カテゴリー

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

生理出血が少ない、薄い

 生理の時の出血量が少ない、薄いなどの症状は、子宮や卵巣の機能低下などが原因となっていることも考えられます。婦人科等で検査をされても特に異常が認められない方、思うような改善がみられない方に女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が効果的です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 Ky63_16
 思春期や更年期、産後などホルモンバランスに乱れが生じやすい状態の方に多いようですが、ストレスや不規則な生活、慢性的な疲労などが原因となっている方も多いようです。

 漢方でいう血虚(けっきょ)、血が少ない状態に陥っている方が多いです。貧血と診断される場合もありますが、必ずしも貧血ではない方でも、漢方では、血虚となっている方は多いです。

 血虚の原因となる体のバランスの乱れを整える漢方薬の服用により、生理出血の量や生理の状態が少しずつ整ってくる方が多いです。一人ひとりの症状や体質に違いに合わせた処方になります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、続けやすいと好評です。

20130831150355詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「月経と漢方」

生理痛、生理不順、PMSに漢方

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「生理痛・生理不順に漢方」new

「PMSに漢方」new

2013年8月29日 (木)

秋の体調不良の原因は、夏の冷えから?!漢方で元気に!

 夏の終わりごろから秋にかけて、体調不良に悩む方が多いです。連日の猛暑で、体力の消耗が激しく、冷たい食品やクーラーによって、自律神経のバランスが乱れ、体調不良に悩む方が多いです。このような症状に自律神経のバランスを整え、体調を整える漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Ky14_27_2

◇なんとなく体調がすぐれない

◇体がだるい、疲れやすい

◇頭痛がする 頭が重い

◇食欲がない

などの症状に悩む方が多い季節です。「夏バテ」症状が治らないままで、朝晩と日中の温度変化などにより、自律神経系のバランスが乱れる方が多くなります。

Ky14_25 秋は、肺(漢方でいう呼吸器系、鼻、大腸)の季節と言われるように、呼吸器系のバランスが乱れやすい季節です。喘息などの咳症状が発症したり、鼻炎やアトピー性皮膚炎が悪化しやすい季節です。

 夏からの疲れを改善し、体調を整える漢方薬などの服用が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「疲労倦怠感に漢方薬」

「夏バテ対策、暑さ負けに漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群」new

「夏バテに漢方」new

Ky50_11

◆夏バテ、秋の疲れを回復する食品

 秋の体調を整えるために、辛みのある食品などがお奨めです。にんにく、しょうが、ねぎ、玉ねぎ、トウガラシなど体を温める食品がよいでしょう。今が旬の梨は、肺系に潤いを与えてくれます。

 
 食養生による体調管理も大切ですが、体の不調が続いてなかなか治らないという方には、体調を整えて、免疫力を高める漢方薬などが効果的です。

 HP担当も水戸部クリニックの職員も体調に不調を感じると、漢方薬で早めに対応しております。「今日は、ちょっと変だな」と思った時に、体調に合わせた漢方薬の服用で、改善が早いことが多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。20130827124339_1_2

 ~*~*~*~

 お諏訪祭りも無事終了しました。昨日は、日中の気温もそれほど高くならず、灯篭を引く子供さん達もちょうど良い陽気でよかったのではないでしょうか。夜間の「桜町」のイベントも盛況でした。朝晩が過ごしやすい陽気になり、秋の訪れを感じる新潟です。

2013年8月28日 (水)

思春期の体調不良に漢方!!怠けていると思われがちな症状に

  朝グズグズして起きにくい、めまいやふらつき、だるさなどの体調不良に悩む思春期のお子さんに体質改善の漢方薬が好評です。A307_071

◇頭痛、腹痛、下痢などの症状や

◇イライラ、もやもやする、やる気がない、うつうつする、気分の落ち込み

◇朝起きれない、眠い、だるい、疲れやすい

◇めまい、立ちくらみが多いA307_067

◇食欲がない、眠れない

など多様な症状に悩む方が多いです。

 怠けていると思われてしまうことがあるようですが、小学校高学年くらいから、中学生、高校生の心と体が成長が著しい時期です。身心のバランスを崩しやすく、体調不良に悩むお子さんが多くなります。検査をしても特に異常が認められない場合が多く、症状が激しい方は、学校などの日常生活に支障をきたしているお子さんもいらっしゃいます。ストレスなどによる自律神経失調症と言われることが多いようですが、思うような改善が見られないという方が多いです。A307_046

 このような症状に、体質改善の漢方薬が効果的です。お子さん一人ひとりの体質に合わせた漢方薬は、体にやさしく作用します。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

20130827120607

「思春期のイライラ・体調不良に漢方」

「思春期の女性の心身の不調に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「思春期女子の心と体の不調に漢方」

 本日で「お諏訪祭り」最終日です。護国豊穣の神様が、お諏訪神社にお帰りになられますので、今日の午後に、神様を乗せた灯篭が、クリニックの前を通るそうですので、楽しみにしています。新潟の夏も終わりに近づいています。

2013年8月27日 (火)

お諏訪祭り

20130827152332201308271523422013082715235920130827152428
 町内の子供さん方が、灯篭を引いてきました。少し前までは、綱につかまり切れないくらい、小学生以下の子供さんが大勢でしたのに、この辺も少なくなりました。

 水戸部クリニック横の道を通りましたので、写真を撮りました。

「新潟の漢方のお医者さん水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。携帯、スマホ対応

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

しろね祭り(桜蝶組)

20130827120620 昨日から、護国豊穣を祝う秋季祭「お諏訪祭り」です。各町内の灯篭を引く子供さんの姿が、みられます。

 その時期に、旧白根市街の本町通りに、「しろね祭り」が開催されています。露店やイベントが開催されています。夜になるとお客さんが大勢来られて、にぎやかになります。その本町通りから、1本裏の通りで、桜町青年会の皆さんによるイベントを開催しております。踊りあり、バンド演奏あり、やきそば、クレープ、かき氷、ビールにジュースなど盛りだくさんです。午後7時頃からにぎやかになります。

2013082712485320130827131207 ただ今準備の真っ最中です。イケメンパパ二人が、自家製プリンのラッピング中でした。お味は、goodです お時間がある方は、桜町のイベントへお立ち寄りください。

 

※水戸部クリニックは、通常通り午後6時まで診療を致します。

「新潟の漢方のお医者さん水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。携帯、スマホ対応

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

乳腺炎に葛根湯が効きません。早く効く漢方はありますか?

 乳腺炎の症状に漢方薬が効果的です。葛根湯を服用したけれど、改善が見られないという方が受診されることがあります。ネットで、「乳腺炎」で検索しますと、「乳腺炎には葛根湯」という記載が多いと知りました。水戸部クリニックでは、乳腺炎の状態や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Ky112_26

 「乳腺炎が治らない、繰り返す」方の受診が多いです。乳腺炎に悩む方の体質やその時の症状に合わせた漢方薬を処方しております。漢方薬は、病名投与ではなく、「証(患者さん一人ひとりの体質や症状)」に合わせた処方をするのが、ほとんどですので、乳腺炎に葛根湯が良い場合もあると思いますが、いつでもどなたの乳腺炎にも葛根湯ではないように思います。

 乳腺炎で受診される方は、助産師さんのご紹介が多いですが、ママの間で口コミで広がったそうで、「『ママ友』から聞きました。」、という方も多くなりまして、嬉しくなったりしています。

 また、以前に別の症状で受診されていた方、漢方薬を服用されて、めでたく妊娠、出産された方が、「HPを見ました。」、「先生のブログに書いてあったので・・・。」と受診されることも増えて、嬉しいご報告を頂くことも多くなりました。

 20130822154631
◆乳腺炎が治らない

◆しこりが取れない

◆発熱、痛みが辛い

◆乳腺の詰まりが気になる

◆冷やしても熱が取れない

◆膿が出て来た

 20130822165742
◆乳腺炎になりやすい、繰り返す

などのご相談が多いです。一人ひとりの体質や乳腺炎の症状に合わせた漢方薬が効果的です。漢方薬は、通常のお薬と同じように健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟の産後の疲れ治療に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「産後の症状に漢方」

【乳腺炎を繰り返す方は、食生活の見直しを】Ky50_07_3
 

 乳腺炎の原因としては、お母さんの体で作られる母乳の量と赤ちゃんの飲む量のアンバランスなども考えられますが、食事による原因が、8割と言われているようです。

 「味の濃い食品や脂っこい食事、洋食などを控えて」と言われているようですが、「おいしいものは食べたい!!」ですよね。それに、授乳期間は、とってもお腹が空きますよね。我が子は、かわいいけれど、育児ストレスも溜まります。そんな時に、甘いもので、ホッと一息・・・♪お子さんとの授乳期間は、本当に短いです。乳腺炎と上手につき合いましょう

2013年8月26日 (月)

脱水症状なのに水が飲めない

 嘔吐や下痢などにより脱水症状が激しいと、口から水分を受け付けない状態に陥ってしまうことがあります。熱中症でもこのような状態になる場合があります。口の中がカラカラに乾燥して、水分を飲みたいのに、吐き戻してしまう、気持ち悪くて飲めないなどの状態になってしまうことがあります。このような状態を漢方では、「水逆(すいぎゃく)」と呼びます。

 脱水症状の改善に点滴なども効果的ですが、口の渇きや激しい吐き気、身のおきどころがないような倦怠感に、漢方薬を併用しますと改善がとても早く、体力の回復が早い方が多いです。水逆改善の漢方薬の服用により、体の中の水分代謝の滞りが改善され、少しずつ水分が飲めるようになる方が多いです。このような状態になれば、水だけでなく、電解質の補給ができますので、イオン飲料などの摂取をお奨めします。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「こんな症状に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「内科・胃腸症状に漢方」new

~*~*~*~

ある患者さんのお話です。吐き戻して、激しい下痢をしたと、ぐったりしているので、往診して欲しいとお電話を頂きました。

 口がカラカラになっていたので、水を飲もうとしたが、吐き出してしまって飲むことができなかったそうです。

 「水逆」を改善する漢方薬をぬるま湯に溶かして、

 「少しずつなめるように、飲んでみてください。」と漢方薬を勧めました。

 やっと体を起こして、漢方薬を口にされました。

 「あら、飲めますね・・・。」

 漢方薬を飲み切って、数分後には、水分をゴクゴクと飲み始めました。

 「少し楽になってきました・・・。」

 顔色がよくなってきましたし、少し元気が出て来ましたので、点滴をする必要がないと判断して、患者さんのお宅を後にしました。

 数日後、すっかり元気になられて、いつもの診察に来られました。

20130823193255 「あれだけ気持ち悪くて、だるくて、どうしようもなかったのに、スーッと体が楽になりました。『魔法の薬』ですね あの漢方。 翌日には、すっかり元気になったので、ケーキを食べちゃいました♪」

「こんな症状に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「内科・胃腸症状に漢方」new

2013年8月23日 (金)

剥脱性口唇炎に漢方

 剥脱性口唇炎に悩む方に漢方薬を処方しております。

 唇の表面が剥がれたり、黄褐色の浸出液が出て、かさぶたになったり、亀裂が入って痛みを伴うなどの症状に悩む方が受診されています。「なかなか治らなくて辛い」とのご相談が多く、気になって、自分で剥がしてしまう方や何度も繰り返して治りにくいという方が多いです。

 唇がカサカサして皮が剥ける ヒリヒリとした痛みがある

 唇から黄色い汁が出て、かさぶたが厚くなる20130823120319

 唇がひび割れて、血がにじむ 

 唇が脹れて、口が開きにくい

などの症状が治りにくい方が多いですが、剥脱性口唇炎は、はっきりとした原因がわかっていません。

 東洋医学的な視点から体質改善の漢方薬を処方しております。剥脱性口唇炎は、原因が特定されていない疾患ですし、治りにくい症状ですが、一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により、剥脱性口唇炎が改善される方が多いです。医師の処方による漢方薬は健康保険が適用になります。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を」水戸部クリニック

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

2013年8月22日 (木)

熱中症予防には漢方薬!!熱中症になりやすい、繰り返す方に

 熱中症予防の漢方薬が好評です。熱中症は、暑さ対策や水分、塩分補給だけでは、予防できない場合が増えていますので、屋外で過ごす時間が長い方や熱中症の症状を繰り返す方には、熱中症の予防効果のある漢方薬をお奨めします。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

Ky36_10熱中症対策の漢方

☆新しいHPを作成中です。

「熱中症予防・後遺症治療の漢方」

 熱中症の症状として

 大量の汗、激しい口の渇き、だるさ、吐き気やおう吐、頭痛、めまい、ふらつき、体の熱感などがあります。

 重症化しますと、痙攣や意識不明に陥って、死に至ることもございますので、体調に異常を感じたら、早めの受診をお奨めします。

◇頭痛、めまいが治らないA307_103_2

◇体の中が熱い、ほてる 汗が出ない

◇息苦しい、微熱が下がらない

◇冷や汗が出る

◇のどの渇きが取れない

などの症状の予防や改善に漢方薬が効果的です。体の中にこもりやすい熱を冷まし、熱中症の症状の改善を早めます。外での仕事が多い方、スポーツをされている方、小児やご高齢の方にもお奨めです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

また、熱中症の後遺症に悩む方が受診されることがあり、症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

熱中症対策の漢方

☆新しいHPを作成中です。

「熱中症予防・後遺症治療の漢方」

2013年8月20日 (火)

下痢が続く夏風邪に漢方

 夏風邪による下痢、感染性胃腸炎の症状は、激しい下痢や吐き気が続くことが多く、つらい方に漢方薬が即効することが多いです。吐き気や下痢が続いて、腹痛や体力の消耗が激しくつらい方に好評です。A306_129

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 夏風邪による下痢は、冬にひく風邪とは異なり、「湿邪」(湿気)が原因となっている事が多いです。これは、湿度が高い夏に、冷たい食品を摂り過ぎたり、冷房などによって、皮膚表面から、汗をかきにくくなり、胃腸に余分な湿気が滞ることが多いためです。

 それによって、免疫力が低下しますと、胃腸炎を起こす風邪に感染しやすくなります。吐き気がしたり、下痢が長引いて治りにくい場合が多いです。

 夏風邪症状に合わせた、通常のお薬と共に、免疫力を高めて、胃腸に滞った過剰な湿気を排泄し胃腸の働きを整える効果のある漢方薬などの併用が効果的です。一般的な西洋薬に漢方薬を併用されると、吐き気や下痢などの症状の改善が早い方が多いです。20130820115054

 「湿邪」による胃腸炎は、冷えの症状があれば、「寒湿邪」、炎症性の熱症状を伴う場合は、「熱湿邪」による胃腸炎と考えて、症状を改善する漢方薬を処方します。漢方薬は、通常のお薬と同様に健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「吐き気、下痢の感染性胃腸炎に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「吐き気と下痢の風邪に漢方」new

2013年8月18日 (日)

首の湿疹? かゆいというより痛い。・・(>д<)・・。

 首の皮膚にチクチクとした痛みがあるという方が受診されました。医療機関をいくつか受診されたそうですが、痛みを感じる部分には、湿疹もなく、、異常がないので、治療のしようがないと言われたそうです。

20130812172347_2 「首の7、8か所ですが、ガラスの破片が刺さったような激痛がします。ずっと痛いわけではありませんが、汗がしみるのか、何もしていなくても、急にチクチクっと痛みが走ります。すぐに痛みはなくなりますが、とても痛いです。」

 皮膚組織の一部に何らかの損傷が起こっていると考えて、皮膚の修復を促進することを目的とした漢方薬を処方しました。炎症の深さや程度によって回復までに時間がかかる可能性もあるとお話しました。

 「漢方薬を飲み始めて、1週間くらいで、あの激痛が治っていることに気が付きました。全部飲んでなくなりましたが、続けた方がいいですか。なんだったのでしょうか。2か月以上も治らなかったのに・・・。」

 痛みも完全になくなりましたので、「中止ししましょう。」とお話しました。

20130812180007 皮膚症状だけでなく、原因がわからない症状に悩む方の受診が多いです。処方を工夫してもなかなか改善が見られず、悩む事もありますが、諦めずに服用を続けて下さった患者さんが、改善された時の喜びは、ひとしおです。

「皮膚科症状に漢方」スマホサイト

PC用HPはコチラ

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

2013年8月16日 (金)

接触性皮膚炎(かぶれ)が治らない、繰り返す時は、漢方

 接触性皮膚炎が治らない、繰り返す方に体質改善の漢方薬が好評です。抗ヒスタミン剤による治療が一般的ですが、治りにくい方、抗ヒスタミン剤を中止すると、また症状が出る方の受診が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 接触性皮膚炎は、汗やアレルゲンとなる物質などによる刺激によって、皮膚が赤くなったり、ブツブツや皮膚が盛り上がった湿疹、水疱などが出来る皮膚炎です。かぶれとも呼ばれます。

 夏の汗をかきやすい季節のみに発症して、治っても繰り返すという方の受診も多いです。Ky36_11_2

◇衣類や下着などが触れる部分

◇ジャケットの襟や袖口、下着の締め付け部分

◇靴下や髪の毛があたる部分など

に出る方が多いです。

Ky57_06また、毒性のある植物や虫の毒、洗剤や装飾品などの金属などによるかぶれなども考えられます。洗剤や金属によるかぶれによる方は、使用を控えていただくことで、改善される場合が多いです。

 原因と考えられるものとの接触を控えたり、通常のお薬を服用されても、なかなか湿疹や皮膚の赤味、腫れが引かない、治りにくい、治っても繰り返す方に、体質改善の漢方薬が効果的です。

 皮膚の炎症の状態に合わせて、炎症を鎮める漢方薬が効果的です。

◇赤みが強いA307_032

◇かゆみが激しい

◇みみずばれのように膨れている

◇ブツブツとした湿疹

◇水疱ができている

 なかなか治りにくい方、治っても繰り返す方は、体全体のバランスを整える漢方薬の服用により、接触性皮膚炎の湿疹が徐々に出にくくなってくる方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。20130730223522

「新潟の皮膚科治療に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「治りにくい皮膚症状を漢方で」

2013年8月10日 (土)

お盆休みのお知らせ

 8月12日(月)~8月15日(木)まで、お盆休みとさせていただきます。

  8月16日(金)より平常通り 診療を致しますので、よろしくお願い致します。

 

 西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を皆様に

 新潟の漢方薬も処方する内科医院です。

                           水戸部クリニック

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

目の周りの赤み、かゆみ

 目の周りの湿疹のご相談を受け付けております。アトピー性皮膚炎、化粧品や薬品によるかぶれなどによる場合も考えられますが、はっきりとした原因がわからない場合が多いようです。

 20130809122037
 目の周りが赤い ただれる むくんだように脹れる

 かゆみ 掻き壊しによる色素沈着

などに悩む方の受診が多いです。

 特に夏は、日焼けや汗によるかぶれなどもありますので、目の周りの赤みや炎症が激しくなる方の受診が多くなっています。このような症状に漢方薬を処方しております。皮膚表面の炎症に対してだけでなく、体全体のバランスを整える漢方薬の服用が効果的です。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。目の周りやまぶたが紅く脹れて、「化粧品かぶれ」と言われて、ステロイド剤を塗っていたが、改善する様子がなく、範囲が広がってしまったと受診されました。何十年も使い続けてきた化粧品なので、急に合わなくなるとは、考えられないとのことでした。

 体質改善の漢方薬と目の周りの脹れや炎症を鎮める漢方薬を2週間分処方しました。2週間後に受診された時には、まぶたの脹れは、スッキリと引いて、赤みが少し残る程度になっていました。同じ漢方薬を処方しまして、症状がなくなれば中止してよいとお話しました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 目の周りが赤くなって、ブツブツした湿疹が出ている。かゆみが強いという子供さんのお話です。かゆくて、イライラしている。便秘になることが多いという患者さんでした。

 「皮膚は、内臓の鏡」という言葉があるように、治りにくい皮膚炎には、内臓機能を整えることも重要ですので、胃腸の働きを整える漢方薬と目の周りの炎症を鎮める漢方薬を処方しました。便秘が改善され、少しずつ皮膚の赤みが引きましたが、目の下のブツブツした湿疹に変化が見られないので、一部処方を変方して様子をみました。少しずつ湿疹が減り、ほとんど目立たなりましたので、漢方薬を1種類にして、飲みきり中止としました。

「目の周りの湿疹、かゆみに漢方」スマホサイト

「目の周りの湿疹、アトピーのかゆみに漢方」

2013年8月 9日 (金)

更年期の陰部のかゆみや痛みに漢方

 更年期の女性で、陰部のかゆみや痛み、ナプキンによるかぶれに漢方薬が効果的です。A306_105

◇陰部が乾燥して、チクチクする、かゆい

◇おりものやナプキンでかぶれる

◇陰部がチクチクする

◇膣の違和感など

 閉経後の女性ホルモンの分泌低下により、陰部の違和感や痛み、かゆみ、チクチク、ヒリヒリ感などを感じる方がいらっしゃいます。

 このような症状は、重篤な疾患が原因となっている場合もございますので、一度婦人科を受診される事をお勧めします。特に異常が認められない方、思うような改善がみられない方に漢方薬が好評です。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。20130809122016

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟の更年期治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「更年期障害に漢方」

Ky01_10_4☆デリケートなお話は、漢方に詳しい女性の薬剤師がクリニックにおりますので、ご相談しやすいと好評です。

~*~*~*~

 今日も本当に暑いですね~ お昼休みに、三条、燕方面へ用事を足しに行ってきました。さわやかな青空が広がっていましたが、今日のような気温が高い日は、白根側から見ますと、加茂から三条方面の山側の空が、真っ黒になって、遠い雷が聞こえてくる事が多いです。雷は怖いですが、一雨降ると涼しくなりますね。

2013年8月 8日 (木)

夏なのに冷え症?その不調は冷えかも。隠れ冷え症に漢方

 夏の体の不調は、冷えが原因となっている場合があります。冷えを自覚していない「隠れ冷え症」の方が多く、以下のような症状が冷えのサインとなっている方が多いです。

A307_116◇手足が冷える、しびれる

◇めまいがする

◇体が重い 足がむくむ だるい

A307_085◇関節が痛む

◇食欲がない 下痢や腹痛が多い

◇暑がりでクーラーが好きな方の体調不良

などの症状が冷えが原因となっている場合があります。暑がりでクーラー好きな方に、隠れ冷え症の方がいらっしゃいます。このような症状は、冷えを改善する漢方薬によって改善される方が多いです。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^

Ky29_11 夏は、外の気温が高いので、熱を発散させようとして、体の表面の血流がよくなり、体の中の熱が集まり、皮膚表面は温かくなります。その反面、体の芯には、熱が少なくなりますので、自覚的には、暑いと感じていても冷えている方が多いです。そして、冷房の中に長時間過ごすことで、体に冷えが蓄積されます。

 更に、熱中症予防や暑さ対策で、水分摂取の量が多くなりがちです。それによって、体の中に余分な水分が滞りやすくなります。この状態を漢方では、「水毒」と呼びます。水毒の状態は、胃腸を冷やし、血行が悪くなり、更に体を冷やすことになります。

 20130803194627_2冷えによる体調不良には、冷えている部分を温めて、冷えを改善する漢方薬や水分代謝の滞りや血流を改善する漢方薬などが効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「冷え症を漢方で改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「冷え症に漢方」

2013年8月 7日 (水)

アトピーの脱ステロイドを漢方で

 アトピー性皮膚炎の方でステロイドを中止したいとのご相談が多いです。長期間使用している方が急に、ステロイドを止めると今まで抑えられていた炎症が皮膚表面に噴き出してきます(リバウンド)ので、皮膚の状態に合わせた漢方薬の服用により、皮膚の炎症を鎮めながら、ステロイド剤を塗る量や回数を減らして、ゆっくりと離脱する方法がお奨めです。

 リバウンドの症状として、

 
◇皮膚が赤くなって 熱を持つ Ky27_01_4

◇乾燥して、皮がむける ボロボロと剥がれ落ちる

◇皮膚が脹れて、むくんで、痛い

◇ジクジクした浸出液があふれてくる

◇体がほてって、眠れない

◇掻き壊した部分から黄色い汁が出てくる

などの症状が、一気に噴き出してくる方が多いです。

 このような症状を繰り返して、皮膚の正常な生まれ変わり(ターンオーバー)が見られるようになりますが、症状が激しく、辛いので、「いつ治るのか」、「かえって悪化しているのではないか」、「本当によくなるのか」と不安になる方が多いです。このような症状は、比較的早く改善がみられる場合や2,3か月以上続く場合もあり、個人差によるものが大きいです。

 この時期は、症状の激しさで、夜も眠れないほど辛いという方も多いです。その時の症状や体質に合わせた漢方薬の服用によって、症状の軽減を図ります。一時的に症状が軽減したり、悪化したようになったりを繰り返しながら、少しずつ症状が軽減してくる方が多いです。お肌のかゆみやほてりの軽減に、お肌の炎症を鎮めるローションや漢方の軟膏などもご紹介しております。

20130805134813 「治りにくい皮膚症状に漢方」スマホサイト

アトピーのステロイド離脱に漢方

~*~*~*~*~

 やっと梅雨明けした新潟ですが、昨日も雨が降ったり止んだりしていましたので、「あまがえる」が喜んでいます。葉っぱにちょこんと乗っていましたので、思わず撮影しました♪

2013年8月 5日 (月)

認知症改善には、抑肝散だけですか?

 認知症の患者さんに抑肝散が処方されることが多くなっているようです。認知症の方のイライラや興奮、不眠などの症状に効果的ですが、認知症の症状や体質に合わせた漢方薬は、多くの種類がございますので、患者さん一人ひとりの症状や体質にあわせた漢方薬が効果的です。Ky61_02_2

 漢方は、症状に対してだけで処方するのではなく、体全体の状態に合わせて処方を選択するのが、本来の形になりますので、認知症の方の症状や体質に合わせて、抑肝散や他の漢方薬の組み合わせなどによって症状が改善される場合が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

Ky61_19_2
詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。ご家族の方が付き添ってこられました。
 認知症の症状があり、とても気持ちが沈んでいらっしゃるとのことでした。元々、物静かな方で、イライラや興奮などは、全くみられない方です。ご自分の部屋で横になってばかりいられるとの事でした。ご本人は、「もの忘れがひどくて、落ち込みます。」と言われました。

 脳内の血流改善効果などが認められている漢方薬や体力をつける漢方薬を処方しました。数か月継続されていますが、少しずつ元気を取り戻して、以前のように自宅の庭を歩いたり、歌を歌ったりされるようになられています。年月を重ねることで、認知症の症状は、進む可能性はありますが、現在は、少しよい状態を保っていらっしゃいます。A307_076_2
~*~*~*~

 別の患者さんのお話です。軽度の認知症の症状があります。

 デイサービスの方と、トラブルがあり、それ以来入浴や食事の介助などを拒否されて、困ってしまったとのご相談を受けました。ご自宅では、とても機嫌よく食事も摂られているとのことでした。赤ら顔で体力がある方でしたので、イライラや興奮を発散する効果が見られる漢方薬を処方しました。比較的短期間で、イライラされなくなりましたので、中止しました。

 お体に不自由を感じていらっしゃる患者さんは、何気ない言動で気分を害されてしまって、周囲が驚くというようなこともございます。このような一時的なイライラや興奮にも漢方薬は、効果的です。20130802115909

 上記のように、症状や体質に合わせた漢方薬によって、認知症の症状の改善により細やかな対応ができると考えております。

~*~*~*~

 新潟もやっと梅雨明けとなりました。昨日は、久しぶりの青空が見えて、「やっと夏が始まった~」と思っていましたら、今日は、しとしと雨が降っています。

2013年8月 1日 (木)

臀部の湿疹が治らない、おしりがかゆい、ステロイドが合わない

 おしりの湿疹が治りにくい、かゆくてつらい方、なかなか治らない症状は、長時間座ることが多い仕事の方、学生の方に多いです。衣類とイスによって、おしりの部分が蒸れています。更に、長時間座っているので、おしりの皮膚を圧迫して、血流が悪くなっている事も悪化の原因の一つと考えられます。あせもや湿疹ができやすく、治りにくい方が多いです。特に汗をかきやすい夏に悪化する方が多いです。かゆみ止めやステロイド剤では思うような改善が見られない方に、漢方薬が効果的です。Ky22_29

 湿疹の状態に合わせた漢方薬の服用により、少しずつ湿疹が改善される方が多いです。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

おしり(臀部)の湿疹の症状としては、

◆ブツブツとした発疹があるPhoto

◆赤く炎症が強い湿疹

◆ジュクジュクして、汁(浸出液)が出ている

◆カサカサして乾燥、ポロポロと剥がれる

◆おできのような大きな湿疹があり、痛い

◆掻き壊しによる色素沈着(黒ずみ)

などが多いです。

 このような症状に、おしり(臀部)の皮膚の症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

◇小さいブツブツには、炎症を鎮め湿疹をきれいにする漢方Ky54_15

◇赤く炎症が激しい湿疹は、炎症による熱を鎮める漢方

◇ジュクジュクには、浸出液を吸収して、乾かし炎症を鎮める漢方

◇カサカサには、皮膚に潤いを与える漢方

◇化膿には、膿を吸収して小さくする漢方

◇皮膚の黒ずみには、血行を促進し、皮膚を美しく整える漢方

などが効果的です。

医師の処方による漢方薬は、健康保険適用ですので、続けやすいと好評です。20130801111620

おしりの湿疹についてのお話

「乳幼児、学童のアトピー」のページに記載しております。

おしりのおできについてのお話「いろいろな皮膚炎に漢方」

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »