カテゴリー

疲れ、だるさ

疲労倦怠感、慢性疲労症候群など

2019年3月19日 (火)

低体温で顔面が白くなる方に漢方

 「低体温です。34度になる時があります。急に顔面が白くなり、頭痛と吐き気がします。一緒に仕事をしている人がびっくりします。

 婦人科では、特に異常がないので、運動でもしたらと言われました。

 その前から運動をしていますが、体が温まる感じもありません。生理も不順で、遅れる事が多いです。」

 お腹がとても冷たく、体の中からの冷えがありました。

 この方の体質に合わせて、体の中から温め、ホルモンバランスを整える漢方薬を処方しました。Img_3028

 2週間後、

 「いつも気にして体温を測っていますが、36度台の体温を久しぶりにみました。体が温まった感じがしています。この2週間は、顔が白いよって言われませんでした。

 さらに1か月後、

 「冬になって、気温が下がったせいか、また冷えるようになりました。」

 漢方薬を変方しました。

 人は、季節変化や気温差、環境の変化などの影響を受けています。その変化に細かに対応できるのが、漢方薬です。

 「また体が温かくなって、調子がいいです。頭痛も吐き気も全然なくなっています。顔が白いよって、言われなくなっています^^ うれしいです。生理周期も安定して、生理痛も楽になりました。」

 この方は、体が冷えやすい方なので、漢方薬を継続されています。

 春になって、気温が高くなってきたら、温まりすぎると思いますので、漢方薬を変方した方がよいと思います。このように、漢方薬は、季節や気温の変化などに細やかに対応した処方がたくさんあります。

「冷え性に漢方」

生理痛や生理不順も対応しております。

「生理痛・整理不順に漢方」

 

2019年3月 2日 (土)

男性更年期の疲れ、集中力低下に漢方

 男性更年期の症状に悩む方に、体調を整える漢方薬が効果的です。

◆疲れる、だるいKy63_06_2

◆気力がわかない、集中力が低下する

◆頭痛や動悸が多い

◆イライラする、気分が落ち込み

◆頻尿、性欲減退

など、多様な症状に悩む方が多いです。

 漢方では、年齢や体質、生活習慣、職場環境などを考慮して、患者さん一人ひとりに合わせた治療を考えます。

 ある患者さんのお話です。

 「仕事中に、集中力が低下します。物忘れが多くて、仕事の処理能力が落ちたと思います。男性更年期なんじゃないかと言われまして、職場の同僚から紹介されました。」

 管理職で非常に忙しい方で、焦りを感じたり、イライラして、余計に集中力が低下してしまうとの事でした。

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「漢方を飲み始めて、1カ月半を過ぎたころから、すごく調子が良くなりました。全然違いますね。このまま続けたいと思います。」Img_2918

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 男性更年期の症状には、この漢方とはなりません。同じ症状に悩む方でも、体質や症状は、一人ひとり異なります。

 遺伝的な体質や食生活、生活習慣、お住まいの地域、職場環境など、細かくお話を伺うことで、その方の現在の体のバランスの乱れ(漢方では証と言います。)を整える漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「男性更年期に漢方」

従来からのHPを順次リニューアルしています。より詳しい内容に書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

~*~*~*~

 先日、学会の帰りに、浅草寺付近を通りました。都内の冬空は晴れていて明るいですね。

2019年2月28日 (木)

激しい腰痛と息切れに漢方

 高齢者の方の体調を整える漢方治療を行っております。年齢を重ねることで、関節痛や慢性的な疲労感などに悩む方が多くなります。

 漢方薬では、年齢や体質に合わせて、体全体のバランスを整える治療を考えます。老化によると思われる症状であっても、患者さん自身の自然治癒力を高めることで、症状が改善される方が多いです。Img_2895

 高齢化の日本では、健康寿命を延ばすことが求められています。生活習慣や食生活に気を配られることも大切ですが、免疫力を高め、体調を整える漢方薬が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「健康寿命に老化対策の漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。84歳の女性です。ご家族に体を支えられながら診察室に入って来られました。

 「腰が痛いです。整形外科では異常がないと言われました。それから、少し動くと息切れと動悸がします。循環器科でも異常がないと言われましたが・・・このような状態で・・・苦しいです。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。Ky32_09

 2週間後、

 「息切れはありますが、漢方を飲む前よりも楽になりました。腰も少し楽になった気がします。それから、眠れなかったのですが、スーッと眠れるようになりました。」

 漢方薬を飲んでいると、腰の痛みも楽で、息切れすることがほとんどなくなったので、調子いいです。長生きできそうです。ありがとうございます。」

 現在は、ご自分で、しっかりと歩いて診察室に入って来られます。

 「健康寿命に老化対策の漢方」

 ヘルニアなど関節の痛みやしびれを改善する漢方薬

 「痛み・しびれ・むくみに漢方」

2019年2月23日 (土)

がん手術後の体調を整える漢方

 「ガンが見つかって手術を受けました。転移もあったのですが、それも取って頂きました。

 私は、抗がん剤治療を受けないことにしました。受けませんと主治医の先生お願いしました。怒られましたが、拒否しました。

 抗がん剤治療を受けている知り合いを何人も見てきたので、私は受けない選択をしました。

 それで再発して、ダメになったらその時で、仕方がないと思っています。Img_2895

 今困っているのは、便秘です。何度も下剤を変えてもらいましたが、便が出にくいので、トイレで倒れるんじゃないかと思います。

 それから、再発予防もお願いできればと思います。病気が病気ですから、再発は覚悟していますが、なんとか元気ではいたいですから・・・。」

 ガン手術後の体調を整えたいと受診される方がいらっしゃいます。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。手術後の便秘や違和感の改善のご相談や体調を整えて、再発予防につなげる事を希望されて受診されます。

 ガンの性質や患者さんそれぞれの体質の違いによりますが、体調を整える処方を検討しております。Ky22_07

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 この患者さんは、漢方薬を服用されて3年目になりますが、便秘が改善されて、元気に過ごされています。季節変化などによる体調の変化に合わせて、漢方薬を変方したり、追加したりして、快適に過ごしてられます。

 「今のところ調子がいいです。前回漢方薬を変えて頂いてから、体が温かくなって、とてもよいですね。」

 ガンの方のご相談を受け付けておりますが、漢方薬で完全にガンの再発予防ができるとは限りません。

 再発を繰り返しながらも、日常生活を少しでも快適に過ごせるようになりたい方、末期ガンで、余命宣告を受けられた方など、患者さんそれぞれの状況は異なります。

 体調を整え、精神的な苦痛を少しでも和らげることができればと思い、日々患者さんに寄り添った診療を心がけております。

「胃がん手術後の生活の質を改善」

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っております。

「新潟の漢方病院・水戸部クリニック」

2019年2月21日 (木)

だるい、疲れが取れない、ぼーっとする方に漢方

 「だるくて、疲れが取れません。仕事中にぼーっとしてしまう事があります。仕事が肉体労働がほとんどなので、とても疲れます。

 それから、一つの事が気になると、いつまでも気になってしまう傾向があります。

 どうでもいいような事だったりするのですがねえ・・・。」Img_2887

 ストレスが多く、疲労感が強い方でしたので、体力の回復力を高めて、ストレスに対応した漢方薬を2週間処方しました。

 「だるさやぼーっとする感じがすぐに治りました。

 飲んで、3日目くらいに、ものすごくだるくなったのですが、心療内科の薬をやめたからだと思って、漢方は飲み続けていました。

 それからは、ずっと調子がよくて、漢方薬だけで大丈夫です。細かい事がそんなに気にならなくなって、よく寝れるようになっています。

 心療内科の薬を6年も飲んでいたのですが、やめることができました。」

 慢性疲労性症候群の症状に悩む方の受診は多いです。

 疲労の蓄積やストレスなどが原因となっている場合が多く、疲労の度合いが強く、回復力が低下していたり、気が張っていたりと、なかなか改善がみられない方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた処方になります。Ky63_06_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「疲れ・だるさ・慢性疲労性症候群に漢方」

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っております。

「新潟の漢方内科・水戸部クリニック」

 従来からのHPを順次リニューアルしています。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

2019年2月 7日 (木)

脊柱管狭窄の手術の3年後からのしびれに漢方

 「体がフワフワして、何かにつかまらないと行動しにくいです。

 顔を洗う時も、目をつぶりますよね、その時もふらふらしてしまって、片手を洗面台に手をついて、片手で洗っています。Img_2888

 膝から下の感覚がないような、足に力が入らないような感じです。何か所も病院を回りましたが、問題ないと言われました。」

 よくお話を伺いましたら、3年くらい前に、脊柱管狭窄の手術を受けられて、しばらく調子がよかったそうですが、だんだんと足のしびれや力が入っていないような状態が強くなってきたそうです。

 80代の女性です。年齢的に、漢方薬の効果を実感されるまでに、時間がかかる可能性が高いとお話しました。

 体力の低下がみられましたので、体調を整える漢方薬を服用して頂いて、体力をつける治療から始めました。

 ご高齢の方に多いですが、体力が低下していると、体の他の部分を改善する力が発揮できない場合があります。Ky32_15

 漢方薬を始めて最初の2週間で、食欲が出てきまして、足腰が以前よりもしっかりした感じがするとの事でしたので、足のしびれを改善する漢方薬を追加しました。

 約2カ月くらいで、足のしびれをほとんど感じなくなりました。

 「おかげさまで、とても調子がよくなりました。2日くらい飲むのを忘れましたら、またしびれる感じがしまして、慌てて飲みました。漢方が効いているのですね。ありがとうございます。」

 水戸部クリニックでは、健康寿命を保つための漢方治療も行っております。

 体や心に不調があると、外出がおっくうになったり、体を動かしにくくなったりすると、認知症や寝たきりになるリスクが高まりますので、早い段階での不調の改善をお奨めしております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「健康寿命に老化対策の漢方(介護予防のために)」

腎臓病で人工透析を避けたい、開始を遅らせたい方のためのページはこちら

「腎臓病の方の漢方」

関節の痛みやしびれに漢方

「関節痛・しびれ・むくみに漢方」

2019年2月 5日 (火)

センター試験が終わってから具合が悪い、2次試験までになんとかしたい!!

 受験シーズン真っ只中ですね。受験生の皆さんも親御さんも体調管理に、神経を使っている方が多いと思います。

 今の時期は、受験の緊張やストレスで、不調を感じる方の受診が多くなります。

◇センター試験が終わってから、不安や不調が続いている

◇試験中にお腹が張って苦しくなる、お腹が痛くなる

◇お腹がゴロゴロ鳴って、集中できないImg_2881

◇下痢になることが多い

◇何度もトイレに行きたくなる

◇頭痛や片頭痛が悪化している

◇イライラして、勉強が手につかない

◇涙がこぼれる

◇眠れない

など、様々な症状に悩む受験生の方が、親御さんと受診されることが多いです。

 受験の緊張によるストレスによるのは、なんとなくわかりますよね。

 このような方には、ストレスや緊張に対応した漢方薬が効果的です。安定剤や睡眠薬などとは異なり、眠気やだるさは起こりませんので、受験生の方や車の運転などをされる方にも好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

従来からのHPを順次リニューアルしています。より詳しい内容に書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

~*~*~*~A306_105

 ある患者さんのお話です。

 「センター試験中にお腹がグルグル痛くなり、何度もトイレに行きました。お腹のグルグルが気になって、試験に集中できませんでした。

 これから、私立の試験もありますし、2次試験もあるので、お腹のグルグルをなんとかでないでしょうか。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。試験の時以外は、このような症状は起こらないとの事でしたので、試験の前日から服用するようにお話ししました。

「過敏性大腸症候群に漢方」

 「私立入試に行ってきましたが、お腹がグルグル言わなかったので、落ち着いて試験に取り組めました。これで、国立の2次も安心して受けられそうです。」

 吉報をお待ちしておりますと、お話して送り出しました。

 受験生のみなさん頑張って下さい^^

2019年2月 4日 (月)

体のむずむずで眠れない

 「体がむずむずして眠れません。全身です。耳の中までかゆくて、耳鼻科へ行きましたが、なんともないと言われました。なんとなく気になって寝た気がしません。」

 むずむず脚症候群と言われる症状が全身に現れているような感じです。

 はっきりとした原因がわからない場合が多く、寝ようとして布団に入った時に、起こるという方が多いようです。Ky24_111

 漢方では、病気とまではいかないような症状や不快症状を感じるような症状を体のバランスの乱れから起こっていると考えます。

 診察により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この患者さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「毎晩のむずむずが、1回出ました。少し楽になった気がしますが、動悸がします。前からあったのですが、それも気になります。」

 漢方薬を1種類追加しました。

 「とても調子がいいです。よくなった事を書き出して来ました^^

 これです。」

~*~*~*~

 治ってきた症状

・頭痛

・寒気や悪寒

・動悸

・食欲不振

・全身のむずむず

・目がかすむ感じ

~*~*~*~

 「漢方薬を飲むようになってこんなにたくさんの症状が治ってきています。続けたいと思います。」

 漢方薬を服用されていると、いくつもの不快症状が改善されることが多いです。東洋医学では、体全体のバランスを整える治療となりますので、それにより、体全体が整う場合が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「新潟の漢方病院・水戸部クリニック」

従来からのHPを順次リニューアルしています。より詳しい内容に書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

 

 

2018年10月16日 (火)

がん転移後の症状緩和に漢方治療

 「がんのリンパ転移が見つかりました。片腕がむくんで、こんな状態です。腕も重くて、だるくて動かすのが大変な状態です。陰嚢も水が溜まって、腫れていますし、足もむくんで重いです。いつまで持つかわかりませんが、藁おもすがる思いで来ました。」

 診察室へ入るのもやっと、座っているのもやっとの状態でした。

 とにかく、体力を回復して、体のむくみを取ることを優先することを考えました。かなりの体力の低下がみられましたので、祈るような思いで、漢方薬を処方しました。A305_030

 2週間後、

 「先生、楽になりました。まだ腕もこんなに腫れていますが、飲む前とは違います。おしっこの出が悪かったのが、とてもよく出るようになって、歩くのが楽になりました。初めの1週間は、何も変わらなかったので、効くのかなあって、妻と話していましたが、1週間を過ぎてから、少しずつ楽になるのがわかりました。

 主治医の先生に、陰嚢の腫れも少しよくなっていると言われました。もう何日も持たないと思って、覚悟をしていましたが、もう少し生きられそうです。もう少し自宅に居られそうです。」

 がんの手術後の体調不良の改善や転移の予防効果を高めたい方などの受診が増えています。免疫力を高めたり、体力をつけて、体調を整える漢方治療を希望される方が多いです。

 患部の腫れやむくみが辛い方、手術後の痛みや腫れなどの炎症が続いている方、胃腸の不調、気分の落ち込みなど、心身の不調の改善、痛みやしびれの軽減のために、患者さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療により、患者さん一人ひとりのその時の体調や体力に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで、来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

「胃がん手術後の生活の質を改善」

「健康寿命・老化対策の漢方」

 従来からのHPの内容を順次リニューアルしています。漢方薬についてより詳しい内容に順次書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

2018年10月 4日 (木)

子宮全摘による後遺症に漢方治療

 「子宮がんで、全摘しました。その後から、更年期の症状が始まりました。婦人科で、更年期の症状が出ることがあると言われてはいましたが、こんなに辛いとは思っていませんでした。漢方薬を処方してもらいましたが、あまり効いている感じがしなくて・・・。

 ホットフラッシュがあります。それから、トイレが近くて、何度も膀胱炎になっています。いつもなんか違和感があります。ちょっとした時に、尿がもれます。すごく辛いです。」A307_055

 閉経後と同じような状態になるので、更年期と同じような症状が起こる場合があります。

 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬などが効果的です。更年期様の症状も一人ひとり異なるので、その違いに細やかに対応できるのが漢方薬です。

 水戸部クリニックでは、長年の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方には、オンライン診療が好評です。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「ホッとフラッシュは治りました。まだトイレが近いです。膀胱炎のような違和感は治りましたが、トイレの回数が減りません。尿モレもまだ気になります。」

 漢方薬を変方しました。

 「とても調子がいいです。もっと早く来ていたら、こんなに悩まなくてもよかったのに・・・(^^) あの・・・それから、夜の方も大丈夫になりました。」

「更年期障害を漢方で」

「手術後の後遺症に漢方」

 

 従来からのHPの内容を順次リニューアルしています。漢方薬についてより詳しい内容に順次書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

より以前の記事一覧