カテゴリー

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

看護師さん急募です。

 20120531170401
 看護師さんを募集しております。20120531170343_2
 

 常勤、パートも可です。

 明るくアットホームな職場環境を心がけております。

 詳しくは、面談にてお願い致します。

 お問い合わせは、025-372-0755までお願い致します。

 新潟市南区上下諏訪木731-1   水戸部クリニック

2012年5月28日 (月)

クリニックは花盛り

20120528121135 20120528120931


 お花を頂きましたので、クリニックの看護師が、生けてくれました。とても上手に生けてくれましたので、写真に撮って載せてみました。とてもたくさん頂いて花瓶を総動員しても、まだ足りません。受付、診察室、待合室は、花盛りです。

 私ではこんなに上手に生けることができません彼女の女性らしいセンスが光っています。

20120528121026   20120528121012_4
 
 20120528004304_2
20120528004544_6


20120528121012_2

2012年5月27日 (日)

インフルエンザ後に出来た色素沈着

20120503123823 黒ずんだあざのような色素沈着がいつまでも治らないという方が受診されました。インフルエンザの熱が下がって体の広い範囲にあざのようなものができている事に気がついたそうです。検査等をされたそうですが、特に異常が認められず、「そのうちに消えるでしょう。」と言われて2か月くらいの間悩んでいられたそうです。

 このような症状に原因とされる疾患が特に見つからない場合に、漢方薬が効果的な場合が多いです。このような場合、漢方の考え方では、激しい体力の消耗などによりこのような皮膚症状が現れてしまっていると考えます。2週間後に受診された時には、すっかりきれいなお肌になっていまして、とても喜んで下さいました。

 「温泉にも行けるし、しばらく履けなかったスカートも履けますね。」

 インフルエンザや風邪などで、体力の消耗が激しかったり、極度の疲労が蓄積したりすると、このような症状に陥る方がまれにいらっしゃっいまして、受診されています。ぶつけたような「青あざ」のようなものや「薄く黒ずんだ斑点」が体全体や部分に現れて消えずに悩んでいる方が、受診されています。

様々な皮膚炎に漢方1 

様々な皮膚炎に漢方2

2012年5月26日 (土)

ご不自由をおかけ致しました。

20120524121137 最近受診されている方ですとご存知と思いますが、クリニック周辺で公共工事が続いています。さくら薬局さん側から入れなくなったり、しまむらさん側から入れなくなったりしています。

 今日は、なんとクリニックの駐車場が完全に使えなくなっていました。朝は、片側から入れましたので、大丈夫と思っていましたのに、気が付いたら道路に大穴が開けられていて、一台も入れなくなっていました。

 「初めて来たんですけど、駐車場って次回は使えますよね?」と聞かれてしまいました。誘導はきちんとして下さっていたようですが、とても混んでいましたし、多くの患者さんにご不自由をかけてしまいました。できれば土曜日の午前中は、駐車場に配慮してほしかったなあ・・・。

 工事に関係なく土曜日は、混雑する日が多いですので、土曜日に受診される場合は、早い時間の受診をお奨め致します。10時くらいまでに受付されると比較的空いている事が多いです。

また、日によって異なりますので、その時になってみないとわからない場合も多いですが、土曜日より平日の方が、お待ちいただく時間が短くて済む場合が多いです。

2012年5月23日 (水)

煎じない漢方薬

Kakkonntou_3    
 「漢方は煎じて飲むのですか。」、「健康保険がききますか。」とお問い合わせを受ける事があります。煎じるタイプの漢方薬もございますが、水戸部クリニックでは、手軽で飲みやすい顆粒タイプの「漢方エキス製剤」を処方しております。

 

 

 医師の処方による漢方薬は、健康保険適用ですので、経済的で続けやすいと好評です。

 漢方煎じ薬には煎じ薬としてのメリットもあるとは思いますが、「漢方エキス製剤」は、煎じる手間や時間の必要がなく、通常の粉薬と同じように服用でき、携帯や保存がしやすいです。

Karyuu1_2 写真は、「漢方のツムラ」様より掲載許可を頂いております「葛根湯」と「漢方エキス顆粒」の写真です。顆粒状ですので、漢方独特の香りや味を比較的感じにくく、飲みやすいという方が多いです。小児の方にも飲みやすい方法をお知らせしております。

漢方薬はどんなもの?  

漢方診療の流れ

2012年5月13日 (日)

春に眠い、だるいは自律神経の働きを整える漢方薬

 なんとなくだるい、疲れやすい、なんとなく体調が悪い、体が重いなどの不調を訴える方が春に多くなります。自律神経の働きを整える漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。A307_047

 東洋医学の考え方では、春は進学や就職、異動など環境の変化が激しいので、ストレスを感じやすく、「肝」を傷めやすい季節です。肝が疲れると体のだるさを感じたり、なんとなくやる気が出ないなどの症状が起こりやすくなります。また、肝によって栄養を受けている眼の栄養が不足して、疲れ目(眼精疲労)、かすみ目、視力低下、ドライアイ、物がぼやけて見えるなどの症状が現れやすくなります。

 このような症状に漢方薬が効果的です。肝の働きや体調を整える漢方薬が好評です。

「だるさ、疲労倦怠感に漢方薬」20120513131054

新しいHPを作成中です。

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群」

※春は、疲れ目やドライアイのご相談も多いです。

「ドライアイのお話

20120512180536_4 食養生として、旬の食品を積極的に摂取される事ももちろん大切ですが、東洋医学では、「酸味は肝を養う」という考え方があり、酸味のある食品は、肝の働きを整える効果があります。

 酢のものや柑橘系の果物、梅干しなどがおすすめです。しかし酸味を摂りすぎると胃腸に負担がかかりますので、注意して下さい。適度な量の甘いものを一緒に摂取して脾(胃腸の働き)を整えるのもよいでしょう。

2012年5月 8日 (火)

舌痛症でビリビリ、漢方でビールが飲めるまでに改善!!

 舌痛症のチクチク、ピリピリに漢方薬が効果的です。味の濃い食品がしみる、炭酸飲料やビールが飲めない方、食事中は気にならない方など様々です。Ky18_06

 舌痛症の症状は、西洋医学的にも原因が特定されていません。漢方でも難しい症状ではありますが、舌の状態や体全体のバランスの乱れを整える漢方薬の服用により、舌のチクチクやピリピリとした痛みが改善される方が多いです。

 一人ひとりの舌の状態、痛みを感じる部分に合わせて、体全体のバランスの乱れを整える漢方薬などが効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

~*~*~*~

 舌痛症で、食事もつらいという方の痛みが劇的に改善されました。ビールのような刺激が強いものでも平気で飲めるまでに改善した方がいらっしゃいます。
 

20120507212525 「ビールが飲めるようになりました。最近は、炭酸飲料も舌がビリビリして飲めなかったのに、大好きな辛い物ももう少しでまた食べられるようになりそうな気がします。ミントのガムも噛めるようになりました。もう嬉しくて・・・漢方を続けてもいいですか。GWは、お天気はあまりよくなかったのですが、沖縄の海を満喫してきました

 舌痛症の原因は、西洋医学的にも原因が特定されておらず、漢方でも難しい症状ですが、この方は、2週間の服用で劇的な改善が見られました。

 胃の不快感もなんとなく感じていられたそうですが、すっかりよくなったそうです。自分のことのように嬉しいです。「これだから漢方は辞められない」と思う瞬間です。

「舌痛症治療に体質改善の漢方」スマホサイト

PC用HPはこちら

「舌痛症治療に漢方薬」

2012年5月 5日 (土)

東京散策

 都内に出かけて来ました。上野駅で降りて、久しぶりに「アメ横」へ立ち寄りました。今も変わらず活気がありました。連休中ということもあって、すれ違うのも大変な人でした。
201205051121262012050511370020120505113557_220120505112703_2

 

 

 

 

 

 

 「果物屋さんのカットフルーツ」果物好きにはたまりません

 「焼小龍包」のお店がありました。焼き立てアツアツで、じゅわーっと肉汁がお口の中であふれて、ヤケドしそうになりました。とてもおいしかったです。タピオカのジュースは・・・でしたが

2012050513142920120505132321_220120505133300_2 

 その後、秋葉原へ出ました。ずいぶん前に(相当前です。学生時代にはよく行きました。)電気製品を買いに行って以来ですので、完全にうらしま状態でしたメイドカフェのメイドさんがかわいかったです。

 「Oh! Akiba Girl!」と外国の方が写真を撮っていらっしゃいました。

中には、お髭のメイドさんも街頭に立っていられました。

 ケンタッキーおじさんもコスプレしてました

20120505142317_2「万世橋」から見た「旧秋葉原駅」こちらの方が、懐かしく何故か落ち着きますね

 その後は、お茶の水や渋谷周辺を回って帰宅しました。日帰りでしたが、楽しい一日でした

顔の赤みを治したい、酒さ、日光性皮膚炎など治りにくい時は漢方!

 顔の赤みやほてりが治らない方に、漢方薬が好評です。紫外線の量が強くなり始める3月頃に、受診される方が多くなります。また、他にはっきりとした原因がわからず何年にも渡って悩んでいる方の受診も多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky26_02

 皮膚の炎症や赤みを鎮める漢方薬を中心に皮膚の状態や体質に合わせて処方しております。にきびを伴う方やお肌の乾燥や痒みを伴う方も多いです。

 

「日光性皮膚炎、赤ら顔、酒さに漢方」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。Ky42_07_2_2

いろいろな皮膚症状に漢方2、赤ら顔、酒さなどに

~*~*~*~

 顔の赤みが早期に改善された方がいらっしゃいます。2回目の受診時には、顔全体の赤みが引いていて、ニコニコして診察室へ入ってこられました。初診時は、鼻までマスクで覆って診察室へ入って来られました。うつむき加減で、何年も治らずに悩んでいたそうです。顔全体が赤くなっている以外は、にきびが少し出来ているくらいで、皮膚の乾燥もない方でした。

 「今日は、まだよい状態で、ひどい日は、もっと真っ赤になって、人と顔を合わせるのが嫌になります。」

 診察により、体質に合わせた漢方薬を処方しました。遠くからの方でしたが、2週間後に受診して下さるようにお話していました。

 「2週間でこんなにきれいになるなんて、ずっと悩んでいたんですよ。」

 「よかったですね。」とお話しながら、どう表現したらよいのでしょう。私の体にさーっと電気が走るような鳥肌が立ったような刺激が走りました。本当に嬉しかったです。

 少し長めに漢方薬を処方しまして、気にならなくなれば、中止してよいとお話しました。

20120504141514 この方は、早期に改善が見られましたが、どなたでもすぐに、きれいにという訳ではありません。漢方は、人間が本来持っている自然治癒力を高めることによって、改善へと導きますので、体力が落ちていたり、体のバランスの乱れが複雑に混在している場合は、症状の改善がすぐに感じられなかったり、瞑眩(めんげん)という思わぬ作用が現れることもあります。そのような場合は、延々と同じ処方を続けていただくのではなく、症状に応じて処方を変方したり、他の漢方薬を追加したりしています。

2012年5月 4日 (金)

ドアに手を挟んだ!!

20120501154132 4月の休日に、患者さんから「車のドアに手を挟んでしまったので、これから行きます。」とお電話がありました。

「手のレントゲンは、取れませんし、応急処置くらいしか・・・。」と言いかけた時に、「じゃあ お願いします。」ガチャンと電話を切られてしまいました。

 指先が腫れていて痛そうです。応急的に手の腫れと炎症を鎮めて痛みを楽にしなければなりませんでしたので、漢方薬3種類と湿布を処方しました。

 翌日に受診されまして、「先生、すっかり腫れが引きました。まだ痛いですけど、昨夜はぐっすり眠れました。こんなに早く腫れが引くと思っていませんでした。痛くてどうしようもないので、痛み止めだけでもいただこうと思ってお願いしましたので、漢方なんてと思っていましたが、とてもよく効いてびっくりしました。」

  私自身も慌て者ですので、階段から落ちたり、転んだりよくしますので(かなり強打が多いです)、打撲時には、よく漢方薬を服用して痛みや腫れを軽減させています。

打撲に漢方

2012年5月 1日 (火)

八重桜

Nec_0456 桜も散り、八重桜が満開です。新潟市南区周辺では、桃のつぼみも開き始めています。遠くからもよく見えるきれいな濃いピンクの桃の花が観る方々の心を癒してくれるのではないでしょうか。このきれいな花から秋にはおいしい桃になるのが楽しみです

 果樹園の方は、梨や桃の「花粉つけ」に忙しい時期ですね。白根に住んでいて一番うれしいのは、果物が豊富な事です。梨にぶどう、巨峰、桃、ル・レクチェなどが少しずつ大きくおいしそうに実り熟してくるのを観ることができます。遠方から受診されていらっしゃる方で、果樹の花々を愛で、収穫期に購入して帰るのを楽しみにされている方がいらっしゃいます。

 話がそれてしまいましたが、ソメイヨシノや八重桜の樹皮から抽出したエキスは、「桜皮エキス(オウヒエキス)」として咳や痰のお薬として、また漢方薬にも用いられています。水戸部クリニックオリジナルの鎮咳去痰薬の処方にも含まれています。

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »