カテゴリー

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月27日 (金)

息切れがひどい、苦しい、検査をしても異常がない

 息切れすることが多い、息苦しくなることがある、検査をしても異常がないと言われる方に漢方薬が好評です。Ky13_02_2

 息切れの原因は、呼吸器系の病気、心臓の病気、貧血などの血液の病気など様々です。頻繁に息切れや息苦しさを感じる方は、早めに医療機関を受診されることをお勧めします。

 検査をしても原因となる異常が認められない場合には、不安やストレスによる過呼吸による場合や疲労などが原因となっている場合があります。

 このような場合は、息切れの原因となっている体のバランスを整える漢方薬が効果的です。Ky14_13

【不安や緊張、ストレスによる自律神経の乱れが原因の場合】

 不安やストレスなど精神的な原因によって自律神経のバランスが乱れて、息切れや動悸を感じることが多い方には、イライラや不安などを発散させる効果のある漢方薬などにより、自律神経のバランスを整えることで、症状が改善される方が多いです。

【疲労の蓄積、体力の低下などが原因の場合】Ky14_12_2

 疲労の蓄積や体力の低下が原因となっている場合もあります。このような方には、体調を整えて、体力を上げる漢方薬などが効果的です。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬は、自然の生薬からつくられ、体にやさしく作用します。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

~*~*~*~

 先日、「息切れがして、なんとなく苦しい」という患者さんが受診されました。検査をしましたが、特に原因となる異常が認められませんでしたので、漢方薬を処方しました。風邪が治って、少し無理をされたそうです。

 数日後、「漢方薬を飲んで、次の日には、体が軽くなっているのがわかりました。いつかも漢方で楽になりましたね。」20130927150302

 無理をされないようにとお話しました。

「内科・消化器科・漢方内科 水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2013年9月26日 (木)

更年期の下腹部痛、検査異常なし!でも痛い時は漢方!

 更年期の女性の下腹部痛に悩む方に漢方薬が好評です。子宮収縮や子宮の萎縮などが原因による痛みが多いですが、子宮内膜症や子宮ガンなど重篤な病気のサインであることもありますので、痛みやひきつれ、違和感が続く場合は、放置せずに、婦人科を受診されることをお勧めします。婦人科を受診されて、特に異常が認められない方、思うような改善が見られない方に漢方薬が好評です。Ky54_03

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 女性ホルモンは、30代後半から減り始めて、45歳くらいから、その減少の度合いが顕著になります。そのために、体が女性ホルモンの減少による変化についてゆけず、多様な身心の不調に悩むが多くなります。

 更年期の多様な症状に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が効果的です。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、症状が改善される方が多いです。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬は、アンチエイジング効果も期待できます^^Beauty

 陰部や膣の乾燥によるヒリヒリ感やチクチクとした痛みに悩む方のご相談なども受けつけております。婦人科での検査等で異常が認めれない方、改善がみられない方に漢方薬をを処方しております。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬等の服用が効果的です。一人ひとりの症状や体質に合わせた処方は、体にやさしく作用します。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

 デリケートなお話は、漢方に詳しい女性の薬剤師もおりますので、安心と好評です。20130926105859

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「更年期障害の症状を漢方で」

男性更年期のご相談も受け付けております。「男性更年期に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「更年期障害に漢方」new

~*~*~*~

 昨日の蒸し暑さとは、違って今日の新潟は、秋らしく過ごしやすいです。朝晩が冷えますので、風邪をひいてしまう方が増えています。更年期の症状に悩む方には、なおさら辛い季節になります。気温の低下による冷えや体の乾燥など体調不良がさらに激しくなる方が多いです。

2013年9月25日 (水)

喉のイガイガが治らない、咳が出る

 秋になると喉のチクチク、イガイガから始まる風邪の方が多くなります。喉がイガイガして、咳や鼻水が出る、なかなか治らない方に漢方薬が好評ですKy18_01_4_2

 夏からの発汗や空気の乾燥などにより、のどや呼吸器系が乾燥しますので、喉に炎症が起こりやすくなります。

 「なんとなく、喉がチクチクすると思ったら、咳が出始めて・・・」

 「いつもこの季節に、のどから風邪が始まります。」

 「のどがイガイガして、空咳が出ます。」

 「熱もないようですが、のどがなんとなくチクチク痛いです」

という方の受診が多くなります。今年は、猛暑の影響で、体力が低下している方が多いです。夏の疲れた体に、秋の燥邪(乾燥による病気の元)が加わって、のどの炎症や乾いた咳、空咳に悩む方が多くなっています。このような症状には、のどや気管支などの呼吸器系に潤いを与える漢方薬や免疫力を高めて、体力をつける漢方薬などが効果的です。

 医師の処方による漢方薬20130924164951_2は、健康保険が適用になります。20130924164919

「耳鼻科症状に漢方」スマホサイト

「扁桃腺炎に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「こんな症状に漢方」

~*~*~*~20130924164931

 台風が近づいている影響でしょうか、昨日の新潟は、蒸し暑い一日でした。クリニックの入り口に「かまきり」を見つけました。写真を撮ろうと近づきますと威嚇して、カマをもたげました。「かまきり」は、俗称で、「いぼむしり、拝みむし」とも呼ばれるそうです。そろそろ産卵の時期です。かまきりの卵の乾燥したものを、桑螵蛸(そうひょうしょう)と呼び、腎虚の頻尿や小児の夜尿に民間薬として、用いられるようです。

2013年9月24日 (火)

おでこのにきびを治したい方に漢方薬

 おでこのにきびには、漢方薬が効果的です。体の中からきれいなお肌に整える漢方薬が好評です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から、漢方情報を発信しているクリニックです。

 「皮膚は、内臓の鏡」という言葉もあるように、お肌の状態は、気分や体調によって変化することが多いです。

A307_036 Tゾーンと呼ばれるおでこと鼻筋やあごにかけての、T字型の部分は、他の部分の皮膚に比べて、皮脂の分泌が多く、ベタベタしやすいですので、空気中のホコリやちりなどの汚れも付きやすく、アクネ菌(にきびの原因菌)の栄養が溜まりやすい部分です。

 更に、ストレスや疲労などにより、ホルモンバランスが乱れると、にきびが悪化しやすくなります。生理周期に伴って、にきびが悪化する方も多いのは、このためです。

 体の中から整える漢方薬の服用により、ホルモンバランスや体全体の体調が整えられ、おでこのにきびやT-ゾーンのにきびが改善されることが多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

20130920064224_2 にきびの出やすい部分やにきびの性状に合わせた処方が効果的です。

 赤いにきび 白っぽいにきび 黄色い膿を伴うにきび 黒にきび 

 脂っぽい肌の方 乾燥肌と脂っぽい部分の混合肌 全体に乾燥しやすい方

などにきびの性状や肌質に合わせた漢方薬が効果的です。

「新潟のにきび治療の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「にきび治療の漢方薬」

「おとなにきびに漢方」

~*~*~*~

病院限定のにきび化粧品、漢方の化粧品なども好評です。

2013年9月23日 (月)

秋の便秘解消に、原因と体質に合わせた漢方薬で快便!!

 秋は、便秘になる方が増える季節です。便秘薬で出ない、お腹が痛くなる、下痢になる方に、便秘の原因と体質に合わせた漢方薬が好評です。便秘のタイプや原因に合わせた漢方薬の服用により自然なお通じに整う方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

【秋に多い便秘は乾燥!?】Ky36_05

 空気の乾燥や夏の発汗によって、肺系(漢方では、広い範囲での呼吸器系)が乾燥傾向になります。

 そして、漢方では、「肺と腸は表裏の関係」にあると考えます。秋に喘息が悪化したり、便秘になる方が多い原因の一つと考えられます。

 乾いた咳、空咳には、肺系を潤す漢方薬などが効果的です。便秘の場合には、腸に潤いを与える漢方薬などを便の状態や体質に合わせて処方します。秋に多い便秘には、便に潤いを与える漢方薬を処方することが多くなります。

Ky21_17便秘してイライラする 苦しい

◆便秘になると胃痛や吐き気がする 気持ち悪い ムカムカする

◆げっぷ、おならが多い

◆便が細い、残便感がある

などの胃腸症状を伴う方や

20130831150125 吹き出物などの肌荒れが便秘によって悪化する方のご相談も多いです。

 漢方では、「肺は皮毛をつかさどる」という考え方があり、皮膚を肺が管理していると考えますので、腸をきれいにするとお肌がきれいになるという事が納得できるでしょう。

 つまり便秘を改善することは、デトックス効果が高まりますので、美肌効果も期待できると考えられます。

 自然の生薬から作られる漢方薬は、一人ひとりの体質に合わせた処方になりますので、体にやさしいです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「便秘対策の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「便秘・腹痛に漢方」

2013年9月21日 (土)

やけどの常備薬

 やけどに効果的な漢方薬のお話です。やけどをして慌てて、クリニックへ飛び込んで来られる患者さんが時々いらっしゃいます。

 20130831150705
 熱湯がかかってしまった

 天ぷら油がはねた

 お鍋やフライパンに触った

 アイロンに触った 

など日常に起こりやすい軽度のやけどであれば、15分~30分くらい冷水をかけ続けるなどの応急処置が大切ですが、

 やけどの痛みが辛い

 やけどの跡が気になるという方の受診が時々あります。

 冬になりますと、カイロや電気ストーブなどによる「低温やけど」の方が受診されることもあります。

 やけどをした部分の炎症をしずめ、皮膚の修復を促進する漢方薬が好評です。実は、HP担当も慌て者ですので、よくやけどをしています。サッと水をかけた後に、漢方の塗り薬をつけて、漢方薬を服用しています。熱いフライパンなどに一瞬触れただけでも、夜にジンジンと痛みが続いて眠れなかったりしますが、漢方薬によって、痛みも感じる事無く、いつもと変わらずに、ぐっすり眠れることがほとんどです。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ある時は、アイロンかけをしていて、脚にアイロンを落としました。水をかけて、漢方の塗り薬をたっぷりと塗って、炎症を鎮める漢方薬を飲みました。アイロンが脚の広い範囲にあたってしまいましたが、痛みを感じる事もなく、いつもと変わらずに、安眠できました。その後、みずぶくれになりましたが、ほとんど痕が残らず、きれいに治っています。 今でも、「やけど」の患者さんが受診されますと、「やけど」をした部分を見せて、自慢しています(*^m^)

「新潟の皮膚科症状に漢方」スマホサイト

詳しくはPC用HPをご覧ください。

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

2013年9月20日 (金)

乾いた咳が長引いて治りません。体にやさしい漢方が効いて

 乾いた咳が続いて止まらない、苦しい方に、咳や痰の状態に合わせた漢方薬が効果的です。秋は、痰が少ない空咳や粘り気の強い、切れにくい痰に悩む方が多くなります。乾いた咳には、のどや気管支を潤し咳を鎮める漢方薬を中心に処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。A306_011_2

  また、喘息が悪化したり、喉のチクチクやヒリヒリとした痛みを感じたり、皮膚のカサカサやかゆみが気になり始める方が多くなります。秋は、燥邪(そうじゃ 空気の乾燥など病気や体調不良を引き起こす原因となる因子)が盛んになりますので、乾燥が原因となる症状が発症する方が多くなります。

 通常の咳止めは、咳中枢や気管支に直接作用して咳を抑えるように作用します。漢方では、咳を直接抑えるのではなく、呼吸器系や体のバランスの乱れを整えることで、咳を改善することを考えます。Ky18_12_3_2

◇痰がほとんど絡まない咳、咳込む時

 のどや気管支を潤し咳を鎮める漢方

◇切れにくい痰がひっかかる咳

 痰を滑らかにして咳を鎮める漢方

◇のどのイガイガチクチクを伴う咳

 のどの炎症を鎮め、咳を鎮める漢方

◇夜眠れないほどの咳

 夜間の咳を鎮め、安眠できる漢方Ky16_27_4

◇咳が激しくて、胸の辺りが痛い方

 咳によって消耗した体力を上げ、咳を鎮める漢方

など、咳の状態や痰の状態に合わせた漢方薬の服用により、治りにくかった咳が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 呼吸器系は、乾燥に弱いので、空気が乾燥する秋から冬の間は、肺系(漢方では、広範囲での呼吸器系をいいます)を補って、免疫力を高めることを重要と考えます。

 肺系の炎症を鎮め、のどや気管支などの肺系に潤いを与える漢方薬などを処方します。咳の状態や痰の有無、体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。20130831145314

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「長引く咳や痰に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「咳・痰に漢方」new

2013年9月19日 (木)

生理が長引く

20130831145500 生理が長引く、ダラダラ続くという方に漢方薬が好評です。月経期間が長く、8日異常続く場合を「過長月経」と呼ばれ、女性ホルモンのバランスの乱れが原因として考えられます。月経期間は、個人差がありますので、特に異常がない場合もありますが、過長月経の方は、無排卵性月経の場合が多いです。他に婦人科的な疾患が原因となっている場合もありますので、一度婦人科を受診されることをお勧めします。

 特に異常が認められない方、無排卵性月経などの方で、改善がみられない方が漢方薬を希望されます。

 漢方では、過長月経の原因を下記のように考えます。

◆元来の虚弱体質に疲労の蓄積や過労などが加わる事により、衝任の働き(月経や月経血などの機能)を正常な状態に保てなくなった状態

 月経出血量が多く、経血は薄い

 月経出血量は少なく、ドロドロとした塊のようなものが混じる

など出血量や月経血の状態によって体質の違いを判断しています。

◆ストレスなどが原因で、女性ホルモンのバランスが乱れ、血流に滞りを生じている方

 月経量が多い方、少ない方様々ですが、漢方でいうオ血(血流の滞り、血液が汚れている、ドロドロしているなどにより血行が悪い状態)などが原因となっている方

など原因となる体のバランスの乱れを整える漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「月経不順、生理周期の乱れ」

☆新しいHPを作成中です。

「生理痛・生理不順に漢方」new

「PMSに漢方」new

2013年9月17日 (火)

接触性皮膚炎に漢方!!治らない、ステロイドが合わない方に

 接触性皮膚炎が治りにくい、ステロイドが合わない、使いたくない方に、漢方薬が効果的です。体の中から皮膚を健康な状態に整える体質改善の漢方薬が好評です。赤ちゃんのかぶれにも対応しております。Photo

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

  接触性皮膚炎とは、「かぶれ」の事で、皮膚に触れたものの刺激やアレルギーによる場合があります。かゆみやヒリヒリ感を伴う湿疹で、水疱や膿が出る場合もあります。Ky26_19_2

◇顔や唇、腕や体幹、陰部など様々な部分に出ることがあります。

◇衣類や下着の締め付け部分

◇首や脇、おしり、陰部など汗によって蒸れやすい部分

◇髪の毛による刺激Ky56_30

◇化粧品や洗剤、植物、金属、ゴム手袋などによる刺激

など原因は様々です。はっきりとした原因物質が特定された場合は、その物質との接触を控えることで症状が改善されることが多く、一時的な症状であれば、短期間で改善される場合が多いですが、一度治っても再発を繰り返す方、なかなか治らない方に漢方薬が好評です。

 漢方では、接触性皮膚炎の症状や患者さんの体質に合わせて体質改善を検討します。体の中から皮膚の炎症を鎮め、接触性皮膚炎を起こしにくい体質に整える漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。20130831145121

「治りにくい皮膚症状に漢方薬」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「いろいろな皮膚炎に漢方」

 

いろいろな皮膚炎に漢方2もご覧ください。

2013年9月15日 (日)

秋の肌トラブルにスキンケア漢方!!夏の疲れたお肌に

 夏の終わりから初秋にかけての肌トラブルにスキンケア漢方が、効果的です。透明感のある美しいお肌へと導く効果のある漢方薬が好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^

 秋など季節の変わり目になると、「なんとなくお肌の調子がよくない・・・。にきびや吹き出物、くすみが気になる・・・。」というご相談が増えています。Ky26_05_2

 夏の間に受けた紫外線や汗によるダメージによって、初秋のお肌は疲れています。このまま放っておくと、しみやしわの原因となる可能性が高いです。

 皮膚表面のケアに化粧品などによるお手入れも大切ですが、体の中からの美肌を考えていますか。「皮膚は内臓の鏡」と言われるように、美肌は体の中から作られています。内臓機能が正常に働くことで、皮膚に十分な栄養が届き、美しいお肌が作られます。

 また、気温の変化や乾燥によりホルモンバランスが乱れやすく、にきびや吹き出物など、肌荒れを起こりやすくなります。ホルモンバランスを整える漢方薬などによって、お肌の状態と共に体の不調も改善する方が多いです。

A303_080 これからの季節は、気温の低下と共に空気の乾燥が進みます。気温が低下すると皮膚表面の血行が悪くなりますので、皮脂の汗の分泌が減少して、お肌のうるおいが低下して、乾燥肌の原因となります。

 秋の美肌対策は、夏の疲れたお肌を健康な状態に整えて、秋の乾燥に負けないお肌を作ることから始めましょう。自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしく作用します。アンチエイジング効果も期待できます。

20130831145039「美肌の秘訣は漢方」スマホサイト

「しみ、しわ、たるみ対策の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「美肌の秘訣」

漢方の美肌化粧品や漢方入浴剤、病院限定の化粧品も好評です。

2013年9月12日 (木)

子供の鼻炎、花粉アレルギーに体質改善の漢方!!

 秋は、花粉症やぜんそくなどのアレルギー症状が起こる子供さんが多くなります。体質改善の漢方薬が好評です。一般的な抗アレルギー剤では、眠くなる、集中力が低下する、効果が弱い方に、眠くならない漢方薬が好評です。体質改善の漢方薬は、生後2,3ヶ月の赤ちゃんから服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 新潟では、イネによるアレルギー症状に悩む方も多い季節です。稲刈りが始まっていますので、刈り取った稲わらの粉やもみ殻、稲わらを燃やした煙などで、鼻炎症状や喘息症状を起こす方がいらっしゃいます。Ky17_17

秋の花粉症の症状として、

◇鼻水が出る、鼻が詰まる

◇呼吸が苦しい、咳が止まらない

◇目がかゆくなる、充血する

◇のどが痒い、耳の中が痒い、肌が荒れるKy16_32

◇偏頭痛が起こる、まぶたが脹れる

 などの症状が辛くて眠れない方、ステロイドを使いたくない、点鼻薬が苦手というお子さんに漢方薬が好評です。漢方薬による眠気は起こりませんので、好評です。

 漢方薬は、生後2,3ヶ月のお子さんから服用が可能です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。Img_3019

「子供のアレルギー性鼻炎に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「子供のアレルギー性鼻炎・花粉症に漢方」

「花粉症を体質改善の漢方で」

2013年9月10日 (火)

しゃっくりが止まらない、何日も続く

 突然始まって、いつの間にか止まっていることが多い「しゃっくり」ですが、何日も続いて止まらない方が受診される事があります。このような「しゃっくり」に漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky61_13

 しゃっくりは、横隔膜の痙攣によって、起こり、しばらくすると止まる場合が多いです。いつまでも続いて止まらないという方が漢方薬を希望されます。

 しゃっくりは、漢方では、「吃逆」(きつぎゃく)と呼びます。まれに、重篤な疾患がもとで起こる事もありますが、ほとんどの場合は、胃腸の働きのバランスの乱れが原因となっていることが多いです。

◆暴飲暴食、アルコールの過剰摂取などによる場合

 食生活の乱れ、早食い、冷たい食品の摂り過ぎ

 脂っこいもの、辛いものの摂り過ぎ

◆体力の消耗や疲労の蓄積などによって胃腸の働きが乱れたことによる場合

 風邪の治りかけ 激しい嘔吐や下痢の後に発症する方もいらっしゃいます。

 このように一人ひとりの体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。20130831150045

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「しゃっくりに漢方薬」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「しゃっくりに漢方」

~*~*~*~

 新潟は、うろこ雲が美しい秋晴れです。「いわし雲とも呼ぶなあ」なんて、なんとなく検索したら、「いわし雲」というタイトルの歌がありました。聴いたことはありませんが、はるか遠い昔を思い出すような歌詞でした(*´σー`)

2013年9月 9日 (月)

口臭改善の漢方

 漢方外来の患者さんで、口臭が気になって仕方がないという方が受診されます。虫歯や歯周病などの口腔内の疾患が原因の場合もありますが、治療をしても口臭は変わらないという方が漢方薬を希望されます。

 漢方の考え方では、自覚的に胃腸などの不調を感じていない場合でも胃腸を中心とした消化器系のバランスの乱れやストレスによって、口臭が気になるような状態になっていると考えます。20130831145216

 飲み過ぎ、食べ過ぎ、味の濃いもの、脂っこいもの、辛いものなどの摂り過ぎ、アルコールによって、胃に炎症が生じると、口臭が強くなります。口内炎や口角炎ができやすい方に多いです。

 胃の機能低下が口臭の原因となっている場合もあります。口の中が粘つく、乾いている感じがする方に多いです。

 ストレスによって自律神経系のバランスが乱れることによって、口臭が強くなったり、周囲の人が気にならない程度なのに、自分だけ気になって仕方がないという方もいらっしゃいます。

 蓄膿などの炎症による膿などが原因となっている口臭には、蓄膿の炎症を改善する漢方薬などが効果的です。

 口臭の原因は様々ですので、原因となる体質を改善する漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧下さい。

「こんな症状に漢方」

☆新しいHPを作成中です。

「内科・胃腸症状に漢方」

 今日は、さわやかな秋晴れです。新潟では、稲刈りが始まっています。今年もおいしいお米が食べられます(*^_^*)新潟産のお米は、本当においしいので楽しみです。

2013年9月 6日 (金)

唇が荒れる、乾燥してヒリヒリ、痛い!漢方でふっくらツヤツヤの唇に

 唇が荒れる、乾燥して痛い、皮が剥ける、腫れる、赤くなってヒリヒリするなどの症状は、秋から冬にかけて多くなります。このような唇の荒れに漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky26_19_2

 ワセリンやリップクリームなどを塗ってもなかなか治らないという方は、内臓機能のバランスの乱れが原因となっている場合が多いです。

 漢方の考え方では、「脾の華は唇にあり」と言います。内臓の働き(脾胃の機能)のバランスの乱れから、唇に炎症として現れていると考えます。

◆一年中唇がカサカサと乾燥して、ひどい時は、唇が切れて、血がにじむ

 胃腸機能が低下している状態で、唇の乾燥だけでなく、皮膚の乾燥を伴ったり、水分代謝の滞りを生じて、体にむくみを生じている方も多いです。

◆唇が赤く腫れたり、切れたりする

 辛いものや味の濃いもの、脂っこい食品やアルコールなどの摂りすぎなどが原因となって胃腸に熱がこもっている方が多いです。Ky26_17

などが、唇の乾燥や腫れなどの炎症の原因となっている場合が多いです。唇の状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「口内炎、口唇ヘルペスに漢方」スマホサイトもご覧ください。

20130831145955

詳しくは、PC用HPをご覧下さい。

「口内炎、口唇ヘルペスに体質改善の漢方」

~*~*~*~*~

 蝉の鳴き声が少なくなり、夜は、秋の虫の声に秋の気配を感じる新潟です。週末は、運動会や体育祭が開催される学校が多いようです。

2013年9月 5日 (木)

首が痛い、痛み止め効かない時は漢方

 首の痛みやしびれから、肩や腕が上がらないという方に、首や肩の部分の炎症を鎮め血流を改善する漢方薬により、徐々に痛みやしびれが楽になる方が多いです。A307_015

 首の痛みの原因としては、脊髄や神経の炎症、関節部分の変形、ヘルニアなどが原因となっている場合がありますので、一度、整形外科を受診されることをお勧めします。

 特に異常が認められない方、鎮痛剤を服用しても痛みが辛い方、しびれが続く方などに、痛みやしびれの症状緩和のための漢方薬が好評です。頸椎の関節部分の変形やヘルニアなどが原因の方は、痛みを完全に消失されることは、難しいですが、体質に合わせた漢方薬の服用により、徐々に首の痛みやしびれが軽減される方が多いです。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。A307_062

 
 漢方では、首の炎症の原因に合わせた処方になります。関節部分の炎症によって、滞っている血流を改善することで、神経を圧迫して痛みの原因となっている老廃物を排泄したりする漢方薬などが効果的です。

 また、季節の変わり目や湿度が高い季節、気温が低い季節に、首の痛みやしびれが悪化する方が多いです。季節変化などによる痛みの変化に合わせて、漢方薬を変更したりするとより効果的です。漢方薬は、首の痛み、頸椎症、変形性頸椎症などの痛みやしびれにも対応しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。20130831145242

「痛み、関節痛に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「こんな症状に漢方・整形外科症状」

 ~*~*~*~*~*~

 「涼しくなってきたら、また首が痛くなってきました。」

 「夏の間は、全然痛みを感じなかったので、漢方をお休みしていましたが、やっぱり秋になったら、痛いような重いような感じが始まりました。」

という方の受診が増えています。

2013年9月 4日 (水)

更年期の抜け毛、薄毛対策の漢方

 更年期に現れる症状の一つに抜け毛や薄毛があります。毛根や頭皮に栄養を与える漢方薬の服用により、髪の質が改善される方が多いです。50歳の前後10年くらいの更年期と呼ばれる期間に、髪が細くなったり、抜けやすくなったりする方が多くなります。

◇髪のボリュームが少なくなった気がするKy41_08
◇髪をとかした時やシャンプーをした時に、以前よりも大量の髪が抜けるようになった

◇髪が以前より細くなった

◇地肌や髪の分け目が目立つようになった

などのご相談をされる方がいらっしゃいます。

 女性ホルモンのエストロゲンが毛髪の発達、成長を持続させる働きがあります。このホルモンの分泌が減少しますので、発毛する本数の減少や髪が細くなったりして、全体的に薄毛の状態になっていきます。また、ストレスも抜け毛や薄毛の原因の一つと言われています。加齢が原因となっている場合が多いですので、進行を完全に止めることは難しいですが、早めの対応をされることで、症状の改善がみられる方が多いです。20130831145325

 漢方では、髪が抜けやすくなったり、薄くなる原因となる体のバランスの乱れを整えることを考えます。一人ひとりの体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬や髪に栄養を与える漢方薬などを処方致します。また、ストレスによっても女性ホルモンのバランスが乱れることが多いです。ストレスに対応した漢方薬などが好評です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

円形脱毛症についてのHPもご覧ください。

「円形脱毛症に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「脱毛症治療の漢方」

「更年期障害を漢方で改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「更年期障害に漢方」

2013年9月 3日 (火)

逆流性食道炎が治らない、つかえて気持ち悪い時は、漢方薬

  逆流性食道炎が治りにい方、つかえる、気持ち悪い、咳が出るなどの症状に悩む方に、漢方薬が好評です。逆流性食道炎は、胃酸が食道に逆流することで起こる症状です。一人ひとりの体質に合わせた漢方薬により、逆流性食道炎の症状が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^

 
A306_014◇胸やけ 

◇口の中がすっぱい 胃液が逆流する

◇げっぷが多い 吐き気がする

◇咳込むことが多い

A306_110などの症状が逆流性食道炎の方に多いです。

 加齢や食生活のバランスの乱れなどで、食道と胃の間にある下部食道括約筋のしまりが弱まると、胃酸が食道へ逆流することにより、食道の粘膜に炎症を起こすと上記のような症状が起こります。

 日本人には、少なく高齢の方に多いと言われていましたが、最近では、ストレスや食生活の欧米化などが原因となって、若い年齢にも増えています。

20130831145104_3 逆流性食道炎の症状や一人ひとりの体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

◆胃の働きが弱く、胃の部分に余分な水分が溜まりやすく、すっぱい水(胃液)があがってくる

◆胸やけ、みぞおちがつかえる、げっぷが多い、口内炎ができやすい

◆胸やけ、みぞおちがつかえる、げっぷやおならが多い、お腹にガスが溜まる、下痢や便秘を繰り返す、口臭が気になる、イライラしやすい、ストレスが多い

 上記のような逆流性食道炎の症状に体質改善の漢方薬が効果的です。

 漢方は、自分で治す力(自然治ゆ力)を高めますので、少しずつ症状が改善される方が多いです。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

【ストレスで悪化する方、ストレスがつらい方は、漢方を!】

 ストレスにより症状が悪化しやすい方には、漢方薬がお奨めです。ストレスを発散する効果のある漢方薬などが好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「胃の症状に漢方(胃もたれ、胸焼け、、むかつき、吐き気、腹部膨満感、食欲不振、逆流性食道炎、げっぷ)」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「胃炎・胃痛に漢方」new

2013年9月 2日 (月)

アトピーのむくみが辛い!原因に合わせた漢方が効いています。

 アトピー性皮膚炎の方で、むくみに悩む方の受診が多いです。顔や手足など、または、全体的にむくんでいるような気がするとのご相談が多いです。アトピー性皮膚炎の方は、老廃物が皮膚に排泄されています。そして、皮膚の生まれ変わり(新陳代謝)が低下している状態ですので、皮膚に老廃物が溜まりむくみが起こりやすいです。

Ky39_01_4

 

 

 このような状態に皮膚の新陳代謝を促進したり、老廃物の代謝を改善する漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

◇汗が多く、むくみがあるKy27_06

◇汗をほとんどかかず、むくみがある

◇皮膚表面は、カサカサと乾燥していてもむくんだように腫れている

◇ジクジクとした汁(浸出液)が出て、むくんで腫れている

などの症状に悩む方が多いですが、

◇皮膚が突っ張る感じがする

◇体の中に水が溜まって、嫌な熱に蒸されているような気がする

◇体がほてる感じがする

という表現をされる方も多いです。

 また、むくみに気付いていない方も多く、指先や爪の付け根、手や足の甲、手の平や足の裏の一部にむくみを生じている場合もあります。

 漢方薬は、皮膚炎の状態の変化や体質に合わせて処方を組み合わせることができますので、変化の激しい皮膚症状の改善に効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。20130831145021

「新潟のアトピー性皮膚炎治療の漢方」スマホサイト

詳しくはPC用HPをご覧下さい。

「新潟のアトピー治療に漢方」

 ~*~*~*~*~*~

 今日の新潟は、朝方は、小雨程度で静かでしたが、予報通りのしっかりとした雨が降り始めました。土曜日の夜に長岡市内で車を運転中でしたが、豪雨に見舞われて、前に進めない状態になりました。本当に天気予報は、正確ですね。雨の激しさで、一瞬どうなることかと思いました。秋の長雨とはいいますが、何年か前には、こんなに激しい降りは少なく、しとしと降っていたような気がします。

 秋は、乾燥による症状が多くなるのですが、これだけ湿度が高い日が続きますと、湿気による症状が悪化しやすい状態です。頭痛や関節痛、アトピー性皮膚炎などの症状の悪化に悩む方には、辛い時期が続きそうです。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »