カテゴリー

« 顎にきびが治らない、膿やしこりに漢方 | トップページ | 介護トラブル、介護を受ける人のイライラに困っています。 »

2013年11月 5日 (火)

背中のほてりで不眠

 背中や胸などのほてりで、体が熱くて眠れないという方が多いです。秋になって湿度が低下していますので、皮膚も乾燥気味になり、余計にほてりを感じる方が多いようです。

◇夜になると背中がほてって、眠れないA307_032_2

◇背中にカイロをあてているように熱い

◇足元から押し寄せるように熱が上がってくる

などのご相談を受け付けております。このような症状は、漢方では、腎虚による症状と考えられる場合が多いです。

 腎虚とは、西洋医学での腎臓とは異なり、生命エネルギーを蓄えたり、生殖機能、泌尿器系の機能の調節を整える働きをしていますので、腎系のバランスが乱れると(腎虚)、頻尿、手足のむくみやほてり、だるさ、耳鳴り、精力減退などの症状となって現れます。

 このような症状は、ご高齢の方に多い症状と思われていますが、最近は、若い方にも増えています。過労や疲労の蓄積によって、腎虚に陥る場合もあります。(若腎虚)

 このような腎虚の状態を整える漢方薬の服用により、背中のほてりや他の不快症状も改善される方が多いです。漢方薬は、健康保険が適用になります。20130914191258_2

PC用HPはこちら

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」new

« 顎にきびが治らない、膿やしこりに漢方 | トップページ | 介護トラブル、介護を受ける人のイライラに困っています。 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

ほてりに漢方」カテゴリの記事

不眠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背中のほてりで不眠:

« 顎にきびが治らない、膿やしこりに漢方 | トップページ | 介護トラブル、介護を受ける人のイライラに困っています。 »