カテゴリー

疲れ、だるさ

疲労倦怠感、慢性疲労症候群など

2020年9月20日 (日)

だるくて朝起きれない

 なんとなくだるい、疲れが取れていない、

スッキリ起きれない方に、体調を整える漢方薬が好評です。

 「だるくて朝なかなか起きれません。

半年くらい前から朝がとても辛いです。

 仕事には、なんとか行っていますが、疲れます。

 血液検査なども異常がないと言われましたが、

いつまで経っても良くならないので、漢方がよいのではと家族に言われました。」 Img_7760

 夏バテによる症状で受診される方が多い時期ですが、

この方は以前から続いている症状でしたし、

かなりお疲れのご様子でした。

全体の体調を整え、回復力を高める漢方薬を処方しました。

 「良い日が出て来ました。

 まだ辛い日もありますが、調子が良い日が増えて来ました。

 でも、もう少しシャキッとしたい感じです。」

 漢方薬を変方しました。

 「とても元気になりました。

 仕事が終わってご飯を食べると、横になってばかりでしたが、

体に余裕が出て、しばらく休んでいた趣味を再開しました。」

 素敵な趣味をお持ちの方が多くて、お話を伺うのが楽しみです^^

「疲れ・だるさ・慢性疲労に漢方」062_20200910110701

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、 新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2020年7月26日 (日)

ご高齢の方のめまい、ふわふわ

 めまい、ふらつき、ふわふわ感に漢方治療が好評です。

 梅雨明けが例年より遅い予報ですし、めまいや頭痛が辛い方の受診が多いです。

 梅雨時の湿度の高さや低気圧などによって、症状が悪化している方が多い季節ですが、全ての方に当てはまるとは限りません。

 特にご高齢の方の場合は、体力の低下や他の疾患に伴う場合なども考慮する必要があります。Img_7283

 漢方独特の診察や患者さんのお話をしっかりと伺って、顔色や表情、話し方なども診させて頂いて処方を判断しております。

 漢方って本当に奥が深いんです。ブログ担当もまだまだ勉強中です・・・。

 ネット上でも漢方薬についての情報があふれていますが、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 91歳の女性です。娘さんに付き添われて受診されました。

 「1日中、ふわふわしています。

 CTも異常がありませんでした。

 食欲もないですし、体の中がぶるぶる震える感じです。

 それから汗をかいて眠れません。

 体がかあーっと暑くなって・・・」

A306_040_20200726022101  お話を伺いながら、頭の中で処方を絞り込み漢方薬を2週間分処方しました。

 2週間後、

 「全然良くなりません。

 ふわふわは続いていますし・・・、汗も止まりません。」

 『漢方って効くんですかね・・・。』

 と娘さんがボソッと

 漢方処方を変方して2週間分処方しました。

 1週間後に、娘さんからお電話がかかって来ました。

 『飲んで3日くらいで、ふわふわが治りました。

 変な汗をかかなくなったんです。

 よく眠れるようになったと言っています。

  腰の痛みも治してもらえるのなら、すぐに連れて行きたいのですが、いいですか。』

 よかったあ・・・^^

 初診の時から処方を決定しても、改善がみられなかった場合やその他の症状がみられた場合など、次の候補の処方も検討してありますので、じっくりと取り組んで頂けるとありがたいです。

 特にご高齢の方は、体力が低下していたり、お薬の代謝能力の低下なども考慮する必要がありますので、こちらもいつも以上に慎重になります。

「健康寿命に老化対策の漢方」 

2020年7月25日 (土)

夏バテにはどんな漢方薬がいいですか

 夏バテ症状に漢方薬が効果的です。

◆なんとなくだるい

◆疲れが取れない

◆食欲がない

◆頭痛やめまいが続く

◆夏やせした

◆夏になると毎年体調不良になる

などのご相談が多いです。Ky14_14_20200725001701

 昔の夏バテのは、暑さによる体力の消耗がほとんどでしたが、現代の夏バテは、人によって異なります。

 生活習慣や職場環境や食生活の違いなどによって、多様化しています。

 クーラーや冷蔵庫などにより、便利で快適に過ごせるようになった一方で、自律神経系のバランスが乱れやすくなっています。

◆屋外など暑い場所で長時間過ごすことが多い方

◆クーラーの効いた場所で長時間過ごすことが多い方

◆1日のうちで、屋外とクーラーの効いた場所の移動を繰り返すことが多い方

◆冷たい食品を多く摂る方

◆もともと体力がなく、季節変化などにより、体調不良を起こしやすい方

など様々です。A307_106

 診察時に、細かな問診や生活習慣などを伺う事で、患者さんそれぞれの夏バテ症状の原因を考えます。

 一人ひとりの症状や体質なども考慮した漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、一人ひとりの夏バテ症状やその方それぞれの生活環境、体質などに合わせた漢方薬を処方しております。

 すでに夏バテ症状が起こっていて辛い方、毎年夏バテになるので予防したい方などの受診が増えています。

 暑さ負け対策、冷房病対策などをされている方も多いようですが、ご自身の夏バテの原因に合わせた漢方薬の服用もお奨めです。

「夏バテに漢方薬」

 クーラー病、冷えやむくみ、下痢、食欲不振などのご相談も受け付けております。

「冷房病対策の漢方」

 屋外で仕事をされる方、スポーツなどで熱中症になりやすい方、繰り返している方には、熱中症対策の漢方薬が好評です。

「熱中症対策の漢方」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、新潟県外からの方の受診も多いです。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」Img_7180

2020年3月27日 (金)

原因不明の頭痛が辛い

 「2年前にトイレで倒れました。

 意識はあって、脳外科で検査も受けましたが、異常はありませんでした。

 それからずっと、頭痛と肩こり、腰まで痛いです。

 体もなんとなく、だるいような重いような感じが治りません。

 1日のうちで、調子がよい時と悪い時があります。」Img_6420

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「だいぶ楽になりました。

 この辺り(こめかみ)の重いような鈍い痛みが楽になっています。

 体のだるさも少しよくなっている感じがします。」Ky15_18

 1カ月後、

 「飲んでいると、とても体が楽です。

 調子がよくなって、漢方薬を飲み忘れたら、また頭が痛くなって、

漢方が効いているんだなあと思いました。」

「頭痛、偏頭痛に漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。 

「西洋医学と東洋医学の良さを活かした医療を水戸部クリニックで」

2019年10月 7日 (月)

更年期の鬱々に漢方

 「やる気が出ません。昼間も眠くて、鬱々します。

 イライラもします。

 頭痛がして、背中も痛いです。

 更年期と言われて、ホルモン療法を受けましたが、副作用が出て中止しました。

 寝ていたくて、家事もまともにできないので、困っています。」Img_5272

 この方の体質に合わせて漢方薬を2週間処方しました。

 「イライラが強いです。

 疲れも取れません。背中も痛いままです。」

 漢方薬を変方しました。

 2週間後、

 「体が軽くなりました。

 足のだるさが取れて、家事もできるようになりました。

 こんなによくなるなんて、思っていませんでした。

 私、3年くらい前からこの症状で、困っていたのですよ。」A302_073

 更年期と思われる時期に、気力が低下したり、気分が落ち込んだり、イライラしたりする方がいらっしゃいます。

 更年期うつと呼ばれる症状が、体全体のバランスの乱れを整える漢方薬により改善される方が多いです。

 更年期の症状は、一人ひとり異なり、多様な症状になりますが、東洋医学では、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせて、体全体のバランスの乱れを整える治療になります。

「更年期障害に漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っておりますので、必要に応じて、一般的な西洋薬と漢方薬との併用も行っております。 

2019年8月 8日 (木)

仕事中に体がふらつく、くらっとする

 「仕事中に体がふらつきます。1日に10回以上くらっと、めまいのような感じになります。

 夏バテではないかと言われましたが、全然治りません。

 この仕事は大好きなので、仕事のストレスとはではないと思います。

 すぐ疲れて、下痢する事が多いです。」Img_4539

 という方が受診されました。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「まだ疲れる感じはありますが、体が動くようになって、うれしいです。 

 この2週間の間は、下痢もなかったです。」

 漢方薬の継続を希望されました。

 「とても調子よくなりました。

 こんなに良くなるなんて、と感動しています!!」Ky52_06_20190808121201 

 体調が整ってきたので、漢方薬の服用量を減らしてもよいとお話しました。

 「漢方薬を飲んでいると、本当に体調がいいです。

 この1カ月間もすごく体調がよかったです。

 風邪をひいても、すぐに治るようになりました。

 体調の心配をしなくて済むようになると、毎日の気分も違いますね。」

 『それなんです。

 体調の心配がなくなると、気分が良くなりますから、免疫力も高まります。

 それにより、より良い状態が保ちやすくなります。』

 「そうなんですね。漢方薬を飲むようになってから、

体が軽くなって、すごく気持ちが楽で、益々仕事が楽しくできていると思っていました^^」

「疲れ・だるさ・倦怠感に漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っております。

2019年7月25日 (木)

脊柱管狭窄、腰椎すべり症の痛み、しびれ

 脊柱管狭窄の痛みやしびれの改善に漢方治療を行っております。

 痛みやしびれにより、日常生活に支障を感じている方、ご高齢の方の生活の質の改善のために、漢方治療を行っております。

 手術後に、何年も経過して痛みやしびれが再発した方のご相談も多いです。

 患部の血流を改善したり、温めたりする漢方薬などが効果的です。

 脊柱管狭窄、腰椎すべり症、椎間板ヘルニアなどによる痛みやしびれで受診される方が多いですが、痛みの度合いや体質、痛みやしびれを感じる部位などにより、細やかに対応した漢方薬が効果的です。

「腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアに漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「頸椎ヘルニア、すべり症、狭窄症に漢方」Img_4356 

~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 86歳の女性の方です。

 ご家族の方と、手をつないで診察へ入って来られました。

 「脊柱管狭窄と腰椎すべり症です。

 5か所つぶれています。

 足のしびれと痛みがひどいです。

 それから、足のむくみがひどくて、利尿剤を飲んでいますが、全然むくみが引きません。」

 両ひざから下が丸太のようにむくんで、足の甲もサンダルが入らないくらい、パンパンにむくんでいました。

 この方の体質に合わせて、体の余分な水分の代謝を促進する漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、足のむくみは少し引いた程度でした。

 ご高齢の方なので、漢方薬に対しての体の反応もゆっくりになると思われましたので、漢方薬を変方せずに、そのまま様子をみて頂きました。

 1か月後、

 「むくみが引いて、足のだるいのは、だいぶ楽になりました。

 でも、腰から下がまだ痛いし、しびれています。」

 足の甲のむくみがすっかり引きました。

 この方の場合は、むくみを改善してから本格的に狭窄症の治療を考えておりましたので、漢方薬を変方しました。

 変方して2、3カ月くらいは、それほど効果を実感されなかったようですが、その後、痛みやしびれが改善して、一人で診察室へ入って来られるようになりました。A303_019_20190725105801 

 関節の痛みやしびれが激しい方は、日常生活に支障が出る場合が多いです。

 水戸部クリニックでは、高齢者の方の生活の質を改善することも考慮して、漢方治療を行っております。

 心や体の不調を改善して健康寿命を延ばすために、患者さん一人ひとりに寄り添った医療を心がけております。

「健康寿命に老化対策の漢方」

2019年6月29日 (土)

原因不明の体の痛みに漢方

 「7年くらい前から、全身に痛みが出ます。

 ずっと同じ場所ではなくて、日によって腕だったり、背中になったり、足に痛みが出たりと、移動します。

 整形外科、脳外科、内科、神経内科も何か所もこの7年くらいで、まわりましたが、異常がないと言われます。

 漢方薬も何種類か処方して頂いたのですが、下痢になったりして、合わなかったです。Img_4248

 体はいつもだるいです。

 ストレスなのかなあ とも思いますが、毎日体のどこかが痛いので、困っています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「とても楽になりました。

 なんていうか、脳の疲れが取れた感じがします。

 体の痛いのも、あまり出なくなっています。

 安定剤に依存していた感じがありましたが、止めてみたら、大丈夫でした。098

 車の運転が怖くて、遠くまで出かけるのが怖かったのですが、ちょっと距離を伸ばしてみました。

 それから、〇〇番の漢方薬が、すごく甘くておいしかったです。

 お砂糖が入っているのかなって思ったくらいです。」

 体質に合った漢方薬がおいしく感じられるという場合があります。匂いや味にクセがあるので、飲みにくいけど、頑張って飲んでいるという方も多いですが、この方のように、味にクセが強い漢方薬でもおいしく感じられる場合があるようです。 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この方のように、はっきりとした原因がわからない症状で受診される方も多いですが、漢方の視点から、症状が起こっている原因となっている体のバランスの乱れを整える処方を検討しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年6月22日 (土)

疲れが取れない方に漢方薬

 「疲れが取れません。

 ストレスが多く、便秘になったり、集中力が低下します。

 寝つきが悪く、寝不足になることが多いです。」

 朝、疲れが取れていない、だるいという方に漢方薬が好評です。Img_4246

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少し調子がいいですが、これから夜勤が始まるので、それから様子をみたい感じがします。」

 1か月後、

 「かなり調子がいいです。

 漢方薬を飲む前とは比較にならないくらい楽ですが、お腹にガスが溜まります。

 お腹のガスを減らしたいです。」

 漢方薬を変方しました。

 「いいです。とても楽です。

 お腹のガスも気にならなくなったし、よく眠れるようになりましたので、朝起きた時に、体が楽です。」A307_070

 しばらく調子がよく、同じ漢方薬を継続されていましたが、ある時

 「親が腫瘍が見つかり、入院しました。

 心配していたら、調子が悪くなった感じがします。」

 漢方薬を変方しました。

 「気持ちが楽になりました。

 親も元気に退院しました。

 今回は、前の漢方薬に戻してもらってもいいですか。」

 継続されて、またしばらく調子がよい状態が続いていました。

 「仕事が忙しくなって、背中が痛くてつらいです。

 あと1カ月くらいは、この状態が続くので、もっと元気になる漢方薬はありませんか。」

 漢方薬を変方しました。

 このように、症状や体調の変化に合わせて、細やかに対応できるのが漢方薬です。

 季節の変化や仕事環境の変化などにより、体調や症状が変わる場合がありますので、ご遠慮なくご相談して頂けますと、こちらもそれに合わせた漢方薬を処方いたしますので、よりよい状態を保ちやすくなると思います。

 水戸部クリニックでは、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「疲れ・だるさ・倦怠感に漢方」

2019年5月29日 (水)

疲れが取れない、昼間眠い方に漢方

 疲れが取れない方に、体調を整えて、体力を上げる漢方薬が好評です。

◇朝がつらい

◇疲れが取れない

◇疲れて集中力が続かない

◇昼間眠くなる

など、体の疲れやだるさが続いている方のご相談が多いです。Img_3881

 漢方では、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方がございます。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群に漢方」

~*~*~*~

 「疲れが取れません。毎日だるいです。

 夜勤があったりで、不規則な仕事のせいもあるのかもしれませんが、昼間眠くなることが多くて困ります。Ky53_03

 仕事が休みの日はそれでもいいですが、仕事の時に眠くなるので、困ります。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少し体が楽になったような感じはしています。

 朝起きた時は、まだだるい感じはしていますが、以前よりはよくなっているような感じがします。」

 同じ漢方薬を継続されて約2か月後、

 「漢方薬を飲んでいると調子がいいです。

 夜勤明けは、1日中寝ていたのに、普通に動けるようになっています。

 昼間眠くなることがなくなりました。

 このまま続けたいです。」

より以前の記事一覧