カテゴリー

« 尿路結石の激痛!!痛み止め効かない時は、即効!漢方 | トップページ | 咳が長引く風邪 »

2013年2月 2日 (土)

節分の養生

20130113222046  明日は節分ですね。鬼の顔のクッキーを見つけたので、買ってみました。

 節分は、季節を分ける日の前日のことだそうですが、現在は、立春の前日の節分だけを「節分」と呼ぶようになっています。

 毎年、「立春なのに本当に寒いですね。」

 「まだまだ新潟の冬は、これからですよ。これから雪も多い日が続きますし・・・。」

 「毎年の事だけれど、嫌ですね~。」

 「今からそんな事言って、どうするの~。まだまだこれから大雪が降るんだから・・・。(笑)」

という会話が多いのですが、今年は、雪が少なすぎて、不思議です。暖かいだけであれば、雨になると思いますが、雨の日も少ないです。冬に青空を見ることは、珍しかったのですが、今年は、晴れ間がのぞく事が多いです。

 立春を過ぎますと、寒さの中にも陽気が活発になり始め、東洋医学でいう「肝」の働きが活発になります。イライラやめまい、アレルギー疾患の方の受診が多くなります。「肝」の働きが低下している方に起こりやすい症状です。

 ホルモンバランスにも変化が生じ、花粉症などの鼻炎症状や湿疹にきびが悪化したり、皮膚がかゆくなったりします。女性は、生理周期に乱れが生じる方が多くなります。また、イライラしたり、気分の浮き沈みが激しくなったり、精神的に不安定になりやすい季節です。のぼせやめまい、頭痛、耳鳴りなどの症状に悩む方も多くなります。
 

 インフルエンザが流行していますが、花粉症の患者さんの受診も少しずつ増えています。毎年のことですが、「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」などの症状があらわれてから、慌てて受診される方が多いですが、早めに予防効果のある漢方薬などの服用を始めますと、本格的に花粉の季節が始まった時に、症状が軽く済む方も多いです。

 花粉症に限らず、春に体調を崩しやすい方は、「肝」を助ける食品を積極的に摂ることなどがお奨めです。

 肉類や脂肪の多い食品は、少なめに旬の野菜をたくさん食べることをお奨め致します。

 春が旬の食品が特にお奨めです。ふきのとう、春菊、うど、菜の花、せりなど苦みのある野菜などがお奨めです。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

« 尿路結石の激痛!!痛み止め効かない時は、即効!漢方 | トップページ | 咳が長引く風邪 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分の養生:

« 尿路結石の激痛!!痛み止め効かない時は、即効!漢方 | トップページ | 咳が長引く風邪 »