カテゴリー

.生理痛、生理不順、PMSなど

女性ホルモンのバランスを整える漢方

2019年5月27日 (月)

めまいと頭痛で学校へ行けない子に漢方

 「朝起きると、めまいや頭痛がして、学校へ行かない日が多いです。

 血圧を上げる薬などを飲んでいますが、治りません。」

 起立性調節障害(OD)のお子さんに、体質改善の漢方治療を行っております。

 このお子さんは、めまいや頭痛で、学校へ行けなくなる不安も重なって、更に不調を感じている様子でした。Img_3855

 このお子さんに合わせた漢方薬の服用により、朝、めまいや頭痛が起こることがなくなり、学校でもめまいや頭痛が起こる不安も少しずつ感じなくなり、すっかり自信と取り戻して、漢方薬も休薬となりました。

 成長期のお子さんに多く、自律神経系のバランスの乱れなどにより、めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状が続くお子さんが多いです。

 また、ストレスや緊張が原因となっている場合もありますので、診察により、お子さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 「起立性調節障害・自律神経失調症に漢方」074

 思春期のお子さんの心身の不調に、体にやさしい漢方薬が好評です。

 とてもデリケートな年齢ですので、学校や部活などの人間関係や勉強などで、ストレスを感じていたり、緊張による不調を感じるお子さんが多いです。

◇イライラ、気分の落ち込み

◇頭痛、めまい、吐き気

◇下痢や腹痛

など、多様な症状に悩むお子さんが多いです。

 体の不調から不安になり、学校へ行きにくくなっているお子さんの受診も多いです。

 お子さん一人ひとりに合わせて、漢方薬を処方しております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

 女の子の場合は、初潮を迎えてからの不調に悩むお子さんも多いです。

「思春期女子の心身の不調に漢方」

2019年5月20日 (月)

更年期症状で怒りがこみあげてくる方に漢方

 「更年期でしょうか。急に怒りがこみあげて来て、子供や夫にあたってしまいます。

 喉が締め付けられるように苦しくなったり、怒りっぽくなった自分が嫌になります。」

 心身ともに疲れている方が多いです。Img_3229

 東洋医学では、「心身一如」という考え方があります。

 心と体はお互いに関連して影響を与えているという考え方で、気分や感情が、体の働きに影響を与えると考えられます。

 更年期のイライラや感情の浮き沈みに、ホルモンバランスを整えて、気持ちを整える効果のある漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 この患者さんは、漢方薬を服用していると怒りの感情のコントロールができるようになったそうです。お肌もツヤツヤしてきたと言われています。A303_092

 ホルモンバランスを整える漢方薬の服用により、皮膚のハリやツヤを実感される方が多いです。

 お肌がきれいになると、気分も上がりますね。

「生理痛・生理不順に漢方」

PMS症状などに細やかに対応した漢方薬を処方しております。

「PMS症状に漢方」

イライラやストレスに

2019年5月12日 (日)

生理前にイライラして、胃が痛くなる

 「生理前になるとイライラします。

攻撃的になって、周囲がひいているのがわかります。

 自分ではどうにもならないほど、コントロールできません。

 胃が痛くなって、やる気もなくなります。

 生理が終わると治ります。」 Img_3655

 この患者さんの症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「漢方薬を飲み始めて1週間後に生理が来ました。

まだイライラしますが、イライラのコントロールができるようになりました。

 胃の痛みも楽なっているような感じがします。」

 同じ漢方薬を1カ月処方しました。

 1か月後、

 「漢方薬を飲むようになってから、生理前からイライラしなくなっています。

 生理痛も楽になって、びっくりしました。

 胃が痛くなることもなくて、こんなに楽になるなら、もっと早く飲んでいればよかったです。」

~*~*~*~Ky14_20

 生理前のイライラやおちこみなどの症状に悩む方に女性ホルモンのバランスを整える漢方薬などが効果的です。

 生理前に、体調不良になったり、気分の浮き沈みに悩む方は多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「生理痛・生理不順に漢方」

2019年5月 6日 (月)

デリケートゾーンが乾燥してヒリヒリする

  デリケートゾーンのかゆみや乾燥に、体の中から炎症を鎮める漢方薬が好評です。 

 更年期や閉経後くらいから、おりものの量が減ったり、デリケートゾーンや膣内の乾燥に悩む方のご相談が多くなります。

 塗り薬などでは改善がみられない方に、体の中から潤す効果のある漢方薬などで改善される方が多いです。  Img_3293

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「陰部湿疹・かゆみに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「閉経後から、デリケートゾーンが乾燥して、ヒリヒリしています。

 膣錠処方されていますが、それが溶けるのが刺激になって痛いです。

 乾燥がひどいせいか、カンジダにもなりました。

 カンジダは治りましたが、すごくつらかったです。」 A307_047_1

 膣内やデリケートゾーンの乾燥は、塗り薬などでは改善が難しい方が多いようです。

 漢方薬には、体の中から皮膚や膣内などの粘膜ににうるおいを与える処方があります。

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、デリケートゾーンや膣内の乾燥などによる痛みやかゆみが改善される方が多いです。

 「漢方薬を飲んでいると、チクチク、ヒリヒリする感じがないので、それを気にせずに過ごせています。」

「陰部の湿疹・デリケートゾーンのただれや痒みに漢方」

 おりものや経血、ナプキンなどによるかぶれにも対応しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

2019年4月25日 (木)

卵巣嚢腫で採卵ができない

 「卵巣嚢腫があって、卵巣が腫れています。妊活中ですが、採卵ができなかったり、採卵できても卵が育たなかったりしています。

 他の病院でホルモン剤や漢方薬を1年以上飲んでいましたが、あまり変わらないので検索したら、こちらを見つけました。」

 卵巣嚢腫で受診される方は多いです。Img_3161

 卵巣嚢腫にはこの漢方薬ということではなく、患者さん一人ひとりの体質や症状に合わせた漢方薬になります。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。定期的に婦人科で検査を受けられて、採卵のタイミングを待ってられました。

 漢方薬を服用されて、約5カ月が経過した時に、婦人科で卵巣嚢腫がかなり小さくなって、卵巣の腫れが引いていると言われたそうです。

 この時は、まだ採卵できるまでの大きさになかったそうですが、その1カ月後に、採卵から移植となりました。

 「妊娠できました。」

と、お電話を頂きました\(^o^)/Ky55_05

 不妊治療を受けられている方のご相談が多く、卵巣嚢腫、チョコレート嚢胞など、卵巣のトラブルを抱えている方、卵管水腫や子宮内膜が厚くならない方など、様々なご相談を受け付けております。

 婦人科での治療と並行して、妊娠しやすい体質に整える漢方薬を服用されることで、妊娠となる方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣などに漢方」

 妊娠したい方、二人目不妊の方のご相談も多いです。

「不妊症・不育症に漢方」

 男性不妊のご相談も受け付けております。

「男性不妊に漢方」

2019年4月18日 (木)

生理が薬なしで起こりにくい

「生理が自力で起こりにくいです。注射を打ってもらって、起こしていますが、具合が悪くなって合わないみたいなので、漢方でなんとか来るようになりたいです。」

 20代前半の方です。疲労の蓄積や過度のストレスで、ホルモンバランスが乱れて、生理を起こす力が低下してしまう場合があるようです。

 漢方では、体調を整えたり、ストレスによる不調を改善する処方があります。診察により、その方の症状や現在の体のバランスの乱れを見極めて、その方に合わせた漢方薬を処方しております。Img_3063

 漢方薬を服用されて、3,4カ月頃になって、女性ホルモンの数値が上がり始めました。

 その後、自力で生理が起こせるようになりました。数カ月継続されて、自然に生理が来るようになりましたので、漢方薬の服用量を減らして様子をみました。その後、自力で生理が来るようになりましたので、漢方薬を中止しました。

「生理痛・生理不順に漢方」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年4月10日 (水)

経血の量が多すぎて、貧血が治らない

 「経血が、異常に多いです。大判のナプキンでも短時間に大量なので、あふれてしまいます。そのために、貧血が治らなくて、ほとんど寝たきりのような生活です。仕事も行けなくなったので、辞めて半年以上になります。婦人科で、薬で生理を完全に止めるしかないと言われましたが、そこまではしたくない年齢なので、漢方に頼ってみたいと思って受診しました。」Img_3196

 女性ホルモンのバランスの乱れを整えたり、体調を整える漢方薬などにより、生理に伴う様々な症状が改善される方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 大量の経血や不正出血などの症状は、重篤な疾患が原因となっている場合もありますので、婦人科を受診されることをお奨め致します。婦人科での検査や治療を受けられて、特に異常がないと言われた方、思うような改善がみられない方に、漢方薬を処方しております。

 この患者さんは、ホルモンバランスを整える漢方薬などの服用により、1カ月くらいで体調が整い、寝てばかりから、普通の日常生活ができるようになりました。

 その後3カ月後くらいから、経血量が安定し、貧血症状も改善されました。

 現在は、仕事復帰されていらっしゃいます。Ky52_06

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

「生理痛・生理不順に漢方」

2019年4月 1日 (月)

生理10日から体調不良に漢方

「生理が始まる10日くらい前から、体調が悪くなって、生理が終わってもしばらく不調が続きます。頭痛がほとんど毎日で、鎮痛剤を飲んでいます。乾燥肌も気になります。」Img_3026

 生理前や生理後に体調不良に悩む方が多いようです。ホルモンバランスの乱れや生理出血による貧血症状などが原因と考えられます。 

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 診察により、この患者さんに合わせた漢方薬を処方しました。

 漢方薬を服用されて2週間後、

 「体調が少し回復したような感じはしますが、まだよくわかりません。」276

 1カ月後、

 「生理痛は2日で終わって、生理前も調子がよかったです。生理が終わっても具合が悪くなってません。頭痛もほぼ毎日あったのに、ほとんどなくなっています・・・。頭痛薬もほとんど飲まなくなりました。こんなに効くと思ってなくて・・・。」

 『お肌の乾燥はどうですか?』

 「そういえば、カサカサしてないですね。」

 『それも考慮した処方になっていますよ。』

 「わあ うれしいです。」

 漢方では、体全体のバランスの乱れを考慮して処方を選択します。みなさんが、直接症状とは関係がないと思われるような事も、漢方では処方選択の指標となる場合があります。

「生理痛・生理不順に漢方」

 水戸部クリニックでは長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。必要に応じて一般的なお薬との併用も行っております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年3月19日 (火)

低体温で顔面が白くなる方に漢方

 「低体温です。34度になる時があります。急に顔面が白くなり、頭痛と吐き気がします。一緒に仕事をしている人がびっくりします。

 婦人科では、特に異常がないので、運動でもしたらと言われました。

 その前から運動をしていますが、体が温まる感じもありません。生理も不順で、遅れる事が多いです。」

 お腹がとても冷たく、体の中からの冷えがありました。

 この方の体質に合わせて、体の中から温め、ホルモンバランスを整える漢方薬を処方しました。Img_3028

 2週間後、

 「いつも気にして体温を測っていますが、36度台の体温を久しぶりにみました。体が温まった感じがしています。この2週間は、顔が白いよって言われませんでした。

 さらに1か月後、

 「冬になって、気温が下がったせいか、また冷えるようになりました。」

 漢方薬を変方しました。

 人は、季節変化や気温差、環境の変化などの影響を受けています。その変化に細かに対応できるのが、漢方薬です。

 「また体が温かくなって、調子がいいです。頭痛も吐き気も全然なくなっています。顔が白いよって、言われなくなっています^^ うれしいです。生理周期も安定して、生理痛も楽になりました。」

 この方は、体が冷えやすい方なので、漢方薬を継続されています。

 春になって、気温が高くなってきたら、温まりすぎると思いますので、漢方薬を変方した方がよいと思います。このように、漢方薬は、季節や気温の変化などに細やかに対応した処方がたくさんあります。

「冷え性に漢方」

生理痛や生理不順も対応しております。

「生理痛・整理不順に漢方」

 

2019年3月11日 (月)

3人目妊娠しました!!

 妊娠を希望される方に、妊娠しやすい体質に整える漢方治療を行っております。患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた漢方薬が効果的です。

 3人目の妊娠を希望されていた患者さんのお話です。

 「稽留流産をして、1年半くらいになりますが、それから妊娠しないので、漢方がいいと思って受診しました。」Img_2909_2

 漢方の問診票、生理周期や経血の状態、基礎体温などから、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 漢方薬を服用して、約2カ月後くらいから、生理周期や基礎体温が安定しました。その後、約3カ月で、3人目のお子さんの妊娠となりました。

 流産後の体調不良やなかなか妊娠しにくいなどのご相談を受け付けております。漢方では、一人ひとりの症状や体質に合わせた処方となります。

 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬などにより、生理周期が整ったり、基礎体温が安定する方が多いです。

 それらは排卵の状態が改善されたり、子宮内膜の状態などの改善などを判断する指標となりますので、不妊で受診される方は、基礎体温表を持参していただけますと助かります。Ky55_05

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「不妊症治療に漢方」

子宮内膜症や多嚢胞性卵巣などの改善に

「子宮内膜症、多嚢胞性卵巣症候群に漢方」

卵管水腫などの改善

「卵管水腫に漢方」

など、一人ひとりに合わせて細やかに対応しております。

「子宮内膜が薄い方のための漢方」

より以前の記事一覧