カテゴリー

疲れ、だるさ

疲労倦怠感、慢性疲労症候群など

2017年6月23日 (金)

やる気が出ないのは男性更年期ですか

 「最近、気力の低下というのでしょうか、やる気が出ないです。仕事中も集中力が欠けている感じがします。家でもダラーっとしています。腰が重い感じがして、ゴルフの誘いも断っています。妻に男性更年期じゃないの?と言われまして、受診しました。」

 60代の男性が受診されました。Img_6707

 男性更年期の症状は、

◆イライラする、怒りっぽいと言われるようになった

◆気分の落ち込み、やる気が出ない

◆頭痛、めまい、動悸

◆顔や背中、手足のほてり  

◆足腰の冷え、しびれ

◆肩こり、腰痛などの関節痛、下肢の脱力感

◆食欲がない、だるい、疲れやすい

◆頻尿、残尿感、尿の出が悪い、性欲低下、ED(勃起不全)

などが多いです。

 問診や漢方独特の診察などにより、この方の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「先生、驚くほど調子がよくなりました。足腰に力が入るようになったといいますか、シャキッとした感じがします。2週間でこんなに早く効くんですね。妻も見ていて調子がよいのがわかると驚いています。まだゴルフに行ける自信はないのですが・・・。もう少し続けてもいいですか。」

 前回通りの処方で、1か月分処方しました。A301_075_2

 「とてもいいです。仕事の効率がよくなったといいますか・・・そうですね・・・、10歳くらい若返ったような感じがします。エネルギーが湧いてくる感じがします。

 おかげさまで、またゴルフに行くことができました。私のゴルフ人生も終わりなのかと思っていましたが、また行けるなんて、本当にありがとうございます。妻も喜んでおります。この漢方は続けていてもいいものでしょうか。」

 体全体の調子がよいと、継続されています。

 とても優しい奥様ですね。お二人で外出される回数も増えたそうです^^

「男性更年期に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についてのページも充実しています。

「新潟の男性更年期症状に漢方」

2017年6月13日 (火)

気象病に漢方は効きますか

 めまいや頭痛、だるさなどの症状で受診される方が多い季節です。このような症状は、「気象病」と言われるようになっています。Img_7326_2

 季節の変わり目や雨が降りそうな時に、

◆頭痛が増える

◆めまいが続く

◆関節が痛くなる 肩こり、腰痛、膝の痛みなど

◆体がだるい、朝起きにくい

◆イライラする

 などの症状で受診される方が多くなります。検査を受けても特に異常がなく、症状の改善がみられない方が、漢方治療を希望されています。Ky15_02_2

 気圧や湿度の変動が激しい季節に、自律神経系のバランスが乱れることにより、頭痛やめまい、だるさ、イライラなどの症状が起こる場合があります。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 そして、関節痛が悪化する場合もあります。冷たい風や湿気によって、関節痛が悪化する場合が多いです。

 関節部分の水分代謝を改善する漢方薬などが効果的です。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Ky32_19_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「めまい、ふらつきに漢方」

「頭痛、片頭痛に漢方」new

「痛み、しびれ、関節痛に漢方」new

2017年3月 3日 (金)

血圧が低い、だるくて食欲がありません

 血圧が低い方の体調不良は、周囲の方に理解されにくく、辛い思いをされている方が多いようです。患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた漢方薬の服用により、低血圧によると思われる体調不良を改善される方が多いです。Img_6294

◆めまい

◆頭痛

◆朝起きにくい

◆だるい、疲れやすい

◆食欲がない

◆やせる、太れない

◆手足が冷たい

などの症状に悩む方が多いです。

 いわゆるパワー不足の状態に陥っている方が多いです。怠けているなどと思われたりして、周囲の理解が得られない場合が多く、辛いという方の受診が多いです。

 体質に合わせた漢方薬により、少しずつ体力がついて、体調が整えられる方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「疲労倦怠感・慢性疲労症候群に漢方」new

「内科・胃腸症状に漢方」new A307_047_2

従来からのHPはこちら 内容が充実しております。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

「疲労倦怠感に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「血圧が低くなって、だるくて動けません。食欲もなくなって、4キロもやせました。検査をしても異常ないし、血圧は低い方がいいって言われてもねえ・・・、この状態では、辛くて困ります。背中がザワザワして寒い感じも続いています。」

 体を温めて、体力を高める漢方薬などを処方しました。

 「漢方を飲み始めた次の日から体が温かくなっているのを感じました。低すぎた血圧が正常に戻って来ました。少しずつ食欲も出て来ました。あのう・・・急にやせたので、顔の皮がたるんでしまいまいました。それに効果のある漢方なんてないですよね・・・。」

 美肌効果のある漢方薬を追加して、マッサージやスキンケアについてのお話をしました。お肌をきゅっと引き締める効果があると言われている漢方薬があります。

 HP・ブログ担当も飲んでいます^^

2017年2月25日 (土)

夜眠れない、昼間眠くなります。

  「夜眠れなくて、昼間眠いです。やりたい事がいっぱいあるのに、眠くて眠くて困っています。眠り薬を飲むと、昼間眠くなるでしょう。漢方で眠れるようになればと思いました。」

 と受診されました。70代の女性の方です。優しい雰囲気の笑顔が素敵な方です。Img_6295_2

 不眠の原因として

◆ストレスや緊張、心配などにより、神経が過敏になっている

◆疲労や加齢などによる体力低下により、眠る体力が不足している

◆ホルモンバランスの乱れ(更年期症状・疲労・ストレスによる)

などが考えられます。

 一人ひとりの不眠の原因となっている心と体のバランスの乱れを整える漢方薬が効果的です。

 患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬の服用により、体調が整い、自然な眠りが得られるようになる方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。A306_020

 この患者さんは、体力の低下により、寝つきが悪い状態と考えられました。体力を補い、体調を整える漢方薬の服用により、少しずつ体調が整い、よく眠れるようになりました。

 「体が軽くなった感じがします。よく眠れるようになって、気持ちがいいです。」

 疲労の蓄積や加齢により、眠る力が不足している場合があります。ご高齢の方に多いと思われますが、疲れが溜まっていたり、著しく体力が低下している方は、眠れなくなったり、眠りが浅いと感じる場合があります。

 体力をつけて、体調を整える漢方薬の服用により、疲れやだるさが改善され、快適な睡眠が得られるようになる方が多いです。

「不眠症・睡眠障害治療に漢方」

☆新しいHPを作成中です。順次新しいページを追加しています。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new

2017年2月 7日 (火)

イクメンの育児疲れには漢方!!

 「肩が重くて、夕方になると痛くなり、仕事が辛くなります。家に帰るとぐったり疲れています。なにかお薬はありますか。」

 よくお話を伺ってみますと、生まれたばかりのお子さんがいらっしゃって、お風呂に入れたり、上のお子さんを寝かしつけたりと、イクメンパパさんでしたhappy01shine

 疲労を回復し、体力を補う漢方薬などをこの方の体質に合わせて処方しました。Img_6178

 2週間後、

 「とても楽になりました。3人目も頑張ろうねって、言ったら、まだ早いと妻に怒られました(笑)」

 疲れやだるさに効果的な漢方薬があります。一時的な疲れやだるさ、慢性化した症状にも効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「疲労倦怠感・体調不良に漢方」

☆新しいHPを作成中です。

「疲労倦怠感・慢性疲労症候群に漢方」new

~*~*~*~

 もうすぐバレンタインデーですね。このパパさんもチョコレートをもらえるのでしょうね^^ イクメンの奥様がうらやましいですhappy01

 ビートル型のチョコを見つけたので、おいしく頂きました。Myチョコですheart04

2016年12月24日 (土)

おばあちゃんが滋養強壮剤を飲んじゃった!?

 疲れが取れない、だるさが続いている時に、栄養ドリンクなどを飲んでいる方が多いようです。女性用に鉄分やビタミンなどが配合されたものも多くみかけます。

 先日、ある患者さんが受診されました。80代の女性の方です。

 いつまでもだるい状態が続いていたので、元気になろうと、ドリンク剤を購入されて、飲んでみたそうです。

 「先生、ずっとだるさが取れなかったので、このドリンクを買って飲んでみたら、心臓がバクバクして、目がまわります。元気になると思ったのに、反って具合が悪くなったみたいです。漢方が入っているみたいだったので、飲んでみましたが、よくなかったのでしょうか・・・。」

 金色の箱に入ったドリンク剤の成分を確認させて頂きました。Ky13_02

 どちらかといいますと、殿方がお飲みになられるような生薬が、含まれているドリンク剤でした。

 漢方薬に含まれる生薬には、非常に多くの種類があり、薬効もそれぞれ異なっています。体調を整えて、体力を補う事を主な目的とした滋養強壮剤や精力を高める精力剤としての効果を主な目的としたものなどが販売されているようです。

 この患者さんは、違った目的のドリンク剤を飲まれたようです。

 栄養ドリンクに含まれている事が多いカフェインによる動悸や不整脈が起こる場合があります。他のお薬と一緒に飲むことで、血中濃度が上がってしまう事もありますので、注意が必要です。

 漢方薬には、体調を整え、気力や体力を補う処方があります。疲れやだるさが取れない、風邪のなおりかけでだるいなどの症状が続いている方にお奨めです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「疲労倦怠感・体調不良に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「疲労倦怠感・慢性疲労症候群に漢方」new Img_5632

~*~*~*~

 クリスマスイブですね。みなさんクリスマスの準備やパーティに出かけられて、忙しいでしょうか。ブログは読んでいただけないかも・・・と思いながらも、今日も書いてみました ^^

 Merry Christmasxmas

2016年12月 8日 (木)

胃癌手術後の後遺症(ダンピング症候群)に漢方

 胃癌手術後からの吐き気、腹痛、下痢、めまい、どうき、だるさなどの症状は、ダンピング症候群と呼ばれ、胃を切除した方に起こりやすい症状です。

 食事療法や胃薬などによる対応が中心となりますが、思うような改善がみられない方、食欲が回復しない方、だるさが続いていて辛い方に、胃腸や体全体のバランスの乱れを整える漢方薬が好評です。

 胃の切除手術を受けらた方は、胃から分泌されるホルモン(グレリン)や胃酸、ペプシンなどの消化液の分泌が減りますので、食欲が低下したり、消化吸収力が低下しますので、胃痛や食欲不振、だるさなどのダンピング症候群に悩む方が多いです。

 手術後から長期間が経過しても、体調が回復されない方の受診が多いです。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「手術後の違和感、ひきつれなどに漢方」 Img_5296


☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「胃がん手術後の生活の質を改善」new

「内科・胃腸症状に漢方」new

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 胃癌で、胃を全摘されて、3年経過していましたが、食が細く、食べるとすぐに下痢になり、空腹時のお腹の張りやゴロゴロが続いていた方です。

 食事は、奥様がしっかりと工夫されていましたし、お腹の薬も何度も変えて頂いていたそうですが、改善がみられなかったそうです。

 知り合いの方のご紹介で、当クリニックへ受診されました。

 少しずつ食事の量が増えて、下痢もしなくなり、お腹の症状も改善されました。現在は、漢方薬の服用量を減らして継続されています。

 「先生、調子がよくなったので、2,3日さぼったら、またおかしくなって、慌てて飲み始めました。3年も治らなかったのに、いいと思って調子に乗ったら、また戻りそうになりました。漢方が効いているんですね。止められません (^^)」

2016年10月13日 (木)

産後に意識が遠のく、そんな時の漢方

 産後の体調不良が、なかなか回復しない方が、受診されます。検査を受けても異常がない場合が多く、疲労とストレスで、精神的にも参ってしまう方が多いようです。

 だるくて起きる事ができない方、やる気が出ない方、イライラする方、落ち込んでしまう方など様々ですが、中には、意識を失うように、眠り込んでしまうという方もいらっしゃいます。A307_069

 先日も、授乳中や少し横になった途端に、記憶がなく眠り込んでしまって、困っている方が受診されました。

 ご自身ではどうすることもできませんし、眠り込んでしまった後の赤ちゃんの事も心配になるとの事でした。

 個人差がありますが、出産による体力の消耗が激しく、半年以上経っても回復しない方がいらっしゃいます。

このような症状に、出産で消耗した体力を回復し、体調を整える漢方薬が、効果的です。患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた漢方薬が効果的です。

 この患者さんは、2週間後に受診された時には、体力の回復を実感されました。1か月ほどで、漢方中止としました。

 産後からの体調不良、イライラ、気分の落ち込み、脱毛、アトピーの再発、悪化など、多様な症状に悩む方に、産後の体調を整え、体力を回復する漢方薬が好評です。 

PC用HPは、こちら「新潟の産後疲れ治療の漢方」

新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応です。

「産後の症状に漢方」new

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_5017

 新潟は、稲刈りが終わり、秋の花粉症や乾燥肌などの方の受診が増えています。季節の変わり目で、喘息などのアレルギー性疾患の方の受診が増える季節です。新潟の季節変化や患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方治療を行っております。

 ビリケンさんが我が家に仲間入りしました^^

2016年7月 2日 (土)

仕事に行けない、調子が悪い

 「仕事に行けない日がある、集中できない、調子が悪い感じが続いています。眠った気がしません。イライラして、仕事中に焦って、状況がわからなくなることがあります。」

 このような症状で、漢方薬を希望される方が、増えています。A307_070

 ストレスによる心の疲労は、周囲からはわかりにくく、理解されにくい場合が多く、辛い思いをしながら、我慢している方が多いようです。

 漢方薬は、一人ひとりの症状や体質に合わせた処方になります。患者さんそれぞれの生活習慣や体質、現在の体調、精神的な症状などに細やかに対応しております。

 漢方薬の服用と共に、心を体を休める事の必要性などもお話しております。

「情緒不安定気味の時の漢方」

「心に効く漢方(ストレスに負けない)」

☆新しいHPを作成中です。

「イライラ・ストレス・気分の落ち込みに漢方」 Img_4362

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「仕事に集中できなくなっています。寝た気がしません。周囲から、イライラしたり、落ち込んだりと気分の浮き沈みが激しいと言われました。体調が悪いようなので、少し休んだらどうですかと、会社から言われました。安定剤を処方されていますが、あまりよくわかりません。」

 心配そうに、奥様が付き添われて、受診されました。仕事の内容の寝言が多いとのお話でした。どんどん気力が低下してきているようにみえて、不安になって、ご主人に受診を勧めたそうです。

 真面目で、几帳面な方との印象を受けました。精神的な疲労の蓄積、加齢による体力の低下なども考慮した漢方薬を処方しました。

 少しずつ症状の改善がみられました。細かな症状の変化や気づいた事などをお知らせ頂いて、必要に応じて、漢方薬を変方したり、追加したりしました。

 この方は、数か月の服用で、仕事に復帰することができました。現在は、漢方薬の量を減らして、続けていらっしゃいます。

2016年5月26日 (木)

60代やる気が出ない

 60代前後の方で、なんとなくやる気が出ない、食欲が出ない方が、更年期ではないかと受診されることが多いです。

 男性、女性の更年期症状に、漢方治療を行っているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 漢方では、男性は8の倍数、女性は7の倍数で、体や心に変化が生じるとの考え方があります。A307_070

【男性】

8歳になると、腎気が充実し始め、歯が生えかわり、髪が長く伸びる。

16歳になると、腎気が旺盛になり、精子が発育成熟し、精気が充満して、子を授かることができるようになる。

24歳になると、腎気が充満して、筋骨が強くなり、親知らずが生え、身長が伸びきる。

32歳になると、筋骨が強壮となり、肌肉が豊かでたくましくなる。

40歳になると、腎気が衰え始め、髪が抜けたり、歯が欠けたりするようになる。

48歳になると、陽気が上部で衰え、顔がやつれ、髪に白髪が混じるようになる。

56歳になると、肝気が衰え、筋脈の自由が利かず、精気も少なく、腎気が衰えて、肉体疲労が極まる。

64歳になると、歯は抜け、髪は落ちる。

【女性】A306_020

7歳になると、腎気が盛んになって、歯が生えかわり、髪が長く伸びる。

14歳になると、卵子が発育成熟し、月経が始まり、子を授かることができるようになる。

21歳になると、腎気が充満して、親知らずが生え、身長が伸びきる。

28歳になると、筋骨がしっかりして、髪の伸びが極まり、身体が充実する。

35歳になると、顔や髪の色つやが衰え始める。

42歳になると、顔はやつれ、髪が白くなり始める。

49歳になると、任脈が空虚となり閉経し、身体が老いて、子を授かることができなくなる。

 このように、男性も女性も50歳前後から60歳代に、体や心のバランスの不調を感じる方が多くなります。

 そのバランスの乱れを整える漢方薬の服用により、改善される方が多いです。患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた処方になります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_4336_2

「女性の更年期障害に漢方」

「男性の更年期障害に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「女性の更年期障害に漢方」new

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ