カテゴリー

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月16日 (日)

風邪に効く漢方

 稲刈りが始まっています。黄金色のじゅうたんが、きれいに刈り取られています。新潟の新米はおいしいです。楽しみです。新潟は、相変わらずの猛暑ですが、朝晩の気温が下がり、少し過ごしやすくなりました。その温度差により、風邪症状で受診される方が増えています。

 風邪に漢方薬を希望される方が増えています。風邪症状で漢方薬を服用されると治りが早いので、初めて服用された方は、びっくりされる方が多いです。「風邪をひいたので、前回と同じ漢方を・・・」と言われる方も多いのですが、漢方はタイミングに合わせての服用が効果的です。

 「葛根湯を飲んでみましたが、効かなかった。」と受診される方が、いらっしゃいますが、飲むタイミングが合っていなかったのでしょう。

 
 20120916171529
  葛根湯が効果的なタイミングとは、

 背中がゾクゾクするなど 寒気や悪寒がする

 背中や首筋がこる

 頭痛や体の節々が痛い、重い

などの状態に葛根湯は効果を発揮します。

 この状態は、風邪の引き始めに多い症状です。

 悪寒や寒気よりも体の熱い感じが強い、発熱がある

 のどがチクチクする、痛い

 口が渇く、鼻がつまる

 など風邪症状が進行した時には、他の漢方薬が効果的です。

風邪に漢方  

 インフルエンザ症状にも漢方薬が効果的な場合が多く、抗インフルエンザ薬を飲みたくない方に漢方薬希望の方が多いです。インフルエンザに漢方

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「風邪に漢方」

「インフルエンザに漢方」

2012年9月14日 (金)

夕方に頭痛、倦怠感

 夕方になると頭痛がする、疲れる方に、体調を整える漢方薬が好評です。鎮痛剤を飲みなくない方、疲労が激しい方にも好評です。A306_039

 夕方になると起こる頭痛は、疲労やストレスによる筋緊張性頭痛の場合が多いです。夕方になると疲労がピークになり、頭痛や倦怠感などを感じる方が多いです。

 後頭部やから首筋の辺りが重い、痛いなどの症状を伴う方が多いです。吐き気を伴う場合もあります。パソコンなどによる疲れ目などによる場合も考えられます。

 頭痛の原因や体質に合わせた漢方薬の服用により、疲労倦怠感の改善と共に、頭痛や肩こりなどの症状が改善される方が多いです。疲れ目やドライアイなどにも対応しています。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「頭痛、偏頭痛治療の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「頭痛、偏頭痛に漢方薬・肩こり、吐き気を伴う頭痛にも」

~*~*~*~

20120911180235

【40代、50代の女性に多いのは、ホルモンバランスの乱れによる場合も】

 東洋医学では、女性は7の倍数、男性は8の倍数で体が変化の節目を迎えると考えられます。42歳で経脈が衰え始めるので、白髪が増えたり、顔のシワが増えたりと、心身の不調が表れやすくなります。血のめぐりが悪くなったりしやすく、体に余分なものがたまりやすくなりますので、漢方薬でホルモンバランスを整えて、心身の不調を改善することで、更年期への備えとしてもお奨めです。Ky15_22

「40歳からのアンチエイジング」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟発!40歳漢方医学的アンチエイジング」

 新潟は、今日も猛暑です。朝晩は過ごしやすくなっていますが、日中は、まだまだ暑い日が続いています。気温や湿度の変化による症状の方の受診も多いですが、毎日のように、夕方に体調が悪くなる方の受診も多いです。

2012年9月 9日 (日)

左わき腹の痛みが続く、検査異常ない時は漢方

 左わき腹が痛い、張る、違和感がある。検査をしても異常が認められず、原因がわからないという方に、漢方薬が好評です。左わき腹の痛みは、尿管結石、脾臓等の疾患など様々な原因による場合が考えられますが、原因となる疾患が特定できない場合が多く、治療の対象とならない場合が多いです。A306_106_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 左わき腹の痛みや張り、違和感が続いている、治っても繰り返す方、特に原因がわからない方は、疲労やストレスによる場合も多いです。

◇疲労による方には、体力を補い疲労回復する効果のある漢方薬などが効果的です。

◇ストレスが多い方には、そのストレスに対応した漢方薬などが効果的な場合が多いです。イライラ型、クヨクヨ型、落ち込みが激しい方など、一人ひとりの体質に合わせた漢方薬が効果的です。20120908152630

 左わき腹の痛みや張れに他の症状も伴う方が多く、それらの症状も考慮して、痛みの原因となっている体全体のバランスの乱れを整える漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「お腹のガス、張り、腹部膨満感に漢方」

「こんな症状に漢方・ストレスや精神的な悩みのご相談など」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「腹部膨満感に漢方」

2012年9月 7日 (金)

右の腰がだるい、痛い

 腰が右側だけ痛いという方が多いです。日常生活においての姿勢や体の動かし方の癖などが原因で、背骨にゆがみが生じていたり、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、骨粗鬆症などで、片方の神経が圧迫されることにより、痛みを感じていることが多いです。腰の痛みに左右差がある方は、姿勢などに気をつけられることも大切です。痛みを感じる部分に炎症を起こしている方には、熱を冷まして血流を改善する漢方薬、痛みが入浴などにより温まると楽になる方には、痛い部分を温めて、血流を改善する漢方薬等が効果的です。

腰痛に漢方

 また右側に限定された痛みが、内臓の病気から起きていることもありますので、気をつけて下さい。関連痛といいます。例えば、肝臓に異常がある場合に、右肩や右肩甲骨部分から背中や右腰にかけて痛みを感じる方が多いです。いつまでも痛みが続いて気になる方は、受診されることをお奨め致します各種検診等も受け付けております。

20120907191434_2  先日受診された患者さんのお話です。80代の方です。右側の腰や下肢に痛みがある方です。左は、ほとんど痛みを感じたことがないそうです。
 お家でパズルをするんです。立ち上がる時に、テーブルや椅子に手をついて、やっと立ち上がっていたのに、スッと立ててびっくりしました。こんなに効くなんて・・・。続けてみようと思います。

2012年9月 6日 (木)

おならが多い

 おならにについてのお話です。「おならが多い、お腹にガスが溜まる、おならが臭い。」と悩む方に漢方薬が好評です。「おならを減らしたい、お腹の張りを改善したい、おならの臭いが気になる」などのご相談が多いです。

Onaragaoi おならは、漢方では、「気滞」ととらえます。気の巡りに滞りが生じることで、ガスとなって、げっぷやおならとなっている場合が多いです。ストレスが多い方、生理前後に多くなる方、胃腸が弱い方など、原因や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 ストレスが多い方 イライラ、不眠、のどのつかえ感などを伴う方が多く、気の巡りを改善する漢方薬等が効果的です。過敏性大腸症候群の方のご相談も多いです。

 生理前後に多い方 生理不順、生理痛、冷え、イライラ、のぼせ、不眠、肩こりや頭痛を伴う方が多く、ホルモンバランスの乱れや血流が悪い方に多く、体質に合わせてホルモンバランスを整えたり、血流改善の漢方薬等が効果的です。

 胃腸が弱い方 みぞおちのつかえ、食欲不振や神経性胃炎、下痢などになりやすい方に多いです。胃腸の働きを整える漢方薬等が効果的です。

 おならが臭い方 腐敗臭が続いたりする場合は、重篤な疾患の可能性もありますが、特に異常が認められない場合は、甘いものや高タンパク食品と摂り過ぎや食物繊維の摂取不足などが原因で胃腸に熱がこもっている状態と漢方では、考えます。胃腸に滞った水分等の調節をする漢方薬等が効果的です。

 腹部膨満感下痢便秘に悩む方のご相談も多いです。

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「過敏性大腸症候群」

「慢性の下痢と軟便」

「便秘に漢方」

2012年9月 5日 (水)

手足がこわばり、痛い

 朝、起きると手足がこわばって、固まったように動きにくい症状に漢方薬が好評です。

 朝のこわばりの原因は、様々なものがあります。関節リウマチや膠原病、線維筋痛症、ばね指などさまざまですが、検査をしても特に異常が認められない方も多いです。A307_058

 上記のような手足のこわばりなどの症状が続いて、検査をしても特に異常が認められないという方の症状の改善に漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 このような方の場合は、疲労の蓄積や慢性的な冷えなどによる事が多いです。また加齢による関節の間の軟骨組織の減少や更年期などによりホルモンバランスの乱れにより、こわばりや痛みを感じる方もいらっしゃいます。

 また、ストレスによって痛みを感じている方もいらっしゃいます。痛む部分が移動したり、痛みが出たり、なくなったりする方が多いようです。

 このような症状の原因や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 他にも様々な症状の方のご相談が多いです。こんな症状に漢方

「痛み、関節痛などを漢方で改善!!」スマホサイト

 新潟も猛暑が続いていますが、暑さ負けやクーラーによる冷えからくる関節痛なども多くなっています。本格的な秋になりますと、毎年手のこわばりで受診される方が多くなります。

2012年9月 4日 (火)

肌くすみ、ハリに化粧品だけに頼らない美肌!

 お肌のくすみ、しみは、ホルモンバランスの乱れなどにより、皮膚の血流に滞りが生じて、皮膚に老廃物が溜まったり、うるおいが不足してくることなどが原因と考えられます。化粧品もよいと思いますが、体の中からきれいなお肌を作る漢方薬がお奨めです。
 疲労やストレス、加齢などによって、ホルモンバランスが崩れると、血流が悪くなります。血流が悪い状態を漢方では、「お血(オケツ)」といいます。更年期に、急にしみが増える方が多くなることも説明がつきます。お血の改善は、体のデトックス効果にもつながります。

 A303_080
 ホルモンバランスを整える漢方薬の服用により、皮膚の血流が改善され、お肌のくすみやしみの予防だけでなく、ハリやツヤを保つ効果も期待できます。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 ~*~*~*~*~
 

 漢方薬を服用している方々が

◇漢方って、お肌もきれいになりますか?

◇お肌のくすみが、以前より気にならなくなりましたが、漢方のせいですか

◇」お肌のハリ、ツヤが違ってきました。

と言われる事が多いです。新潟は、美人が多いですが(本当ですよ)、自分のお肌に対しての眼はみなさん厳しいです。私も一応女性ですので、わかります(o^-^o)

 「お肌がきれいになりたい。」、「にきびや肌荒れをきれいに治したい」と受診された方は、もちろんですが、生理痛や生理不順、ストレスやイライラなどの改善のために受診された方でも、漢方薬の服用により、美肌を実感される方が多いです。

 漢方では、症状に対してだけでなく、その症状の原因となる心身のバランスの乱れを整えることを重要視しておりますので、気になる症状の改善と共に、お肌のハリやツヤ、くすみなどの改善に気づかれる方が多いです。美肌の漢方化粧品も好評です。 

「しみ、しわ、たるみ対策の漢方」スマホサイトKy39_20_jpg1_2

「美肌の秘訣は漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

美肌の漢方  スキンケア漢方

2012年9月 3日 (月)

乾燥肌 新潟と関東の違い

 漢方薬の処方には、その方の体質や症状に合わせた処方になりますが、お住まいの地域の気候や生活習慣を考慮する必要がある場合がございます。今回は、乾燥肌についてのお話です。

 新潟の方で、進学や就職で東京や埼玉など関東で生活していらっしゃる方が帰省の際などに受診される場合が多いですが、これからの季節で、特に考慮しなければならないのが、湿度の差です。関東は、冬の湿度が非常に低くなりますので、新潟に住んでいた時よりも更に乾燥肌に悩む方が多いようです。乾燥肌に漢方

20120829115134 関東地方の冬の朝は、毎日澄んだ青空が広がり、空気がさわやかですが、空気の乾燥が激しく、乾燥肌体質の方には、辛い季節ですね。新潟へ嫁ぐ前まで、20代でしたが、お肌はかさかさして、髪もパサついていたのを覚えています。よく「ライオン丸みたい」と言われました。歳がバレルかも・・・(^^ゞ新潟は、日本海側ですので、空気が乾燥する季節でも比較的湿度が高く、過ごしやすい方だと思います。

 群馬からわざわざ定期的に受診して下さる方が何人かいらっしゃいますが、上州名物、「かか天下と空っ風」と言われるように、「赤城おろし」という乾いた冷たい北風により、空気の乾燥が激しいそうです。お肌がかさついて、かゆくなる方です。最初は、乾燥によるかゆみが激しく、夜も眠りが浅い方でした。群馬の気候を考慮して、保湿効果の高い漢方薬を組み合わせての処方になりました。掻き壊しによる出血や色素沈着もあり、数ヶ月かかりましたが、現在は、乾燥肌に対しての漢方薬のみで、乾燥の激しい群馬の冬を乗り切っていらっしゃいます。

 HP担当は、群馬出身では、ありませんが、幼い頃に親戚の家から見えた赤城山を懐かしく思い出します。群馬といえば、名物「焼まんじゅう」♪ですね。味噌だれをつけて、香ばしく焼いたアツアツの「焼まんじゅう」は、最高です!! わあぁ~食べたくなってしまいました。

コロコロ便には、便を潤し、腸の働きを整える漢方薬

 便秘が続く、コロコロした便が出る、残糞感がある方に、腸の働きを整え、便に潤いを与えて軟らかくする漢方薬が好評です。患者さんそれぞれの体質や便の状態に合わせた漢方薬が効果的です。Ky21_17_2_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 便秘で毎日出ない、うさぎのフンのようなコロコロ便になる原因は、腸のぜん動運動が低下している場合が多いです。腸のぜん動運動が低下していると便を送り出す力が弱いので、腸内に便が留まる時間が長くなり、過剰に水分が吸収されてしまいコロコロの硬い便になります。腸のぜん動運動が低下する原因には、様々なものがあります。

◇食生活 (野菜などの繊維不足、冷たい食品の摂りすぎ、辛いものや味の濃いものの食べ過ぎ)A306_129

◇不規則な生活習慣、トイレの我慢など

◇ストレスによって、腸の動きに滞りが起きている

◇もともと体質的に胃アトニー、胃下垂などを伴う無力体質の方にも多いです

◇出産後から腹壁や大腸の緊張が低下してゆるむことにより、腸のぜん動運動も低下している

◇高齢の方ですと、加齢により腸の筋力低下により、便を押し出す力が低下している方もいらっしゃいます。Ky22_07

 このように、コロコロ便に悩む方でも原因や体質は、一人ひとり異なりますので、体質に合わせた漢方薬が効果的です。

便秘対策の漢方

便秘の症状に合わせた漢方

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「便秘に漢方」

 ストレスによって腸の動きが低下しがちな方には、ストレスに対応した漢方薬などが効果的です。排便力が低下している方には、腸の働きを整えたり、便に潤いを与える漢方薬などが効果的です。

20120902174237_2 昨日、新潟市の月潟の農道を車で走っていたら、ダブルの虹がでていましたので、写真を撮ってみました。外側の虹は、薄かったので、写真では、ちょっとわからないです。加茂からの患者さんのお話ですと、加茂市周辺で昨日は、たくさんの虹が見られたそうです。

2012年9月 2日 (日)

足裏のしびれでビリビリ

 
20120901133627_2 新潟は、爽やかな秋晴れでした。相変わらずの猛暑でしたが、空は秋空でした。稲刈りも早稲から始まっています。自転車から降りて写真を撮りました。足裏のしびれで受診された方のお話です。

 「足の裏がビリビリとしびれて冷たい、痛いように感じる時もあります。夏でも腰から下が冷えます。氷のように冷たくて、自分の足ではないみたい。」初診時は、このような訴えでした。

 体質に合わせた漢方薬を処方しまして、2週間後、「以前よりは、いいですが、まだ膝から下が冷たくて、ビリビリとしびれる感じがします。」

 血流改善の漢方や体の中から温める効果のある漢方薬などを処方しまして、しばらく継続していただきました。冷えが強く、なかなか体が温まらず、膝下の冷えが強い方でしたので、処方をいろいろと工夫しました。

 「体がぽかぽかと温かくなって、膝から下の氷のような冷たさは、ほとんど感じなくなりましたが、まだ足の裏がビリビリします。」

 別の視点から考えて、漢方薬を一部変方しました。2週間後には、改善がみられましたので、継続しました。

 季節が変わり、気温の低下などにより、症状が再燃するようでしたら、変方などの必要もありますとお話しました。

 同じような症状を訴えて受診された方でも、体質や症状の違いによって処方する漢方薬は異なります。同じように「足の裏のビリビリ感」で受診された方が、他にも何人もいらっしゃいますが、症状の原因となる体のバランスの乱れが、上記の方とは、全く異なりましたので、一人ひとりの体質に合わせて別の漢方薬の服用によって、症状が改善されています。漢方医学の奥深さを実感することが、とても多いです。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2012年9月 1日 (土)

ストレスで不妊!?そんな時は、心と体にやさしい漢方

 ストレスによって、ホルモンバランスの乱れが生じやすくなります。生理周期が乱れる、生理痛が激しい、基礎体温がバラバラなどの原因が、ストレスによる場合があります。婦人科で特に異常が認められない場合などは、漢方薬の適用になります。Ky63_16_2

 女性ホルモンのバランスを整え、生理周期を整えたり、ストレスを発散させる効果のある漢方薬などが効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 細かなお話を伺って、生理の状態、PMS症状を改善する漢方薬を処方しております。

 漢方では、「気」というものを重要視して考えます。「気」とは、「気分の気」や「元気の気」と思っていただけるとわかりやすいと思います。

◇焦りやイライラ、落ち込んだりすると、着床にも影響が・・・

 焦ってイライラしたりしていると「気」のめぐりが滞り、気滞という状態になっていますと、体の機能にも滞りが起こりやすく、妊娠にも影響が出ることが多いです。

 不妊治療で受診される方は、努力を続けられて心身共に疲れている方が多いです。みなさんそれぞれの思いがあるでしょうし、周囲からのプレッシャーなども感じていらっしゃる方も多く、温熱療法などの際にお話しして下さる方が多いです。Ky54_09_2

 その際に「診察の時に言い忘れたのですが・・。」とよりデリケートな内容のお話を伺えることも多いです。それによって、処方を変えることもございます。

 漢方では、ホルモンバランスを整えることだけでなく、心身の疲労を和らげることも重要と考えております。気になる事がございましたら、ご遠慮なくご相談下さい。

 「基礎体温の高温期が低く、5日くらいで終わっていたのが、14日になりました。生理周期も20日あればいい状態でしたが、26日になりました。」

 「おりものの量が極端に少なかったのが、たぶん普通の人と同じくらいの量になってきたと思います。」

 「生理出血が、血の塊のようなドロドロとしたゼリー状のものが、出ていましたが、その量が減り、通常の生理出血の状態になってきました。」

 20120901112151「今まで何をやっても周期が整わなかったのに、びっくりです。体調もいいです。」 

 「生理前のイライラや頭痛がほとんどなくなりました。」

と様々な症状が改善される方が多いです。

 生理周期やPMS症状の改善と共に、妊娠しやすい体質に整うお手伝いをしております。

 Ky56_04先日、無事お子さんを出産された方からご連絡をいただきました。詳細は、お知らせできませんが、ストレスが多い方で、心身共に疲れていられた方でしたが、気のめぐりを改善し、体調を整えることから始めて、その後ホルモンバランスを整える漢方薬に変方して、めでたく妊娠された方です。

「不妊症治療の漢方薬」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「不妊症治療に漢方」

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »