カテゴリー

« 寝汗がひどい | トップページ | 思春期の頭痛、偏頭痛に漢方薬 »

2013年5月22日 (水)

更年期のめまい、ふらつきに漢方

 更年期にめまいやふらつきが、治らない、繰り返す方が多いです。のぼせやほてり、イライラ、もやもやする感じなどの症状も伴う方が多いです。このような症状に、女性ホルモンのバランスを整え、めまいの原因となっている体のバランスの乱れを整える漢方薬が効果的です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。A307_047

 更年期障害の症状は、女性ホルモンのエストロゲンの減少によって、起こりますが、その症状は、多彩で、個人差があり、思うような改善がみられず不快感や苦痛に悩む方が多いです。

 東洋医学では、「女性の体は、7の倍数で変化する」と考えます。42歳前後から、卵巣機能の衰えが見られ始めます。それに伴い、生理不順が起こったり、生理の出血量に乱れが生じたり、だらだらと続いたりと、生理周期の乱れに伴い、更年期症状に悩む方が多くなります。急激なホルモンバランスの乱れや体の変化について行けず多彩な更年期症状に悩まされる方が多いです。

 更年期のめまいに悩む方の症状や体質は、一人ひとり異なりますので、症状や体質に合わせた漢方薬を処方致します。漢方薬は、健康保険が適用になります。20130509143643

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「更年期障害の改善に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「更年期障害に漢方」

「めまい、メニエール病治療の漢方」スマホサイト

PC用HPはこちら、

「メニエール、めまい、ふらつきに体質改善の漢方」

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~Ky49_13

 ある患者さんのお話です。若い頃から生理痛も生理不順もなく過ごして来たという方です。40歳後半くらいから、PMS症状に悩むようになり、特にめまいや顔のほてりなどが急に起こることが多くなり、日常生活にも支障が出るようになっていました。いつめまいが起こるかと思うと不安で、眠りが浅いこともつらいとのことでした。何年も続いていたので、「更年期が終わるまで我慢するしかない。」と半ば諦めかけていたそうです。知り合いの方のご紹介で受診されました。お友達方や職場の方、ご家族からのご紹介など口コミで受診される方が多いようです。ちょっと嬉しくなってしまいます(o^-^o)

 体質に合わせた漢方薬の服用により、少しずつめまいや顔のほてりが起こらなくなり、体調が整うのを実感されました。家事をするのがやっとの状態から、「こんなに元気になったら、時間がもったいなくて、じっとしていられません。」と、趣味のスポーツを再開されています。

« 寝汗がひどい | トップページ | 思春期の頭痛、偏頭痛に漢方薬 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

めまい」カテゴリの記事

.更年期」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 更年期のめまい、ふらつきに漢方:

« 寝汗がひどい | トップページ | 思春期の頭痛、偏頭痛に漢方薬 »