カテゴリー

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

瞼が痙攣、ぴくぴくする!原因に合わせた対処法

 Ky20_06jpg1
 瞼のけいれん、ぴくぴくが気になる方に原因や体質に合わせた漢方薬が効果的です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 瞼がぴくぴく痙攣する

 瞼がチクチクするなどの症状に悩む方の受診が多いです。

 片目だけの方、両目の瞼が痙攣する方もいらしゃいます。原因としては、ドライアイによる場合や疲労やストレスなどが考えられます。

2_1◇パソコンなどの使用によりまばたきの回数が少ないなどが原因となる眼の乾燥、ドライアイ

◇老化や疲労などによる眼の潤い不足

◇ストレスや極度の緊張による瞼の周辺の筋肉のけいれん

◇小児のチック症状

 加齢やパソコンなどの使用などによる眼の粘膜の潤い不足が原因となっている場合には、眼の粘膜に潤いを与える漢方薬などが効果的です。

 ストレスや極度の緊張などが原因と考えられる方には、ストレスや緊張に対応した漢方薬

 疲れが原因と考えられる方は、慢性的な疲労を改善する効果のある漢方薬などが効果的です。小児のチック症状にも対応しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「ストレスや精神的な悩みに漢方」スマホサイト

「目の周りの症状に漢方」スマホサイト

 

PC用HPもご覧ください。

「こんな症状に漢方・ストレスや精神的な悩みに」

「目の周りの湿疹、かゆみ、かぶれ、乾燥など」

2013年11月27日 (水)

足がほてって眠れないのは、冷えや血のめぐりが悪いから?!

 足がほてって、熱くて眠れない、日中は、それほど気にならないが、夜になると足先がほてって、布団から出すという症状は、熱を持って熱い場合もありますが、血のめぐりが悪く冷えていることによって感じるほてりの場合があります。足のほてりの原因の一つに、「冷えなどによる血流障害」が考えられます。

足のほてりの症状は、Ky29_06_3

 
◇足が熱くて、眠れない、イライラする

◇足がほてって、ヒリヒリする

◇足がカーッと熱い、布団から出す

などが多いです。

 「ほてって、熱いのに、冷え?」と思う方が多いと思いますが、東洋医学では、「寒極まれば熱を生じ」という考え方があります。足は、心臓から遠く、重力の影響もありますので、足の血流は、滞りやすくなります。それに気温の低下などにより体が冷えると、血管が縮こまって、更に血行が悪くなります。そのために、血流が滞ってしまうと、熱を帯びてしまいます。

 入浴時に脚のマッサージを行うなどで血流の改善をされることも効果的ですが、熱いからといって、冷やしてしまうと、更に熱感やほてりが増すことがあります。Ky43_08_2

 他に、足のほてりの原因として考えられるのは、疲労やストレスなどによる自律神経のバランスの乱れや更年期によるホルモンバランスの乱れなども考えられます。

 このような症状の改善には、体質に合わせた漢方薬が効果的です。足のほてりや体全体のバランスの乱れを整える漢方薬の服用により、足のほてりや熱感や他の部分の不調も改善される方が多いです。同じような症状を感じている方でも原因となる体質は、それぞれ異なりますので、診察により体質や症状に合わせた漢方薬を服用されることをお奨め致します。

 新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

1_2_2

PC用HPもご覧ください。

「冷え症に漢方」

「新潟の漢方内科による冷え症のお話」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「冷え症に漢方」new

 ~*~*~*~*~*~

 今日の新潟は、穏やかな日でした。冬の新潟には珍しい青空が広がっていました。こんな日が続くとよいのですが、また明日から下り坂のようです。

2013年11月25日 (月)

つま先がしびれて、痛い、冷える!漢方で血流改善^^しもやけにも

 つま先のしびれや痛みの原因としては、冷えなどによる血行障害などが考えられます。他に、糖尿病による血行障害や関節炎による場合、ハイヒールやランニング、登山などつま先に力がかかる歩き方などが原因となっている場合も考えられます。Ky25_03

 つま先の血流を改善したり、炎症を鎮める漢方薬が効果的です。一人ひとりの炎症の状態や体質に合わせた漢方薬の服用により、つま先の痛みやしびれが改善される方が多いです。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

 冷えにより、つま先の血管が縮こまって、血の巡りが悪くなることなどにより、痛みやしびれを感じる場合が多いです。このような症状に、つま先の血行を改善し、温める効果のある漢方薬などが効果的です。つま先の痛みやしびれを感じる時や体質などに合わせた漢方薬が好評です。Ky25_20_2_2

「痛み・関節痛などを漢方で改善」スマホ用サイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「こんな症状に漢方」

 ~*~*~*~*~*~

 毎月受診されている患者さんのお話です。Ky24_08_3

 「2週間くらい前からだと思いますが、歩くと片方の足のつま先にツーンと痛みが走って辛いです。なんとかならないでしょうか。」とのご相談がありました。このようなご相談を受ける事が多い季節になりました。新潟の冬は、冷え込みが厳しいですので、関節の痛みに悩む方には、これからますます辛い季節になります。
 水戸部クリニックでは、漢方と共に、必要に応じて温熱療法も行っておりますが、この方にもつま先の血行を改善するツボに温熱療法を致しました。ほんの数分で、つま先の痛みを感じなくなり、びっくりされていました。

2013年11月21日 (木)

繰り返す下痢、腹痛は過敏性大腸症候群!?

 Photo今朝の新潟地域では、竜巻警報が、何度も発令されていました。雨や風が強くなったり、晴れ間が覗いたり、不安定なお天気です。

 「こんな天気の日は、虹が出るよね~。」とクリニックの看護師が外へ見に行きました。うっすらとでしたが、本当に虹が出ていましたので、写真を撮りました。お隣さんの屋根と木の間に虹が見えます。

 今日は、過敏性大腸症候群のお話です。

 
 下痢を繰り返す、下痢と便秘を繰り返す方で、検査等をされても、腸に特に異常が認められない場合は、過敏性大腸症候群(IBS)の可能性があります。緊張やストレスを感じると、下痢になったり、便秘になったり、腹痛やお腹の張り、ガスがたまるなどの症状を繰り返す事が多いです。

 強いストレスや緊張を感じると、大腸のぜんどう運動の働きを調節している自律神経のバランスが乱れることで、腸の働きもバランスを崩して、下痢や便秘、ガスが溜まったり、腹痛を起こしたりします。最近の研究で、腸に脳の中にある神経伝達物質であるセロトニンが多く存在することがわかってきています。「腸は第2の脳」とも呼ばれますが、脳が腸から進化したものであることがわかってきています。

 過敏性大腸症候群の症状としては、

 下痢を繰り返す

 下痢と便秘を繰り返す

 腹痛を伴う下痢や便秘が多い

 お腹が張ったり、ガスが溜まることが多い

などの症状が多く、繊細で几帳面な方に多いです。通勤や通学の途中で急にお腹が痛くなる方やお腹の調子が気になって仕事や日常生活に支障を来たしている方も多いです。

 このような過敏性大腸症候群の症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 腸の働きを整えることも大切ですが、緊張やストレスを発散させる効果もある漢方薬などが効果的です。一人ひとりの症状や体質に合わせた処方になります。医師の処方による漢方薬は、通常のお薬と同じように健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HP「過敏性大腸症候群を体質改善の漢方で」をご覧ください。

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「過敏性大腸症候群」new

2013年11月20日 (水)

朝、調子が悪い

 午前中に調子が悪い、体がだるくて、動けない、調子が悪い、午後になると元気になる症状は、貧血や起立性調整障害などが考えれられますが、特に異常が認められない場合は、自律神経系のバランスの乱れたり、エネルギー不足などが原因となっている場合があります。このような症状に体質改善の漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。A307_069

 自律神経系のバランスが乱れた原因として、疲労の蓄積やストレス、虚弱体質などが原因となっている場合などが考えられます。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、体調が整う方が多いです。

 体を温めたり、活発に活動するエネルギーが不足している方に多く、手足が冷たい、下半身が冷えやすい、脚や腰が冷えて痛みやすい方に多く、午前中は、体が温まってくるまで、体全体の働きも鈍く、血行も悪いので、頭がボーっとしたり、頭痛や頭重感、体のだるさなど多様な症状で、動けない方が多いです。Ky14_14

 このような症状の方に、体を温め、血の巡りを改善する漢方薬などが効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。 

PC用HPはこちら「疲労倦怠感・体調不良を漢方で」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群」new

 ~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 気温が低くなってから、「午前中は、足が重いようなだるいような感じがして、起きるのがやっとです。お昼頃になって、少し足が楽になって、体も動きやすくなりますが、また翌朝になると動きたくないような感じに戻ってしまいます。」

 確かに、急激に寒くなりました。夕べは、雷が鳴り響いて、あられやみぞれ混じりの雨が降っていました。新潟の冬本番ですね。

 血のめぐりが悪く、冷えもあり、朝元気に動けるエネルギーが不足している状態の方でしたので、血流を改善して体調を整える漢方薬を処方しました。Ky63_15

 2週間後、「体がポカポカして、今までの私はなんだったんだろうって思います。もう少し続けたいと思います。」

 貧血の方は、鉄剤の服用や漢方薬による治療も効果的です。

。過去ログ「貧血で鉄剤が苦手な方に漢方」

 起立性調節障害の過去ログはコチラ

「子供のめまいや立ちくらみ・起立性調節障害に漢方」 1_3

PC用HPはこちら「疲労倦怠感・体調不良を漢方で」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群」new

2013年11月19日 (火)

おりものが多い、検査異常なしは、ホルモンバランスを整える漢方

 おりものの異常が気になる方に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が効果的です。正常なおりものは、無色から少し白味がかった透明で、少し粘りがあり、指でつまんで引っ張ると、すーっと伸びます。

 おりものの状態が正常な状態とは異なると感じている方は、婦人科系の病気が原因となっている場合も考えられますので、一度婦人科を受診されることをお勧め致します。検査をしても異常が認められないのに、下記のような症状に悩む方に漢方薬が好評です。異常なおりものが出る事を漢方では、「帯下病」といいます。

◆薄くて水っぽいおりものが多量に流れるように出るKy54_08_3

◆おりものの色が、くすんでいる

◆わずかに赤み帯びていることが多い

◆おりものが極端に少ない ぼてっとした濃いおりものが出る、

などの症状に漢方薬は、対応しています。おりものの状態や年齢、体質に合わせた漢方薬が効果的です。

※黄色くて粘りが強い、臭いがある、赤紫色や茶褐色など血液のような色や悪臭があるなどの場合は、感染症や重篤な疾患の可能性がありますので、すぐに婦人科を受診してください。

 おりものの量や色などが気になる方で、特に原因となる異常が認められない場合には、

◇ストレスや疲労などにより、胃腸が弱って水分代謝の滞りやホルモンバランスの乱れが原因となっている

◇加齢などにより、卵胞ホルモンの分泌が減る事が原因となっている

 40代以降から少しずつ卵胞ホルモンの分泌が減り始め、おりものの量も少しずつ減ってきます。性交痛に悩む方、お肌の乾燥や髪のパサつきなど、体全体の潤い不足を実感される方が多くなります。体に潤いを与える漢方薬などが効果的です。

 Ky01_03_2デリケートなお話は、漢方に詳しい女性の薬剤師がおりますので、相談しやすいと好評です。

 生理がある年齢では、おりものの異常を生理や一時的な不正出血と思って放置されている場合も多いようです。異常を感じたら、早めに婦人科を受診されることをお勧め致します。特に原因疾患が認められない方で、おりものの悩みが改善されない場合には、漢方薬が効果的です。漢方薬は、健康保険が適用になります。4_1

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「女性の悩みを体質改善の漢方で」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「女性の健康と美しさのための漢方」new

☆ナプキンによるデリケートゾーンのかぶれやかゆみにも漢方薬は対応しています。お気軽にご相談ください。

 今日の新潟は、荒れ模様です。風邪が強く、朝から霰(あられ)がパラパラ、霙(みぞれ)混じりの雨がシャーシャー降ったかと思うと、晴れ間が覗いて、明るくなってきました。新潟の冬本番ですね。風が冷たいです

2013年11月18日 (月)

子供の湿疹が治らない!ステロイドを止めたい

 子供の肌は、大人の肌とは、違い皮膚のバリアー機能が未熟ですので、わずかな環境の変化でも刺激になり、湿疹などの皮膚炎を起こしやすいです。かゆくて掻き壊して、治りかけるとまたかゆくなって、掻き壊すといった悪循環になってしまう場合もあります。このような症状に、湿疹の状態に合わせた漢方薬が効果的です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

◇湿疹が治らないKy27_01

◇湿疹が一度治っても繰り返す

◇ステロイド剤を使いたくない、中止したい

◇湿疹がかゆくて、イライラ、寝つきが悪い

◇掻き壊して、血がにじむ

◇掻き壊しの痕の黒ずみ(色素沈着)が気になる

◇保湿剤を塗ってもすぐに乾燥して、ガサガサになる

などのご相談が多いです。このような症状に体質改善の漢方薬が好評です。体に優しい漢方薬は、自然の生薬から作られています。通常のお薬と同じように、健康保険が適用になります。

 赤ちゃんの時期は、母親からのホルモンの影響が残っているので、皮脂の分泌が活発で、脂漏性湿疹などの症状が現れる方もいらっしゃいますが、生後2,3か月頃から皮脂の分泌量が減っていきますので、皮膚のバリア機能が低下して、乾燥しやすいお肌になります。そして、汗を分泌する汗腺のが大人と同じくらいの数がありますので、汗をかきやすい状態になります。4

 お肌の乾燥や汗によって、かゆみを生じて掻いてしまうことで、皮膚に炎症を起こして、赤くなったり、湿疹ができたり、水疱を生じたりします。皮膚全体の症状や湿疹の状態に合わせた漢方薬が効果的です。生後2、3か月のお子さんから服用できます。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「子供の乾燥肌に漢方」スマホ用サイト

「子供のアトピー性皮膚炎に漢方」スマホ用サイト

PCの方は、コチラ「赤ちゃん、子供の乾燥肌、敏感肌に漢方」

☆「赤ちゃんの湿疹に漢方」   

☆「小児のアトピーに漢方」

 ~*~*~*~*~*~

 昨日は、用事があって、東区へ出かけて来ました。同じ新潟市内でも、行った事がない場所ですと、なかなか目的地を見つけられませんでした。ナビを使っても迷ってしまいました 東区から受診されている方が多いので、地名に親しみを感じていましたが、場所がわからずグルグル回ってしまいました今日のような荒れ模様ではなかったのが、せめてもの救いでした

2013年11月16日 (土)

低体温で風邪をひきやすい、体質改善の漢方で免疫力アップ!

 低体温とは、病名ではありませんが、36度未満の体温の方を低体温と呼んでいます。人間の体は、36度から37度くらいを保つようになっていますが、体温が35度代になっている方が多くなっているようです。Ky62_17

 自覚症状がない方も多いようですが、指先や手足の冷え、お腹が冷たい、下痢が多いなどの症状を自覚している方が、漢方薬を希望して受診されています。

 低体温の原因として、甲状腺機能低下症も考えられますので、一度検査を受けられることをお奨め致します、原因となる疾患がない場合には、運動不足や不規則な生活や食生活のバランスの乱れなどが原因と考えられますが、特に治療の方法がないといわれることが多いようです。このような方に漢方薬が好評です。Ky62_15

 体を温める効果のある漢方薬が効果的です。漢方の考え方では、「陽虚」と考えます。

 「陽虚」とは、体を温める機能「陽」が不足して、冷えている寒い状態をいいます。陽虚体質の原因となっている体のバランスの乱れは、一人ひとり異なりますので、診察により、低体温の症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります1_1_2

PC用HP「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

※新しいHPを作成中です。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニック」new

2013年11月15日 (金)

ネバネバ鼻水で鼻の通りが悪い時の漢方薬

 鼻水がネバネバして、鼻の通りが悪い方、抗ヒスタミン剤などによる治療で改善が見られない方に、漢方薬が好評です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 鼻づまり、ネバネバの鼻水の症状は、副鼻腔炎による場合が多く、治りにくいとのご相談が多いです。副鼻腔炎の症状は、一人ひとりの症状や体質に合わせて、鼻の炎症を鎮めたり、免疫力を高める漢方薬の服用により、改善される方が多いです。Ky18_12_3

 
◇鼻水の粘り気が強い

◇透明な鼻水がネバネバしている

◇黄緑色の鼻水A306_025

◇鼻が臭う

◇鼻がつまる

◇鼻腔に膿のようなものが溜まっている

などの症状に、鼻水の状態や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 鼻水が、鼻の中に溜まっていると、炎症性の熱を持ちますので、粘り気が強くなってきます、そして、細菌やウイルスが繁殖しはじめると、黄色くなったり、緑色の鼻水になります。(副鼻腔炎)

 炎症が激しくなると、症状が慢性的になり、慢性の副鼻腔炎(ちくのう症)になる場合があります。

 このような症状に、鼻水や鼻の通りの状態に合わせた体質改善の漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。通常のお薬との併用もできます。

「ちくのう・副鼻腔炎・に漢方」スマホ用サイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「ちくのう・副鼻腔炎治療を漢方で」

2013年11月14日 (木)

指掌角皮症が治りにくい方に漢方薬

 指掌角皮症が治りにくい方、ステロイド剤など塗り薬が合わない方、思うような改善がみられない方に、皮膚の炎症を鎮め、体の中から皮膚の状態を整える漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

Skin_2 指掌角皮症は、手を使う事が多い方、主婦、飲食店員、美容師、銀行員の方、アトピー素因を持つ方に多い症状です。

 水仕事や紙幣を扱うことで、手指の皮脂が減り、刺激が繰り返し加わることで起こると考えられます。工場で、食品包装用のフィルムを扱っている方が受診されることもあります。冬に悪化する方が多いです。

 よく使う側の手の親指、人差し指、中指の指先から症状が始まる場合が多いです。皮膚表面が白く乾燥して剥がれ、赤くなって、角化(硬くなってくる)して、ひどくなると角質が剥がれて、指紋が消えて光ってきたり、水疱を生じたり、亀裂を生じて痛みがある場合もあります。症状が進むと手の甲や腕、両手に広がってしまう場合が多いです。

【指掌の皮膚の症状に合わせた漢方薬が、効果的】
A308_054_2
◇乾燥とかゆみが、主な症状の方

 皮膚の炎症を鎮め、皮膚に潤いを与える漢方薬

◇指掌に、水疱やジクジクとした浸出液が出ている

 皮膚の水疱やジクジクした成分を吸収し、健康な皮膚に整える効果のある漢方薬

◇症状が進行して、亀裂(ひび割れ)が出来ている

 皮膚の修復や炎症を鎮める漢方薬などが効果的です。

 治療の過程で、皮膚の症状が変わってくる場合が多いですので、その時の皮膚症状に合わせた漢方薬の服用が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。2013155140

「手湿疹に漢方薬」スマホ用サイト

 

「手荒れに漢方」スマホ用サイト

PCの方はコチラ「手湿疹、主婦湿疹に漢方」

「手荒れ、ひび割れに漢方」

2013年11月13日 (水)

胆道ジスキネジーに漢方

 今日も胃カメラの予約が入っていましたので、早めに診察室の暖房を入れて、外来を暖めておきました。今朝の新潟は、霰(あられ)がパラパラと降ってきました。傘をささないと、頭に落ちてくるとちょっと痛いんですよね。今は、小雨になっています。

 検診の胃カメラや胃腸の調子が悪くてご心配な方など、予約制で、胃カメラを受け付けております。鼻からの胃カメラも受け付けております。苦痛が少ないと、鼻からの胃カメラをご希望される方が増えていますね。今日は、胃もたれが続いている方のお話です。胃もたれや胃が重い感じなどが続いて、治らないとの事で、胃カメラを希望されました。

 胃の中は、とてもきれいな健康な胃でした。食道と胃の境界部分もきれいでしたが、胃の下の方に、黄色っぽい泡状のものが見えました。胆汁の逆流がみられているとのことです。胆道ジスキネジーの症状の一つと考えられます。体質に合わせた漢方薬の服用で、改善されることがなかった、胃もたれや気持ち悪さなどが改善されています。

 胆道ジスキネジーとは、胆石や炎症がないのに、胆石症のような症状が現れる疾患です。

 2
 症状として

 右上腹部に重い感じがする

 胃痙攣や吐き気、胃のむかつき

 背中に鈍痛を感じる

 発作的に痛みが起こる

 ムカムカして吐き気がする

 腹部膨満感(お腹が張ったり、ガスが溜まっているような感じ)

 下痢を伴う方もいらっしゃいます。

 はっきりとした原因がわかっていませんが、胆道になんらかの運動異常が起こり、胆汁がうっ滞して、症状が現れてると考えられています。ストレスによる影響が強いとも言われています。

 胆嚢の収縮を抑える薬や胆汁の排泄を促進する利胆剤、精神安定剤などによる治療が一般的ですが、思うような改善が見られない方に、体質改善の漢方薬が効果的です。東洋医学的な視点から、胆道ジスキネジーの症状を起こしやすい体質を改善する漢方薬を処方します。ストレスに対応した漢方薬なども効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

PC用HPは、こちら「新潟の鼻からの胃カメラ」

「こんな症状に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「鼻から、口から選べる胃カメラ」new

「内科・胃腸症状に漢方」new

 

2013年11月12日 (火)

秋風邪は、長引く!免疫力を高めて早めに治す漢方

 秋は、咳や痰、喉の風邪症状が多くなります。空気の乾燥により、体の中も潤い不足の状態になりやすいです。そして、夏の疲れや気温差により、免疫力が低下しやすくなります。ふつうの風邪だからといって、油断していますと、こじらせたり、長引く方が多いです。Ad

◇喉がチクチク、イガイガする

◇のどの奥が痛い

Ky16_28◇乾いた咳が止まらない

◇粘りのある切れにくい痰がひっかかる

 などの症状の方の受診が多いです。このような症状には、肺(漢方でいう肺 呼吸器系)の機能を整え、潤いを与える漢方薬などが効果的です。

 気温の急激な低下により、冷えによる症状が現われ始める方が多くなりますので、冷えも考慮した漢方薬が必要になる場合が多くなります。

1_2 そして、肺(呼吸器系)に不調を生じていると、後になって下痢になりやすくなります。肺と大腸は、表裏の関係にありますので、お腹にも症状が現れやすくなります。

 このように漢方では、免疫力を高めて、風邪症状の原因となっている体のバランスの乱れを整えることを考えますので、症状の改善が早い場合が多いです。

「新潟発!!風邪に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「風邪に漢方」new

 秋の風邪の食養生としては、

 梨、ぶどう、柿、りんごは、ビタミン類が豊富です。肺を潤す効果によりのどの炎症を鎮め、咳や痰の予防に効果的です。

 銀杏、あんず、ユリ根、ごぼう、レンコン、柑橘系の果物などもお奨めです。

「長引く咳・痰に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「咳・痰に漢方」new

2013年11月11日 (月)

腕のしびれ、痛みは、原因に合わせた漢方で改善!!

  腕のしびれや痛みで腕が上がらない方、鎮痛剤が効かない、胃が痛くなる方に、痛みの原因や体質に合わせた漢方薬が好評です。腕の血行を改善する効果のある漢方薬などの服用により、徐々にしびれが改善される方が多いです。Ky49_32

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 腕のしびれや痛みは、首や肩の骨が変形したり、姿勢が悪い、同じ姿勢を続けていることが多い方などは、血行が悪くなり、神経が圧迫されることなどによって起こると考えられます。

 漢方では、腕のしびれの原因をKata_2_2Kata

◇肩や首などの関節部分の炎症により熱を持っている

◇冷えによって、血行が滞っている

◇筋肉の引きつれが原因によるしびれ

◇関節部分の軟骨組織が減ったことで、関節どうしが擦れるためにしびれる

などと考え、それぞれの原因を改善する漢方薬と一人ひとりの体質に合わせた漢方薬を処方します。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「痛み、関節痛などに漢方」スマホサイト2013205750

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「こんな症状に漢方」

 腕や手しびれの原因は、首や肩の関節の血行が悪くなったり、神経が過敏になっていることなどが考えられますが、脳の疾患が原因の場合もありますので、一度検査を受けられることをお勧め致します。

2013年11月10日 (日)

アトピーのステロイドは、いつまで?リバウンドを少なく中止したい

 アトピー性皮膚炎で、ステロイド続けているのが心配、リバウンドを経験している方、中止するのが怖い方に方に、漢方薬と併用しながら、少しずつ塗る量や回数を減らして行く方法がお奨めです。

 最初は、ステロイド軟こうを急に中止せずに、漢方薬を服用しながら、皮膚炎の状態をみながら、少しずつステロイドを塗る量や回数を減らしてゆく方法が、リバウンドが少なく、ストレスが少ない状態での脱ステロイドへと進める方が多いです。Ky63_14

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

Ky27_08_2 ステロイド外用剤は、比較的短期間に皮膚の炎症やかゆみを抑えて、皮膚症状を改善する効果がありますので、短期間に使用される場合には、よいお薬であると思いますが、できれば短期間の使用に留められる事が、理想的ではないかと考えております。 

 しかし、ステロイド剤を継続的に使用されていた方の場合には、急に塗ることをやめると、ステロイド剤によって抑えられていた皮膚の炎症が、一気に噴き出すことが多いです。(リバウンド)ステロイド剤を使用されている方には、漢方薬の服用をしながら、徐々にと塗る量や回数を減らしてゆくことで、最終的に、中止することをお奨め致します。

Ky27_01 皮膚の萎縮や色素沈着、赤ら顔や毛細血管の拡張などに悩む方のご相談も受け付けておりますが、このような症状が改善されるまでには、長期間を要する場合が多いです。漢方薬を服用されても長期間を要する場合が多いです。

 ステロイド剤を併用しながらの状態でもリバウンドが起こる場合もあります。皮膚から吸収されたステロイドが蓄積している場合が多いことがわかってきました。このような状態にきめ細やかに対応できるように、症状や体質の変化に合わせて漢方薬を処方しております。

 リバウンドの状態にも個人差によるものが大きく、比較的軽度の方の場合は、漢方薬を継続して下さる方が多いですが激しいリバウンドの症状が現れた方は、外見を気にされる方も多く、症状が落ち着き始めるまでに我慢ができなくなって、途中で諦めてしまう方がいらっしゃる事も現実です。

Ky52_02 小児アトピーが改善して、何年もアトピー症状が現れなかった方で、成人してから突然症状が現れた方の受診も多くなっています。比較的短期間で、症状の改善がみられる方や症状が激しくなったり、軽快を繰り返しながら、少しずつ健康な皮膚が現れてくることを実感される方が多いですが、その経過が辛くて、気持ちが揺れる方も多いですが、お話を伺う時間を大切にしております。

 皮膚症状や体質の変化にきめ細やかに対応して漢方薬を変方しながらの治療を中心に行っておりますが、皮膚症状が改善され、漢方薬も中止できるようになる方が多いです。

「治りにくい皮膚症状に漢方」スマホサイトImg_3050

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

「アトピーや掌蹠膿疱症のステロイド離脱を漢方で」

2013年11月 7日 (木)

介護トラブル、介護を受ける人のイライラに困っています。

 暴言を吐いたり、噛みついたり、引っ掻いたり、手足を振り回す、口腔ケアや排泄処理の拒否などが激しい方の場合、デイサービスや介護施設の方からの報告に悩み、ご家族の方がご相談に来られることがあります。Ky61_07_3

 介護をされる方にとって、思うように動けない事や介護されるストレスは、計り知れないものがあると思います。そのいら立ちを周囲の方にぶつけてしまうもいらっしゃるようです。状況を変えることはできませんが、介護される方のイライラを発散させる効果のある漢方薬などをご紹介しております。

 イライラや興奮は、東洋医学では、鬱々、イライラ、興奮など「気の異常」と考えることができます。気滞(気の滞り)、気逆(気の過剰な上昇)などと考えます。気とは、目に見えないもので、とらえどころがありませんが、体の中を滞りなく、巡っている状態が、精神の安定が保たれると考えられます。介護をされている方のストレスなどによる気を発散させて、巡りをよくする漢方薬などが効果的です。Hl28_04_2

 介護をしている方、介護をされている方のストレスが軽減できればと思います。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「ストレスや精神的な悩みに漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「心に効く薬」

 ~*~*~*~*~*~3_2

 今日の新潟は、肌寒く小雨がパラパラと降ったり止んだりしています。昨日は、お天気もよく、暖かい日でしたので、外来がとてもにぎやかでしたが、今日は、気温が低いためか、いつもよりのんびりと時間が過ぎています。

2013年11月 5日 (火)

背中のほてりで不眠

 背中や胸などのほてりで、体が熱くて眠れないという方が多いです。秋になって湿度が低下していますので、皮膚も乾燥気味になり、余計にほてりを感じる方が多いようです。

◇夜になると背中がほてって、眠れないA307_032_2

◇背中にカイロをあてているように熱い

◇足元から押し寄せるように熱が上がってくる

などのご相談を受け付けております。このような症状は、漢方では、腎虚による症状と考えられる場合が多いです。

 腎虚とは、西洋医学での腎臓とは異なり、生命エネルギーを蓄えたり、生殖機能、泌尿器系の機能の調節を整える働きをしていますので、腎系のバランスが乱れると(腎虚)、頻尿、手足のむくみやほてり、だるさ、耳鳴り、精力減退などの症状となって現れます。

 このような症状は、ご高齢の方に多い症状と思われていますが、最近は、若い方にも増えています。過労や疲労の蓄積によって、腎虚に陥る場合もあります。(若腎虚)

 このような腎虚の状態を整える漢方薬の服用により、背中のほてりや他の不快症状も改善される方が多いです。漢方薬は、健康保険が適用になります。20130914191258_2

PC用HPはこちら

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」new

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »