カテゴリー

疲れ、だるさ

疲労倦怠感、慢性疲労症候群など

2018年7月10日 (火)

自律神経失調症に漢方

 はっきりとした原因がわからない不調、イライラや気分の落ち込み、体の不調は、自律神経失調症かもしれません。なかなか周囲に理解されない不調に漢方治療が好評です。Img_0835

◇動悸、胸が苦しい、息苦しい

◇吐き気、胃もたれ、下痢、便秘、お腹の張り

◇頭痛、頭が重い、めまい

◇急な発汗、手足の冷え

◇肩こり

◇だるさ、気力の低下、微熱が続く

◇イライラ、落ち込み、不安、不眠

など、様々ですが、思うような改善がみられない方に、体質改善の漢方薬が好評です。

 自律神経系の働きの乱れは、ストレスや疲労が原因となっている場合が多いです。ストレスにより、肝系(漢方での肝)が疲れると体のだるさを感じたり、なんとなくやる気が出ないなど、自治津神経系の働きの乱れによる症状が現れやすくなります。肝の働きや体調を整える漢方薬などが効果的です。Ky62_181_3

  医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。西洋医学と東洋医学のよさを活かした診療を行っております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方で受診が難しい方には、オンライン診療(遠隔診療)も受付ております。

「イライラ、落ち込み、ストレスに漢方」

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2018年7月 3日 (火)

血圧の薬で頭痛、できれば止めたい

 血圧を下げるお薬による副作用と思われる症状が辛い、血圧が高めだが、血圧の薬を飲みたくないとのご相談を受けることがあります。

 漢方薬で血圧が下がるのかというお話になります。血圧を下げることだけに注目すれば、漢方薬の効果は血圧を下げるお薬(降圧剤)には劣ります。血圧が高ければ高いほど心筋梗塞や脳卒中のリスクは上がりますので、速やかに血圧を下げる必要がある場合は、血圧を下げる薬を服用されることが大切です。

 漢方薬によって、血圧を上げている体質が改善されれば、血圧が下がってくる場合もあります。血圧の薬と漢方薬を併用したりする事で、血圧を下げる薬の量を減らしたり、それによる不快な症状が改善される場合があります。

 漢方では、血圧だけではなく、頭痛や頭重、めまい、たちくらみ、顔の赤み、目の充血、動悸、イライラ、ストレスなど、体全体の状態を整えることを考えます。それが血圧が高くなる原因となっている場合もありますので、体質改善の漢方薬で改善されると、血圧が安定する場合があります。Img_1160

 しかし降圧剤のように、確実に血圧を下げる漢方薬はありませんので、血圧に関しては、降圧剤による症状の軽減など補助的に考えられるとよい場合が多いです。血圧の安定を測りながら、血圧の薬(降圧剤)に合わせて、体質に合った漢方薬を併用することで、高血圧の症状と一緒に改善することで、血圧の薬を減らせる可能性があります。

 100歳時代と言われるようになった現代では、QOL(生活の質)の改善がより求められるようになっています。漢方薬がその一助になりえると思います。

 水戸部クリニックでは、よりよい診療のために、日々修練を重ねております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

~*~*~*~A306_039

 ある患者さんのお話です。

 「近くの病院で血圧の薬を飲んでいますが、頭がフワフワしたり、顔がかーっとのぼせるというか、熱くなります。気持ちが悪くなって、飲まなくてもいいですかって聞いたら、飲むように言われました。でも、飲むと、具合が悪くなるんです。

 飲むのを止めていたら、血圧が高くなっていると怒られました。でも頭はフワフワするし、顔が熱くなるしでしょう、具合が悪くなるんです。そしたら、友達が、漢方がいいんじゃないかっていうので、来てみました。」

 この方は、血圧が高めでしたので、血圧の薬を止めないようにお話して、体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 1週間後、血圧は安定していましたが、まだフワフワが気になるとの事なので、血圧の薬の量を減らして、1週間後に再度受診していただきました。

 「とても調子がいいです。頭がすっきりしています。家で血圧を測っていますが、安定しています。紙に書いてきました。肩こりも楽になって、体が軽くなりました。」

 こちらでも血圧を測定しました。安定しているので、血圧の薬を減らして、漢方薬と併用して継続されるようにお話ししました。」

 「これで、ビールも安心して飲めます^^」「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2018年6月21日 (木)

食欲がなく体重減少が気になる方のための漢方

 「食欲がありません。食べなくちゃと思って、無理やり食べている感じですが、量が食べられないので、体重が減っています。そのせいで、体がふらふらしています。近くの病院で薬をもらいましたが、1か月以上たっても変わらないので、漢方がいいのではと思って来ました。胃カメラも予約できればお願いしたいです。鼻からやっていただけると聞いたので・・・。」Img_0414

 食欲がない状態が続いている方は、重篤な疾患が原因となっている場合もあるので、胃カメラ などをお奨め致します。水戸部クリニックでは、鼻からの胃カメラを受け付けております。また、一般的な口からの胃カメラもできます。(予約制)

 特に異常が認められない方、薬を飲んでも思うような改善がみられない方に、漢方薬が好評です。

 漢方の視点から、胃腸の働きのバランスを整える漢方薬を処方しております。食欲がない原因は、患者さんそれぞれに多様なものが考えられます。

 例えば

◇もともと胃腸が弱い

◇暴飲暴食が続いていた

◇疲れがたまっている

◇ストレスが多い

◇ショックを受けることがあった

など様々です。Ky50_05

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせて、きめ細やかに対応できるのが漢方薬です。水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も受付ておりますので、来院が困難な方にも好評です。

 この患者さんは、胃カメラによる検査などを受けられましたが、特に異常がなく、この方の体質に合わせた漢方薬の服用で、食欲が回復され、以前のようにおいしく食べられるようになりましたので、漢方薬も中止としました。

「胃痛・胃炎・食欲不振に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「胃の不快感に漢方」

~*~*~*~

Img_0150Img_0199_2 HP担当は、ガーデニングにハマっています^^

 いろいろな種類の花が順番に咲いて楽しいです♪



2018年6月19日 (火)

梅雨時に頭が痛くなる方に漢方

 梅雨の時期に入ると、頭痛やめまいに悩む方が多くなります。漢方の視点から考える頭痛の原因はいくつかありますが、天候や気圧の変化などによって起こる頭痛のご相談が多い季節です。

 雨や台風など、気圧の変化や湿度などによって悪化する頭痛に対応した漢方薬が効果的です。 低気圧の影響で、血管が拡張しやすくなり、また空気中の湿度が高い状態が続くので、体の中に余分な水分が溜まりやすくなります。

 水分代謝の改善や患者さんそれぞれの生活環境や体質などに対応した漢方薬が効果的です。Img_0417

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。体質は、遺伝的な要素や生活環境、職場環境、食生活などによって、一人ひとり異なります。その違いに細やかに対応できるのが漢方薬です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「頭痛・片頭痛に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「頭痛・片頭痛治療の漢方」

「漢方から診る頭痛の原因と症状」

~*~*~*~Ky15_14

 ある患者さんのお話です。

 「梅雨時になると、頭が壊れそうな頭痛になります。低気圧の時もだめです。脳外科で監査を受けましたが、異常がないと言われました。普段から頭痛が多く、頭が痛いとイライラします。」

 この方の年齢や体質、頭痛が起こりやすい時、職場環境などを考慮した漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「いまのところは頭痛はないです。なんかよくわからないのですが、体全体も調子がいい気がします。」

 1か月後、

 「全然頭痛になっていません。びっくりしました。何年も悩んでいたのに。なんか頭が重いなあ、また頭痛になるのかとイライラしたりすることもなくなりました。」

「頭痛・片頭痛に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「頭痛・片頭痛治療の漢方」

「漢方から診る頭痛の原因と症状」

2018年6月15日 (金)

更年期でだるい、やる気が起きない方の為の漢方

 「なんとなくだるい、やる気が起きない、更年期の症状でしょうか・・・。生理前になると酷くなるような気がします。」

 と受診される方が多いです。50歳前後10年くらいが更年期といわれます。体や心の不調を感じる方が多く、症状が激しい方は、日常生活や仕事などに支障を感じている場合もあります。

 女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが変化し始めるので、多様な症状に悩む方が多いです。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬の服用により、更年期の症状が改善される方が多いです。Img_0744

 更年期のような症状の原因が重篤な疾患による場合もありますので、一度婦人科を受診されることをお奨め致します。特に異常が認められない方、ホルモン療法などが合わない方に、漢方治療が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「更年期症状に漢方」

「疲労・だるさ・倦怠感に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「女性のための漢方」 A307_069

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。40代後半の女性です。

 「1年くらい前からですが、生理が近くなると、だるくなって、やる気が起きなくなります。なんとか仕事には出かけますが、夕飯が作れない日が多くなります。友達に更年期じゃない?って言われました。こちらでよくなったと聞きましたので、来ました。」

 この方の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつ体調が整い、体が楽になるのを感じたそうです。

 「生理前のだるさがなくなって、夕飯が作れない日がなくなりました。普段の体調もよくなったと思います。普段からこんなに調子が悪かったんだって、気づきました。今は、体が軽くなった感じでとても調子がよいです(^^)」

Img_0690Img_0708Img_0756見附の「イングリッシュガーデン」に行って来ました。

薔薇が見ごろでした^^



2018年5月14日 (月)

仕事が忙しくなると熱が出る方に漢方

 「仕事が忙しくなってくると熱が出て困っています。月末とか年度末に多いですが、この日までに仕上げなければならないなど、仕事が立て込んで来ると、38度くらいの熱が出て、頭がぼーっとして、体がだるくなって、困っています。

 解熱剤を飲んでも、全然効かないし、風邪じゃないのに、解熱剤を飲むのもどうなのかなって思って受診しました。」Img_0411

 緊張やストレスがピークに達したことにより発熱する方がいらしゃいます。小さなお子さんに多い「知恵熱」のような症状と考えました。大人でもこのような症状に悩む方がいらっしゃいます。

 この方の体質に合わせて、仕事が忙しくなりそうな時、また熱が出そうな感じがした時に服用されることをお奨めしました。

 2週間後、

 「先生、あの漢方いいですね。ちょっと嫌だな、疲れてきてるなあ、熱が出そうな感じがすると思ったら、すぐ飲むようにしています。熱が出ることもなく、頭がすっきりして、仕事を効率よくこなせています。」

 仕事などで、急に忙しくなったり、緊張やストレスを感じていたり、疲労が溜まっていると、体温が高くなることがあります。過度のストレスや疲労により交感神経が活発になり、体温が上がります。 

 風邪や感染症などの炎症による発熱とは異なるので、解熱剤が効きません。

 医療機関で検査をうけても、異常がなく、はっきりとした原因がわからないと言われる場合が多いようです。

 このような方に、自律神経系のバランスを整え、ストレスや緊張を発散する漢方薬などが効果的です。Ky14_165

 患者さんそれぞれの症状や体質、生活習慣、職場環境などに細やかに対応できるのが漢方薬です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状の内容も充実しています。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニック」

2018年5月 8日 (火)

季節の変わり目に鬱っぽくなる方に漢方

 季節の変わり目になると、なんとなく欝々する、やる気が起きない、体がだるい、眠れないなどの症状で受診される方が多くなります。

 気温や気圧などの変動が激しく、自律神経系のバランスが乱れて、心や体の不調を感じる方が多い季節です。3月下旬ころからそのような方の受診が多くなっています。また、進学や就職、異動などにより、職場や学校、日常生活など生活環境が変わった事で、緊張やストレスによる心や体の不調を感じる方のご相談も多いです。Img_9970

 漢方では、気の働きのバランスの乱れが原因となっていると考えます。

 気は、目で見る事はできませんが、生命を維持するためのエネルギー源のようなものと考えられています。気が不足したり、滞ったりするなど、気の働きに異常が起こると、気力が低下したり、イライラしたり、不眠などの不調が起こると考えられています。

 漢方には、気を補ったり、めぐりを改善する処方があります。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、気分の不調が改善される方が多いです。

 同じような症状に悩む方でも、体質はそれぞれ異なりますので、ご自身に合う漢方薬を見つけるのは難しい場合が多いです。漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談される事をお勧め致します。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「情緒不安定を漢方で改善」

「心に効く漢方」A306_020_3

~*~*~*~ 

 60代女性のお話です。ご家族に付き添われて受診されました。

 「毎年この季節になると、鬱っぽくなって、部屋にこもっています。人の話が気になり過ぎて、外にも出たくないです。何もする気が起きないので、だらだら過ごしています。うつ病の薬を飲んだこともありますが、なんか合わない気がして、止めてそれっきりです。」

 この方の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 最初の2週間は、少し気持ちが楽になったとの事でした。

 その後、1か月後に受診された時は、表情がとても明るくなっていました。

 「なんだかよくわからないのですが、外へ出たいと思えるようになりました。よくなっているんだと、家族に言われました。そうみたいです。気分がスッキリした感じです。」

2018年3月22日 (木)

男性更年期に漢方が効果的!!

 中高年の男性の疲れが取れない、イライラしやすい、眠れない、やる気が出ないなどの症状に悩む方は、男性更年期かもしれません。体質に合わせた漢方薬の服用により、改善される方が多いです。Img_9872_3

 男性更年期の症状は、心と体に不調を感じる場合が多いです。

◇朝調子が悪い、起きにくい

◇イライラしやすい、怒りっぽい

◇やる気が出ない、気分が欝々する

◇疲れやすい、疲れが取れない、だるい

◇眠れない、途中で目が覚める

◇関節痛や筋肉痛が慢性化している

◇体がほてる

◇汗が噴き出す

◇トイレの回数が多い(特に夜間)

◇性機能の低下

など、多様な症状になりますが、これは、男性ホルモンであるテストステロンの減少などが関わっていると言われています。加齢に加えて、ストレスや疲労の蓄積、生活習慣でもテストステロンが低下すると言われています。A307_070_3

 漢方では、腎虚という状態と考えられます。漢方でいう「腎」とは、生命維持のエネルギーの源と考えられ、成長や生殖、免疫系のコントロールなど体全体の健康維持を担っている働きの事です。腎の働きは、加齢により自然に衰えますが、ストレスや疲労の蓄積、生活習慣などによって、バランスが乱れる場合があります。漢方では、その機能を整える事で、体全体の体調を整え、より健康的な状態に整える処方があります。

 一人ひとりの体質や症状に合わせた漢方薬の服用により、体調が整えられ、上記のような症状が改善される方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「男性更年期に漢方」

PC用HPもご覧ください。男性更年期の症状について掲載しております。

「新潟の男性更年期治療に漢方」

「男性特有の症状に漢方」

2018年3月20日 (火)

生理前に貧血のような症状になる方に漢方

 「生理前になると貧血のような症状になります。体がふわふわする感じや腕に力が入らないような感じになります。婦人科でも異常がないと言われました。貧血でもないからと、薬も出ませんでした。」という患者さんが受診されました。

 このようなご相談は意外に多く、生理前から始まって、生理が終わってしばらく続くので、月の半分は、体調不良という方もいらっしゃいます。

 女性ホルモンのバランスの乱れを整える漢方薬の服用により、このような症状が改善される方が多いです。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。Img_9874

  漢方薬は、この症状には、この漢方という考え方ではなく、そのような症状が現れる原因となっている体のバランスの乱れに合わせた処方になります。自分で調べた漢方薬を飲んでみたけれど、効果がなかった、合わなかったという方が多いののはそのためです。漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談される事をお勧め致します。

 新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。

 この患者さんに合わせた漢方薬の服用により、生理前のふわふわする感じや手足に力が入らないような感じ、だるさなどが改善されています。

 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬は、美肌効果やアンチエイジング効果も期待できますので、女性にとっては、嬉しい処方が多いです。A307_047_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「生理痛・生理不順に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

「女性の健康と美しさのための漢方」

2018年2月21日 (水)

風邪は治ったけれど、だるい時の漢方

 風邪の治りかけに、なんとなくだるい、食欲が戻らない、おいしく食べられないなどのご相談を受け付けております。

 のどの痛み、鼻水、咳、発熱などの激しい症状が改善されると、風邪は治ったと思っている方が多いようですが、実は風邪が完治するまでには、1週間から10日かかるという事がわかっています。さらに25%の人は2週間以上、10%以上は症状が続くという研究結果も出ています。

 激しい症状の改善がみられても、完全に回復していないので、症状がぶり返したり、長引く事もあるので、風邪の治りかけの時は、無理をされないことをお奨め致します。

◆体がだるい、肩甲骨の後ろ辺りが痛い

◆関節や筋肉が重だるい、痛い

◆食欲がない、おいしく食べられない、口の中が苦い

◆咳が続いている

◆くしゃみ、鼻水が治らない

などの症状が続いている方に、免疫力を高め、体調を整える漢方薬が好評です。Img_9511

◇体のだるさ、関節痛などが辛い方は、回復力を高める漢方薬

◇食欲がない方、味がわかりにくい、おいしく感じられない方には、胃腸の働きを整える漢方薬

◇咳が長引いている方は、咳により体力の消耗が激しいので、体調を整え、咳や痰の状態に合わせた漢方薬

◇鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状が治りにくい方には、体調を整え、鼻炎症状に細やかに対応した漢方薬

など、患者さんそれぞれのその時の体調や症状に、細やかに対応した漢方薬が効果的です。

 風邪やインフルエンザ症状が長引いている方、治りかけの体調不良の改善に、漢方薬が大変好評です。

 新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、お財布にやさしいと好評です。

「風邪に漢方」

「インフルエンザに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状についてのページも充実しております。

「新潟の風邪に漢方」

「新潟のインフルエンザ治療に漢方」 A307_047

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「おととい頂いたお薬で、熱も下がって、36度5分くらいになりましたが、体がだるくて、背中のこの辺(肩甲骨の部分)が痛いような重いような感じがしています。それからふくらはぎが突っ張っています。食欲がないわけではないですが、ご飯がおいしくないというか、味がよくわかないような感じがしています。

 子供が小さいので、休んでいられないのもあると思いますが、だるいのが辛いです。」

 体調を整え、胃腸の働きを整える漢方薬を処方しました。

 先日、別の症状で受診された時に、すぐに体が楽になってと喜んでいらっしゃいました。

より以前の記事一覧