カテゴリー

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

夏の下痢

20120727115943 夏に下痢をする方が多いです。新潟の夏は、おいしいお魚や野菜や果物が豊富なので、下痢を気にしていては、おいしさも半減ですね。漢方薬は、感冒性胃腸炎、いわゆる風邪による下痢にも即効する場合が多いですが、わざわざ遠くから受診して下さる患者さんの多くは、下痢を繰り返す方や長期間に続く下痢、軟便に悩む方が多いです。夏の下痢に悩む方の多くは、水っぽい便(水様便)の方が多いです。

 暑いので冷たい飲み物や食べ物を多く摂ってしまい、お腹が冷えてしまうことが原因となっている方が多いです。また職場等でクーラーの中に長時間過ごす方や暑くて寝苦しいのでクーラーをつけている方も多いでしょう。タイマー設定をして、短時間でオフにしている方でも徐々に体の中に冷えが蓄積している方は、なかなか下痢が治りにくかったり、一度治っても下痢を繰り返す方が多いです。

20120731105515 漢方薬の考え方では、下痢の状態では、胃腸の中に余分な水分が余っている状態と考えます。その水分代謝の滞りを改善することによって下痢症状を改善することを中心に考えます。更に下痢症状だけでなく、お腹の冷えや体全体のバランスを整える漢方薬によって、下痢を起こしにくい体質に体調を整えることが大切です。下痢と軟便

 漢方薬は健康保険が適用になりますので、体調管理のために服用を続けたい方にも経済的ですので、大変好評です。漢方薬はどんなもの

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「慢性の下痢と軟便」

2012年7月29日 (日)

掌蹠膿疱症でステロイドを中止したい方に漢方

 掌蹠膿疱症が治りにくい方、ステロイドを中止したい方に、漢方薬が好評です。漢方薬による体質改善により、掌蹠膿疱症の症状が治った方、ほとんど気にならない程度まで改善される方が多いですNoho_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 掌蹠膿疱症の原因として、歯科用金属や貴金属などによる金属アレルギーや喫煙、免疫系の異常などが挙げられてますが、はっきりとした原因がわからない場合が多いようです。掌蹠膿疱症の症状は、膿疱が周期的に変化し、掌蹠膿疱症性関節炎を合併する例もあります。 

【掌蹠膿疱症の症状に合わせた漢方薬】

Skin_basic_3 膿や浸出液が出ているジュクジュクした炎症には、炎症を鎮め、ジュクジュクを吸収する漢方薬

 ジュクジュクの程度によって処方する漢方薬は、異なります。炎症の変化に柔軟に対応できるのが漢方薬です。

 

 膿疱の色が薄くなり、水疱に近い状態になった方、最初から水疱中心に出ている方には、水疱を吸収して、皮膚を修復する漢方薬

Skin_basic_2_7

水疱が出なくなってきますと、乾燥やひび割れの治療が中心となってきます。Skin_2_2
Skin_basic_6

 

 皮膚の炎症を鎮め、皮膚に潤いを与える漢方薬が効果的です。

 漢方による掌蹠膿疱症治療は、掌蹠膿疱症の症状にきめ細やかに対応した処方と一人ひとりの体質に合わせた処方になります。掌蹠膿疱症の症状の改善と共に掌蹠膿疱症が起こりにくい体質に改善する処方が効果的です。継続して漢方薬を服用する必要がございますので、健康保険適用の医療用漢方は、経済的で続けやすいと大変好評です。20120729220513

「新潟の掌蹠膿疱症治療の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。「掌蹠膿疱症治療に体質改善の漢方」

 ステロイド剤をできるだけ用いない治療を中心に行っておりますが、すでにステロイド外用剤による治療をされている方でステロイド剤の中止や減量を希望されての受診も多いです。ステロイド離脱を漢方で

 ~*~*~ 体質は遺伝する?! ~*~*~

 掌蹠膿疱症で受診されているある患者さんのお話です。現在は、症状が改善されて、漢方薬の服用量や服用回数も減り、久しぶりの受診でした。診察を終えて診察室を出られました。そこへ患者さんが入ってこられました。

 「あらあ、久しぶり。こんなところで会うなんて・・・。びっくりしたあ。今日はどうしたの?」

 「手がこんなになってしまって、治らないからここの先生がいいって聞いたものだから初めて来てみたの・・・。」

 「えー、私も同じ。ひどかったけど、今は、こんなによくなって。同じようになるなんてやっぱり似てることろがあるものね。」

 お二人は、いとこ同士だそうで、偶然に同じ日に受診されました。

 掌蹠膿疱症の方が親族にもいらっしゃる方が多いように思います。両親のどちらかの方に症状がある方やご親戚の方に症状があるという方がいらっしゃいます。掌蹠膿疱症になりやすい体質が遺伝する可能性は否定できないのではないかと思います。

2012年7月27日 (金)

長引く夏風邪を早く治したい

20120727095649 夏風邪に多い症状は、「発熱、のどの痛みや咳、鼻水、頭痛、吐き気や下痢腹痛、だるさ、倦怠感」などです。

 「夏風邪は、治りにくい」と言われています。これは、夏の暑さによる疲労や食欲不振などの夏バテ症状や室内外の温度差により自律神経のバランスが崩れて、免疫力が低下している方が多く、一度風邪をひくと長引いてなかなか治らなかったり、咳や下痢などの症状がいつまでも続いたり、だるさなどの倦怠感が残る方が多いです。漢方で新潟の夏を快適に乗り切りましょう。

 漢方で夏風邪予防

 夏風邪を引きやすい方、夏バテしやすい方には、免疫力を高めて体力を上げる効果のある漢方薬が効果的です。

 夏風邪を早く治したい方

 夏風邪症状が治りにくい方には、症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 長引く咳や痰には、咳や痰の状態に合わせた漢方薬や体力を上げる効果の高い漢方薬等が効果的です。しつこい咳と痰

 下痢や腹痛が続いている方には、お腹の調子を整えてる漢方薬等が効果的です。

 吐き気やムカムカがスッキリとしない方には、胃腸の調子を整える漢方薬等が効果的です。吐き下しの風邪

 食欲がない、なんとなくだるい、スッキリとしないなどの方には、体力を上げて体調を整える漢方薬が好評です。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、夏風邪による体調不良の改善が早い方が多いです。 

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「咳・痰に漢方」

「吐き気と下痢の風邪」

 

 新潟の巨峰が食べごろです(o^-^o)

2012年7月26日 (木)

口内炎が治らない!?


20120726100115_3 「口内炎を繰り返す、痛みが辛く、早く治したい」方のご相談が多いです。新潟はお酒もおいしいし、食べ物もおいしいですので、早く治したいですね。

 口内炎の原因は、「口の中の粘膜に傷ができて、細菌が繁殖した。」、「ビタミン不足や食生活の乱れ」、「疲労やストレス」、「免疫力の低下」などが挙げられます。

 口内炎の治療は、抗生物質やビタミン剤の内服や塗り薬や貼るタイプの薬等が一般的ですが、なかなか治らない方や一度治っても再発を繰り返す方には、漢方薬による体質改善が効果的です。

 一人ひとりの症状や体質に合わせて口内炎や口角炎の炎症を鎮める漢方薬と免疫力を高める効果のある漢方薬が効果的です。体力や体質によって異なりますが、比較的短期間の服用で改善がみられる方が多いです。

口内炎・口唇ヘルペスに漢方

2012年7月24日 (火)

アトピーのかゆみを止めたい!漢方で改善体質

 アトピーのかゆみに漢方薬が好評です。夜寝付くときに、体が温まると、かゆみが激しくなって、寝つきが悪い、寝た気がしないという方が多いです。

Ky53_14 アトピー性皮膚炎のかゆみは、皮膚の炎症によるかゆみの場合と、体のなかからの、ほてりが考えられます。

 アトピーの症状が改善されてきている方でも、体が温まった時、寝るときに、かゆみが激しくなる方が多いです。掻き壊すことで、傷になり、治るときにかさぶたできて、またかゆくなるという悪循環に陥っている方がいらっしゃいます。

 このような方には、かゆみが激しくなる時間、寝る前に、体のほてりを鎮める漢方薬などを追加して服用していただくことがあります。掻き壊しが減り、アトピー性皮膚炎の改善が早まり、ぐっすりと眠れるようになる方が多いです。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬になります。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。Ky27_02_2

「アトピー性皮膚炎治療に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「アトピーのかゆみを原因、体質に合わせた漢方で」

「アトピー性皮膚炎に漢方」 更に詳しい内容をページ別に掲載しております。

     ~*~*~*~*~ほのぼの漢方診療日記~*~*~*~*~*~

 「ぐっすり眠れているようで、最近は、寝ていて掻いている事があまりなくなりました。朝まで起きない日も増えています。」というのは、アトピーで受診されているお子さんのお母さんの言葉です。同じ新潟市でも遠くから通院されている方です。アトピーのかゆみ

20120721102411 とても嬉しく思いましたが同時に、夜のかゆみで眠れない方の辛さを再認識しました。お子さんだけでなく、お母さんも心配で熟睡できていませんでした。最初の受診から2年以上が経過しています。季節の変わり目に、皮膚症状も変化してよい時と激しくなる時の小さな波は、何度かありましたが、慌てずに辛抱強く受診を続けていらっしゃいますので、少しずつ改善がみられています。おしゃべりが上手で、いつもかわいい笑顔をみせてくれるお子さんです。

 「去年の同じ頃に比べたら、確実によくなっているのがわかります。毎年、夏になると悪くなっていたのに、今年は、ちょっとみたらアトピーってわからないくらいになっています。」

春・夏のアトピー

20120724100131 アトピー性皮膚炎の方の症状は、変化が激しく、一度落ち着いて安定が見られても、季節の変わり目などで、気温や湿度の変化、ちょっとした環境の変化、ストレスなどで、元の症状に戻ってしまったり、急激な変化が起こる方もいらっしゃいます。その時の皮膚症状や体質の変化に細やかに対応するのが漢方薬です。東洋医学では、皮膚表面の症状としてのみではなく、体の中のバランスの乱れを整えることを重要視しています。これは、アトピー性皮膚炎の方だけに限られたことではなく、体のどの部分のバランスの乱れから、皮膚炎などの不快症状が起こっているのかを考え、その部分のバランスを整える事を重視しています。これが、「体質改善」です。親から受け継いだ先天的な体質と食生活や生活習慣によって獲得した体質が複雑に混在しておりますので、体質改善には、一定の期間を要する方もいらっしゃいます。

 体質は、一人ひとり異なりますし、その年齢や時期によって変化する場合もあります。その変化に合わせて、漢方薬の処方も変方が必要になる場合もあります。一度症状の改善がみられていても、体調や症状に変化を感じたら、早めに受診されることをお奨め致します。

自分に合っている漢方薬を知りたい、漢方の効果がわからない

20120719081601 新潟で、漢方診療を行っております。漢方についてメールでお問い合わせをいただくことがあります。

「私の症状に合う漢方薬は、どれですか。」

「処方された漢方薬の効果を調べてみましたが、私の症状が載っていないのですが、この漢方でよいのでしょうか。」

 通常の西洋薬では、症状に対して処方が決定される事が一般的ですので、検索されても納得される場合が多いと思いますが、漢方薬の場合には、一般的な症状や病名が記載されていますが、実際には、病気や症状に対してではなく、一人ひとりの体質やその症状になった病因に合わせて処方を決定していますので、検索されても、ご自分の症状に当てはまらない事も多いようです。

 東洋医学の考え方では、一人ひとりの体力や体質に合わせて処方を決めています。それを「証」と呼びます。

 体質やその時の体力などに合わせて証を決定します。

 「実証・虚証」、「陰証・陽証」、「寒症・熱証」、「表証・裏証」など様々な証があります。

 更に日本では、「気・血・水」という独特の診断方があります。

 「気」とは、生命活動をつかさどる生体エネルギーのことで、「血」とは、血液を含む体液などのことです。そして「水」は、体の中にある水分の総称です。この「気・血・水」の巡りや分布のバランス等が乱れることによって、心身のバランスが乱れると漢方では考えます。

 同じ症状で受診された場合でも、その方の体質やその症状が起こる原因となる体のバランスの乱れは、一人ひとり異なりますので、そのバランスの乱れがどこから起こっているのかを判断する必要があります。

 同じ症状で受診された方でも処方される漢方薬が異なったり、別の症状で受診された方でも同じ漢方薬での治療になる場合がございます。(同病異治、異病同治)

 また、一度改善された症状が、また起こり受診された場合に、前回と同じ「証」であるとは限りませんので、久しぶりに受診された場合には、再度「問診表」へのご記入をお願いする場合もございます。

 同じ方であっても、その時々で、体力や体質が変化する場合が多いです。

 漢方薬の服用を希望される方は、漢方に詳しい医師か薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

漢方薬はどんなもの

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」new

2012年7月23日 (月)

夏バテ対策、予防の漢方

20120717081547 夏バテ(暑さ負け)症状の患者さんが受診されています。新潟の夏は、とても湿度が高く蒸し暑い日が多いです。

 「なんとなく体がだるい。」、「食欲がない。」、「夏痩せする。」、「下痢になる。」、「むくむ」などの症状の方が多くなっています。

 体温調節のために汗をかきますが、それにより、多くのミネラルも体の外へ出てしまいます。更に暑さにより胃腸の機能が低下すると、体が栄養不足の状態に陥りやすくなります。胃腸の機能低下により、体内の水分代謝にも滞りが生じやすくなります。それにより、めま いや立ちくらみ、むくみなどの症状も起こりやすくなります。

 また冷たい食品の摂りすぎやクーラーなどによる寝冷えなどにより、お腹が冷えて下痢を起こしやすくなります。

20120717081605 このような多様な「夏バテ」症状や一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により、夏バテ症状が改善される方が多いです。

 また毎年夏になると体調を崩す、夏バテしやすい方には、予防効果の高い漢方薬が好評です。夏バテ予防・対策の漢方

新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応です。

「夏バテに漢方」

「ずっと体調がよかったのですが、暑くなってからなんとなく調子が悪いです。毎年食べられなくなって、夏痩せするんです。」

「いつもの漢方と一緒に夏バテ用の漢方薬を処方しますね。飲み方は、いつもお話しているように、ご自分の体調と相談しながら調節して服用して下さいね。」

「わかりました。夏になると毎年こうなんです。体重も減ってしまって、朝起きられなくなります。ご相談してみてよかったです。」

「うらやましいくらいです。食べられなくなってみたいです ストレスで胃が痛くもなったことなくて・・・

「本当ですか。逆にそれはうらやましいです。」

「調子悪いかな?と思っても食べてるかも・・・

「キャハハ・・・」

2012年7月19日 (木)

むちうちの後遺症(古傷の痛み)を治療

 交通事故による「むちうち」の後遺症が悪化する方が多い季節です。以前に交通事故やスポーツなどによる怪我などによる痛みが続いている方、頸椎捻挫(むちうち)による痛みやしびれ、頭痛などに悩む方が症状の軽減のために漢方薬を希望されています。

 日本海側の新潟は、もともと湿度が高い日が多いですが、特に梅雨時は、更に湿度が高くなりますので、体に湿気が溜まりやすく、血行が悪くなり痛みが激しくなる方が多いです。

 鎮痛剤や湿布などを貼って、なんとかしのいでいるという方が多いようですが、季節の変わり目や寒い季節、梅雨時は、とてもつらいという方が受診されています。

 「激痛が走り、背中まで痛む」、「背中をわしづかみにされるような痛み」「首の辺りがズキズキから始まり、頭痛も起こる。」、「しびれるような痛みが続いて不快」など様々です。

 痛みを感じる部分の炎症や痛みの程度や体質に合わせた漢方薬の服用が効果的です。むち打ち、打撲、事故の後遺症

20120717175445 水戸部クリニックでは、関節痛や冷えなどの症状の方に経絡温熱療法を行っておりますが、梅雨時や季節の変わり目になりますと、温熱療法も希望される方が特に多くなります。漢方薬の服用と共に、ツボを温める事によって、血行等がよくなり、痛みが軽減される方が多いです。ご遠慮なくご相談下さい。

2012年7月16日 (月)

貧血でも鉄剤飲めない、副作用がつらい

 鉄欠乏性貧血の治療は、鉄剤の服用が一般的ですが、鉄剤の副作用として「吐き気やむかつき、下痢」などがあり、服用量を減らしても、つらくてとても服用できないという方のご相談を受けることがございます。新潟から漢方情報を発信しています^^Ky09_14_2

  漢方薬の中には、貧血を改善する効果のある処方がいくつかございます。成分には、鉄Feを含んでいませんが、「造血機能を促進する効果」のある漢方薬が数種類ございます。

A306_109_5 一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により、貧血の改善と共に貧血が原因と思われる「めまいや頭痛、爪が反り返る(スプーンネイル)、朝起きれない、倦怠感が続く、氷食症(氷を大量に食べたくなる)」などの症状が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

 新潟の特産品で鉄分の多い食品は何かしらと調べてみました。お味噌(米みそ)油揚げが載っていました。米どころ新潟では、おいしいお味噌がたくさんあります。農家の方の手作りのお味噌を分けて頂いたりすることもあります。栃尾の油揚げも有名ですね。刻んだねぎとかつおぶしとお味噌を混ぜて焼くとおいしいですね(o^-^o)スライスチーズも一緒に挟んだりしています♪

 そういえば、こんな症状に漢方に「貧血」のページを追加しようと思いながら、まだ作っていませんでした。作らなくちゃ・・・

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」スマホサイト

PC用HPはこちら「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を」

   ~*~*~*~*~ほのぼの漢方診療日記~*~*~*~*~*~

20120715175927 院長が、学会で新幹線に乗りました。途中こんなメールが届きました。

 「新幹線の中で、隣の乗客とひょんなことから話をしました。定年退職のおやじに間違えられてショック!」

 なんと返信してよいかわからず、しばらく考えていましたが、「かつらでも買ったら~」と返事をしました

2012年7月15日 (日)

梅雨時の腰痛

20120713120459 ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、腰椎すべり症など腰痛の原因となる症状で、受診されている方が多いですが、梅雨時に痛みが悪化したり、一度改善された方でも痛みが再発して受診される方が多くなります。

腰痛に漢方

 ブログやHPでもお伝えしておりますように、梅雨時は、湿度が高いため、水分が体から放出しにくい状態になっていますので、関節部分の神経を圧迫して痛みが増す方が多くなると考えられます。更に新潟は、日本海側ですので、一年を通して湿度が高い傾向にありますので、体に滞りやすい湿度を考慮した処方が効果的です。

 漢方薬の服用により、徐々に痛みが軽減される方が多く、痛みが楽になると漢方薬の服用量も回数も減らせる方が多いですが、中には調子がよいと完全にお休みしてしまう方がいらっしゃいます。

 この時期になると、「漢方をさぼっていたら、急に激痛になりまして・・・。」

 「だんだん痛みがひどくなって、治るかなっと思っていましたが、そろそろ先生のところへ行かないとだめだと思いました。」

 と受診される方が多くなります。調子が安定してこられても、1日1回や2、3日に1回くらい予防的に服用されることをお奨めしているのですが、ついつい忘れてしまって、症状が激しくなってから慌てて受診される方がいらっしゃいます。動くのが大変な状態になってからの受診になりますと、また改善されるまでに時間がかかってしまう場合が多いですので、早めの受診をお奨め致します。

腰痛に漢方

足首のシェイプ

2 足首の引き締め効果を期待して、ヒールサンダルを履いています。年齢と共に衰えてくる足首やふくらはぎのひきしめを狙っています

 きゅっとしまった足首を意識したのは、ご近所の○○さんのおばあちゃんです。80歳を超えていつも畑仕事をされている元気なおばあちゃんです。

 「今日は何がいるんだね。きゅうり、トマトもあるよ。」

 「えーっと今日は、きゅうり、トマトとじゃがいもと・・・。」

とよく買いに行きますが、私が見ていたのはお野菜だけではありません。当時多分70代でした○○さんのキュッとしまった足首に、いつも釘づけでした。

 「何十年間も朝早くから暗くなるまで畑仕事をされていて、それでこのキュッとした足首なのね・・・」と密かに憧れていました。

 最近は、外出する機会も少なく、元々運動が好きではない、どころか嫌いなので、このままではいけないと思いまして、ご近所へ行くときもヒールサンダルを履くようにしています。急いでいる時以外は、さくら薬局さんまででもわざわざ履いて出かけていますしかしこのサンダルかかとが高過ぎましたネットで買ってしまいまして、今までで一番ヒールが高いみたいです。傍からみたら巨人かも・・・最初は、履きなれなくてロボットみたいな歩き方になっていました。今は、普通に歩けているつもりですが・・・

 ご近所の○○さんのような足首になれるでしょうか

2012年7月13日 (金)

食べると下痢、腹痛に漢方!お腹ゴロゴロにも

 食べるすぐ下痢になる、お腹が痛くなる、飲み物を飲んだだけでもお腹がゴロゴロ・・・、下痢止めもあまり効果がない方に漢方薬が好評です。胃腸の働きを整える体質改善の漢方薬が効果的です。

  医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬の服用により、胃腸の働きが整い、頻繁に起こっていた下痢や腹痛が改善される方が多いです。Ky21_01

 食べるとすぐに下痢や腹痛を起こす状態を漢方では、脾気虚(胃腸の働きが弱い状態)と考えられます。

◇食べると下痢や軟便になりやすい

◇食欲がない

◇疲れやすい、気力が続かないA306_130

◇やせやすく、太れない

という方が多いです。このような方は、痩せ形で細身体型の方が多いです。

 下痢の状態や体質に合わせて、脾の機能(胃腸の働き)を整える漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「慢性の下痢と軟便」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「慢性的な下痢、軟便を漢方で改善」

 ~*~*~*~*~

1 先日受診された方で、同じような症状に悩む方が受診されました。体質に合わせた漢方薬を処方しまして、2週間後に再度受診されました。

 「子供の頃からの冷えと下痢でずっと悩み続けていたました。こんなに体が温かくなったのは、生まれて初めての事で、本当にうれしいです。下痢もほとんどしなくなりました。」

 今までになく体調がよいと、継続を希望されました。夏に向かい気温も上昇していますので、秋になって気温が低下し始めて、冷えを感じたり下痢が起こるようなら、季節に合わせた処方の変方も必要とのお話をしました。

 このように、漢方薬の服用により、一度体調が整っても、季節や気温の変化などにより、改善された症状が現れるようでしたら、季節や体質の変化等に合わせた処方が必要になる方もいらっしゃいます。 

 新潟の季節や気候の変化に合わせた処方を考慮しております。新潟県外からの患者さんの場合には、お住まいの地域の気候など環境も考慮した処方が効果的です。

2012年7月12日 (木)

卒乳、乳腺炎予防、治療に漢方薬

 卒乳を予定しているお母さんに、胸の張りや痛み、乳腺炎予防として漢方薬が好評です。口コミで受診される方や助産師さんからのご紹介が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で安心と好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

A303_104 母乳は、お子さんが飲む刺激によって、乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)が分泌されます。お子さんが飲むのを止めてもしばらくは、このホルモンの分泌が続きますので、母乳が作られて、胸が張って痛くなったり、乳腺炎になって、熱が出る方もいらっしゃいます。

 このホルモンの働きを抑えたり、母乳による胸の張りを楽にする漢方薬によって、卒乳を楽に乗り越えられる方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

 助産師さんのご紹介が多く、以前に乳腺炎になった時に受診された方が、「そろそろ卒乳を考えていますので、漢方で・・・。」と受診されることも多いです。

  「お子さんの飲む力もついて、飲む量も増えて、しばらく乳腺炎と無縁になっていたのに、あっという間に断乳の時期になってしまいましたね。」とお話しています。

20120627123536_2 離乳食が始まってお子さんの飲む量の減少とともに、おっぱいの張りも緩やかになり、すっと断乳できる方もいらっしゃるようですが、お子さんがある日突然おっぱいを拒否されて、胸が張ってつらい方、お仕事などの都合で、断乳をしなければならない方など様々ですが、断乳を始めて乳腺炎を起こしてしまう方の受診が多いです。

 このような場合には、授乳を継続したい方の乳腺炎の方の時とは、異なる漢方薬が効果的です。乳腺炎の炎症を鎮めることと母乳を作ることを少しずつ減らすようにホルモンバランスを整える漢方薬が効果的です。一人ひとりの症状や体質に合わせた処方になります。

「産後疲れ、産後の症状改善に漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟の産後疲れ、乳腺炎、母乳不足、脱毛などに漢方」

2012年7月10日 (火)

頭皮湿疹が治らない、ステロイドが合わない

 頭皮の湿疹が治らず受診される方がいらっしゃいます。塗り薬では、治りにくい、ステロイド剤が合わない、使いたくない方に、体の中から改善する漢方薬が好評です。

 わかりやすく説明しますと、「体の中から毒出しをする」ようなものと考えていただければよいでしょうか。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^

Ky40_10◇頭皮に吹き出物のようなものができて痒い

◇赤く腫れて痛い

◇掻き壊してかさぶたが出来る

◇ステロイド剤が合わない、使いたくない、中止したい

などのご相談を受け付けております。

 頭皮湿疹は、はっきりとした原因が特定できない場合が多いようですが、脂漏性湿疹が原因の一つと言われているようです。シャンプーやカラーリング剤が合わないことによる場合もあるようです。デリケートな地肌のためのシャンプーや漢方の石鹸がお奨めです。

 東洋医学では、頭皮の湿疹の状態や一人ひとりの体質に合わせて、漢方薬を処方致しますので、治りにくかった頭皮の湿疹やかゆみが改善されることが多いです。
Ky40_08_4
頭皮のかゆみ、頭皮湿疹、フケに漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「フケ、頭皮のかゆみ、湿疹を漢方で」

20120710060632_2

◆頭皮のかゆみ、ムズムズ、チクチク、フケにも漢方は対応

 湿疹も何もないのに、「頭皮がムズムズする、チクチクする」というご相談も受け付けております。ストレスでイライラして掻いてしまう方もいらっしゃるようです。このような方は、頭皮湿疹とは異なる視点での漢方処方が効果的です。

2012年7月 9日 (月)

円形脱毛が止まらない!ステロイドが合わない時の対処法

 円形脱毛が止まらない、広がってきた、ステロイドなど薬が合わないとのご相談が多いです。治っても再発する方や範囲が広がって、心配になって受診される方に、脱毛の原因に合わせた体質改善の漢方薬が好評です。

 新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^

Ky41_07_4◇頭皮の一部分が丸く抜けていることに気がついた

◇治ったかと思うと、別の部分に移動してまたできてしまう

◇脱毛の部分が2つ3つと増えて、広がった

など様々ですが、なかなか治りにくい方、範囲が広がってきた方のご相談が多いです。

 ご相談される方は、乳児の方から成人の方まで、幅広い年齢の方がいらっしゃいますが、比較的30代くらいまでの方に多く、特に幼児の方から10代のお子さんが多いようです。男女では、女性に多い傾向があるようです。

Ky41_03 円形脱毛症の原因としていくつか挙げられているようですが、ストレスも原因の一つと言われているように、とても繊細でデリケートな方が多いように思います。

 東洋医学的な視点から、ストレスによる気の巡りの異常を重要視して、一人ひとりの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 ストレスや疲労などによって、気(体の中をめぐっている気、気分の気と考えるとわかりやすいです)が、滞ったり、足りなくなると、髪が細くなったり、毛根を維持していられない状態になると考えることができます。この状態を改善する漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

20120709061728_3「新潟の円形脱毛症治療の漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「円形脱毛症治療の漢方」  

 若い女性の方で受診される方が増えています。体質に合わせた漢方薬の服用により、現在は、すっかり改善されて、かつらも不要になり、パーマやカラーリングも楽しんでいらっしゃる方が多いです。
 

2012年7月 6日 (金)

口のまわりにできるにきび

20120706101725 口の周りににきびが多い方は、脂っこい食事や甘いものの食べ過ぎなどによることが多いようです。また、胃腸が弱っていたり、体質的に胃腸が弱い方に多い傾向があります。口の周りに集中してにきびができやすい方は、比較的20代以降の方に多い傾向があります。大人にきび

 「甘いものや脂っこいものは、あまり食べないんですけど・・・。治らなくて・・・。」

このような方は、胃腸が弱い方や便秘傾向の方に多いです。

一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により、口の周りのにきびが改善される方が多いです。にきびと漢方

 

 「食事の量や質に気をつけて・・・と言われても、食べたいものは、食べたいです・・・」 

 わかります甘いものは止められません

「先生、○○のお店の新しいスイーツ食べましたか?」

 「まだです。どんなのがありましたか?」

 「チョコレートベースで、フルーツが・・・。期間限定みたいですよ。」

 「わあ 時間があったら買いに行きます。漢方があるからって食べ過ぎたら、また出てきますよ

 「大丈夫みたいです。漢方を飲んでいるからこの間も食べ放題に行ってました

 「若い人はうらやましいですね。おばさんは、そんなに食べたら後が大変ですよ。

2012年7月 4日 (水)

梅雨の時期の咳

20120703100139_2 梅雨時は、蒸し暑い日が多く、気温の差やクーラーなどにより、風邪をひく方が多いようです。また風邪症状による咳が長引く方が多いです。この時期の咳は、痰がからんで治りにくい方が多くなります。

 ブログでお知らせしていますように、梅雨時は、湿度が高いので、体の中に水分が滞りやすく、それが水っぽい痰がからんだ咳になることが多いです。また体の中に滞った水分が、炎症となり切れにくい痰となる場合もあります。このようなしつこい咳や痰に効果的な漢方薬が好評です。

しつこい咳・痰に漢方

2012年7月 3日 (火)

さくらんぼ便り

20120702232246 山形から「さくらんぼ」を頂きました。以前受診されていた方です。季節の変わり目にお便りを頂いたり、御年賀状で、お互いの元気をお知らせしております。忙しい毎日に、心がホッと和みます。

 山形、福島、群馬など近隣県から受診して下さる方が、いらっしゃいます。桜の季節は、桜の開花についてお話したり、野菜や果物の旬についてお話したりしています。帰り道に新潟の特産品、果物や地酒を購入されて帰られる方が多いようです。

2012年7月 2日 (月)

子供の繰り返す頭痛が心配です。

 子供の繰り返す頭痛や吐き気は、ストレスや疲労が原因となり大人と同じような頭痛を起こしていることがわかっています。元々の虚弱体質や胃腸の虚弱などが原因となっている子供もいらっしゃいます。鎮痛剤を飲ませ続けることに抵抗を感じている保護者の方に、体質改善の漢方薬が好評です。Ky15_15

◇頭が痛いという事が多い

◇朝になると頭痛がする

◇疲れると頭痛がする

◇短時間で、頭痛が治りケロッとしていることが多い

など、発熱時や風邪を引いた時などに起こる頭痛とは異なり、頻繁に繰り返す頭痛持ちのお子さんの頭痛の予防、緩和に体質改善の漢方薬が効果的です。新潟から、漢方情報を発信しているクリニックです。子供の頭痛に体にやさしい漢方薬が好評です。

 検査をされても原因となる異常が認められない方のご相談が多いです。鎮痛剤を服用させる事に抵抗を感じている方が多いようですKy15_20_3

「子供の頭痛、腹痛、めまいの漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「子供の頭痛、偏頭痛、めまい、立ちくらみなど」

20120626153630_1 先日受診された方で、頭痛を繰り返しているお子さんがいらっしゃいました。お母様が、「そういえば、私も頭痛持ちで・・・。」と言われました。頭痛になりやすい体質も遺伝することが多いようです。

頭痛の原因と症状に合わせた漢方

 

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »