カテゴリー

« 春のうつうつした気分に漢方薬 | トップページ | 不妊症でしたが、漢方で妊娠しました(*^-^) »

2013年4月15日 (月)

春の生理不順、PMS

 今日の新潟は、桜が満開です。昨日もよいお天気でしたので、お花見に行かれた方が大勢いらっしゃったようです。

 今日は、生理不順とPMS(月経前症候群)のお話です。桜とは関係ありませんが、桜の季節に生理不順やPMS症状が激しくなる方が多くなります。

 春は、ホルモンの代謝に変化が起こり、血の巡りがよくなります。それに伴い肝(東洋医学でいう肝)の働きが亢進しますので、気力が満ちて体のなかを滞りなく巡ると、体が温まり、気分もさわやかな状態となりますが、ストレスや疲労の蓄積などにより、肝が疲れた状態の方は、イライラや不眠、動悸、喉のつかえなどの症状に悩む方が多いです。そして、肝系は生殖器との関連が強いので、ホルモンバランスの乱れにより、肝系の働きに乱れが生じ、生理不順やPMS症状に悩む方が多くなります。

 生理周期の乱れや生理前の身心の不調には、個人差があり、多様な症状に悩む方が多いです。体調不良や精神的に不安定になる方もいらっしゃいます。

『身体的な不調』としては、

頭痛、肩こり、腰痛、関節痛

お腹が張る、痛む、胸や乳房が張る、痛む

めまいがする、むくむ、足がだるく重くなる

胃がムカムカする、吐き気がする

便秘になる、下痢になる

眠くて仕方がない

動悸、不眠

にきびや肌荒れなど

『精神的な不調』は、

イライラしやすい、攻撃的になる

気分が落ち込む、憂鬱になる

集中力が低下する、気力がわかない

疲れやすいなどが一般的に多い症状です。

 このような症状は、体質に合わせた漢方薬の服用により、改善される方が多いです。ホルモンバランスや体調を整える漢方薬が効果的です。PMS症状は、季節や周囲の環境の変化などによる影響を受けやすいので、季節や症状の変化に伴い、体調や症状に変化を感じた場合には、必要に応じて処方を変方したり、追加したりすることも必要になります。

 「いつもの処方で調子がよかったのですが、最近なんとなく、○○のような症状が気になって・・・。」という方が多くなる季節です。「今まではよかったのに、なんとなくしっくりこなくなったみたい。」と感じる方は、お気軽にご相談下さい。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「生理痛、PMSに漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「生理痛・生理不順に漢方」new

「PMSに漢方」

« 春のうつうつした気分に漢方薬 | トップページ | 不妊症でしたが、漢方で妊娠しました(*^-^) »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.生理痛、生理不順、PMSなど」カテゴリの記事

コメント

30代、女性です。PMSなのか春の自律神経失調気味なのか毎日が辛くて、症状を入れて検索をかけたら前回のブログにヒットしました。今回の内容もですが当てはまっていてビックリです。西洋医学的には何でもないようですが、朝に体がだるく動悸?胸が締め付けられるような感じやら、そわそわ感があります。漢方医さんにいってみますね!ありがとうございました。ブログをこれからも楽しみにしてます。

 のんさん コメントありがとうございます。漢方のよさを知っていだだけて、とても嬉しいです。これからもわかりやすい内容を心がけて、掲載して行きますので、ご感想などお聞かせ願えればありがたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の生理不順、PMS:

« 春のうつうつした気分に漢方薬 | トップページ | 不妊症でしたが、漢方で妊娠しました(*^-^) »