カテゴリー

.生理痛、生理不順、PMSなど

女性ホルモンのバランスを整える漢方

2017年2月21日 (火)

子宮内膜症の出血がひどいですが、手術をしたくない

 子宮内膜症の症状が辛い方、できれば手術をしたくない方に、ホルモンバランスを整え、症状を軽減する漢方薬が好評です。

 子宮内膜症の症状として

◆激しい生理痛

◆経血が多すぎる、レバー状の塊のようなどろっとした経血が出る

◆生理の時に吐き気やおう吐、下痢になる

◆下腹部痛
などが多いです。Ky54_09
 
 日常生活に支障がない方は、そのまま様子をみている場合が多いですが、激しい生理痛や貧血になるほどの大量の生理出血が続く方などは、治療が必要となるようです。
 また、子宮内膜症が、不妊の原因となる場合もあると言われていますので、心配される方も多いようです。
 
 婦人科での定期的な検査を受けられる事をお勧め致します。
 
 ピルやホルモン療法が合わない方、おもうような改善がみられない方に、ホルモンバランスを整える体質改善の漢方薬が好評です。
 
 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。
 従来からのHPはこちら

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「子宮内膜症で、生理の時の出血がとても多いです。生理になるとなかなか出血が止まらなくて、貧血になります。止血剤でもなかなか止まらない時が多いです。婦人科で、この状態がいつまでも続くようなら、手術を考えた方がいいって言われました。

 できれば、手術はしたくないので、漢方でなんとかなればと思って来ました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。どろっとした経血と大量の生理出血が続いていた方ですが、経血がサラサラしたものに変わり、生理出血の量が、日常生活に支障がない程度に改善されました。

 「体が温まって、すごくいいです。このまま続けていてもいいですか。」

 症状が改善されましたので、漢方薬の量を減らして、再発予防も兼ねて継続されています。

 漢方では、体の冷えを重要視しています。自覚していない方が多いですが、お腹や内臓の冷えが、生理痛や生理不順、子宮内膜症などが悪化する原因の一つとなっています。体を冷やさない工夫も大切です。Img_6209_2

 学会の帰りに、友人と食事をした時の写真です^^おいしかったです。

 従来からのHPはこちら

2017年2月17日 (金)

不妊症に効く漢方は、これがよいと聞きましたが・・・

 「ネットで調べたのですが、不妊症には、この漢方がよいと書いてありますが、私が今飲んでいる漢方を変えた方がよいのかもしれないと思いました。」

 と、スマホの画面を見せて下さいました。Img_6125_2

 不妊症に効果があると言われている漢方薬は、多くの種類があり、ネット上でも、「不妊症にはコレ」という情報があふれているようです。

 その患者さんは、多嚢胞性卵巣、子宮筋腫があり、生理出血に血の塊が混じる方でした。

 『そうですね。間違ってはいませんが、○○さんの体質には、こちらの漢方薬の方が体質に合っていると思いますよ。生理出血の状態は、最近はいかがですが。』

 「そういえば、血の塊が出なくなって、鮮血に変わっています。」Ky63_14

 『○○さんは、多嚢胞性卵巣や子宮筋腫があり、血の塊が混じる経血がありましたので、このこちらの漢方薬を処方しています。この漢方の中のこの生薬の働きが、とてもよい効果を発揮しています。ネットでお調べになられた漢方薬には、この生薬が含まれていませんので、○○さんの状態は、ここまで整えられなかったと思いますよ。^^』

 「なるほどー、そうなんですね。すみません余計な事を言ってしまって・・・。」

 『いいえ、ご不安があれば、ご遠慮なくおっしゃって下さい。^^』

 妊娠ご希望の方が、大勢受診されますが、焦ってしまう方が多いです。お気持ちはわかりますが。

 多嚢胞性卵巣や子宮筋腫、子宮内膜症などがある方、ホルモンバランスが乱れている方など様々ですが、漢方では、その症状の改善により、妊娠しやすい体質に整える事から始めますので、基礎体温やホルモンバランスの乱れなどが整うまでに、何か月が必要になる場合が多いです。Img_6129

 個人差によるものも大きく、何年も妊娠しないと受診された方が、漢方薬を処方して、2週間くらいで、すぐに妊娠されて、びっくり!!という事もありますが、妊娠しやすい状態に子宮や卵巣の状態が整えられるまでには、少し時間がかかる場合が多いです。

 長年の経験から、一人ひとりの症状や体質に合わせて、漢方薬それぞれに含まれる生薬の働きや組み合わせを熟考して処方しております。

 西洋薬とは異なり、漢方薬の場合は、「この症状にはこの漢方薬」という事にはなりにくいので、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談される事をお勧めします^^ 

 ご不安やご質問は、お気軽にご相談下さいね。疑問や不安を抱えながら服用されるのは、よくありませんので、ご遠慮なく、ご相談下さい。水戸部クリニックでは、患者さんのつらいお気持ちに寄り添った診療を心がけております。

「不妊症・不育症治療に漢方」new

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣に漢方」new

「男性不妊に漢方」

従来からのPC用HPはこちら

「不妊症治療に漢方」

Img_6133_3~*~*~*~

 先日、瓢湖に行ってきました。ちょうど白鳥が、えさを食べて戻ってくる時間でした。鳥インフルエンザの予防のために、柵がされていて、遠くから見ることはできませんでした。

 白根周辺の田んぼで、えさをついばんでいる姿の方が、近くで見る事ができますね(笑)

2017年2月 8日 (水)

漢方を飲まなくなったら、怒りっぽくなったね!?

 漢方薬は、症状に対して処方されるのではなく、証(その時の症状や体質)に合わせて、処方されますので、一つの漢方薬がとても幅広い多様な症状に対応している場合が多いです。

 生理前になるとイライラしやすい、怒りっぽくなるなどの症状は、女性ホルモンの影響による場合がありますので、生理痛や生理不順を改善するための漢方薬の服用により改善される事が多いです。

 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬には、多くの種類がありますので、生理痛や生理周期、冷えの状態、イライラや落ち込みなどの症状に細やかに対応しています。Img_6115

 ある患者さんは、生理痛と生理不順で受診されていました。漢方薬の服用により、生理周期が整っていました。体調もよかったので、3週間くらい漢方薬がなくなったまま、飲まずに過ごしてられたそうですが、激しい生理痛が再発したそうです。

 「調子がいいからとちょっとサボっていたら、また激痛になりました。毎日のイライラがひどくなって、だんなと大喧嘩になりました。職場の人にも、『また怒りっぽくなったね』と言われてしまいました。やっぱり漢方が効いていたんですね。」
A307_075_2
女性のための漢方薬は、多くの種類があります。一人ひとりの体質や症状に細やかに対応できるように、処方を検討しております。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬は、PMS症状や更年期症状の改善にも対応しております。

 美肌効果やアンチエイジング効果のある処方も多く、体質や症状に合わせて、漢方薬を組み合わせる事で、女性の多様な悩みを解消する欲張りな処方が多いです^^

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_6118

「女性のための漢方」

☆新しいHPを作成中です。順次新しいページを追加しております。

「女性の健康と美しさのための漢方」new

~*~*~*~

 漢方を再開したら、激しい生理痛がまた改善されて、日常的なイライラが減ったそうです^^ ご夫婦仲良くが一番ですね。

2017年1月24日 (火)

薬を飲んでも生理が来ない時の漢方

 何か月も生理が来ない、妊娠中や授乳中でもない、婦人科でも異常がない方に、漢方治療を行っております。Img_6017_2

 生理が来ない原因として、以下のようなものが考えられます。

◆婦人科疾患が原因となっている

 婦人科で一度検査を受けられる事をお勧めします。

◆ストレスや疲労

 ストレスや疲労の蓄積により、生理を起こすホルモン分泌の調整を行っている脳の視床下部や下垂体の働きが乱れたり、卵巣機能が低下する事があります。

◆激しいダイエット

 「ダイエットをしたら、生理が止まってしまった。」と受診される方がいらっしゃいます。

 ダイエットによって、体に入ってくる栄養が不足すると、体の基本的な機能を維持する為に、子宮や卵巣などの生殖機能への栄養補給が低下しますので、生理が止まったり、不妊の原因となる場合がありますので、早めに治療を受けられる事をお奨め致します。Img_6014

 排卵誘発剤やホルモン剤による治療が一般的なようですが、薬を飲んでも生理が来ない、薬を中止すると、生理が来なくなる方、薬が合わない方が、漢方薬による体質改善を希望して受診されています。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

◇ストレスや緊張する事が多い方には、ストレスに対応した漢方薬

 「情緒不安定気味の漢方」   「ストレスに負けない薬」

◇疲労の蓄積やダイエットによる栄養バランスの乱れには、体調を整え、体力を上げる漢方薬

 「疲労倦怠感・体調不良に体質改善の漢方」

 「疲労・だるさ・倦怠感に漢方」new

◇子宮内膜症や多嚢胞性卵巣症候群の改善に漢方薬を処方しております。婦人科と併用できます。

 「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣症候群に漢方」new

 「自分で調べた漢方が効かなかった。」というご相談を受けることがあります。漢方薬は、病名に合わせて処方が決まるのではなく、病気や症状が起こる原因となっている体質、体のバランスの乱れを整えることで、病気や症状を改善するように整える処方になります。

 長年の経験による診断が重要となりますので、漢方に詳しい医療機関を受診される事をお奨め致します。Ky52_06

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 生理が来なくなって、7か月、婦人科で薬を処方されて服用を続けていられたそうですが、生理が来ない状態が続いていると受診されました。検査を受けても異常がないと言われたそうです。

 市販の漢方薬を奨められて、数か月服用していたそうですが、にきびが出てしまったが、生理が来ないので、中止してこちらへ受診されたそうです。

 とても繊細な印象を受けました。責任感が強く、ストレスに敏感な方のようでした。この方の体質に合わせて、ストレスに対応した漢方薬と体調を整える漢方薬を処方しました。

 なんとなく気持ちが楽になったような気がするとの事で、継続されました。約3か月継続されても生理が来なかったので、漢方薬を一部変方しました。

 不正出血のような生理が起こり始めて、定期的に生理が来るようになりました。

 よくお話を伺う事で、患者さんそれぞれの体のバランスの乱れを整える漢方薬を選択しております。一人ひとりの体調にきめ細やかに対応できるのが、漢方薬ですhappy01

2017年1月18日 (水)

生理前に暴れる症状は、ホルモンバランスを整える漢方

 生理2週間前頃から始まるイライラ、焦燥感、暴れるなどの症状が激しく、自分ではコントロールできない方に、ホルモンバランスを整える漢方薬が効果的です。Img_5935

 生理前になると、

◆イライラが激しくなる

◆情緒不安定にある

◆うつうつした気分になる、自殺したくなる

◆不安感が強くなる、人に会いたくなくなる

◆焦燥感に襲われる

◆集中力が低下する

◆日中に眠気が起こる、夜眠れない

◆攻撃的、暴力的になる

◆泣く、叫ぶ

などの症状が激しくなる方がいらっしゃいます。

  PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)などと呼ばれる症状で、生理前に激しくなり、生理がくると、症状が改善されたり、嘘のように治ってしまう方もいらっしゃいます。

 はっきりとした原因がわかっていないようですが、漢方の視点から、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。A307_073

 同じような症状で受診される方でも、体質は一人ひとり異なりますので、診察により、その方の体のバランスの乱れ、生理前に起こっている体のバランスの乱れを整える漢方薬を検討しております。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせて、細やかに対応できるのが漢方薬です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 自分ではどうすることもできなくて、一人で抱え込んで苦しんでいる方が受診されます。漢方薬は、心と体にやさしく作用します。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「PMS(月経前症候群)に漢方」new

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「生理前になると、自分ではどうするできないくらい怒りっぽくなります。子供を叩いたり、怒鳴ったりしてしまいます。物を投げて暴れる時もあります。主人に、精神科へ行けと言われましたが、友達に漢方があると聞いたので来ました。私、おかしいんでしょうか・・・・。今日は、生理が終わったばかりなので、なんともないんです。」

と、泣きながらお話されました。

 細かくお話を伺って、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。2,3か月間服用されて、生理前の症状の変化を診てまた、処方を調整することとしました。

 少しずつ改善を実感されました。Ky52_02

 半年くらい継続されていましたが、

 「調子がよいので、少しサボったら、今回の生理前にまた、イライラしてしまって、ちゃんと飲まないとダメだって、主人に叱られました。やっぱり続けていた方がいいみたいです。」

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「PMS(月経前症候群)に漢方」new

2017年1月14日 (土)

生理前からのむくみは漢方で、小顔、美脚に!!

 生理前のむくみが気になる、足がパンパンになって痛みを感じるほどむくむ方がいらっしゃいます。マッサージをしてもあまり改善がなく、足や体が重くなる方に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が好評です。Ky45_01_2

 生理前にむくみやすくなるのは、女性ホルモンの一つである黄体ホルモン(プロゲステロン)が、多く分泌される為と考えられています。排卵から生理までの時期に、分泌量が増えます。

生理前に

◆顔がむくむ

◆手足がむくむ

◆手のゆびが曲げにくくなる

◆ももの辺りがむくんで痛い

◆足がむくんで、痛い

◆全身がむくんだ感じになり、体が重い、だるい

などの症状に悩む方が多いです。

 漢方薬には、女性ホルモンのバランスを整えて、むくみを改善する処方があります。一人ひとりの体質や症状に合わせた処方になります。

 女性ホルモンのバランスを整えますので、生理痛や生理不順が改善されたり、美肌効果を実感される方も多いです。女性にとって、欲張りで嬉しい処方がたくさんあります。

 更年期のむくみやだるさ、疲労感にも対応しています。

「生理痛・生理不順に漢方」 Img_5840

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「PMS(月経前症候群)に漢方」new

「生理痛・生理不順に漢方」new

~*~*~*~

 生理前は、甘いものを食べたくなる方が多いようです。体重も増えやすい時期になります。食欲が増す方も多いです。甘いものの摂り過ぎで、体が冷えますので、温かい飲み物などと一緒に食べるのもよいと思います。

2017年1月 8日 (日)

子宮筋腫の手術後から便秘が続いている時は漢方で改善される方が多いです。

 便秘に悩む方に、漢方治療を行っております。特に、内臓系の手術後から始まった便秘は、一般的な便秘薬などでは、調節が難しいという方が多いです。Ky21_17_2

 先日、子宮筋腫の手術後から続いている便秘に悩む方が受診されました。お近くの医療機関で、漢方薬を処方されたそうですが、思うような改善がみられないと受診されました。

 この方は、子宮筋腫で開腹手術を受けられているので、腸に癒着が起こりやすく、便などの通過障害が起こりやすい状態です。

 この方の体質に合わせた漢方薬の服用により、便秘になる事がなくなりました。

 開腹手術を受けられた方は、手術縫合部のわずかな引きつれが影響して、腸の動きに滞りが生じる場合が多いです。それによって、便秘や下痢、腹痛、お腹の張りなど、様々な胃腸症状に悩む方が多いです。

 また、開腹手術後は、腸の癒着による腸閉塞(イレウス)が起こりやすくなります。癒着によって、腸の一部分が狭くなったり、ねじれたりして、腸の中を食物や消化液がつかえて、通りにくくなります。

 大量の食物や消化液が溜まる事で、吐き気やおう吐、腹部膨満、冷や汗などの症状が現れます。血圧低下や脱水症状などショック症状に陥る場合もあります。

 絶食と点滴、鼻からイレウス管というチューブを挿入して腸内の圧力を下げたりする治療などで、改善される場合が多いですが、場合によっては、手術が必要になる場合があります。
 

 開腹手術を受けられた方は、癒着性イレウスになりやすいですので、便秘の予防をされる事も大切です。

 このような方に、体質改善の漢方薬が好評です。腸の働きを整え、癒着性イレウスの予防効果の高い漢方薬があります。一人ひとりの便秘や便の状態に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 便秘薬や整腸剤などを変えてみても改善がみられない方に、それぞれの症状や体質に合わせた漢方薬で、便秘の改善と共に癒着性イレウスの予防をされる事をお奨め致します。

「便秘対策の漢方」

「手術後の違和感、ひきつれに漢方」

「便秘と漢方」 Img_5767

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

より詳しく、わかりやすいページを作成中です。

「便秘・腹痛に体質改善の漢方」new

「手術後の痛み、腫れ、後遺症に漢方」new

~*~*~*~

 腸をきれいにするには、小麦より粘り気があって、消化に時間がかかるお米がよいそうですが、パスタもおいしいですね。

 便秘体質の方は、和食がお奨めですが、お腹の冷えによっても腸の動きが悪くなりやすいので、体を温める食事などがお奨めです。特に冬は、鍋料理など温かい食事が効果的です。

2016年12月 4日 (日)

生理痛で寝込む

 「激しい生理痛で毎月のように寝込んでいます。痛み止めが効かない、胃が気持ち悪く、吐くこともあります。痛み止めは効かない時が多いです。仕事も休まなければならないので、職場で形見が狭いです・・・。」Ky53_087_2

 生理痛の原因として

◆生理の時に子宮を収縮させるプロスタグランジンという物質によって、痛みやだるさなどが悪化する

◆生理の際に、子宮が収縮する痛み

◆冷えにより、子宮内の血流が悪くなっている

◆ストレスや疲労の蓄積により、ホルモンバランスが乱れている

などが考えられます。

 子宮内膜症や子宮筋腫などが原因となっている方、検査をしても異常が見つからない方など様々ですが、一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により、激しい生理痛が改善される方が多いです。

 漢方薬は、病名に合わせて処方が決まるのではなく、病気や症状が起こる原因となっている体質、体のバランスの乱れを整えることで、病気や症状を改善するように整える処方になります。

 漢方に詳しい医師または、薬剤師にご相談される事をお勧め致します。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「生理痛・生理不順に漢方」 Img_5298

「月経と漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「生理痛・生理不順に新潟の漢方外来」new

~*~*~*~

 甘いもの、冷たいものは、冷えや生理痛の原因となりますが・・・、おいしいものは、食べたい!! !(^^)!

2016年8月22日 (月)

子宮腺筋症の激痛、貧血がつらい

 子宮腺筋症の症状の軽減に漢方薬が好評です。子宮腺筋症は、子宮の筋肉に何らかの原因で子宮内膜が入りこんで、子宮が腫大してしまう病気です。

 激しい月経痛や月経血が多くなることによる貧血に悩む方が多いです。婦人科での治療や鉄剤の服用による治療が一般的ですが、思うような改善がみられない方、妊娠を希望される方などに、漢方治療が好評です。A307_049

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、激しい月経痛が軽減したり、過剰な月経血の量が調節される方が多いです。

 また、貧血の予防改善効果のある漢方薬などもございますので、貧血改善のための鉄剤が、飲めない方にも好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣などに改善に漢方」new

「生理痛・生理不順に漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら 他の症状のページも充実しています。

「新潟の生理痛・生理不順改善に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「子宮腺筋症と子宮内膜症があり、毎月の生理痛がひどいです。近くの病院で治療を受けていましたが、なかなかよくならないので、漢方を試してみたいと思って受診しました。毎月生理の時に、貧血になるので、鉄剤を出されましたが、気持ち悪くなって、飲むのがつらいです。」

 婦人科での定期検査を継続されるようにお勧めして、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 漢方薬を服用されて、3か月くらいから、生理痛が楽になったことを実感されました。経血量が整えられ、貧血が改善されましたので、鉄剤が中止となりました。Fullsizerender

 その後、体調がよく、継続されていらっしゃいましたが、仕事が忙しく、受診できずに、2週間くらい漢方がなくなっていたそうです。

 「漢方がなくなって、生理が来てしまったら、また激痛になって、職場を早退して来ました。やっぱり飲んでいるといいんだな~と思いました。」

※ランキングにご協力下さい。


にほんブログ村

2016年8月 1日 (月)

パニック障害でしたが、妊娠、出産できました。

 「パニック障害の薬を飲んでいますが、妊娠したいので、中止したいです。子宮内膜症で、生理痛がひどいです。」140

 と以前に受診された患者さんが、無事妊娠され、出産のご報告をいただきました。

 妊娠を希望される方で、服用中のお薬を心配される方が多く、漢方薬による治療を希望されることがあります。

 ストレスや緊張によるイライラや気分のおちこみなどに対応した漢方薬が効果的です。自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしく作用しますので、妊娠を希望される方、授乳中の方にも好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 この方は、パニック障害の薬の中止と不妊症の改善の為に受診されました。

 ストレスや緊張に対しての感受性が高い方でしたので、発散効果のある漢方薬や女性ホルモンのバランスを整える漢方薬を処方しました。

 気持ちが安定して、パニック障害の薬を中止することができまして、その後体調がよくなり、生理痛が軽くなったとのことでした。

 その後、約1年になりましたが、その方のお母様が受診されまして、出産のご報告を頂きました。

 詳しくは、HPをご覧ください。

「情緒不安定気味の時の漢方」 Img_4539

不妊症治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の不妊症治療の漢方」new

「イライラ、落ち込み、ストレスに漢方」作成中です。

※ランキングにご協力下さい。


にほんブログ村

より以前の記事一覧

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ