カテゴリー

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

副鼻腔炎症がつらい、なかなか治らない方に体質改善の漢方

 鼻づまりや粘り気のある鼻水が続いている、副鼻腔炎が治らない方に体質改善の漢方薬が好評です。花粉症やアレルギー性鼻炎から、副鼻腔炎になった方の症状にも効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

◇副鼻腔炎の症状は、20130425160750

◇鼻がつまる

◇黄色や緑がかった鼻水が出る

◇膿のような鼻水が出る

◇鼻水がのどの奥に落ちる

◇頭痛がする 顔や頬骨の辺りが痛い

◇匂いがわからない 口臭が気になる

などがあります。

 副鼻腔炎の治療は、抗生物質や抗菌剤、抗炎症薬などによる治療が一般的ですが、いつまでも治りにくい方に漢方薬が好評です。副鼻腔炎の症状や体質は、一人ひとり異なりますので、その時の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。漢方薬は健康保険が適用になります。

 漢方薬は、風邪や花粉症による副鼻腔炎や慢性の副鼻腔炎(蓄膿症)の症状にも対応しております。20130425160804

「副鼻腔炎(蓄膿)の症状に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「ちくのう・副鼻腔炎の治療に漢方(後鼻漏や臭いにも)」

 ~*~*~*~*~*~

 ゴールデンウイーク中日の今日は、予報通りの雨です。今日の新潟は、朝から気温が低く、肌寒いです。本日30日、1日、2日の3日間は、通常通り診療を行っております。

2013年4月28日 (日)

春から初夏にアトピーが悪化

20130425160721_2 ゴールデンウイーク前半の新潟は、晴れていますが、気温は低めです。花粉症に悩む方の受診がひと段落したように感じていますが、落ち着いていたアトピー性皮膚炎が悪化し始めた方、何年も治まっていた症状が、急に再発した方の受診が多くなり始めました。

 ブログでお話していますように、春は、皮膚表面の血流がよくなり、冬から体の中に蓄積していた、老廃物などが噴き出しやすくなります。皮膚表面は、体温を逃さないように作られた冬の皮膚から完全に入れ替わっていませんので、痒みが悪化しやすくなります。

 アトピーの方は、日焼けにより炎症が悪化しやすい事をご存じの方が多いと思いますが、春は、日焼け対策に力を入れていない方が多いようですが、紫外線の量が冬の3倍くらいに増えますので、外出される際は、日焼け止めを塗ったり、日焼け止めを使用されることをお奨めします。水戸部クリニックでお肌にやさしい日焼け止めをご紹介しております。

20130425160837 そして、汗によって痒みが増しますので、掻き壊して更に悪化させてしまった方の受診も多くなります。気温もそれほど高い日が多くはありませんので、汗をかいた実感がない場合も多いですが、帰宅されましたら、軽くシャワーを浴びるなどされることをお奨めします。特に、耳の後ろ側、手首や腕、わきの下、ひじやひざの内側など汗が溜まりやすい部分を中心に流されるとよいでしょう。汗を流した後は、保湿剤などを使われることをお奨めします。漢方の石鹸や保湿ローションなどが好評です。

 紫外線対策や汗対策も大切ですが、悪化してしまったアトピーの症状の改善に漢方薬が効果的です。アトピーの皮膚症状は、複雑な症状や体質が混在している方が多いですので、細やかに対応した処方を選択しております。また症状や体質は、体調や季節の変化などの変化によって変化する場合多いですので、必要に応じて、処方を変方しております。漢方薬は、健康保険が適用になります。ステロイドの塗り薬を使いたくない方や中止したい方のご相談も受け付けております。

「アトピー性皮膚炎に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。アトピー性皮膚炎に関連したINDEXページです。

2013年4月26日 (金)

検診結果の見方がわかりません。結果を持参して受診して下さい。

 最近、検診結果を受け取ったが、どうしたらよいかわからないという方が多くなっています。4月に検診を実施する会社が多く、検診結果がお手元に届く方が多い時期になりました。結果に異常なしと記載されていた方は、一安心ですね。Ky72_24_2Ky65_19

 「要再検査」との記載があった方は、出来るだけ早く医療機関を受診して下さい。受診の際には、検査結果を持参して下さい。

 「経過観察」と記載されていた方、検査の数値に気になる部分があっても深刻な異常といえる状態ではない場合に、「経過観察」と記載されることがあります。

 数値を見てもどの程度の状態なのか、改善する必要があるのかご心配な方は、検査結果を持参して受診していただければ改めてご説明いたします。

 新潟市検診、各種健康診断も受け付けております。20130425160651

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

「鼻からの胃カメラ」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

「口から、鼻から選べる胃カメラ」

~*~*~*~*~*~

 昨日は、晴れて暖かい日でしたが、今日の新潟は朝から雨なので、気温が低めです。朝、田んぼの横を通り過ぎたら、水が張られていました。田植えの準備ですね。田んぼに水が張られると、どこからかカエルが出てきて一斉に鳴き始めるのですから不思議です。

2013年4月25日 (木)

偏頭痛が治らない方に漢方!!看護師さんにも好評です!!

 偏頭痛が治らない、偏頭痛発作を繰り返す方、鎮痛剤を服用したくない方に体質改善の漢方薬が好評です。夜勤などで不規則になりがちな看護師さんのご相談も多いです。Hl35_19_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

偏頭痛の症状としては 

◇頭の片側(両側の場合も多い)に起こる

◇こめかみや目の奥に脈打つような痛みKy15_13

◇ズキズキ、ガンガンするような痛み

◇偏頭痛に吐き気や嘔吐を伴う方

◇前兆として、ピカッと光りが見えたりする(閃輝暗点(せんきあんてん)

などがあります。

 偏頭痛の原因には、様々なものがありますが、血管が拡張することによって、頭皮の神経が引きつれて痛みが起こります。血管が拡張する原因は、一人ひとり異なりますが、気温が上昇し、新陳代謝が活発になり、血管が拡張しやすい春から夏にかけてが、偏頭痛が一番発症しやすい時期です。

 偏頭痛の原因は、Ky14_27_2Ky15_19

◆ストレス

◆疲労の蓄積

◆睡眠不足

◆アルコールや特定の食品の過剰摂取

◆自律神経系のバランスが乱れ

◆女性では、生理周期に伴って、偏頭痛が起こる方もいらっしゃいます。

 偏頭痛の症状や体質に合わせた漢方薬は、健康保険が適用になりますので、続けやすいと好評です。20130425081233

「新潟の頭痛、偏頭痛治療」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「頭痛・偏頭痛に漢方」

~*~*~*~

 今日の新潟は、久しぶりの青空です。洗濯物やお布団干しにみなさん大忙しでしょうか。農家の方も畑仕事や田植えの準備に忙しいようです。このような日は、偏頭痛発作を起こしやすくなる方が多いです。強い日差しが刺激になる方がいらっしゃいます。

2013年4月24日 (水)

肩こり、頭痛に漢方薬!首や背中の痛みにも

 肩こりが激しくて、頭痛がする、首もこる方、痛みで眠れないという方が多いです。入浴などで温めると楽になる方が多いようですが、肩こりの原因や体質は、一人ひとり異なります。

Ky31_01 血行が悪い方、ストレスが多い方、疲労が蓄積している方、冷え症の方など、肩こりの原因となる体質に合わせた漢方薬が効果的です。漢方薬は、健康保険が適用になりますので、続けやすいと好評です。

 ストレスが多い方は、ストレスによって自律神経のバランスが乱れることで、血行が悪くなっている場合が多いです。イライラしやすい、緊張する事が多い方などに多いです。ストレスによって滞った気を発散させる効果のある漢方薬などが効果的です。

 疲れると肩が重くなる、痛む方には、体力を補い、肩の血行を改善する漢方薬などが効果的です。

20130422103942 生理周期に伴って肩こりや頭痛、腰痛が激しくなる方には、ホルモンバランスを整える漢方薬などが効果的です。

 体に冷えがある方の肩こりには、体を温め、血行を改善する漢方薬などを処方しております。

「肩こりに漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「肩こり、頭痛に漢方」

 ~*~*~*~*~*~

20130422103956 肩こりに悩む方はとても多いですが、肩こりは、日本人だけとも言われています。確かに、学生の頃(○十年前ですが、笑)欧米人の方とお話した時に、肩こりについての話をしようと思って説明しても、通じなかったことがありました。

 「shoulder ache」では通じず、「shoulder pain」では肩関節炎になってしまい、理解して頂こうと試みましたが、「back ache」と言われてしまい、「なにそれ?西洋人にはないよ。」と言われたことがあった事を思い出しました。「shoulder stiffness」という英訳がある事を後で知りましたが、欧米人には、少ないので、あまり認識されていないようです。欧米人との体の大きさの違いや筋肉が細いためであるとか、言われているようです。

2013年4月23日 (火)

子供のめまい、立ちくらみ、起立性調節障害に漢方

 起立性調節障害(OD)の症状は、朝なかなか起きれない、頭痛やめまい、立ちくらみなどを伴うお子さんが多いです。身長の伸びが著しい小中学生に多く、春から初夏に症状が多くなります。血圧などの調節をしている自律神経系やホルモンバランスが不安定になるために起こっています。このような症状に、自律神経のバランスや体調を整える漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。A307_114_2

起立性調節障害の子供に起こりやすい症状として

◇立ちくらみ、めまいを起こしやすい

◇立っていると気持ちが悪くなる

◇少し動くと動悸がする イライラしやすいA307_115_2

◇朝起きにくく、午前中に調子が悪いが、午後になると調子がよくなる

時々起る症状は、

◇食欲がない、

◇疲れやすい、だるい

◇顔色が蒼白いA306_092_2

◇頭痛やお腹の激痛(おへその辺り)

などになります。

 このような症状に自律神経系のバランスを整え、体力を上げる漢方薬などが効果的です。お子さん一人ひとりのの症状や体質に合わせた処方になります。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。20130422103918

☆「子供の頭痛、腹痛、めまいの漢方」スマホサイト

子供の虚弱体質に漢方

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「子供の頭痛、腹痛、めまいなど心身の不調に漢方薬」

「子供の虚弱体質に漢方」

20130422103929 ~*~*~*~*~*~

 今朝はとても寒くて、お布団から出るのに時間がかかってしまいました。4月も下旬ですのに、朝晩の冷え込みが激しいです。昨日は、朝田んぼに氷が張っていたそうです。そうろそろ田植えの準備が見られる季節になりました。新潟に住んで長いですが、田植えの準備で、水がはられた田んぼは、キラキラと輝いて、とても美しいと毎年思います。今日は、晴れ間がのぞき、少し暖かくなりました。

2013年4月21日 (日)

にきびが春に悪化する原因

 20130330142709今日は、全国的に寒いですね。新潟も昨日よりも更に気温が下がっています。連日気温が低めなので、桜の花が散らずに枝に留まっていましたが、雨に打たれて、花びらが落ち始めています。

 今日は、春に悪化するにきびのお話です。春は、乾燥肌に赤いにきびが出来て悩む方が多いです。

 春は、草木の芽が成長する季節ですので、人間も体の中のエネルギーが満ちてきますので、皮膚表面の血流もよくなり、冬から体の中に蓄積していた、老廃物などが噴き出して来ます。そのために、春はにきびやじんましんなどの方の受診が多くなります。

 それに加えて、食生活の乱れや睡眠不足、疲労などが重なると、血液がドロドロしてしまい(漢方でいう「お血」オケツの状態)、お肌に栄養が届きにくくなって乾燥肌になり、老廃物が噴き出して、にきびなどの皮膚炎になりやすくなります。

20130330144542●赤いにきびが顔の広い範囲にポツポツと出来る

 顔がほてったり、赤くなることが多い方 目の充血も気にされる方も多いです。

●鼻や口の周りに多くできるにきび

 ストレスが多くイライラしやすい方

 にきびの毛穴が赤く血がにじむ事がある。

●あごや首にできるにきび

 黄色い膿が出たり、芯があるような根深いにきびや赤黒くなって治りにくい方

 味の濃いものや脂っこいものを好む方に多いです。

 このようなにきびが春に多くなります。きれいに改善したい方には、漢方薬がお奨めです。にきびの症状や原因となる体質を改善する漢方薬の服用が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「にきびに漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「にきび吹き出物に漢方」

背中にきび   ☆大人にきび のページもご覧ください。

 にきびが気になる方の洗顔についてですが、顔に赤みが強い時は、体の中からの熱が皮膚表面に炎症を起こしていますので、冷たい水で顔を洗わない方がよいです。毛穴が閉じてしまい、外に発散しにくくなりますので、にきびの悪化の原因の一つとなります、ぬるま湯での洗顔をお奨めします。

2013年4月19日 (金)

プレ更年期の生理不順、イライラ、落ち込みに漢方で、ホルモンバランスを整える

 35歳前後から、女性ホルモンの減少が始まり、生理不順やPMSなどプレ更年期の症状に悩む方が増えます。生理周期に伴って、イライラや落ち込み、体調不良に悩む方が多いです。

 このような症状に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

A307_075_3A307_061_2◇イライラ、気分の落ち込み 

◇生理痛、生理不順

◇頭痛、めまい、肩こり、腰痛

◇のぼせ、動悸、不眠

など、多様ですが、ストレスや疲れがたまったことで、ホルモンバランスが乱れていることが原因となっている方が多いですが、婦人科疾患が原因となっている場合もございますので、一度婦人科を受診されることをお奨め致します。

 特に異常が認められない、思うような改善が見られない方に漢方薬が効果的です。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬によってホルモンバランスを整えることによって、症状が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

◆アンチエイジングは美肌効果も欲張って!!

 「女性としては、一番気になるお肌の変化・・・。これをなんとか最小限に、せめて緩やかにしたい!!」と考えております。女性ホルモンの減少によるホルモンのアンバランスを整え、お肌に栄養や潤いを与える漢方薬などが効果的です。

 お肌の状態と共に、冷えやPMS症状の改善など、アンチエイジング効果を考えながら、年齢と共に変化する身心の状態に合わせて漢方薬を服用しております。その影響を受けて当クリニックの職員も更年期対策の漢方薬を服用しています^^

詳しくは、PC用HPをご覧ください「新潟発!40歳からの漢方的アンチエイジング」

「生理痛、生理不順、PMSに体質改善の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「アンチエイジング漢方」

「生理痛・生理不順に漢方」

「PMSに漢方」

◆プレ更年期の時期から、更年期症状対策を!

20130415085530 20代、30代前半の頃のお肌との違いや体力の衰えも気になり始めますが、プレ更年期の時期からの対策により、本格的な更年期の年齢に入った時に、心や体の不調を軽く楽に乗り切ることも可能になると考えています。

◆更年期の急激な皮膚炎が女性にはつらい!!

  更年期の症状と共に、急激なお肌の変化が起こる方の受診も多く、顔の部分の皮膚炎や色素沈着に悩む方のご相談が多いです。年齢的に、お肌の新陳代謝のスピードが緩やかになり、皮膚症状の改善までに長い期間がかかってしまう方が多くなります。お肌の変化を感じたら早めの受診をお奨めします。

 更年期障害の症状に限らず、骨粗しょう症や関節痛も心配になってくる年齢になります。特に女性は、膝関節痛に悩む方が多くなります。そのお話は、HPや以前のブログにも掲載しておりますので、ご覧ください。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「更年期障害による症状を漢方で改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「更年期障害に漢方」

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2013年4月17日 (水)

不妊症でしたが、漢方で妊娠しました(*^-^)

 不妊症で漢方を服用されていた方から妊娠のご報告が続きましたので、お知らせ致します。先月で、お二人、今日は、ご家族の方が、受診されまして、娘さんが妊娠しましたと、ご報告をいただきました。妊娠希望で、漢方薬を服用されていた方です。

 花曇りで風もなく、どんよりとしたお天気の新潟にさわやかな風が吹き抜けたような気がしました。Ky55_05_2

 生理周期や体質に合わせた漢方薬を処方しております。ホルモンバランスを整える事を中心として、細かな体質の違いに合わせた処方を選択しております。Ky55_12

 例えば、

◇低体温気味の方、

◇生理周期にバラつきがある方

◇貧血傾向の方

◇ストレスが多い方

◇疲れている方

など様々ですが、一人ひとりの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

20130405114039 妊娠には、35歳以上の方の受診も多いです。ご存じのように、加齢により妊娠に対してのリスクは高くなりますが、東洋医学的な視点で、妊娠しやすい状態に整える漢方薬を処方しております。

 長期間を要する方や難しい方も多いですが、お力になれるように、よりより処方を検討する毎日です。詳細は、お知らせできませんが、40代の方の妊娠のご報告も頂いております

詳しくはPC用HPもご覧ください。「不妊症治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「不妊症治療に漢方」

2013年4月15日 (月)

春の生理不順、PMS

 今日の新潟は、桜が満開です。昨日もよいお天気でしたので、お花見に行かれた方が大勢いらっしゃったようです。

 今日は、生理不順とPMS(月経前症候群)のお話です。桜とは関係ありませんが、桜の季節に生理不順やPMS症状が激しくなる方が多くなります。

 春は、ホルモンの代謝に変化が起こり、血の巡りがよくなります。それに伴い肝(東洋医学でいう肝)の働きが亢進しますので、気力が満ちて体のなかを滞りなく巡ると、体が温まり、気分もさわやかな状態となりますが、ストレスや疲労の蓄積などにより、肝が疲れた状態の方は、イライラや不眠、動悸、喉のつかえなどの症状に悩む方が多いです。そして、肝系は生殖器との関連が強いので、ホルモンバランスの乱れにより、肝系の働きに乱れが生じ、生理不順やPMS症状に悩む方が多くなります。

 生理周期の乱れや生理前の身心の不調には、個人差があり、多様な症状に悩む方が多いです。体調不良や精神的に不安定になる方もいらっしゃいます。

『身体的な不調』としては、

頭痛、肩こり、腰痛、関節痛

お腹が張る、痛む、胸や乳房が張る、痛む

めまいがする、むくむ、足がだるく重くなる

胃がムカムカする、吐き気がする

便秘になる、下痢になる

眠くて仕方がない

動悸、不眠

にきびや肌荒れなど

『精神的な不調』は、

イライラしやすい、攻撃的になる

気分が落ち込む、憂鬱になる

集中力が低下する、気力がわかない

疲れやすいなどが一般的に多い症状です。

 このような症状は、体質に合わせた漢方薬の服用により、改善される方が多いです。ホルモンバランスや体調を整える漢方薬が効果的です。PMS症状は、季節や周囲の環境の変化などによる影響を受けやすいので、季節や症状の変化に伴い、体調や症状に変化を感じた場合には、必要に応じて処方を変方したり、追加したりすることも必要になります。

 「いつもの処方で調子がよかったのですが、最近なんとなく、○○のような症状が気になって・・・。」という方が多くなる季節です。「今まではよかったのに、なんとなくしっくりこなくなったみたい。」と感じる方は、お気軽にご相談下さい。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「生理痛、PMSに漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「生理痛・生理不順に漢方」new

「PMSに漢方」

2013年4月12日 (金)

春のうつうつした気分に漢方薬

 20130320103026_2
 夕べは、気温が低く荒れ模様のお天気でした。雨がみぞれ混じりになって、「冬に戻ったみたい」と思っていましたら、なんと雷まで鳴りました。冬の雷を、新潟で初めて聞いた時は、本当にびっくりしましたが、今では、冬の到来を告げる雷という感覚になっていますので、ちょっと怖いなとは思いますが、当たり前になっています。それでも4月に雷を聞いたのは、初めてかもしれません。新津からの患者さんと、そんなお話をしましたが、新津では雷は聞こえなかったそうです。白根と新津では、結構天候に差がある事が多いようです。

 「こんな日が続くと、気分がうつうつしてしまいますね。」とお話していました。そこで、今日は、春のうつうつした気分に漢方薬というお話です。

 春になると、「なんとなく うつうつする」、「気分が落ち込む」、「焦燥感に駆られる」、「もやもやした気分になる」という方が多くなります。原因としては、入学、入社、進級、異動、転居など周囲の環境に変化が生じる方が多い季節です。新しい環境や人間関係に対応するために、気を使って疲れたり、寒暖の差が激しく、体調を崩されてから、気分がすぐれないという方の受診が多くなります。

 通常の安定剤を服用されている方で、服用量を減らしたい方や漢方薬のみを希望される方など様々ですが、体にやさしい漢方薬が好評です。

 気を使い過ぎて疲れてしまう方、考え過ぎて眠れない方、仕事や育児がひと段落して燃え尽き感がある方、なんとなく気分が落ち込む方、やる気が起こらない方など様々なご相談を受けておりますが、症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。通常のお薬との併用も可能です。漢方薬は、健康保険が適用になります。

「イライラ、気分の浮き沈みに漢方」スマホサイト

詳しくはPC用HPをご覧ください。「情緒不安定気味の時の漢方」

2013年4月11日 (木)

子供の繰り返す腹痛はストレス?!

20130328203456_2 今日の新潟は、昨日よりも暖かいようです。夕べは、冷え込みましたので、「風邪をひいたようです・・・。」という方の受診が多くなっています。

 今日は、「子供さんの反復性腹痛」についてのお話です。ちょうど、「学校へ行く時間になるとお腹が痛くなる」お子さんについてのご相談がございました。

 反復性腹痛とは、3歳~12歳くらいまでの子供に多く、原因不明の腹痛が繰り返し起こる状態です。熱や吐き気、下痢などの症状もなく、腹痛を繰り返すので、心配される保護者の方が多いです。朝の登校時や行事の前日などに痛む方、また、急に痛みが起こり、数分でケロリと治るお子さん、顔面蒼白になって痛がるお子さんもいらっしゃいます。ストレスや不安が原因とも言われています。検査をしても特に異常がない場合には、漢方薬が効果的です。

 子供さんも大人のように、ストレスを感じている方が多くなっています。大人からみれば、「そんなことで・・・。」と思うような事でも、不安や恐怖を感じて、それがストレスとなって腹痛を起こしている場合もあります。お子さんの話をよく聞いてあげる事も大切ですが、繰り返すお子さんには、不安やストレスを発散させる効果のある漢方薬などが好評です。

 お子さんの症状や体質合わせた処方になります。漢方薬は、自然の生薬から作られていますので、体にやさしいです。健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「子供の心身の不調に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「子供の頭痛、腹痛に漢方」

2013年4月 9日 (火)

連翹(れんぎょう)の花が満開です♪

 20130409081446
 連翹(れんぎょう)の花が満開です。今日の新潟は、穏やかで暖かいです。ご近所のお庭やクリニックの庭にも連翹が咲いていますので、写真を撮ってみました。

 連翹の果実は、漢方生薬として用いられています。にきびやアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患や熱性疾患に用いることが多い漢方薬に含まれています。

 荊芥連翹湯、清上防風湯、防風通聖散、治頭瘡一方などがあります。

20130409081433_2 連翹の果実は、2センチくらいの卵型で、2枚に裂ける核果が連なっているように見えるので、連翹と名付けられたそうです。

 ご近所のお庭や公園でもよく見かける連翹ですが、黄色いきれいな花が咲いているのを見ますが、果実がついているのを見かけることは、ほとんどありません。それは、自家受精ができない植物なので、同じ遺伝子を持った株が群生しても実らない為だそうです。別のところから持ってきた株を傍に植えれば、実るかもしれませんね。

 連翹の花や葉をお茶として飲んでいる方もいらっしゃると聞きましたので、調べてみましたら、新発田地区で販売されているそうです。

20130405114101_2

「新潟の鼻からの胃カメラが好評です。」

新潟の漢方のお医者さん「水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「新潟の鼻からの胃カメラ」new

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2013年4月 8日 (月)

夫がイライラ!ストレス?漢方で優しくなった!?

 イライラの原因は、ストレスや慢性的な疲労の蓄積による場合が多いです。一緒に生活されるご家族にまでイライラが広がって、喧嘩になってしまうこともあります。このような方に、ストレスを発散する効果のある漢方薬や体調を整え、疲労を改善する漢方薬が効果的です。

 ストレスによるイライラ、気分の浮き沈み、体調不良に、体にやさしい漢方薬が好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。A307_072_2

 ~*~*~*~*~*~

 ご主人が帰宅されるとイライラしていることが多く、見ている奥さんもイライラしたり、気分が沈んでしまうので、なんとかして欲しいと、ご主人と一緒に受診されました。

 ご主人は、ケロッとされていて、「別に、イライラしているつもりはないんですがね~。漢方なら体にやさしいし、他の病気もあると困るからついでに診てもらったらと、連れて来られました(笑)」

20130324134758 問診票にご記入いただきましたら、ご本人が自覚されていらっしゃらなくても、ストレスが溜まっていることがわかりました。仕事が忙しくて、趣味の時間もほとんど取れないとのことでした。

 体調を整える漢方薬と気の滞り(ストレスによるイライラ)を発散させる効果のある漢方薬を処方しました。

 「なんとなく、体が軽くなった感じがします。嫁さんが、前より優しくなったと言っています。そんなにイライラしていたとは、思っていなかったんですが・・・。先日久しぶりに、子供と出かけて来ました。ガンプラが趣味でして・・・。嫁さんは、嫌な顔をしていましたが、子供と一緒に作っています。」

 「わかります。我が家にも似たような趣味を持っているのがいますので・・・。(^-^;」

Ky39_29 ご主人のイライラに困る方、また「ご主人にイライラしてしまう方」のご相談も受け付けております。ご主人の行動にイライラしてしまう方のご相談の方が多いような気がします。私も同じかしら・・・(゚m゚*)

 漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「情緒不安定、イライラ、気分の落ち込みに漢方」スマホサイト

20130324134818

ストレスによる体調不良に漢方スマホサイト

詳しくはPC用HPをご覧ください。「情緒不安定気味に漢方」

心に効く漢方!!

 

 ~*~*~*~*~*~

 今日も予報通り、強い風が吹いています。昨日とは違い、晴れ間がのぞいていますが、とても寒いです。この強風の中でも遠くからわざわざ受診される患者さんに感謝しております。新潟は、縦長の県ですので、県境辺りから来られますと、2時間くらいかかってしまう方もいらっしゃいます。横風が強くて、スピードが出せなかったそうです。

2013年4月 7日 (日)

健康診断を受付けております。各種診断書、新潟市健康診断など

 健康診断を希望される方が多い季節です。進学や就職などで必要な方や新潟市の特定検診等を受け付けております。A308_050

 予約なしで受け付けておりますが、健康診断の検査項目の確認をお電話等で、事前にご確認されることをお奨め致します。(胃カメラは、予約制)

 鼻からの胃カメラも受け付けております。

「新潟の鼻からの胃カメラが好評です。」

A308_049_3

新潟の漢方のお医者さん「水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「新潟の鼻からの胃カメラ」new

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

~*~*~*~*~*~

20130405113959_2 今日の新潟は、荒れ模様のお天気でした。用事で中央区方面へ行って来ましたが、途中の道路で、車がひっくり返されるのではないかと思うような横風に吹かれました。この強風は、明日の朝まで、強い風が吹く予報のようですので、受診される方は、気を付けてご来院ください。

2013年4月 6日 (土)

忙しい春に体調を崩します。早く治すには

20130320103040

 春は、体調不良に悩む方が多くなります。体質に合わせた漢方薬の服用により、体調が整う方が多いです。体力や免疫力を高める漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で服用しやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 春は、自律神経系のバランスが崩れやすい季節です。そして、進学や就職、転勤などで、忙しくなる方が多く、体調を崩す方が多くなります。

 自律神経のバランスを整えたり、体力を上げる効果のある漢方薬の服用により、体調が整う方が多いです。

 ちょっと疲れたかな~っと感じたときは、早めに漢方薬を服用されることで、体調が整う方が多いです。 一時的な疲労感などでは、1、2回の服用で、体が楽になり、すっきりすることが多いです。

 疲労が激しい、慢性的に疲労を感じている場合は、継続して服用される事で、体調が整う方が多いです。Ky14_19

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「疲労倦怠感、体調不良に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群」

 中国の皇帝内経に、「春は、生じ、夏は長じ、秋は、収じ、冬は、蔵する。」という記載があります。

 「病気が冬に出て、春は治るための不快症状がたくさん出て、夏に治り、秋には、またストレスが始まる。」ということです。

 春は、さまざまな症状が発症しやすい季節です。花粉症、めまい、頭痛、イライラ、気分の落ち込み、やる気が出ない、関節痛、皮膚炎悪化などの方の受診が多くなっております。

~*~*~*~

 こちら新潟では、農家の方も忙しい季節になっています。種まきや田植えの準備も始まっています。

 HP担当は漢方の入浴剤、化粧品などのラベル印刷や文書作成に忙しく、PCと格闘しています(≧m≦)、「漢方の入浴剤」や「漢方の石けん」を購入される方が、冬よりも今の時期の方が多くなっています。Ky43_01

保湿成分の浸透は、入浴時は、皮膚の毛穴が開いているので、保湿剤を皮膚表面に塗った場合よりも入浴剤として使用した場合の方が高いとのデータがあります。漢方の入浴剤や石鹸が好評なのは、冬からの乾燥肌に悩む方の受診が多いためでしょう。

 週末は、診療終了後に、新しいレントゲンの設置をして頂きました。旧式のレントゲン機器の搬出、新しいものの搬入、設置、テスト撮影などで終わってしまいました。今後、診察室の一部のリフォームの予定もあり、忙しいです。

 普段は、美肌やアンチエイジング効果のある漢方薬を体調に合わせて服用しています。その他、にきび?吹き出物(たぶんこの歳では、吹き出物としか言ってもらえません(^-^;)が、ポチッと出来てしまった時は、漢方薬の処方を変えて服用しています。早く治ります。このように、その時の体調や気になる症状に合わせて、漢方薬を変方されますと、体調も整い、お肌のトラブルに悩むことが少ないです。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「疲労倦怠感、体調不良に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群」

2013年4月 5日 (金)

お年寄りの便秘、下剤効かない

 便秘に悩むご高齢の方が多くなります。通常の下剤では、便が出にくい、お腹が痛くなるという方に、体質に合わせた漢方薬が好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。Ky22_07

 若い頃は、便秘と無縁の生活をしていた方でも、加齢により、便秘傾向になる方が多くなります。

 大腸の蠕動(ぜんどう)運動が、低下してきますので、便が長く腸の中に留まり、水分が吸収され過ぎてしまうので、便が硬くなります。(弛緩性便秘)

 また、排便時に便を押し出す時に、力を入れる腹筋や排便に必要な筋肉の力が低下しますので、便が詰まりやすく、出にくくなる方が多くなります。20130320103026

 このような方は、腸を刺激するタイプの下剤等を服用されましても、排便する力が低下していますので、なかなかスッキリとしたお通じが得られないという方が多いです。このような症状に悩む方に、漢方の便秘薬が好評です。便秘の状態や体質に合わせて、腸に潤いを与えて、便を軟らかくしたり、腸管の中の血流を改善する漢方薬などが効果的です。

 新潟の水戸部クリニックでは、便秘の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しています。漢方薬は、健康保険が適用になります。

20130405113959

詳しくはPC用HPをご覧ください。「便秘、腹痛に漢方」

便のタイプで決まる漢方薬

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「便秘・腹痛に漢方」

2013年4月 4日 (木)

かかとガサガサ、ひび割れて痛いをツルツルに

20130319102322_2 かかとの角質ケアに悩む方が多いようです。かかとが、ガサガサして、ストッキングが破れることが多い、ひび割れて痛いなどのご相談が多いですが、短期間できれいになる方が多く、好評です。

 そろそろサンダルやミュールを履きたい季節になりますので、今頃くらいからのかかとの角質ケアが効果的です。やすりや軽石は、皮膚表面を削り、傷つけることになりますので、あまりお勧めできません。

 新潟の桜のつぼみは、まだ固いようです。肌寒い日が多いですが、それでも春の華やかなファッションで街を歩きたい気分ですね。

 冬の時期もそうですが、薄着の季節にご相談が多くなりますのが、「冷え症対策」です。手足の冷えや下痢などの症状に悩む方に漢方薬が好評です。そして、受診の際にご相談が多いのが、「かかとのガサガサやひび割れ」です。

 過去ログ「かかとのひび割れ」もご覧ください。

PC用「冷え症に漢方」

皮膚症状に漢方

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「冷え症に漢方」new

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »