎮め、血流改善の漢方薬などを体質に合わせて処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

3_15

「五十肩・肩関節周囲炎に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟の五十肩、肩関節周囲炎に漢方」

2013年12月 2日 (月)

貨幣状湿疹が完治した方、漢方治療中の方のお話

 Photo 貨幣状湿疹の方が受診されます。10円玉くらいから鶏卵くらいの大きさの円形や楕円状の湿疹が現れて、痒みが強いです。すねや脚に出る場合が多く、次第に腕や体に広がってくる場合が多いです。ジクジクとした滲出液が出て、乾いてかさぶたになってを繰り返す方が多いです。皮膚の乾燥やアレルギー体質などが原因ではないかと言われていますが、なかなか改善が見られない方が多いようです。また、一時症状が落ち着いても、また繰り返すことが多いですので、漢方薬による体質改善が効果的です。

 貨幣状湿疹の症状や体全体のバランスの乱れを整える漢方薬などによって、症状の改善がみられる方が多いです。体質改善されるまでには、時間がかかりますし、症状が改善したり、症状が激しくなったりを繰り返す場合もありますが、少しずつ症状が改善される方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「治りにくい皮膚症状に体質改善の漢方」スマホサイト

PC用HPはコチラ「体質改善の漢方で皮膚炎改善!!」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 先日受診された方は、両下肢に貨幣状湿疹が出ていました。体質に合わせた漢方薬により、一時皮膚の生まれ変わりが活発になり、ジクジクした滲出液が出てきたり、湿疹が盛り上がったような状態になったりを繰り返しながら、少しずつ湿疹が薄くなり、痒みも楽になってきています。そろそろ治療終了となりそうです。

 ~*~*~*~*~ほのぼの漢方診療日記~*~*~*~*~*~

 今日の新潟は穏やかな日です。今日のような日は、国道8号線沿いの田んぼで、えさをついばんでいる白鳥の群れを見る事ができると思います。早朝には、群れで飛んで来る姿を、夕暮れ時は、瓢湖へ飛んで帰る群れを見かけることがあります。ちょうど信号まで遠く、スピードを出している車が多い場所なので、車を止めて眺めたり、写真を撮ったりできないのが残念です。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »