カテゴリー

« お盆休みのお知らせ | トップページ | 首の湿疹? かゆいというより痛い。・・(>д<)・・。 »

2013年8月16日 (金)

接触性皮膚炎(かぶれ)が治らない、繰り返す時は、漢方

 接触性皮膚炎が治らない、繰り返す方に体質改善の漢方薬が好評です。抗ヒスタミン剤による治療が一般的ですが、治りにくい方、抗ヒスタミン剤を中止すると、また症状が出る方の受診が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 接触性皮膚炎は、汗やアレルゲンとなる物質などによる刺激によって、皮膚が赤くなったり、ブツブツや皮膚が盛り上がった湿疹、水疱などが出来る皮膚炎です。かぶれとも呼ばれます。

 夏の汗をかきやすい季節のみに発症して、治っても繰り返すという方の受診も多いです。Ky36_11_2

◇衣類や下着などが触れる部分

◇ジャケットの襟や袖口、下着の締め付け部分

◇靴下や髪の毛があたる部分など

に出る方が多いです。

Ky57_06また、毒性のある植物や虫の毒、洗剤や装飾品などの金属などによるかぶれなども考えられます。洗剤や金属によるかぶれによる方は、使用を控えていただくことで、改善される場合が多いです。

 原因と考えられるものとの接触を控えたり、通常のお薬を服用されても、なかなか湿疹や皮膚の赤味、腫れが引かない、治りにくい、治っても繰り返す方に、体質改善の漢方薬が効果的です。

 皮膚の炎症の状態に合わせて、炎症を鎮める漢方薬が効果的です。

◇赤みが強いA307_032

◇かゆみが激しい

◇みみずばれのように膨れている

◇ブツブツとした湿疹

◇水疱ができている

 なかなか治りにくい方、治っても繰り返す方は、体全体のバランスを整える漢方薬の服用により、接触性皮膚炎の湿疹が徐々に出にくくなってくる方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。20130730223522

「新潟の皮膚科治療に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「治りにくい皮膚症状を漢方で」

« お盆休みのお知らせ | トップページ | 首の湿疹? かゆいというより痛い。・・(>д<)・・。 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 接触性皮膚炎(かぶれ)が治らない、繰り返す時は、漢方:

« お盆休みのお知らせ | トップページ | 首の湿疹? かゆいというより痛い。・・(>д<)・・。 »