カテゴリー

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

排卵痛や排卵時のイライラ、落ち込み

 「排卵痛がはげしくてつらい」、「排卵期になるとイライラしてどうにもならない。」などの症状に悩む方のご相談を受付けております。婦人科を受診されることをお奨めしますが、特に異常が認められない場合に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬の服用により症状が改善される方が多いです。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

20120626153546 排卵痛は、卵胞から成熟した卵子が放出する際に起こる痛みと言われています。全く症状がない方もいらっしゃいますし、チクチク程度の痛みを感じる方や激痛に苦しむ方など様々です。

 また、排卵が近くなると、イライラする、気分が沈む、などの症状に悩む方のご相談も多いです。東洋医学の視点から、排卵痛の症状や一人ひとりの体質に合わせた漢方薬が効果的です。月経と漢方

「生理痛、PMSを漢方で」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「生理痛、生理不順、PMSに漢方」

 ~*~*~ほのぼの漢方診療日記~*~*~

「もしかしてお肌もきれいになりますか?」

「はい、ホルモンバランスを整えるので美肌効果を実感される方がとても多いです。」

「やっぱりそうですよね。漢方を飲み始めたくらいしか変わったことは、ないので、きっとそうだわって思っていました。」

 「排卵が近くなると、胸がチクチク痛み、わけもなく悲しくなって泣き出したり、怒りっぽくなって子供にあたってしまいます。」という方でした。むくみやすく、頭痛も多く鎮痛剤が手放せないという方でした。漢方薬を服用していると調子がよいと現在も継続して服用中ですが、症状がほとんどなくなりました。服用量を減らして、継続されています。

 排卵痛や生理に関連した症状の方は、症状の改善がみられるまで、一定の期間を要する場合が多いですが、漢方薬は健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。漢方薬はどんなもの

2012年6月26日 (火)

アトピーが日焼けで悪化!!赤み、水ぶくれに漢方

 日焼けにより悪化したアトピーに漢方薬が好評です。皮膚の炎症を鎮め、皮膚の修復を助ける漢方薬が好評です。ステロイドが合わない、使いたくない方にも好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky27_24

 アトピー肌の方は、皮膚のバリアー機能が低下していますので、紫外線による皮膚のダメージが激しく、皮膚組織の修復にとても時間がかかる方が多いです。日焼け対策をしていても、完全に避ける事ができず、アトピーが悪化してしまう方が多いです。

◇皮膚の炎症、赤みが激しい場合は、皮膚の炎症による熱を鎮める漢方薬

 (ただれたような皮膚、あかくなってほてっている皮膚など、皮膚の状態に合わせた漢方薬になります。)

◇皮膚からジクジクとして浸出液が出ている場合は、ジクジクを吸収して皮膚の修復を早める漢方薬 

 (浸出液の量や色、透明に近い状態、黄色い液で化膿している状態などの違いに合わせた漢方薬になります。)

◇水疱(水ぶくれ)ができて、破れるとかさぶたになる場合には、水疱やかさぶたを改善する漢方薬などが効果的です。

 患者さんそれぞれの皮膚の状態に合わせた漢方薬の服用により、皮膚の炎症を鎮め、修復が早まる場合が多いです。ステロイドを使いたくない、中止したい方にも好評です。

20120626153531_2 「日焼け後の皮膚炎、日光性皮膚炎に漢方」スマホサイト

 「アトピー性皮膚炎に漢方」スマホサイト

 詳しくは、PC用HPをご覧ください。

 「日焼けの治療、赤ら顔を漢方で」

 年齢や季節変化などに合わせたアトピーの漢方治療についてのページです。 「アトピー性皮膚炎に漢方」

【日焼け予防も大切です】Ky38_08

 外出時に日焼け止めを塗ったり、長そでの服や帽子をかぶるなど工夫お奨めですが、日焼け止めを塗ることに抵抗がある方や自分に合う日焼け止めが見つからないという方もいらっしゃるようです。水戸部クリニックでは、お肌にやさしい日焼け止めをご紹介しています。

【日焼けの炎症に気付いたら早めの受診を】

 日焼けをしてしまったら、できるだけ早めに受診をして下さいますと、日焼けによる炎症を鎮め、日焼けによって起こった皮膚のダメージを早めに修復する効果のある漢方薬が効果的です。

梅雨時のアトピー

20120626100749 梅雨時にアトピーが悪化してしまう方が多いです。 春・夏のアトピー

 「漢方でしばらく調子がよい状態が続いていたのに、急に症状が悪化してしまって・・・。」、「漢方ですっかりよくなって、あれから何も飲んでいなかったのに、また痒くなって、ブツブツ出てきたので、慌てて来ました。」と受診される方が多いです。

 漢方薬によって、症状が落ち着いていた方でも梅雨時に症状が悪化したり、非常にきれいになって、漢方を中止していた方でも、この梅雨時に症状が再発してしまう方の受診が多いです。ジクジクとした汁ややブツブツとした水胞が出てきて、赤くなったり、痒くてたまらなくなったという方が多くなります。

 梅雨時は、湿度が高くなり、体の中の水分を体の外へ放出しにくく、胃腸にも水分の滞りが起こりやすくなり、胃腸も弱っている方が多くなります。そして水分代謝や消化機能が低下してしまうと、きちんと排泄されるべきものが、皮膚に出て来てしまう状態が起こりやすくなります。

 漢方薬は、アトピー性皮膚炎の症状や体質だけでなく、季節や気温の変化に合わせて処方内容を変方することで、皮膚症状の急激な変化にも対応しています。

アトピー性皮膚炎 赤ちゃんのアトピー 

幼小児・学童のアトピー  子供のアトピー

大人のアトピー

2012年6月25日 (月)

道路がきれいに舗装されています。公共工事終了!!

道路がきれいに舗装されています
今日で工事は、完全に終わりのようです。通行止めももうすぐ解除されそうです。これで、受診される方にご不自由をおかけする事もなさそうです(^_^)

道路工事中です〓

道路工事中です〓
クリニック前の道路が工事中です〓お車でご来院の方は、工事の方の指示に従って下さい。期間が長かったですが、今日で終わるようです〓

2012年6月24日 (日)

梅雨時の体調不良

20120622183751 梅雨時は湿度が高いので体の中に水分が溜まりやすくなります。そのために、めまいや立ちくらみ体のだるさ頭痛などの症状を起こしやすくなります。

 また胃腸にも水分の停滞を起こしやすくなりますので、食欲が落ちたり、吐き気や下痢を伴う風邪症状の方が多いです。 吐き気と下痢の風邪

 このような場合には、体の中に溜まった余分な水分を排泄する効果のある漢方薬が効果的です。

 20120622183655
 湿度が高いとカビの繁殖もしやすい環境になっています。体の中も同じような状態になっていますので、真菌の一種であるカンジダが繁殖しやすい季節です。疲労の蓄積やストレスなどによって、体内の免疫のバランスが崩れてしまうとカンジダ膣炎になる方がいらっしゃいます。通常抗菌剤等による治療が一般的ですが、再発を繰り返す方には、免疫のバランスを整えて、抵抗力を高める漢方薬が効果的です。

女性のための漢方

2012年6月20日 (水)

膝の痛み、しびれ、湿布、鎮痛剤でも痛い方に漢方薬

 膝の痛みやしびれに漢方薬が好評です。膝の外側が痛い方、内側が痛い方など、傷む部分や体質に合わせた漢方薬が、効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 膝の痛みの原因は、いくつかありますが、

◇関節部分の軟骨が減り、骨と骨がこすれて、痛みを感じたり、水が溜まったりする

◇関節周辺部の膜や靭帯(じん帯)が引きつれたりすることで、痛みを感じる

などが考えられます。Ky32_15

 漢方では、膝の痛みの原因や体質に合わせた処方になります。

◆膝が冷えて痛い

◆膝の炎症が激しく、熱を持っていて痛い

◆膝に水が溜まっていて痛い

◆膝関節周辺部の引きつれによって痛い

など、膝の状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 膝の痛みの原因となる状態を改善する漢方薬の服用により、膝の痛みが少しずつ改善される方が多いです。鎮痛剤や湿布が不要になる方も多いです。

 膝の痛みやしびれは、梅雨時や湿度が高い季節に激しくなる場合が多いです。湿度が高くなると汗をかきにくくなりますので、体の中に湿気がこもり、血流も悪くなりやすいです。したがって代謝も滞りやすくなりますので、膝や肩、腰など関節の痛みを感じる方が多くなります。湿布や鎮痛剤だけでは、痛みが改善されない方に、膝の炎症を鎮めて、痛みを改善する漢方薬が好評です。Ky32_26

「膝の痛みの治療に漢方薬」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「膝の痛みや腫れを漢方で楽に」

【若い方の膝のチクチクにも効果的!!】Ky32_20

膝関節痛は、比較的女性に多い症状というのは、知られていますが、30代40代の女性でも、「時々膝のあたりがチクリと痛むことがある」という方がいらっしゃいます。

 膝関節痛は、膝関節部分の軟骨組織の減少により骨どうしがあたるので、痛みを感じたり、水が溜まったりすることが多いです。この関節部分の変化ですが、急に起こるわけではなく、徐々に進行して自覚的な痛みや症状になっていると考えることができます。

20120619080956 膝の痛みの原因は、漢方の視点から考えますと、多様な原因が考えられます。血流の問題や冷え、関節部分の軟骨組織の減少や潤いの減少、炎症による熱感など様々なものが考えられます。また関節の痛みだけに着目するのではなく、体全体のバランスの乱れを整えることによって、膝関節痛の予防も兼ねることも可能であると考えています。未病治療です。

 冷えや生理痛など他の症状で受診された方で、「時々ですが、膝がチクリと痛む事が多くなって・・・」という方で、漢方開始してしばらく経過した頃に確認してみますと、「そういえば、膝のチクリとした痛みないですね。忘れていました。」という方が多いです。

2012年6月17日 (日)

熱中症の後遺症が続いて治りません!漢方治療で治った!

 熱中症の後遺症がいつまでも残って治らない方に漢方治療を行っております。熱中症のにより、発汗や体温調節の機能がバランスを崩して、元の正常な状態になかなか戻らなくなっている方が受診されます。体の中に熱がこもっている感じ、頭痛やめまい、だるさ、倦怠感などが続いていて、いつまでも治らないなどのご相談を受付けております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky15_07

◇頭痛、めまい、ふらつき

◇体に熱がこもった感じ

◇汗が出ない

◇食欲不振

などの症状は、熱中症になったことで、自律神経のバランスが乱れて、体温調節がうまく出来なくなったり、体の働きがバランスを崩して多様な症状が現れる場合があります。重症の方ですと、脳細胞が破壊されてしまい、回復に時間がかかる場合があります。

 このような症状には、自律神経系のバランスの乱れを整える漢方薬や症状を改善する漢方薬の服用により、なかなか治らずに続いていた症状が改善される方が多いです。20120615123412

◇だるさ、倦怠感

◇関節の痛み

などの症状は、急激な体温上昇により、筋肉細胞が破壊されて、体のだるさや倦怠感、関節の痛みなどが起こると考えられます。筋肉細胞が修復されることで改善される場合が多いです。

 熱中症の後遺症の症状は、2週間くらいで改善される方が多いようですが、2,3ヶ月以上も経過しても治らず、苦しいという方が受診されることがあります。このような方は、熱中症により体に対してのダメージが非常に大きかった方であると考えられます。

 一人ひとりの症状の改善のための漢方薬と熱中症になったことによる体力の消耗を改善する漢方薬などによる治療を考えます。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を 水戸部クリニック」

見やすく、わかりやすいHPを作成中です。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」 new

~*~*~*~*~*~

 毎年、熱中症の後遺症と思われる症状の方が受診されます。漢方薬の服用により、症状が改善される方が多いです。半年以上も治らずにつらいと受診された方や体に熱がこもり、汗が全くといってもよいほど出なくなってしまった方もいらっしゃいました。

 20120615123446_2
 症状や体質も異なりましたので、漢方薬の服用により、短期間で症状が改善された方もいらっしゃいますし、症状の改善までに時間がかかった方もいらっしゃいますが、今年は、熱中症になりたくないと体調管理と共に、予防効果のある漢方薬を希望されています。

熱中症について

 新潟も梅雨入りしましたので、湿度が高く蒸し暑い日が多くなりました。熱中症の症状で受診される方がいらっしゃいます。また、熱中症予防のために漢方薬を希望される方もいらっしゃいます。屋外やビニールハウスでの仕事をされている方などで、昨年に熱中症の症状で受診された方が、昨年で懲りたのでしょう。熱中症予防の漢方薬を希望されています。

2012年6月15日 (金)

凧のおっちゃん

20120615161741_2
 2012年度白根大凧合戦結果

 

 大凧優勝 桜蝶組

 巻凧優勝 さんじ会組

 大凧技能1位 本新蝶組 桜蝶組

 巻凧技能1位 さんじ会組

「凧のおっちゃん」で親しまれている桜町の田村さん

 実は、カナダ・バンクーバーにある世界の凧の殿堂入りしている方です。今回の桜蝶組のダブル優勝を喜んでいらっしゃいます。

 

2012年6月12日 (火)

凧合戦後の疲れ、筋肉痛、二日酔い

 「兵どもが夢のあと・・・。」ですね。凧合戦も終わり、街は静けさを取り戻しました。走って、大声を出して、飲んで騒いで・・・。みなさんお疲れのご様子です。

20120612111346「体が重い~。なんぎなった・・・。筋肉痛で・・・。連日飲み過ぎて・・・。」と20120612111411
いう方の受診が多くなっています。

 筋肉痛や疲労倦怠感に筋肉の緊張を和らげ、体力の回復を助ける漢方薬が効果的です。当クリニックのDr.も服用しております

 連日の飲み過ぎ食べ過ぎで疲れた胃腸の働きを整える漢方薬も大変好評です。

疲労倦怠感  二日酔い 

胃の不快感

~*~*~

新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

より見やすく、わかりやすいHPを作成中です。

「疲労倦怠感に漢方」

「胃炎・胃痛に漢方」

「二日酔い」

足裏の汗

20120611182739_2 汗についてのご相談が多くなっております。顔から噴き出るような汗、手の平や足の裏の汗、脇汗などのご相談が多いです。

 ある患者さんは、足の裏にびっしょりと汗をかくので、なんとかして欲しいと受診されました。靴で蒸れて、臭いが気になってつらいとの事でした。

 体質に合わせた漢方薬の処方により、靴下までびっしょりと濡らしていた汗が治まりました。

多汗症に漢方

凧合戦には、行列の「ポッポ焼き」と「白アイス」ですね

2012年6月11日 (月)

本日の桜蝶組(白根大凧合戦最終日)

2012061114031420120611132732 2012061113274320120611133145_320120611133906_1_4

大凧合戦も終了となりました。

桜蝶組は、

総合優勝・技能優勝のW優勝となりました

20120611132754_3

20120611133201_120120611150046_2

20120611133018

凧合戦盛況(3 時から診療してます

凧合戦盛況(3<br />
 時から診療してます
引き分けになりましたが風がよく、次々に各凧組の凧が揚がり、合戦となっています。本日6時で本年度の白根大凧合戦は終了です。是非見にいらして下さい。水戸部クリニックの診療も6時まで致します(^_^)

2012年6月 9日 (土)

白根大凧合戦花火大会

20120609203716_220120609203728_420120609203814_22012060920385620120609204614


朝から雨が降ったり止んだり、時には激しく降りましたので、凧合戦には、残念な一日でした。

 夜になって、中ノ口川で「花火大会」がありまして、クリニックの2階から撮影してみました。

 携帯で撮りまして、シャッターの瞬間が花火のタイミングに合わずあまりきれいには撮れてはいませんが、アップしてみました。

 明日は、雨のち曇りの予報です。

 午前中に雨が降って、からりと晴れるとよい「しも風」が吹くそうですが。明日はどうでしょう。楽しみです。




20120609203958

20120609204123_1_2

20120609204601


2012年6月 8日 (金)

本日の桜蝶組

20120608144542201206081445542012060814481220120608145915_2


 昨日と違い、風がよかったので、たくさんの大凧が揚がりました。

走る、ゆっくり歩いて、凧を見ながら・・・また走って・・・

 かかったら急いで綱を持って戻って・・・

 引き合い

皆さんお疲れ様でした。

 明日も「しも風」が吹く事を祈ります

20120608144702_2

20120608145925

水戸部クリニックの大凧が揚がりました。

20120608142528_8
20120608153639_3 今日は風の状態が比較的よかったです。20120608153933_2

 「水戸部クリニック」大凧を桜蝶組の皆さんに揚げていただきましたが、残念ながら合戦とはなりませんでした。

 皆さんお疲れ様でした。

2012060814492620120608153651_5

しも風

しも風
今日は風がいいですよ(^O^)取り急ぎアップします(^_^)

足のむくみに漢方薬!!痛い、夕方太くなる方

 足のむくみや痛みに漢方薬が効果的です。利尿剤やマッサージも効果がない、夕方になるとパンパンに太くなる方のご相談が多いです。一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により、頑固に治らなかった足のむくみが改善される方が多いです。Ky45_02

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

◇足がむくんだまま治らない、痛い

◇夕方になると足がむくむ、靴が履けない

◇利尿剤を飲んでもむくみが取れないKy46_02

◇足がむくんで、だるい

◇足がむくんで冷たい

◇布団を重ねて、足を上げて寝てもむくみが取れない

◇靴下の痕が戻らない

など様々ですが、漢方では、体の中に溜まった余分な水分を排泄する効果のあるものがたくさんあります。むくみの状態や体質に合わせた漢方薬の服用により、少しずつむくみが改善され、むくみにくくなる方が多いです。

【頑固なむくみで足が痛い、利尿剤効かないが漢方で治った!!】Ky45_19_2

足のむくみが、漢方薬の服用で劇的に改善された方の例をご紹介致します。

 足のむくみが激しく、夕方になると靴が入らなくなるほどむくんでしまうとのことでした。検査をしても異常が認められず、利尿剤も服用中とのことでしたが、あまり変化がなく、何カ月もこのままでいたが、辛くてたまらないので、漢方でなんとかして欲しいと受診されました。

 夜には、ふくらはぎの痛みで目が覚めるほどでした。足首も太くみえるほどパンパンになり、ふくらはぎから下がむくんでいました。寝る時は、布団を何枚も重ねた上に脚を乗せて寝ないと、更にむくみが激しく下肢に激痛が走るとのことでした。20120605081352

 漢方薬を数種類服用していただいて、むくみの状態や尿の量の変化などを診ながら、状態に合わせて漢方薬を変方しました。量が少なかった尿の量が増え始め、すこしずつむくみが引いてきました。利尿剤も中止して漢方のみになり、最終的に約10カ月程で治癒となりました。その後、むくみの再発もなく、健康に過ごされています。漢方薬による体質改善により症状の再発がなく健康な毎日を過ごされている方が多いです。

 

20120605065152むくみ(浮腫)を漢方で改善  

新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応です。

「むくみ解消の漢方」  

2012年6月 7日 (木)

水戸部クリニックの巻凧


120607_151804_3
 白根大凧合戦では、大凧の他に六角の巻凧も揚がっています。大凧と一緒に川の両岸から巻凧を掛け合い、見事に掛かりますと中の口川の両側での引き合いになります。
 

 町内の大凧とは別に、六角の巻凧も作っていただきました。

風待ちです・・・

20120607143852 開会式も終わり、「いざ合戦!」と行きたいところですが、西風が吹いていて、合戦には向かない風となっていました。この状態では、風向きが変わるのを待つしかありません。

 用事を済ませて、お昼休みの間にちょっとだけ覗いてみようと堤防に上がってみました。桜の法被を着た町内の皆さんが風を待っていました。この光景大好きなんですよもちろん風がよくて、次から次へと凧を揚げる準備に追われているのもよいですが、こののーんびりとした空気もわりと好きです。

20120607144711_2

 ↓出番待ちの凧です。24畳分の大きさの凧は、このように丸めて出番を待っています。町内の皆さんで、大切に「凧揚げ場」まで運びます

 

白根大凧合戦始まります!!

2012060711141620120607113814 本日1時より「白根大凧合戦」が始まります。各町内の方々は、落ち着かない様子です。凧を揚げる準備の方、親戚の方やお客さんを迎える方など様々ですが、皆さん朝から忙しそうです。

 写真は、同じ町内の「桜蝶組」の皆さんです。これから「凧パレード」、「開会式」、「大凧合戦」の準備に集まっていらしたので、写真を撮らせていただきました。

 12時半より本町通りで、「凧パレード」が見られます。今日は、「開会式」等がございますので、「大凧合戦」は、1時半から2時頃から始まると思います。

水戸部クリニックの診療は通常通り行っております。

20120607113759_1  白根大凧合戦(桜蝶組)のページ

 白根大凧合戦のサイト

生理前の胸の張り、痛みに漢方!ホルモンバランスを整えてPMSを楽に

 生理が近くなると、胸がチクチクと痛む、胸が張る症状の改善に、漢方薬が好評です。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬の服用により、他のPMS症状も改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。A307_075

 生理前の胸の痛みや張りは、PMS(月経前症候群)の症状で、頭痛や肩こり、イライラ、気分の落ち込みなどの症状も伴う方が多いです。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

20120605081632 疲労やストレス、冷えなどによりホルモンバランスが乱れる事により、胸のチクチクなどのPMS症状が起こっている方が多いです。漢方薬の服用により、生理に伴う他の不快症状も改善される方が多いです。

 漢方薬の服用と共に、体を冷やさないような工夫をされる事も大切です。寝ている時だけでも腹巻をするなどお腹が冷えにくいようにする工夫や体を温める温性の食品を多めに摂るように心がけて下さい。20120605081404

「生理痛、生理不順、PMSに体質改善の漢方薬」

新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「生理痛・生理不順に漢方」

「PMSに漢方」

2012年6月 4日 (月)

胃のむかつき、めまい、頭痛

20120604081129
20120604081022_2  胃のむかつきや痛みにめまいや頭痛を伴う方の受診が多いです。その原因として、この季節の湿度の上昇による場合が多いようです。新潟の梅雨入りは、まだですが、少しずつ湿度が高くなっているためと思われます。

 このような症状の原因として東洋医学的な視点からみますと、脾胃(胃など消化機能)に痰湿(水分など)が滞ることで、食欲不振や胃のむかつきを感じたり、 のどのつかえを感じたり、めまいや頭痛を起こしたりしている場合が多いです。また、胃腸の働きが滞ることにより、体に栄養の運搬に滞ることにより、体のだるさや疲れやすさを感じる方も多いです。

 体質や症状に合わせた漢方薬の服用が効果的です。

胃の不快感  のどのつかえ 

めまい、メニエール症状  疲労倦怠感

20120604081035_3 40代の女性で、「食欲がない、胃が痛い、ムカムカして気持ち悪い、目が回るようなめまいがする、だるい。このような状態が1カ月も続いていて4キロも痩せてしまった。」との訴えで受診された患者さんがいらっしゃいました。

 血色がすぐれず、つらそうに診察室に入ってこられました。舌を診ますと、舌苔が所々剥がれて地図状舌になっていました。舌の尖端部分も赤くなっていました。

 心身の疲労が激しいことがわかりました。漢方薬を服用しながら、毎日点滴に来られました。舌の状態や体調の回復に合わせて漢方薬を必要に応じて変方しながら、約10日ほどでめまいや頭痛もなくなり、食欲がもとのように戻り、体調も整い、体重も徐々に戻り始めましたので、治療中止としました。

鼻からの胃カメラをご希望の方は、こちらをご覧ください。

「鼻からの胃カメラ」

※新しいHPを作成中です。

「胃炎・胃痛に漢方」

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群」

「鼻から口から選べる胃カメラ」

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »