カテゴリー

.下痢・軟便

便の状態、体質に合わせた漢方で腸を健康に

2017年12月 1日 (金)

潰瘍性大腸炎の薬が効かない方に漢方

 潰瘍性大腸炎の症状が辛い方が多いです。薬が効いている感じがしない方、薬が合わない方に、体質改善の漢方治療が好評です。

 大腸粘膜の炎症によるただれ、びらんや潰瘍により、粘血便や下痢、腹痛が続く症状です。一度よくなっても、繰り返す方、数か月後、数年後に再発したり、悪化することがあります。

 大腸粘膜の異常な免疫反応により大腸粘膜が攻撃されることなどが原因とされていますが、遺伝や生活習慣、ストレスなど多様な因子が絡み合っていると言われています。Img_8988

◆血便

◆粘血便

◆下痢

◆腹痛

などが主な症状ですが、症状がひどくなると貧血や体重減少、発熱がみられる場合もあります。

 潰瘍性大腸炎の治療を受けて改善しても再発を繰り返す方、症状がずっとだらだらと続く方など様々ですが、思うような改善がみられない方、薬が合わない方などのご相談が多いです。

 漢方では、患者さんそれぞれの便の状態や体質や体力などに合わせた処方になります。長年の漢方診療の経験を活かして、潰瘍性大腸炎の症状の改善のための処方を検討しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)も行っておりますので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外の受診も多いです。

「内科・胃腸症状に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「こんな症状に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「潰瘍性大腸炎で治療を受けています。化学療法も何も効果がないです。

 毎日下痢です。時々軟便になりますが、ほとんど便の形がありません。出血も多く、止血剤を飲んでも止まらないので、ずっと貧血です。

 潰瘍性大腸炎のお薬はこれです。お薬手帳に書いてあります。一度、柴苓湯という漢方薬を出してもらいましたが、肛門にチリチリと熱くなって、中止しました。

 それから薬局で漢方薬を買って飲んでみましたが、全然効果がなかったので、漢方の先生の方がよいと思って来ました。」Ky21_02

 この方の症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。以前からの治療と並行して、漢方治療を開始しました。

 「下痢が続いてはいますが、少しよくなったような気がします。出血量が少し減った気がします。」

 焦らずに経過をみるようにお話して、前回の漢方薬にもう一種追加しました。

 「出血量が日に日に減ってきているのがわかります。下痢が減って、形のある便になってきています。体が温まって、調子がよいです^^」

「内科・胃腸症状に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「こんな症状に漢方」

2017年10月21日 (土)

ビールを飲むと下痢になります。大好きなのに・・・

 「ちょっと冷たいものを飲んだだけで、下痢になります。何年か前までは、なんともなかったのに、常温より冷たいものをちょっと飲んだだけで、すぐ下痢になります。ここ何年かずっと、白湯ばっかり飲んでいます。冷たいビールをくいっと飲めるように戻りたいです・・・。」

 少し冷えたものを飲んだり食べたりしただけで、すぐに下痢になるので、夏の暑い時期も冷やし中華やそうめんなども食べる事ができなかったそうです。

 常温より温かい食事やお茶などを摂ることしかできなくなっていて、以前のように冷たいビールが飲めるように戻りたいとの事でしたので、胃腸の働きを整える体質改善の漢方薬を処方しました。

 少しずつ胃腸の働きが整えられ、少し冷たいもの食品から、氷を入れたお茶やキンキンに冷えたビールも飲めるようになりました。

 「いやあ 先生、ビールが飲めるようになりました。キンキンに冷えてても下痢しなくなりました\(^o^)/  冷たくても温かくても食べたいものを食べたり飲んだりできるようになりました。もう少し続けてみたいです。」Ky48_17

 慢性的に繰り返している下痢に体質改善の漢方薬が効果的です。またお酒を飲んだ翌朝の下痢や二日酔い症状も漢方薬は対応しています。

 一人ひとりの下痢症状や体質に合わせて、細やかに対応できるのが漢方薬です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)も対応しておりますので、新潟市以外、三条、燕、長岡、柏崎、阿賀野、胎内、村上方面から受診される方も多いです。また新潟県外からの方の受診も増えています。

「慢性の下痢と軟便に漢方」

「二日酔い予防・対策の漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「慢性の下痢・軟便に漢方」

「二日酔い予防の漢方(肝機能が気になる方にも)」

2017年3月 1日 (水)

お腹が冷えて、下痢になります

 下痢になる事が多い、頻繁に繰り返していると、不安になりますね。潰瘍性大腸炎や癌などの重篤な疾患による場合もありますが、検査をして異常がない場合は、過敏性大腸症候群や慢性的なお腹の冷えなどによる場合が多いです。

 過敏性大腸症候群による場合が多いと言われていますが、慢性的なお腹の冷えによる下痢や軟便が続いている方もいらっしゃいます。

 お腹の冷えを自覚されている方や診察時にお腹の冷えを指摘されて、初めて気づかれる方もいらっしゃいます。Img_6057_2

【お腹が冷える原因】

◆お酒を飲む機会が多い方

 アルコールは、体を冷やす性質がありますし、腸の蠕動運動が活発になり、便の水分量が増えるので、下痢になりやすいです。

 特に、ビールは胃腸を冷やす作用が強いです。

 アルコール類の中では、比較的、焼酎が冷えにくいようです。

◆冷たい食品の摂取が多い方

 冷たい飲み物や食品により、胃腸の働きが弱って、腸の水分調節の機能が乱れると下痢になりやすいです。

 生野菜や白砂糖も体を冷やす性質がありますので、野菜を温かい調理方法で摂取されたり、黒砂糖や三温糖などに替えるなどがお奨めです。

 実際には、食生活や生活習慣の見直しは、なかなか難しい方が多いです。ストレスにならないように、改善されることをお奨め致します。Ky22_09_2

【お腹を温め、胃腸の働きを整える漢方薬】

 患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。

◆もともと胃腸が弱く、食欲がない方

◆緊張やストレスに敏感な方

◆胃もたれや胸やけになりやすい方

◆胃が痛くなりやすい方

◆疲れやすい方、体調不良になりやすい方

など、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「慢性の下痢・軟便に漢方」new

☆従来からのHPはこちら

「慢性の下痢や軟便を漢方で改善」

2016年12月26日 (月)

副鼻腔炎の薬で下痢になる方は、漢方治療がお奨めです。

 副鼻腔炎の治療は、抗生物質や抗菌剤、抗炎症薬などによる治療が一般的ですが、腸内細菌のバランスが乱れる事によって、下痢になる場合があります。 

 副鼻腔炎の原因は、副鼻腔に細菌やウイルスが感染し、炎症が起こることによります。抗生物質や抗菌剤は、細菌やウイルスの増殖を抑える事により、副鼻腔炎の症状を改善します。

 一時的な症状で改善される場合が多いですが、下痢が続いて治らない方に、漢方治療が好評です。Img_5503

 副鼻腔炎の症状や患者さんそれぞれの体質に細やかに対応しております。慢性副鼻腔炎の症状が治りにくい方、抗生物質や抗菌剤で下痢になる方にも好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「ちくのう(副鼻腔炎)治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「後鼻漏に漢方」new

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。 Ky22_29

 診察室に入って来られましたが、椅子に座る事なく、かぼそい声で、

 「あの~、座らなくていいですか・・・。痔になってしまって、座るのが辛いです・・・。副鼻腔炎になっていて、ずっとこの薬(抗生物質)を飲んでいましたが、下痢が続いていて、痔が悪化してしまいました。座れないので・・・、先に痔をなんとかしてもらえないでしょうか。副鼻腔炎も治りが悪くなっている気がします。

 耐性菌っていうのですか、そのせいでしょうか、下痢が治らないと、痔も治らないですよね・・・。」

 副鼻腔炎などの細菌やウイルス感染による症状の改善に、抗生物質や抗菌剤を継続して服用されていると、耐性菌が生じて、途中で効き目が弱まる場合があります。

 漢方薬は、抗生物質や抗菌剤とは異なる作用により、副鼻腔炎の症状を改善しますので、漢方薬に対して耐性菌が生じる事はありません。

 抗生物質や抗菌剤による治療で思うような改善がみられない方、下痢になり辛い方などに好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 この患者さんは、抗生物質の服用を中止し、痔の炎症を鎮める漢方薬の服用をしました。下痢が止まり、痔の灼熱感が落ち着きましたので、すぐに、副鼻腔炎治療の漢方薬に変方しまして、症状が改善されました。

 現在は、副鼻腔炎の症状が出た時だけ、漢方薬を調節して服用される状態に改善されています。

「ちくのう(副鼻腔炎)治療の漢方」

「痔の治療に体質改善の漢方薬」 Img_5493_2

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「後鼻漏に漢方」new

「切らない痔の治療」new

「女性の痔に漢方」new

~*~*~*~

 イルミネーションを撮影している方をよくみかけます。真似をして、スマホで撮ってみましたが、難しいです。次回は、少し調べて、きれいな写真をアップできたらと思いますhappy01

2016年3月20日 (日)

子供の下痢が続く時の漢方

 子供の下痢には、細菌やウイルス感染による急性の下痢や繰り返したり、慢性的に続いている下痢があります。今日のお話は、何週間も何か月も続いていたり、頻繁に下痢を繰り返しているお子さんの体質改善のお話です。

◆下痢や軟便が続いているKy64_08Ky64_20

◆頻繁に下痢を繰り返している

◆下痢が多く、腹痛を訴えることが多い

◆下痢が多く、お尻が痛い、ただれる

◆朝だけ下痢になる

などの症状が続いているお子さんには、腸の働きを整える漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、腸の働きが整い、正常なお通じに改善される場合が多いです。

 また、朝だけや平日だけ下痢になるというお子さんもいらっしゃいます。学校生活などでストレスを感じているお子さんに多い症状です。

 繊細で、心のやさしいお子さんに多い症状です。お子さんの体質に合わせた漢方薬の服用により、ストレスによる下痢や腹痛、頭痛などの症状が改善される方が多いです。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「子供に多い病気のための漢方」    

Img_3785_2「子供の頭痛、腹痛、めまい、たちくらみに漢方」

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「子供の体調不良に体質改善の漢方」new

2015年1月13日 (火)

便秘なのに下痢になる!原因に合わせた漢方薬が効果的!!

 便秘が続いていて、急に下痢になる、硬い便の後に下痢便が出るなどの症状に、腸の働きを整える漢方薬が好評です。一般的なお薬では、思うような改善が見られない方の受診も多いです。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、快適なお通じが得られる方が多いです。A306_130

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 過敏性腸症候群(IBS)や腸の働きの低下などが考えられます。検査をしても特に異常がなく、お薬をいろいろと試してみたが、しっくりこないという方に腸の働きを整える漢方薬を処方しております。

Ky21_18_2◆過敏性腸症候群

 ストレスに敏感な方に多い症状で、緊張やストレスによって、腸の働きがバランスを崩したことによる症状と考えられます。漢方では、腸の働きを整える処方やストレスに対応した処方が効果的です。

◆腸の働きが低下している場合

 このような症状は、腹筋や骨盤周辺の筋力の低下や腸のぜん動運動の低下などが考えられます。

 運動不足や老化などが原因として考えられますが、運動する時間がない方、高齢などで、運動が困難な方も多いです。

 このような方には、腸の働きを整え、便に潤いを与える漢方薬などが効果的です。年齢や生活習慣に合わせた漢方薬を選択します。Ky22_07_2

◆ダイエットで筋力低下

 ダイエットによって、便の量が減って便秘になりやすくなります。また、脂肪分を減らしすぎたり、水分も減らしすぎると、便の潤いが不足して、硬い便になり、出にくくなります。ダイエットのストレスによって、腸の働きが乱れることも原因となります。A306_105_5

 また、激しいダイエットによって、体の筋肉低下が起こってしまう方がいらっしゃいます。このような方には、内臓機能を整え、筋力低下を改善する漢方薬が効果的です。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬は、体にやさしく作用します。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

Fullsizerender_3

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「便秘対策の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「便秘・腹痛に体質改善の漢方」new

~*~*~*~

 有楽町駅前です。イルミネーションがきれいでした。HDR機能を使って撮影しましたが、やはりこんな感じ・・・難しい・・・^^;

2014年11月12日 (水)

中学生の下痢、腹痛を繰り返す!!ストレスに対応した漢方薬で改善!!

 中学生の繰り返す腹痛や下痢は、ストレスによる過敏性大腸症候群や胃腸虚弱などによる場合が多いです。薬を飲んでも改善がみられない方に、体質改善の漢方薬が好評です。お子さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 他に、お腹の冷えなどが原因となっている場合も考えられます。A307_048

◇朝、お腹が痛くなり、下痢することが多い

◇学校でお腹が痛くなる

◇週末になると治る、夏休みや冬休み中は、症状が出ない

などの症状に悩むお子さんが多いです。

 ストレスによる症状の場合や慢性的なお腹の冷えなど、お子さんそれぞれに原因が考えられます。診察によりお子さんの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

◆ストレスが原因となっているお子さんには、ストレスを発散しやすい漢方薬

◆疲労の蓄積やもともと体質的に虚弱なお子さんには、お腹を温め、お腹の調子を整える漢方薬

などお子さん一人ひとりの体質に合わせた処方になります。自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしく作用します。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。A306_101

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「過敏性大腸症候群治療に漢方」new

「慢性の下痢・軟便に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状のページも充実!!

「過敏性大腸症候群に体質改善の漢方」

「慢性的な下痢、軟便を漢方で改善」

2014年7月26日 (土)

手術後の下痢に漢方薬!!下痢止めや整腸剤が効かない方に

 手術後の下痢、お腹の張り、ガスや違和感が続いている方に、腸の働きを整える漢方薬が効果的です。下痢止めや整腸剤では、改善されない方に好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^A306_104_2

 回復手術後は、手術前の状態とは異なりますので、腸と腹壁、腸どうしが癒着(組織どうしがくっつく事)しやすい状態になります。それによって、食べた物の通過が悪くなりやすいです。

 それによって、お腹が張ったり、ガスが溜まったり、吐き気がしたり、便秘や下痢などの症状が続く場合が多いです。手術後しばらくすると、少しずつ正常な状態に落ち着く方が多いようですが、いつまでも下痢や便秘が続く方がいらっしゃいます。

 下痢が続く場合には、整腸剤や下痢止めなどのお薬が一般的ですが、漢方では、便の状態、お腹の張りなど、一人ひとりの体質に合わせた処方になります。

 腸の働きや体全体のバランスを整える漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。3_4

 漢方薬は、手術後の便秘や引きつれ、膨満感などにも対応しております。

「手術後の後遺症、違和感を漢方で改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「手術後の違和感・後遺症・ひきつれを漢方で」new

2014年7月10日 (木)

下痢が止まらない、薬が効かない時は漢方

 激しい下痢、下痢止めでは、なかなか止まらない、下痢に伴う腹痛、トイレが間に合わない方に、腸の働きを整え、炎症を鎮め、水分代謝のバランスの乱れを整える漢方薬が即効する方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

A306_129_4 下痢を漢方では、慢性の下痢と感染性胃腸炎などによる急性の下痢とで分けて考えます。

 急に起こった下痢の原因としては

◆感染性胃腸炎などウイルスや細菌感染などによる炎症性の下痢

◆クーラーや冷たい食品の摂取などによって、お腹が冷えた事が原因となっている下痢

◆過剰なストレスや緊張によって、腸の蠕動運動が過敏になっていることによる下痢

などが考えられます。

 今回は、感染性胃腸炎の下痢についてお話します。

 ウイルスや細菌感染による炎症を鎮め、水分代謝のバランスの乱れを整える漢方薬を処方します。

 漢方では、このような状態を水毒(水分代謝の異常な状態)と考えます。水分代謝の働きを整える漢方薬と免疫力を高め、体力を上げる漢方薬などをその時の体調や下痢の症状の状態に合わせて処方しています。

◆泥状、軟らかい便であるが形があるKy21_17

◆水っぽい下痢便

◆粘液が多くほとんどが水のような便

◆排便時、お腹の痛みがある、ない

◆便の臭いがいつもと変わらないか、異常なキツイ臭いがする

◆吐き気やおう吐を伴う、下痢のみで、吐き気やおう吐はない

など、下痢の症状や便の状態、体力の状態に合わせた漢方薬が効果的です。

 通常の下痢止めや整腸剤との併用も可能です。漢方薬を併用することによって、下痢症状の改善が早い場合が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「吐き下しの風邪(吐き気、下痢)を早く止めたい方に」

「慢性下痢、軟便を漢方で」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「吐き下しの風邪に漢方」new

「慢性の下痢、軟便に漢方」new

 下痢が止まらないという患者さんが受診されました。熱はなく、市販の薬を飲んで様子をみていたそうですが、トイレが間に合わないほどの下痢が続いていて、仕事どころか日常生活もままならないと、ご家族に付き添われて受診されました。感染性胃腸炎の下痢が長引く方が多く、とても辛いと受診されることが多いです。

 下痢や嘔吐が続いている時は、たくさんの水分と電解質が失われていますので、脱水状態になりやすいです。通常の水よりもイオン飲料などの摂取を心がけて下さい。

2014年2月14日 (金)

軟便が続いて治らない方に、腸を健康に整える漢方薬

 便が軟らかい、残便感が気になる、整腸剤を飲んでも治らない方は、腸の働きのバランスが乱れていると考えられます。腸の働きが乱れている原因に合わせた体質改善の漢方薬の服用により、症状が改善される方が多いです。一人ひとりの体質に合わせた処方が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

Ky22_07軟便や下痢の原因として、

◆冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎ

◆不規則な生活やバランスの悪い食事

◆ノロウイルスなどによる感染症による胃腸炎Ky22_11_2

◆ストレスが多い、ストレスに敏感な方

◆サプリメントや健康食品による場合

◆体が冷える環境にいる時間が長い方、冷え症で体が慢性的に冷えている方

などが考えられます。感染性の胃腸炎や食事などによる場合には、一時的な症状で改善される場合が多いですが、軟便がいつまでも続く方や繰り返す方は、重篤な疾患が原因となっている場合もありますので、受診されることをお奨めします。

 便の状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、続けやすいと好評です。Ky22_09_3

 
漢方では、軟便の原因となっている体質を改善することを考えます。

◆ストレスや緊張などによって、軟便や腹痛が起こりやすい方

◆食事や生活習慣などにより、お腹が冷えている方

◆もともとお腹を壊しやすく、軟便や腹痛を起こしやすい方

など一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「慢性の下痢、軟便を漢方で改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「慢性の下痢と軟便に漢方」new

3_6 ~*~*~*~*~*~

 関東の方では、雪のようですね。先日用事で出かけた時は、とてもよいお天気で、新潟へ戻ったら、一面雪景色でした。今日は、こちらは、青空ではありませんが、雪も降らず、路面もからりと乾いています。1_9

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ