カテゴリー

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

扁桃腺の腫れや痛み、発熱に漢方

20120325142616 気温の差が激しいこの季節は、疲労の蓄積やストレスにより免疫力が低下しやすいです。冬に引き続き風邪などから扁桃腺炎を起こす方が受診されています。

 急性の扁桃腺炎により、のどの痛みで、つばを飲み込むのもつらい方、扁桃腺炎を繰り返す方で、切除手術をしたくない方のご相談が多いです。

 漢方薬は長く飲み続けなければ、効果が表れないと思っている方もいらしゃるようですが、急性扁桃腺炎の発熱や痛み、炎症には、即効性の高い漢方薬が好評です。

20120325145249_2 慢性扁桃炎や扁桃腺炎を繰り返す方の体質改善の為には、免疫力を高め、扁桃腺炎を起こす原因となる細菌やウイルスに対する抵抗力を高めることが必要ですので、一定期間の継続服用が必要な場合が多いです。

 扁桃腺炎を繰り返す方、切除手術をしたくない方のご相談やお問い合わせが多いので、扁桃腺炎に漢方のページを追加しました。

繰り返す扁桃腺炎に体質改善の漢方

2012年3月23日 (金)

春の乾いた咳(空咳)は花粉のせい!?

20120319121622  「空咳が続いて1ヶ月以上続く」とのご相談が多い季節になりました。毎年、3月頃から始まり、1ヶ月くらいで自然に治まる方、4月5月くらいまで続く方が多いです。乾いた咳だけでなく、「のどのチクチク、イガイガ感を伴う方が多いです。

 検査をしても異常が認められず、咳だけが続き、毎年同じ季節(春に多いなど)だけ発症する。

 このような症状は、花粉や黄砂によるアレルギー症状によることがあります。眠くならない漢方薬は、のどのチクチクなどの炎症を鎮め、のどに潤いを届かせることで、咳やのどのチクチクやイガイガを改善する効果が高いです。

花粉症に漢方  長引く咳や痰  子供のアレルギー性鼻炎

より見やすく、わかりやすいHPを作成中です。

「咳・痰に漢方」NEW

2012年3月18日 (日)

春眠瘙痒を覚えず

20120315152649 春は、皮膚炎が悪化する方が多いです。アトピー性皮膚炎やにきび、湿疹など多様な皮膚症状が激しくなり受診される方が多くなります。「木の芽どきは、皮膚炎も噴き出す季節なのですよ。」とお話することが多いです。

 皮膚の乾燥や炎症による痒みや赤みに悩む方が多くなります。冬に落ち着いていた皮膚炎が、春になるとジクジクして悪化する方の受診も多くなります。

 空気の乾燥や紫外線の影響も原因と言われていますが、漢方の考え方では、春になって気温が上昇すると皮膚の深い部分に溜まっていた炎症や分泌液などが、皮膚表面に噴き出してくる方が多いです。また冬から汗腺が引き締まったままで汗をかきにくい体質の方は、体の中に熱がこもりやすく、赤みや痒みを訴えることが多くなります。

 またストレスによっても症状が出やすい季節です。受験や進学、就職などのストレスによっても体の中の代謝に滞りが起こり、溜まった毒素が皮膚に排泄されている状態と考えられます。

春、夏のアトピースキンケア  アトピーのかゆみ 

皮膚科症状を漢方で

2012年3月13日 (火)

春の頭痛

Zutuu 春になると頭痛を訴える方が多くなります。季節の変わり目による気温や気圧等の変化による場合や環境の変化によるストレスや疲労などによる方が多いようです。春は、進学や就職、異動などによる周りを取り巻く環境の変化が激しい季節ですので、頭痛を訴える方が多くなります。

 季節の変化による頭痛は、風邪症状に伴って起こる場合も多いです。三寒四温の春に風邪をひく方が多いです。このような場合は、首や背中に凝りや痛みがあり、悪寒や発熱を伴うこともあります。

 目の奥が痛い、頭が割れそうに痛い、目の充血を伴う頭痛の場合は、体の中に熱がこもっていることによる場合が多いです。口内炎ができたり、便秘を伴う方も多いです。

 のぼせやめまい、耳鳴りを伴う場合は、疲労やストレスなどが原因の場合が多いです。イライラしたり、不眠を訴える方が多いです。体質的に血圧が高めの方にも多い症状です。

 疲労の蓄積により内臓の機能が低下したり、虚弱体質によって起こる頭痛も漢方薬の服用により改善する方が多いです。

頭痛、偏頭痛に漢方薬  原因と症状からみる頭痛

※より見やすく、わかりやすいHPを作成中です。

「頭痛・片頭痛に漢方」

2012年3月 5日 (月)

疲れて動けない

 20120305144321_2
 具合が悪いとお電話がありました。「おばあちゃんが具合が悪いんです。」

 ご家族の方に付き添われて、受診されました。80代の女性です。なんとなくだるくて、目が回るような感じもして食欲もなく、今までに感じたことがない体調不良にびっくりして受診されたそうです。

 血圧も正常で、熱もなく手足の麻痺やしびれもなく・・・、特に異常が認められません。よーくお話を伺っていると

 「ひこ(ひ孫)がきて、あちこち歩き回って心配で着いて歩いて・・・、おやつも口に運ばれれば食べなければ悪いと思って無理して食べて・・・。いや~疲れてしまって・・・。」

 「それは気疲れしたのでしょう。ご自分で原因を話していらっしゃいますよ。疲れがとれて元気になる漢方を処方しておきまね。」

 疲れやすい方、疲れが取れにくい方などに好評の漢方薬が数種類あります。疲労感の程度や体質の違いに合わせた処方が効果的です

 なんとなくだるい、やる気が出ない、風邪がなおりにくい方にも好評です。

疲労倦怠感に漢方

より見やすく、わかりやすいHPを作成中です。

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群」

2012年3月 3日 (土)

本日3月3日は、通常通り診療を行っております。

Photo 昨日は、都合により休診させていただきました。ご迷惑をおかけいたしました。本日3日(土)は、通常通り診療を行っております。土曜日ですので、12時半までです。受診される方は、12時15分くらいまでに受付を済ませて下さい。

                                水戸部クリニック              

※臨時の診療時間の変更や休診のお知らせは、早い時期より水戸部クリニックHP携帯サイトでお知らせしておりますので、受診の際はご確認下さい。

2012年3月 1日 (木)

明日3月2日(金)は休診となります。

20120116120102_2 都合により、明日3月2日(金)は、休診となります。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

 明後日、3月3日(土)は、通常通りの診療を致しますので、よろしくお願い致します。

                               水戸部クリニック

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »