カテゴリー

« 更年期のイライラ、クヨクヨ、落ち込みに漢方薬 | トップページ | 匂いがわからない »

2013年2月 8日 (金)

スギ花粉症・アレルギーは日本だけ?

 今年の春の花粉の飛散量は、例年に比べると、西は少なく東は多い傾向にあるようです。こちら新潟でも、花粉症の症状が出始めた方が、受診されています。日本固有種のスギによる「スギ花粉症」は、日本だけですが、花粉によるアレルギー症状は、海外にもあるようです。

 花粉症は、アメリカでは「hay hever」と言うそうです。アレルゲンとなるものが、干し草(hay)によるためにそう呼ばれているそうです。

 ヨーロッパでは、「カモガヤ」というイネ科の植物による花粉症があるようです。新潟でも秋にイネ花粉によるアレルギー症状の方の受診が多くなります。

 オーストラリアにいらっしゃる方を思い出しました。日本とオーストラリアを行ったり来たりしていらっしゃるそうです。オーストラリアでは、アカシアやユーカリによる花粉症があるそうです。「hay hever」で通じるそうです。スギ花粉症と同じように鼻水と目のかゆみに対応した漢方薬を持って出発されました。いつも数か月後や1年後に帰国されるとおみやげ話を持って受診されます。

 
 20130208173223_3
 花粉症の症状も細かくお話を伺っていますと、多様なものがあります。「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」は、一般的ですが、「咳」に悩む方のご相談も多いです。痰のからまない咳が多いですが、胸が痛くなるほどの激しい咳が続く方のご相談も多くなっています。また、「のどのイガイガ、チクチク」は、アレルギーの炎症がのどの奥や気道まで起きている方や鼻づまりによる口呼吸で、のどの乾燥や炎症によると考えられます。

 花粉症の時期に皮膚炎を起こす方のご相談も増えています。スギ花粉症の鼻炎症状などを伴う方やスギ花粉症の代表的な症状は、まったく発症していないのに、スギ花粉の時期のみ皮膚炎を起こす方もいらっしゃいます。

 花粉症の症状や体質に合わせて細やかに対応できるのが、漢方薬です。一般的な花粉症用のお薬とは異なり、漢方薬による眠気は起こりませんので、学生の方やお仕事中でも安心です。健康保険適用の漢方は、経済的で続けやすいと好評です。

「耳鼻科症状に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧下さい。「花粉症に漢方」

アレルギー性鼻炎に漢方

 漢方薬は、乳幼児の方でも服用できます。

「子供のアレルギー性鼻炎に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。PC用「子供の鼻炎・花粉症」

« 更年期のイライラ、クヨクヨ、落ち込みに漢方薬 | トップページ | 匂いがわからない »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.鼻炎、鼻水、鼻づまり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スギ花粉症・アレルギーは日本だけ?:

« 更年期のイライラ、クヨクヨ、落ち込みに漢方薬 | トップページ | 匂いがわからない »