カテゴリー

« 乾いた咳が長引いて治りません。体にやさしい漢方が効いて | トップページ | 秋の便秘解消に、原因と体質に合わせた漢方薬で快便!! »

2013年9月21日 (土)

やけどの常備薬

 やけどに効果的な漢方薬のお話です。やけどをして慌てて、クリニックへ飛び込んで来られる患者さんが時々いらっしゃいます。

 20130831150705
 熱湯がかかってしまった

 天ぷら油がはねた

 お鍋やフライパンに触った

 アイロンに触った 

など日常に起こりやすい軽度のやけどであれば、15分~30分くらい冷水をかけ続けるなどの応急処置が大切ですが、

 やけどの痛みが辛い

 やけどの跡が気になるという方の受診が時々あります。

 冬になりますと、カイロや電気ストーブなどによる「低温やけど」の方が受診されることもあります。

 やけどをした部分の炎症をしずめ、皮膚の修復を促進する漢方薬が好評です。実は、HP担当も慌て者ですので、よくやけどをしています。サッと水をかけた後に、漢方の塗り薬をつけて、漢方薬を服用しています。熱いフライパンなどに一瞬触れただけでも、夜にジンジンと痛みが続いて眠れなかったりしますが、漢方薬によって、痛みも感じる事無く、いつもと変わらずに、ぐっすり眠れることがほとんどです。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ある時は、アイロンかけをしていて、脚にアイロンを落としました。水をかけて、漢方の塗り薬をたっぷりと塗って、炎症を鎮める漢方薬を飲みました。アイロンが脚の広い範囲にあたってしまいましたが、痛みを感じる事もなく、いつもと変わらずに、安眠できました。その後、みずぶくれになりましたが、ほとんど痕が残らず、きれいに治っています。 今でも、「やけど」の患者さんが受診されますと、「やけど」をした部分を見せて、自慢しています(*^m^)

「新潟の皮膚科症状に漢方」スマホサイト

詳しくはPC用HPをご覧ください。

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

« 乾いた咳が長引いて治りません。体にやさしい漢方が効いて | トップページ | 秋の便秘解消に、原因と体質に合わせた漢方薬で快便!! »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やけどの常備薬:

« 乾いた咳が長引いて治りません。体にやさしい漢方が効いて | トップページ | 秋の便秘解消に、原因と体質に合わせた漢方薬で快便!! »