カテゴリー

ダイエットと漢方

2018年1月16日 (火)

漢方ダイエット続けています(^^)/

 ダイエットのご相談を受け付けております。みなさんにご説明しておりますが、漢方薬を飲んだだけで、体重が減ることはほとんとありません。

 食事や運動、生活習慣の見直しなどと並行されることで、無理が少なく、ストレスが少なく、継続しやすいダイエットが効果的です。

 診察により、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 年齢や体質、職場環境、生活習慣、ストレスの度合いなどに合わせて処方を熟考しております。Img_9256

◆比較的体力がある方、ない方

◆便秘がある方、ない方

◆仕事などにより、不規則になりやすい方

◆ストレスが多い方、ストレス発散のために食べ過ぎる方

◆中高年以降の方は、基礎代謝が低下している方が多いです。

◆暑がりの方、寒がり、冷え性の方

など、患者さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

「ダイエットと漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「漢方でダイエット」

~*~*~*~Ky44_17_2

 ある患者さんのお話です。

 身長153センチ  体重91キロ

 「産後から太り始めました。膝が痛いです。足の指先がしびれる事がよくあります。整形外科で、体重を減らすように言われましたが、減りません。」

 コレステロール値が高く、薬を服用中。頑固な便秘。運動は苦手。

 ご主人の帰宅を待って、夕食を摂られるので、晩ごはんは、毎晩、夜10時頃との事です。食事後、入浴、11時に就寝。

 初診が、昨年の3月でした。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方して、食事の摂り方などのお話をしました。運動は、膝が痛く、元々苦手なので、しなくてよいとお話しました。

 服用開始して約1か月 4月○日 体重が1キロ減り、膝の痛みが楽になって来ました。

 5月○日 前回からさらに、2キロ減

 12月○日 漢方服用開始から4キロ減

 2月○日、更に4キロ減 膝の痛みが全くなくなった。

 4月○日 漢方開始からトータルで13キロ減

 7月○日 食事は、最近は、普通に食べている日が多いが、トータルで20キロ減

 9月○日 体重は減らないが増えず 体調は安定している

 11月○日 トータル23キロ減

 2018年1月○日 さらに1キロ減

 フェイスラインがすっきりされ、ご近所の方に、「お腹のお肉がなくなったね」と誉められたそうです^^ 苦手な運動はしない。ご主人との晩ご飯も夜10時に摂られていますが、現在も体重が減っています。

 現在も継続中です。

 体に無理にならないように、ダイエットによるストレスがかかりにくいように、ゆっくりと少しずつ体重を減らしてゆくことをお奨めしております。漢方薬を服用されるだけでは、基礎代謝の改善がみられても、体重が減る場合は、少ないです。食事の摂り方や量の調節も継続される事で、我慢によるドカ食いなどによるリバウンドなどが起こりにくく、継続しやすいと思います。

「ダイエットと漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「漢方でダイエット」

2014年7月 9日 (水)

ストレスで食べ過ぎて、太る方、新潟の漢方外来でダイエット

 2_13_2
 ストレスを感じる機会が増えてから、体重が増え始めた方、環境が変わったり、仕事の内容が変わったりしてから、体重が増えたという方に合わせた漢方薬を処方しています。

 自分は、ストレス太りだと思う

 ストレスで食べ過ぎる

 イライラして食べちゃう

 甘い物がやめられない

 ストレスでアルコールの量が増える

 運動が苦手

などのご相談が多いです。

 ストレスを感じると、肝(気分の気と考えるとわかりやすいです)の巡りが滞ると、食欲が増したり、脂肪の代謝機能が乱れたりして、体重が増えやすい状態になります。ストレスが発散しやすい状態に整える漢方薬と体質の違いに合わせた漢方薬の服用が効果的です。

◆水太り体質の方

 冷え症、疲れやすい、ぽっちゃり肥満、むくみやすい

◆固太り体質の方

 顔や体がほてりやすい、暑がり、がっちり肥満、体力がある、冷たい飲み物や食品が好き

など、体質の違いに合わせた処方が効果的です。

 漢方薬のみでの体重減は難しいと思われますが、体質に合わせた食事についてのお話なども参考にして頂いております。

「漢方でダイエット」

2013年7月16日 (火)

イライラ過食を漢方で!!

 今日の新潟は、梅雨の晴れ間です。昨日は、1日中激しい雨が降っていました。こんな日は、気分もさわやかで、ストレスも半減しそうです。

 ストレスでやけ食い、あれもこれもたくさん食べるだけ食べて、あースッキリo(*^▽^*)o

 後で。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。後悔・・・なんてことはありませんか。

 ストレスを感じる事が多く、イライラすると食べ過ぎてしまう方のご相談を受け付けています。

 20130715122312
 職場のストレス

 対人関係のストレス

 子育てのイライラ

 わけもなくイライラする

 生理前にイライラ

などイライラする原因には、人によって様々ですが、イライラを鎮めようと、食べ物を食べたくなる方がいらっしゃいます。このような方は、比較的女性に多い傾向があるそうです。

 「イライラすると、ケーキなどの甘いもの、スナック菓子、ファーストフードを買いに走って・・・。」というお話を聞くことが多いです。

 ストレスを感じると、甘いものや脂っこいものなどを食べたくなるのは、脳が求めているから!!

 ストレスを感じたり、疲れたりすると脳からの信号で甘いものや脂っこいものが食べたくなることがわかっています。甘いものには、リラックス効果があることがわかっています。しかし、ストレスを感じている時の糖分や脂肪分の過剰摂取が、さらに疲労が増したり、肥満の原因となりやすいと言われています。

 さて、「このイライラを少しでも発散できれば、甘いものの食べ過ぎが抑えられると思って・・・。」というご相談が多いです。イライラの原因は、人それぞれですが、体全体のバランスを整えて、イライラ(気の滞り)を改善して発散する効果のある漢方薬が効果的です。健康保険適用の漢方薬を処方しておりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 ダイエット時の食事制限に対してのイライラを上手に発散させて、減量に成功された方もいらっしゃいます。

「情緒不安定、イライラに漢方」スマホサイト

PC用HPもご覧ください。

「イライラ、気分の落ち込みに漢方」

「漢方でダイエットサポート」

2013年6月 7日 (金)

ダイエットしたら生理が止まった!!治療に漢方

 ダイエットをしたら、生理がこない、遅れているという方が受診されます。一時的な体調不良やストレスなどで、生理周期に乱れが生じることもありますが、半年や一年以上も生理が止まったままの方は、一度婦人科を受診されることをお勧めします。

◇脂肪が減りすぎると女性ホルモンの働きが低下する!!

 Ky44_24_2
 体の脂肪がホルモンの働きに影響することがわかってきています。ダイエットなどで、体重が減ったことで、生理が止まったり、生理不順になる女性の方が多くなっています。

◇体調を整え、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が効果的!!

ホルモン治療をしてもなかなか思うように改善がみられない方に体調を整える漢方薬の併用などが効果的です。

ダイエットにより、内臓機能の働きが低下して、ホルモンバランスの乱れの改善がスムーズに進まない状態に陥っている方もいらっしゃいます。このような方には、内臓の働きを整える漢方薬などが効果的です。

 ダイエットに限らず、ストレスや過労などによりホルモンバランスが乱れてしまっている女性が多くなっています。生理不順や生理が止まった状態は、卵巣の働きに影響が起きている場合があります。

A307_081◇生理が止まったまま放置しておくと、不妊の原因になることも

 ひどい方では、子宮や卵巣の機能が低下し不妊の原因となるとなる場合もありますので、体調を整えて、生理周期を整えておくことが大切です。

 漢方では、生理が来ない、または、生理不順の原因を以下のように考えます。

◆脾胃虚

20130528143645 食物からエネルギーと作り出す胃腸の働きが衰えて、体を作る血を作る力が低下して、子宮や卵巣をはじめ体全体の機能の低下がみられます。胃腸の不調を自覚していない方もいらっしゃいます。普段からの虚弱体質の方、ストレスが多い方、過労、バランスの悪い食事、ダイエットなどが原因となっている方が多いです。

◆気滞、血オ

 ストレスなどにより、「気」の巡りが滞り、それによって、「血」の巡りにも滞りが生じている状態です。血の巡りが滞ると子宮や卵巣を養うことができず、生理が不順になったり、来なくなってしまいます。イライラ、クヨクヨしやすい方に多いです。

◆肝腎陰虚

 過労が続いている方、虚弱体質、過度のセックスなどにより、「腎(生殖機能や先天的なエネルギーの調節をしています)」の機能が衰えます。

 実際には、上記の体質が混在している方が多く、更に細やかに体質に合わせた漢方薬を処方致します。漢方薬は、健康保険が適用になります。

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「月経不順、月経困難症に体質改善の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「生理痛・生理痛・生理不順に漢方」

「PMSに漢方」