カテゴリー

« 暑さに負けない!負けちゃった? | トップページ | お肌カサカサ、かゆみ改善の漢方 »

2012年8月26日 (日)

秋の夜長に疲れ目

20120819135745 目がショボショボする、乾いたような感じがする、眼の奥が痛い、眼が充血する、瞼がぴくぴくするなどの症状が多くなる季節です。新潟の秋は短く、あっという間に冬が来るような気がします。まだまだ残暑が厳しいですが・・・(汗)

 読書の秋とも言われますが、スマホ、パソコン、i-Padなど眼を使う時間が長くなる季節です。漢方の考え方では、目を酷使すると血液が消耗され、眼に十分な栄養が届きにくくなり、眼精疲労、いわゆる疲れ目の症状が現れます。その状態が続くと目だけでなく、肩こりや頭痛、吐き気やイライラ、集中力の低下などの症状も現れることがあります。

 漢方では、「肝は目に開竅(かいきょう)し、血を蔵する」という考え方があります。目に栄養を届けている肝が疲れていると疲れ目や目の症状として現れやすいです。ここでいう「肝」とは、肝臓だけのことではなく、血液の貯蔵や循環、その他自律神経系など広い範囲での機能を指しています。

 疲れ目などの症状には、肝の機能を整える漢方薬などが効果的です。

 眼の症状についてのHPを作成しておりませんが、アレルギー性結膜炎など眼の症状のご相談も多いです。 水戸部クリニックHP

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

« 暑さに負けない!負けちゃった? | トップページ | お肌カサカサ、かゆみ改善の漢方 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

目の症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長に疲れ目:

« 暑さに負けない!負けちゃった? | トップページ | お肌カサカサ、かゆみ改善の漢方 »